赤ちゃんのアトピーは予防できるの?原因・症状・対処法まとめ

赤ちゃんのお肌は敏感で、とても繊細です。
ちょっとした刺激で肌トラブルがおこりやすく、赤ちゃんの肌のついて心配が絶えないママも多いでしょう。

生後3ヶ月すぎても、ブツブツや肌荒れが続くようなら、アトピー性皮膚炎かもしれません。

ここでは、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について、その原因や症状、対処法についてまとめました。

アトピー性皮膚炎って?


生まれたばかりの赤ちゃんは、お肌のバリア機能が未熟です。

ちょっとした外からの刺激でも、カサカサして赤くなったり、ブツブツができたり、ただれたりすることがあります。

それらは一過性のことがほとんどで、成長するにつれてよくなるものです。

ただし生後3ヶ月過ぎてもそれらの症状が続いたり、良くなったり悪くなったりを繰り返すようならアトピー性皮膚炎が疑われます。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が良くなったり悪くなったりを慢性的に繰り返す皮膚の病気です。

アトピー体質と呼ばれるアレルギーになりやすい体質の人に多くみられます。

アトピー性皮膚炎の皮膚の症例

  • 赤くなる
  • カサカサして皮がむける
  • 赤いブツブツができる
  • 皮膚が厚くなってゴワゴワになる
  • 皮膚から液が出てただれる

上記のような皮膚の症状に、かゆみを伴うのが特徴です。

参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」

赤ちゃんのアトピーはいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんでも、アトピー性皮膚炎を発症します。

ただし生後3ヶ月未満の赤ちゃんはお肌のバリア機能が未熟であることがほとんどです。
かゆみのある湿疹は、アトピー性皮膚炎に限らず、あせもおむつかぶれなどでもおこります。

赤ちゃんのアトピーはお医者さんでも診断が難しいといいますが、以下のような条件に当てはまる場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が高いようです。

生後4ヶ月をすぎても肌荒れやブツブツが続くようなら、一度専門医に相談してみましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の診断基準

赤ちゃんの場合、以下の条件に当てはまる場合、アトピー性皮膚炎の可能性が高いといわれます。

  1. 肌が赤くカサカサになる、湿疹があるなどの肌の異常が見られる
  2. かゆみを感じている(引っ掻き傷がある)
  3. よくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に続く(2ヶ月以上)
  4. 顔、頭から始まった湿疹が、首、手足やお腹など体全体におよぶ
  5. 親や兄弟がアレルギーを持っている

アトピーの特徴の一つは、慢性的に症状があることです。
1歳以下の赤ちゃんの場合は、2ヶ月以上であれば、慢性的と診断されます。
また1歳以上では、6ヶ月以上が慢性的です。

乳児の場合、まず顔や頭、首に炎症が見られ、症状が悪化するにつれ、胸、背中、手足などに広がっていきます。

参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」
参照:千葉県小児科医会「乳児湿疹とアトピー性皮膚炎」

アトピー性皮膚炎の原因は?


皮膚の表面には皮脂膜というものがあって、外からの刺激や細菌から体を守り、水分が逃げないようにしてくれています。

本来、お肌にはこのようなバリア機能があるのです。

アトピー性皮膚炎を発症する人の皮膚は、このバリア機能が低下しているため、乾燥しやすく、外界からの刺激や異物が皮膚の中に侵入しやすくなっています。

その結果炎症をひきおこし、皮膚炎を発症するのです。

原因因子や悪化要因は?

アトピー性皮膚炎の直接的な原因は、皮膚のバリア機能の低下です。

現時点においては、アトピー性皮膚炎の発症に必ずしもアレルギー反応が関係しているとはいえません。

しかし多くの患者さんが、アトピー体質というアレルギーをおこしやすい体質をもっていることも事実です。

またこのアトピー因子は遺伝するため、親や兄弟にアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーがある場合は、同様の因子に注意を払う必要があります。

代表的なアトピー性皮膚炎を悪化させる因子には以下のようなものがあります。

  • 黄色ブドウ球菌などの細菌、真菌
  • ダニ、カビ、ほこり
  • ペット
  • 汗、よだれ
  • 石鹸、洗剤
  • 衣服のこすれ
  • ストレス
  • 食事のバランス
  • 睡眠不足

これらの因子すべてが、悪化の原因になるというのではありません。
何が悪化要因となるかは、個々の体質によって変わります。

症状の悪化を防ぐためにも、医師の診断を受け、何が赤ちゃんの悪化因子なのか見つけることが重要です。

参照:サイト参考:日本アレルギー協会「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」

乳児湿疹との違いは?

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は症状が似ていて、お医者さんでさえ識別は難しいといわれます。

乳児湿疹は、早いもので生後1〜2週間ごろから現れはじめ、1〜3ヶ月ごろの赤ちゃんに多くみられます。

  • 脂漏性湿疹
  • 乾燥性湿疹
  • 新生児ニキビ
  • あせも
  • おむつかぶれ

などが乳児湿疹で、主な原因は皮脂の分泌量が多いことと、肌が乾燥しやすいことです。

特別な治療は必要なく、成長とともに改善し自然に治ることがほとんどです。

生後4ヶ月をすぎても症状が改善しない、あるいは悪化する場合は、アトピー性皮膚炎かもしれません。

食物アレルギーとの違いは?

食べ物が原因で引き起こされるのが食物アレルギーで、その症状は必ずしも皮膚炎だけとは限りません。

症状は、

  • 口の中のかゆみ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • アナフィラキシー

など多岐にわたります。

いっぽうアトピー性皮膚炎は、皮膚から侵入する刺激やアレルゲンが原因で起こる皮膚の炎症であり、必ずしも食べ物が原因とは限りません。

しかし乳幼児の場合、食物アレルギーによる発疹が、アトピー性皮膚炎を誘発する可能性も否定できません。

両者の線引きは非常に微妙で、専門医でも診断が難しいところです。

アレルギー体質をもっている場合、アトピー性皮膚炎だけでなく、食物アレルギーにも注意する必要があるでしょう。

ある臨床研究では、アトピー性皮膚炎の発症が、卵アレルギーの発症と関連することが確認されており、乳児期のアトピーが食物アレルギーの誘発因子である可能性が示唆されています。

参照:小児科アレルギー科ゆら小児科クリニック「Q&Aよくあるご質問」

参照:国立研究開発法人国立成育医療研究センター「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見」

アトピー性皮膚炎は治るの?

アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、皮膚が本来もっているべきバリア機能が低下している状態です。

バリア機能が回復すれば、皮膚炎の症状はおさまります。
ただし肌のバリア機能の回復は、短期間でできるものではありません。

まずは炎症を抑え、それからお肌のバリア機能を高めていくことが必要です。

時間はかかりますが、正しいケアをおこなえば、湿疹やかゆみなどの症状が出ない状態にもっていくことも可能です。

アトピー性皮膚炎は予防できるの?

最近、アトピー性皮膚炎の予防法として、新生児からのスキンケアが注目されています。

国立成育医療研究センターでおこなわれた臨床試験では、赤ちゃんの皮膚をしっかり保湿することでアトピー性皮膚炎の発症リスクが減少することがわかりました。

これは、同センターで新生児を対象におこなわれたもので、毎日1回保湿剤を全身に塗った新生児(59人)と、乾燥した局所のみにワセリンを塗った新生児59人を比較した実験でした。

実験の結果、全身に保湿剤を塗った新生児の方が3割以上もアトピー性皮膚炎の発症率が低いことがわかりました。

完全な予防法とはいえませんが、少なくとも、新生児からの保湿ケアで、アトピーの発症リスクが低下することは確かです。

ママやパパ、あるいは、兄弟がアレルギー体質を持っている場合には、赤ちゃんもアレルギー体質である可能性が高くなります。

発症リスクを軽減するためにも、新生児からしっかり保湿ケアをしてあげましょう。

参照:国立研究開発法人国立成育医療研究センター「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見」

アトピー性皮膚炎を放置すると危険?アレルギーマーチとは

アレルギーマーチという言葉を聞いたことがありますか?

アレルギーマーチとは、アトピー性皮膚炎から始まったアレルギーの症状が、年を重ねるごとに、アレルギー性喘息や花粉症、アレルギー性鼻炎と変化して、次々に発症していくことをさします。

個人差が大きく、全員が同じ道筋をたどるわけではありませんが、このような変遷をたどるリスクは高いといえます。

アレルギーマーチをひきおこさないためにも、アトピー性皮膚炎を放置せず、しっかりと治療、管理していくことが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療は3本柱

アトピー性皮膚炎の治療では、皮膚のバリア機能を回復させ、炎症が出ない状態を目指します。
そのための治療においては、次に述べるような3つの対策がベースになります。

  • スキンケア
  • 薬物療法
  • 悪化要因の除去

この3つについて、それぞれさらに詳しくみてみましょう。

参照:九州大学医学部皮膚科学教室「アトピー性皮膚炎の標準治療」
参照:日本アレルギー協会「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」

スキンケア


皮膚のバリア機能を回復させるために欠かせないのが、正しい入浴とていねいなスキンケアです。

入浴で清潔な皮膚を保ち、その後しっかりと皮膚のうるおいを保つための保湿を心がけましょう。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんの入浴で気をつけたいこと

皮膚に汗や汚れ、細菌などのアレルゲンがついたままでは、皮膚炎を悪化させてしまいます。
アトピー性皮膚炎の治療のためには、刺激のもとをきれいに取り除くための入浴が重要です。

できれば1日2回お風呂に入り、お肌を清潔に保ちましょう。

ただし赤ちゃんのお肌はとても敏感なので、洗い方に注意しないと、逆に皮膚炎を悪化させることにもなりかねません。

入浴時には次のことに注意してください。

参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」
参照:九州大学医学部皮膚科学教室「アトピー性皮膚炎の標準治療」

着色料や香料など刺激物の入ってない石けんを使う

汚れや、汗、細菌などを取り除くためには、石けんを使うことが必要ですが、どんな石けんを使うかにも注意が必要です。

着色料や香料、防腐剤などが入っていると、それらの成分がお肌に刺激を与えてしまうことがあります。
なるべく余分な添加物が入ってない石けんを選びましょう。

たっぷりときめ細やかな泡で優しく洗う

石けんやボーディソープは、まずしっかりと泡だててから使いましょう。

洗顔フォームのようにきめ細やかな泡をたっぷりと作り、泡で包み込むように優しく手で全身をていねいに洗います。
スポンジやタオルでゴシゴシ洗うのはNGです。

石けんはしっかり洗い流す

すすぎは、ていねいにしっかりとおこないましょう。
石けんがお肌に残ると、それが刺激になって炎症をおこしやすくなります。

石けんやシャンプーはしっかりと洗い流しましょう。
リンスは髪に残りやすいので、炎症が治るまでは、使わない方がいいかもしれません。

包み込んで抑えるようにふく

お風呂から上がったら、タオルで優しくくるみ、抑えるように水分を拭き取ります。

タオルでゴシゴシこすらないようにしましょう。

入浴のあとはすぐに肌の保湿を

体を洗ったあとのお肌は、皮脂が洗い流されているために乾燥しやすくなっています。
お風呂から上がったら、5分以内に保湿剤をぬりましょう。

保湿剤を塗るときに、優しくゆっくりと肌の上でのばしてください。

シワのある部分は、皮膚をのばしてなかまで保湿剤がいきわたるようにします。

カサカサになっている部分はもちろん、全身に保湿剤をぬるのがポイントです。
目の周りや耳の後ろなども忘れずに保湿しましょう。

炎症が軽いうちは、清潔にして保湿を心がけるだけでも症状はかなり改善します。

炎症が治っても全身の保湿は続けてください。

薬物療法


かゆみのある湿疹が出ている場合は、かゆみと炎症を抑えるために用いられるのが薬物療法です。

ストロイド外用薬

アトピー性皮膚炎の場合は、炎症とかゆみを抑えるために、ステロイド外用薬が用いられるのが一般的です。

ステロイド外用薬は、皮膚の炎症を抑える効果があり、炎症による皮膚のかゆみや湿疹を抑えます。

ステロイド外用薬にはたくさんの種類があり、強いものから弱いものまで5段階に分類されています。

子どもには、大人よりも比較的弱いものが用いられることが一般的です。
ただしどのランクの薬を使うかは、個々の症状によって、医師が判断します。

参照:日本アレルギー協会「アトピー性皮膚炎の主な治療薬」
参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」
参照:九州大学医学部皮膚科学教室「アトピー性皮膚炎の標準治療」

副作用を出さないステロイド剤の使用方法

お医者さんは、赤ちゃんの肌の状態を確認し、適切な薬を処方します。
たくさん塗ったほうがよく効くというわけではないので、使用量をしっかり守って、指示された期間ぬりましょう。

お肌の炎症が完全に治ったら、段階的に使用回数を減らしていきます。

最終的には、保湿剤だけでお肌をつるつるの状態にキープできるのが目標です。

ステロイド剤には、長期間使い続けると皮膚が薄くなるという副作用がありますが、副作用を出さないためには、指示された使用量と回数をしっかり守ってください。

タクロリムス軟膏

また最近では、タクロリムス軟膏という外用薬も使われるようになりました。
タクロリムス軟膏もステロイド剤同様に、皮膚の炎症を抑える効果があります。

塗り始めに刺激があり、皮膚に傷がある場合使えません。
また妊娠中のママや2歳未満の子どもには使用できません。

長期間使用しても皮膚が薄くなる副作用は出ませんが、ニキビやヘルペスが出やすくなるという副作用が報告されています。

参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」

悪化要因の除去


毎日2回入浴して体を清潔に保っても、衣類や寝具、お部屋がアレルゲンだらけでは意味がありません。

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因をできるだけ排除することも、治療の一環として重要です。

参照:日本アレルギー協会「アトピー性皮膚炎の主な治療薬」
参照:独立行政法人環境再生保全機構「小児性アトピー性皮膚炎ハンドブック」
参照:九州大学医学部皮膚科学教室「アトピー性皮膚炎の標準治療」

お部屋の掃除

お部屋には、ハウスダスト、ダニ、ペットの毛などをアレルゲンがいっぱいです。
これらを排除するためにも、できれば毎日掃除をしましょう。

とくにじゅうたん、布製のソファはしっかりと掃除機をかけてください。

また意外とホコリがたまりやすいのがカーテンです。
カーテンも定期的に洗うのがオススメです。

布団

布団はダニやハウスダストの溜まり場になりやすいです。
こまめに日干ししてあげることが理想的ですが、難しいようなら、布団乾燥機を使ってください。

干した後は、掃除機で表面についたダニの死骸やホコリをしっかり吸い取ります。

布団だけでなく、枕や、一緒に寝ているぬいぐるみについても同様に手入れしましょう。

衣類

汗やよだれもアトピー性皮膚炎の悪化因子です。
汗をかきやすい夏場はとくにこまめに着替えましょう。

赤ちゃんの繊細な肌には、普段から肌ざわりのいい自然素材の服を選ぶことも大切です。

また使用する洗剤にも注意が必要でしょう。
界面活性剤の使用量が少ない洗剤や、香料が入ってない洗剤を使うといいですね。

エアコン

カビやハウスダストの巣窟になりやすいのが、エアコンです。
エアコンのフィルターの掃除も忘れずにおこないましょう。

湿気対策

湿度が高くなるとカビが発生しやすくなります。
とくに梅雨から夏にかけては要注意です。

お風呂、トイレ、台所は家のなかでもカビが生えやすいところです。
普段から窓をこまめに開けるなどして換気を心がけましょう。

早めの適切な対処法で赤ちゃんを守りましょう


かゆくてつらいアトピー性皮膚炎。

アレルギー体質を持っている場合、体質を変えることはなかなか難しいですが、適切な処置で、症状をかなりコントロールすることは可能です。

赤ちゃんのうちに症状をコントロールできれば、その後のアレルギーマーチのリスクも低くなります。

保湿ケアを続けているのに、赤ちゃんのお肌トラブルが生後3ヶ月すぎても続くようなら一度、小児科に相談するといいでしょう。

早めの適切な対処で、大事な赤ちゃんをアトピー性皮膚炎から守ってあげましょう。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...