プラセンタは不妊に効果あり?妊活中に飲めるプラセンタサプリも紹介

妊活中の女性は、さまざまな情報をもとに「不妊によい」といわれるものを試してきた方も多いでしょう。

美容や健康によいとされるプラセンタが、実は不妊対策で注目されています。

最近では不妊治療を行うときに、子宮環境を整える方法のひとつとして医療機関でも扱われているのです。

今回は、プラセンタサプリを飲むことが、妊活をするうえでどんな働きを期待できるのかを解説していきます。

妊活中に飲めるプラセンタが配合されている妊活サプリも紹介するので、参考にしてくださいね。

>>まずはオススメの妊活プラセンタサプリが知りたい人はここからスキップ

プラセンタが不妊に効果的なのはウソ?ホント?


「美肌によい」とうたわれるプラセンタは、美容クリニックや雑誌などでよく目にします。

しかし、近年では「プラセンタ療法」といい、不妊治療のひとつとしてプラセンタを使うクリニックもあるようです。

ではさっそく、プラセンタについて解説していきます。
参照:小塙医院

そもそもプラセンタってなに?

プラセンタとは、胎盤から抽出された成分のことです。

胎盤は子宮にあり、赤ちゃんがお腹の中にいるときに栄養を補給するために使われ、出産時に体外に出されます。

人間以外の哺乳類は、栄養補給のために、自分で排出した胎盤を、みずから食べるのです。

なぜなら胎盤には、たんぱく質・脂質・糖質、さらにはビタミン・アミノ酸など、哺乳類が必要とするあらゆる栄養素が含まれているため、疲労回復しすみやかに授乳できるようになるためと考えられています。

このように栄養豊富な胎盤には「不思議な力がある」と考えられており、古代から不老不死の妙薬として使われたりすることもあったようです。

プラセンタの成分は健康によい

プラセンタの成分は、必須アミノ酸や各種ビタミン・ミネラル・酵素が豊富に含まれています。

そのため、現代では美容によいと注目されているのです。

最近では不妊治療の一環として、プラセンタを利用するクリニックもでてきました。

なぜプラセンタは不妊によいの?


プラセンタは栄養価が高いものですが、なぜ不妊によいといわれているのでしょうか。

不妊に対してどんな効果を期待できるのか、紹介していきます。

強力な「抗酸化作用」で卵子の老化を遅くできる?

プラセンタには、抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、体が酸化し、細胞がサビ付いた状態になるのを防ぐ作用のことです。

栄養素ではビタミンC・Eやポリフェノール、アントシアニンなどが抗酸化作用があると有名ですね。

プラセンタも抗酸化作用が高いことが、研究で分かっています。

体が酸化すると、細胞の老化を引き起こし、肌の不調や体調不良の原因になるといわれています。

酸化(老化)にフォーカスをあててみると、赤ちゃんを授かるためには、卵子が健康であることが必要です。

とはいえ、卵子も身体の一部なので、人間の成長とともに老化していきます。

プラセンタによって、細胞が老化するのを防ぐことで、卵子の老化を遅くすることが、妊活において注目されているのです。

参照:株式会社UTP「プラセンタについて」

血流をよくして子宮内膜をフカフカにする

プラセンタは、自律神経のバランスを整えるといわれており、更年期障害の治療にも使われています。

自律神経とは、無意識のうちに内臓や血流など、体の機能を動かす神経のことです。

体の機能が正常に動くことで、血流がよくなり、結果的に、子宮内膜が厚くなることもあるようです。

子宮内膜が厚いと、受精卵が着床しやすくなるフカフカのベッドのような存在になります。

参照:小塙医院
ロイヤルベルクリニック

ストレスを減らす作用がある

妊活中の女性にとって、ストレスは大敵です。

プラセンタには、自律神経を整えることから、ストレスを減らすといわれています。

自律神経を整えることで、イライラなどの不調が減ったり、気持ちを落ち着かせるため、ストレスから自分を守れるといえるでしょう。

強いストレスは、ホルモンバランスを乱すことで、生理不順などを引き起こし、うまく排卵しにくくなることも。

なるべくストレスは減らしたいものですね。
参照:クラシエ

プラセンタサプリを選ぶ3つのコツ


数多くあるプラセンタサプリのなかから、自分で納得のできるものを選ぶコツを紹介しましょう。

参考にしてみてくださいね。

1:プラセンタの量は?ほかの栄養素にも注目

目的に応じた成分が含まれたサプリメントを選びましょう。

日本健康・栄養食品協会によると、1日の目安量は、プラセンタエキス純末で100mg以上とされています。

あくまでも、目安量なのでメーカーが提示している摂取規定量を守りましょう。

サプリには、プラセンタ以外の成分も入っているので、妊活するにあたってほしい栄養素が、過不足なく入っているものを選ぶとよいでしょう。

妊活するなら、葉酸マカなどが配合されているサプリがおすすめです。

とはいえ、種類の異なる複数のサプリを飲み合わせるのは、過剰摂取の危険性もあるので、おすすめしません。

参照:日本健康・栄養食品協会協定

2:安全性が高い原料を使っている

妊活という目的があるのですから、安全性が、きちんと保たれた商品であるかを見極めましょう。

プラセンタサプリは、動物由来のものが多く、ほとんどが馬や豚から抽出されています。

国産か海外産かなどよりは、原料となる豚や馬の飼育環境がいいかどうかが大切です。

サラブレッドは品質がよい

馬ならサラブレッドがおすすめできます。

サラブレッドはほかの馬に比べて、エサや飼育環境まで厳密に管理されており、健康管理が徹底されているためです。

安全な豚はSPF豚

豚の場合は、SPF豚がよいでしょう。

SPF豚は病原菌などを持たない健康な豚であると保証されているため、安全性が高いのです。

原料の飼育環境などが、きちんと公式ホームページで説明されている商品を選ぶとよいでしょう。

ホームページなどに書かれていない場合はメーカーに問い合わせて確認すると安心できますね。

3:続けられる価格なのか

サプリメントは、続けないと意味がありません。
そのため、続けられる価格帯を選びましょう。

高額なプラセンタほど、よいわけではありませんが、プラセンタは希少価値が高いので、決して安くはないのです。

成分をきちんと確認したうえで、経済的にも無理なく続けられるものを選ぶことが大切です。

サプリメントは、医薬品ではないので、即効性はありません。

変化を実感するためには、数ヶ月にわたって、毎日コツコツと飲み続けるので、「続けられる価格でないと意味がない」といっても過言ではないのです。

妊活中に飲めるプラセンタ配合の妊活サプリ2選

ここでは妊活中におすすめできる、プラセンタが配合されている妊活サプリを紹介します。

1:ベルタ 葉酸サプリ


≫ベルタ公式サイトを見てみる

内容量 1袋120粒(約1ヶ月分)
価格(税抜) 5,980円
定期購入(税抜) 3,980円~

妊活中や妊娠中、産後にも飲める葉酸サプリです。

芸能人のぺこさん&りゅうちぇるさん夫妻も飲んでいたことで、有名なサプリです。

葉酸はもちろん、プラセンタもしっかり配合されており、普段の生活で必要なビタミン・ミネラル・鉄分などの成分が凝縮されています。

栄養成分においても、すべて自然由来の天然素材を使用した身体にやさしい製法です。

香料・着色料・保存料・漂白剤・香料発色剤・膨張剤・苦味料・光沢剤などの添加物は一切使用していないので安心して飲めます。

プラセンタは、馬プラセンタです。

馬はほかの家畜と比べて、寄生虫やアレルギーの心配がないので安心して飲めます。

公式サイトを見る

2:ベビウェル ミトコンドリアサプリ


≫ベビウェル公式サイトを見てみる

内容量 1袋90粒(約1ヶ月分)
価格(税抜) 16,000円
定期購入(税抜) 12,800円~

プラセンタのなかでも栄養素の宝庫といわれる、馬プラセンタを使っているのがミトコンドリアサプリです。

馬プラセンタは、豚などのプラセンタに比べて約300倍のアミノ酸が含まれていることから、希少価値が高いといわれています。

また豚プラセンタには含まれていないアミノ酸が、6種類も含まれているのも魅力のひとつです。

ほかにも、葉酸やマカなどがしっかり含まれているので、妊活にピッタリ。

ミトコンドリアが卵子や精子の質を高めることに注目し、ミトコンドリアの力を引き出す成分も含まれています。

管理栄養士の栄養アドバイスもあるので安心して飲めます。

公式サイトを見る

プラセンタサプリを飲むときの注意点は3つ


よいことだらけのプラセンタですが、なにか注意点やデメリットはあるのでしょうか。

さっそくみていきましょう。

1:プラセンタサプリに副作用はある?

飲み方や体質によっては、副作用のような症状が出ることがあります。

過剰摂取については、医学的な根拠がないので、摂取量の上限などはお伝えできません。

とはいえ、プラセンタを過剰に摂取するのではなく、サプリは栄養バランスを考えて摂ることが大切だといえるでしょう。

プラセンタサプリの飲む量や回数は、メーカーの規定量を守りましょうね。

2:葉酸サプリなどと併用しても大丈夫?

プラセンタサプリとほかの葉酸サプリの併用は、おすすめできません。

プラセンタそのものと葉酸や鉄分・亜鉛などの必要栄養素は、併用してもとくに副作用は認められていません。

むしろ合わせて飲むことで相乗効果があると考えられています。

気を付けておきたいのは、飲み合わせではなく過剰摂取です。

サプリメントには、メインの栄養素以外にも、複数の栄養素が含まれている場合があります。

葉酸やビタミンAなど、過剰摂取によって身体に影響がでる栄養素もあるのです。

複数のサプリを同時に飲むのはおすすめしませんが、どうしても組み合わせたいときは、栄養素が過剰摂取になっていないかを調べておきましょう。

1日の上限摂取量を超えないように、飲むようにしてくださいね。

水で飲むのが基本

プラセンタサプリだけに限らず、サプリメントはで飲むようにしましょう。

アルコールと飲むと、プラセンタの成分が分解されてしまい、思うような効果が得られません。

また、お茶でも同じ現象が起こってしまうため、プラセンタサプリを飲むときは、水で飲むようにしましょう。

プラセンタサプリは血流をよくして妊娠しやすい身体作りを期待したい人におすすめ


プラセンタは、血流をよくすることで子宮内膜を厚く保ったり、身体を温めたることを期待できます。

最近では産婦人科で、不妊治療としてプラセンタを採用しているところもあります。

妊活の目的でプラセンタサプリを選ぶのであれば、葉酸などの成分にも注目していきましょう。

妊活をすると「あれもこれもやらなきゃ!」と思いがちですが、自分の生活に合わせて、できることを無理なく続けていくことが大切です。

妊活自体がストレスになってしまっては本末転倒なので、自分のペースで妊娠力を高めていきましょう。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...