産後は暑い?物凄い量の汗がでる原因は?

産後はとくに暑いわけでもないのに、とにかく自分でも驚くほど汗をかくという方が多いようです。

出産後、お母さんの体が妊娠前の状態に戻るまでの間を「産褥期(さんじょくき)」と呼びます。
大きくなっていた子宮が元通りの大きさに縮んでいったり、母乳が出始めたり、さまざまな変化が起きがちです。

産後3日ごろまでは体温が高めになったり、精神的に不安定になったりなど、たくさんの症状があらわれます。

産褥期に起こりやすい変化のひとつが「汗の量」です。
なぜ出産後に汗をかきやすくなるのか、みていきましょう。

エストロゲン・プロゲステロンって?

汗をかくパンダ
産褥期に起こるトラブルの原因は、ホルモンバランスの乱れにあるといわれています。

妊娠中は、エストロゲン(女性ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンがどんどん分泌されていきます。

体調の変化をもたらしているホルモンってどういうものなのでしょうか?

エストロゲン

エストロゲンは女性ホルモンで、卵胞ホルモンとも呼ばれます。
思春期になるとその分泌量が増え、バストアップや女性らしい丸みのある体を作り出します。

身長が伸びることとエストロゲンの量が増えることも、大きなかかわりがあるようです。

主な働きとしては、妊娠を継続できるよう子宮の血流量をアップさせたり、出産が近づくと徐々に子宮頚管を軟らかくして分娩に備えるようにしていきます。

産後は母乳が作られるように乳腺の働きを活発にする働きがあります。

妊娠・出産・産後までたくさんのかかわりがあるホルモンです。

プロゲステロン

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれているステロイドホルモンです。
女性の生理の周期を決めています。

プロゲステロンは、体の中で妊娠の準備を始めるように働きかけ、エストロゲンと同じように、妊娠状態を維持していくのです。

エストロゲン・プロゲステロンのどちらも、妊娠10週を過ぎたあたりから、胎盤で作られます。

出産後は胎盤が出ていくので、急激に分泌量が減ります。

そのため出産後はホルモンバランスが崩れて、さまざまな変化が起こってしまうのです。

汗をかく原因は更年期障害と同じようなしくみ

出産間近の娘と母
閉経前後に起こりやすく、主に50歳前後の女性に起こる「更年期障害」は、卵巣の働きが低下してエストロゲンの量ががくっと減ることで起こります。

動悸がしたりほてりを感じたり、疲れやすくなったりめまいがしたり…そして、自分でも驚くほどの汗をかいてしまうことがあります。

産後に物凄い量の汗をかいてしまうというのは、更年期障害と同じような状態なのです。

産後の大量の汗は自然におさまってくる

汗をかく女性
産後、子宮や卵巣の働きが徐々に戻っていくと、妊娠する前のようにホルモンが再び分泌されていくので体調も良くなっていきます。

産後1週間を経過すると自然に汗の量も治まるので、あまり心配はいりません。

汗をかきやすくなって体がベタベタするのがイヤ!というときは、シャワーや体を拭くタオルやペーパー類を利用して、うまく乗り切っていきましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...