離乳食の進め方を表で学ぼう

「離乳食ってどうやって進めていけばいいの?」
「回数や量はどのくらい?」
「どんな栄養素が必要なの?」

離乳食の進め方には疑問がたくさん。

この記事では、赤ちゃんの月齢ごとの離乳食の回数どの時期どんな食品を食べさせるべきなのか、詳しく解説します。

便利な早見表もあるので是非活用してくださいね。

離乳食の回数


離乳食は1日1回から始めます。

1日5回ある授乳タイムの中で、昼前後の1回を離乳食にします。

離乳食タイムの時は、離乳食を食べさせた後に母乳又はミルクを飲むだけ飲ませましょう。

初期の半ばから中期にかけて1日2回にして、後期からは1日3回と回数を増やしていきます。

離乳食の進め方

離乳食の進め方早分かり表

上記の量は目安です。
子供の食欲や成長・発達の状況に応じて食事の量を調整してください。

食品の種類


離乳食を始める時は、アレルギーの心配が少ないおかゆ(米)から始めましょう。

まだ食べさせたことのない食品を与える時は、一さじずつ与え、赤ちゃんの様子をみながら量を増やします。

慣れてきたら野菜やじゃがいも、果物などを追加していき、さらに慣れてきたら白身魚や豆腐など種類を増やしていきましょう。

※ハチミツは乳児ボツリヌス症の予防の為に1歳までは使用しないようにします。

赤ちゃんにハチミツを与えてはいけないについてはこちら

赤ちゃんの成長に合わせて卵は卵黄(固ゆで)から全卵にして、魚は白身魚→赤身魚→青皮魚へと進めていきましょう。

ヨーグルトや塩分・脂肪の少ないチーズも用いて大丈夫です。

脂肪の少ない鶏肉豆類野菜海藻などと種類を増やして行きましょう。

脂肪の多い肉類は少し遅らせ、野菜類には緑黄色野菜も用いるようにします。

生後9ヶ月以降になると鉄分が不足しやすので、赤身の魚レバーなどを取り入れましょう。

又、調理に使用するミルクは牛乳・乳製品のかわりに育児用ミルクを使用するとよいでしょう。

手づかみ食べの練習


赤ちゃんが成長するにつれて自分でスプーンを持ちたがったり食事に手を出すようになったらひとりで食べる練習をさせてあげましょう。

汚されたり散らかされることは覚悟しましょう。

手づかみ食べは、食べ物を目でみて、手指でつかんで、口まで運び入れるという目と手と口の強調運動

摂食機能の発達の上で重要な役割ですので、手づかみ食べは赤ちゃんの成長にとって必要な行動です。

遊び食べを怒ってはいけないについてはこちら

手づかみ食べのポイント

  • ごはんをおにぎりにしたり、野菜の切り口を大きめにするなどの工夫をする
  • 食事をする環境は、汚れてもいいようにテーブルの下にビニールや新聞紙を引いたりエプロンをするなどの工夫をする
  • 自分で食べる行動をさせる為にちゃんと食事時間を決める

    ※空腹でない時に食事をさせても自発的に食べずにただ汚して終わってしまう

離乳食の進め方はあくまで基本


ここで紹介している離乳食の進め方はあくまでも基本です。

赤ちゃんはみんな同じペースで離乳食が進む事はありません。

みんなそれぞれの食欲や好き嫌いなども違いますので、あせらずに赤ちゃんに合わせて進めて行きましょう。

離乳食を始める時期についてはこちらでも説明しています

離乳食に関する質問箱

咀しゃく機能について
5ヶ月から離乳食を始めたのですがまったく食べず、口に入れても舌で押し出してしまいます。
どうしたらいいでしょうか?

咀しゃくについての解答
きちんと口を閉じてごっくんが出来る様になった時
が離乳食の開始時期です。

舌がおっぱい飲む時の動きだとまだ早いので、上唇に擦りつけたりして無理矢理食べさずに、一週間ぐらい時間を置いて離乳食を始めてみましょう。

欲しがる時は?
現在5ヶ月で、1日1回スプーン1さじずつ与えているのですが、もっと欲しがる時は沢山与えても大丈夫でしょうか?

欲しがる場合の回答
生後5~6ヶ月
は胃腸が未発達なので与えすぎは負担がかかってしまい入院するケースもあります。

離乳食初期(5~6ヶ月)の場合、離乳食から摂る栄養は全体の10%~20%で、栄養バランス的に食べられるものも少なくミルクや母乳から栄養を摂るのが基本ですので、1日1回スプーン1さじにしましょう。

2500g以下の低体重で生まれた赤ちゃんの場合も離乳食
2500g以下の低体重で生まれた赤ちゃんの場合も離乳食をスタートするのは5~6ヶ月で大丈夫ですか?

離乳食のスタート時期は誕生日ではなく出産予定だった日をスタート
2500g以下の低体重で生まれた赤ちゃんの場合、離乳食のスタート時期は誕生日ではなく出産予定だった日をスタートとして考えます。

それ以外にも身体の発達や、食べ物を見た時に興味を示すようになるなどが離乳食開始のサインとなります。

発育発達は個人差があるのでかかりつけの医師に相談するのも大切です。

人気ブロガーの「離乳食に関する体験談はこちら↓