葉酸とマカ、妊活にはどっちがいい?併用はできる?

妊活に必要な栄養素として、葉酸とマカはよく挙げられています。

それぞれ身体に良いとはされていますが、結局どんな効果があるのか、併用しても問題ないのかなど、気になることはたくさんあるものです。

そこで今回は葉酸とマカについてそれぞれの効果や、サプリメントを選ぶときのポイントなどについてお伝えしていきます。

葉酸とマカそれぞれの効果とは

妊活している人には、葉酸とマカのどちらがおすすめなのでしょうか?
それぞれどんな効果があるのか、どのように違うのかなどについて、具体的にみてみましょう。

葉酸の効果

葉酸は、野菜や果物に含まれる水溶性ビタミンB群の一種です。

妊活をする上で重要な葉酸の効果は、ひとつは赤ちゃんの先天性異常リスクを減らす効果、もうひとつは造血作用が挙げられます。

赤ちゃんの先天性異常リスクを下げる効果

葉酸は正常な細胞を作り出し遺伝子が正常にコピーされるよう導いてくれるため、赤ちゃんの障害リスクを予防する効果があります。
葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんを先天性奇形や染色体異常のリスクから守り、流産を予防する効果が期待できます。

妊娠初期における葉酸不足によって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症率が高まることが明らかにされてから、厚生労働省では妊娠の可能性がある女性に葉酸をとるように通達を出しています。

造血作用

葉酸はビタミンB12と結びつき赤血球を生成する働きがあることから、別名造血ビタミンと呼ばれます。

葉酸やビタミンB12が全身の血液量を増やして血行をよくすることで、子宮や卵巣に栄養をたっぷりと届けてくれます。

血行がよくなると、子宮が温まり子宮内膜の壁が厚くなるため、受精卵の着床につながりやすくなるのです。
また、妊娠期のマイナートラブルである貧血を防ぐ効果も期待できます。

葉酸の造血作用は、このように、間接的に妊娠力のアップにつながっています。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

マカの効果とは?

マカとは、南米ペルー原産の、カブのような見た目をしたアブラナ科ハーブです。
古代インカ文明の時代から、根の部分が薬草として重用されてきました。

マカは栄養たっぷりの植物で、ビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富です。
とりわけマカに含まれる鉄分や亜鉛は、男性不妊の対策や、女性のホルモンバランスを整える効果が期待できます。

男性の妊性機能に働きかける

もともとは男性の精力剤として有名だったマカは、精子の数をふやしてくれる亜鉛や、EDを改善するアルギニンといった成分が豊富に含まれています。

これらの栄養素は、精子の質と男性の性機能を安定させるため、男性側の不妊要因に働きかけてくれます。

女性のホルモンバランスを整える

マカには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンという成分が含まれています。
植物性エストロゲンは、排卵に関係する下垂体に働きかけてホルモンバランスを調整し、生理周期をととのえ、正常な排卵をうながす手助けをしてくれるのです。

またマカによってホルモンバランスが整えば、自律神経が整い冷えの緩和にもつながります。
自律神経がバランスを崩す大きな原因にはストレスがありますが、ホルモンバランスの乱れも関係していることがあるのです。

マカは、女性の生殖機能を整えることによって妊娠の可能性を高めてくれるでしょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

葉酸とマカの共通点は血流を促進させること!

葉酸とマカの共通点は、血行をよくする働きがあることです。

血行がよくなれば、子宮内膜の壁が厚くなり子宮環境も改善されるといわれています。
子宮内膜が厚くなれば、受精卵は着床しやすくなり、着床後も流産しにくくなるのです。

葉酸とマカ、妊活におすすめなのはどっち?

結論としては、葉酸もマカのどちらも妊活におすすめです。

葉酸は赤ちゃんの障害リスクをさげるだけでなく、子宮環境を整え着床しやすくしてくれます。
マカは、ホルモンバランスを整え、排卵機能をサポートしてくれます。

葉酸とマカにはそれぞれ別の効果があるので、両方があわさればもっと多方面でに妊活を手助けしてくれることでしょう。

葉酸とマカの併用は問題ない?

マカと葉酸を併用しても、まったく問題はありません
両方をとることで、むしろより効率的な妊活ライフを送ることができます。

不妊治療中の薬や漢方薬と飲み合わせても大丈夫です。

葉酸とマカのサプリメントの選びかた

葉酸もマカも妊活にはおすすめの成分なので、サプリメントを使って上手に摂取しておきたいところ。
どのようにサプリメントを選べばよいのか、具体的にみていきましょう。

≫選び方を飛ばしておすすめのサプリメント情報を見てみる≫

葉酸、マカの摂取量に注意!

葉酸の上限摂取量は1,000μgまでです。
マカの上限摂取量は特に決められていませんが、摂取目安量は1,000~3,000mgくらいです。

葉酸の過剰摂取は胎児の喘息やアレルギー体質の原因になるというデータがあるため、上限量を超えないように気をつけましょう。

複数のサプリメントを使う時は成分量に注意!

複数のサプリメントを使って摂取する場合、栄養成分が過剰摂取にならないよう注意する必要があります。

マカと葉酸を別々のサプリでとると、重複するビタミン、ミネラルなどがあるかもしれません。
ビタミンAのように、過剰摂取するとよくないものもありますので、表示をよく見てから摂取するようにしましょう。

サプリメントの品質・成分をチェックする

大事な赤ちゃんを産もうという身体ですから、サプリメントの品質には十分注意をはらいましょう。

天然由来の合成葉酸が最も理想的

葉酸には食品に含まれる天然葉酸(ポリグルタミン酸型)とサプリメントに含まれる合成葉酸(モノグルタミン酸型)の2種類があります。
合成葉酸のほうが吸収されやすいので、効率的に葉酸を摂取するならサプリメントの方が向いています。

さらに合成葉酸のなかには石油が原料のものと、野菜などから抽出された葉酸を加工しているものがあります。
身体に良いサプリメントを選ぶなら、天然由来のものが良いでしょう。
野菜から抽出したサプリでも吸収率のよい葉酸に変換されているので、吸収率に違いはありません。

マカは産地チェックが大事

マカの産地のひとつであるペルー産のマカには、栄養が不十分な粗悪品もあります。
ペルー産のなかで高品質なものを探すならボンボン高原のマカが良いでしょう。

日本産のマカの場合には、一貫して厳しく品質管理されていることが多いです。
そのため品質面でも信頼できるうえに、栄養成分の一部がペルー産のものより高いといわれています。

また国産品に関しては、JAS有機認定も、品質の指標になります。
JAS有機認定とは、つぎのようなものです。

  • 種まきの2年以上前から、農薬や化学合成肥料を原則として使わない
  • 加工の際に、人体や環境に有害な添加物や薬剤を使っていない

JAS有機認定は、厳しい基準をクリアした商品に与えられるものですので、認定を受けた商品は安心して利用することができます。

マカはブレンドによって吸収率が変わる

マカには、黒マカ、白マカ、黄マカなどたくさんの種類があり、それぞれ栄養価が異なります。
1種類のマカを単独で摂取するよりも、それぞれの特徴を生かしてブレンディングされたマカのほうが、体への吸収がよいといわれています。
マカサプリを選ぶときには、ブレンドも確認しておきましょう。

サプリメントの製造工程をチェックする

原材料が安全で品質がよいものでも、工場での加工過程に問題があれば、本当にその商品が安全で効果があるのかどうか、わからなくなってしまいます。

そんなときは、GMP認定を確認しましょう。
GMP認定は、工場の製造や品質管理、設備などが適切であることをしめすものです。
GMP認定が出ていれば、明確な安全体制がととのい、責任の所在がハッキリしているといえます。

葉酸とマカが一緒にとれる!おすすめサプリメント

ここまでにあげた選び方のポイントを踏まえて、葉酸とマカが一緒に摂れる編集部オススメサプリメントを紹介します。

産婦人科医推奨!国産マカ配合の「マカナ」

価格 【単品購入】6,580円
【定期購入(毎月1袋)】初回定期価格3,980円
【ご夫婦協力コース(毎月2袋)】初回定期価格3,730円(1袋あたり)
配合成分 マカ粉末(国産)、乾燥野菜粉末、亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵母、ビタミンE含有植物油、金時しょうが末、ルイボス茶エキス、スピルリナ、GABA、マグネシウム含有酵母、DHA含有精製魚油粉末/セルロース、貝Ca、ビタミンC、HPC、ステアリン酸Ca、酸化ケイ素、ピロリン酸鉄、加工デンプン、パントテン酸Ca、セラック、グルコン酸銅、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12
産地 日本産
特典 いつでも解約OK(定期回数縛りなし)
全国送料無料(沖縄・離島を含む)

マカナは高品質の日本製のマカを100%使用しています。
さらに22種類もの野菜、50種類以上の豊富な栄養成分がまとめて摂取できます。

葉酸やマカ以外にも、ビタミンC、B12、B6、E、鉄分、カルシウムなど様々な栄養を補うことができます。

管理栄養士が成分を計算して配合しており、産婦人科医も推奨している確かな品質があるので安心して使用できるサプリです。

マカナ公式サイトでもっと詳しく見る

↓マカナについて詳しくはこの記事をチェック!

リーズナブルでお手軽な井藤漢方製薬の「葉酸+マカ」

井藤漢方製薬 葉酸+マカ 60粒

通常価格 2,200円
配合成分 葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、ナトリウム
産地 日本産

マカナに比べると一緒に取れる栄養素は多くありませんが、葉酸とマカはしっかり配合されています。

比較的安くドラッグストアなどで手軽に買えるのも魅力です。

葉酸とマカのサプリメントを摂取する時の注意点

サプリメントの選びかたがわかったところで、今度は実際にサプリをとるときに注意すべき点をチェックしてみましょう。

葉酸サプリは妊娠前から飲み始めよう

葉酸は、細胞分裂をサポートしてくれる成分です。
受精した直後から活発な細胞分裂がはじまり、葉酸が必要になりますので、妊娠がわかってから葉酸を飲みはじめるのでは遅いといえます。
妊娠を考えている女性は、いますぐにでも葉酸をとるべきでしょう。

サプリに頼り切らない

葉酸は、ビタミンB12などのサポートがあってこそ、十分な造血作用を持ちます。
そのため、サプリで葉酸だけを飲んでも、ほかのビタミンが足りていなければ、造血作用はうまく働かないのです。

そのため、まずは栄養バランスのよい食事を心がけ、そのうえで葉酸サプリに頼ることが大事だといえるでしょう。

マカはもともと排卵が順調な人は要注意!

ホルモンバランスを整えてくれるマカですが、もともと排卵が順調だった場合には、マカを飲むことによってかえってホルモンバランスを乱す可能性もあるようです。

心配な人は、マカサプリをためす前にいちど産婦人科医に相談してみましょう。

排卵に問題がない人は、もしかしたらほかの要因に対するアプローチで妊活をすすめたほうがよいかもしれません。

妊娠がわかったらマカはやめる

妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるので、マカの摂取による影響を防ぐために摂取を控えておいたほうが無難でしょう。

ホルモンバランスが乱れると、胎児や母乳への悪影響がでるかもしれません。

妊娠中や授乳中にどうしてもマカを摂取したい場合には、かならず医師に相談してください。

葉酸とマカの両方が入ったオールインワンタイプのサプリを利用していた場合には、妊娠がわかった時点で、葉酸だけのサプリに切り替えることも検討してみましょう。

【葉酸とマカ】うまく利用して妊活ライフの強い味方にしよう!

葉酸とマカの効能や、サプリの選びかたなどについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

葉酸とマカは、どちらも妊活サプリメントとして優秀なものです。
それぞれの特徴をよく理解したうえで、適切な飲みかたを心がけましょう。
きっと夫婦の妊活ライフの強い味方になってくれますよ。

↓こちらの記事もあわせてチェック!