子宮後屈による妊娠への影響とは?

子宮後屈による妊娠への影響とは?

>子宮後屈による妊娠への影響

顔の形や足の形が人それぞれ違うように、実は体の中もひとりひとり違っているということがあるんです。そのひとつが、なんと子宮。

女性が赤ちゃんを育てて産む子宮も、実は形が違っているということがあるんです。

体を横から見てみると、背中側から背骨(尾骨)、腸、そして子宮という形になっています。

この腸と子宮の間は通常は隙間がありますが、ときどき子宮が腸や骨盤の方に垂れ下がって隙間がなくなっているということがあります。

これを「子宮後屈(しきゅうこうくつ)」といいます。子宮後傾後屈症(しきゅうこうけいこうくつしょう)ともいいます。

>子宮後屈による妊娠への影響

通常は子宮はおなか側に傾いているため子宮前屈という状態に、しかしその逆で背中側に傾いているので子宮後屈と呼ぶわけですね。

実は子宮後屈はよくあることで、女性の約2割ほどがこの状態だと言われています。

ですがこれは特別な疾患や病気だということではなく、いわゆる子宮の形がこうである…というだけのことなんです。

子宮後屈になってしまう原因って?

じゃあ子宮後屈だから…といって特に何もないの?というと、残念ながらそうではありません。
どれくらい子宮が傾いているかという度合にもよりますが、後屈が大きなときには子宮が骨盤や周りの血管を圧迫してしまうということもあります。

また、子宮後屈はほとんどが先天性のものになりますが、そうでない場合も。

たとえば、よくあるのが子宮内膜症が原因で子宮後屈になってしまうというパターンです。
子宮内膜というのは子宮の内側を覆っている膜のこと。

これが何らかの原因で子宮以外の場所、骨盤や腸、筋肉などでその組織がどんどん増えていってしまい、いろいろな症状を引き起こしてしまうものです。

あちこちで子宮内膜の組織が増えていった結果、他の場所とくっついてしまい(癒着)、子宮が組織に引っ張られたり押されたりすることで子宮後屈となってしまうんです。

この場合、子宮後屈うんぬんではなくてまずは子宮内膜症を治療しなくてはなりません。

子宮後屈で生理痛がつらい・妊娠への心配

子宮後屈自体ですが、以前は流産や不妊症の原因だと言われていました。
手術をして子宮をもとの位置に治す…ということも行われていたんですが、現在は特別な治療をすることは少なくなったようです。

精子が子宮に届きにくいということが言われていましたが、子宮後屈と前屈では差がないということがわかってきました。

ただ、子宮後屈のために生理のときに痛みがひどい、腰痛がひどいということはよくあります。
子宮が傾いているために血流が悪くなってしまうことで痛みが起こってしまうということですから、こういった場合には後屈を改善していく治療を受けましょう。

ペッサリー(膣に挿入する器具)を使って、子宮の位置を戻していきます。
ペッサリーというと避妊用のものでは?と思いますが、子宮の位置を矯正するためのタイプもあるんですよ。

生理時に痛みがひどいという場合、毎月のことですからできるだけ我慢せずに婦人科を受診しましょう。

子宮後屈はもちろんですが、子宮内膜症などの病気が隠れているということもありますから、しっかりと体のメンテナンスを行ってくださいね

妊娠して初めて子宮後屈だと気づいた

「妊娠しているかもしれない」と、初めて訪れた産婦人科で自分が子宮後屈である事を初めて知る方がいます。

子宮後屈が妊娠中にどのような影響が出るのかを少しお話したいと思います。

初期の段階は他の妊婦さんよりも慎重に生活する必要があります。
また、子宮後屈の方は腰痛がひどくなると言われています。

子宮の位置が正確な位置にある方でも、多くの妊婦さんが腰痛で悩まされ、中には妊娠~出産がキッカケでヘルニアになってしまったという方もいます。

子宮後屈であると気がついたら、腰を壊さないよう細心の注意が必要です。

無理だけは絶対にしないようにしましょうね!
子宮後屈の方の中には、後屈だった子宮が、妊娠中だけ前屈になったという方もいらっしゃるようです。

この記事もチェック!

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分