産後の抜け毛対策!原因から予防方法、改善方法まとめ

出産後のママの悩みのひとつに産後の抜け毛があります。

洗髪後、排水溝に流れ落ちた抜け毛の量におどろくママも多いでしょう。

この記事では、産後に髪が抜ける原因や対策についてまとめました。

「産後の抜け毛は、どのくらいの期間続くの?」
「髪のケアはどうするべき?」

このような産後の髪に関する悩みを解決していきましょう。

産後の抜け毛はいつからいつまで?


妊娠中と産後のヘアサイクル(毛周期)は、女性ホルモンの影響で大きく変化するため、抜け毛のピークには個人差があります。

産後3〜5ヶ月くらいから抜け毛の症状が気になりだす人が多く、ホルモンバランスが安定してくる産後6ヶ月~1年たつころに落ちつくというケースが多いようです。

参照:今泉スキンクリック

産後に髪が抜ける原因は?


まずは産後に髪が抜ける主な理由についてみていきましょう。

ホルモンの影響

妊娠中は、エストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えます。

これらの女性ホルモンは、抜け毛を防いだり髪の毛の成長を促す作用があるため、妊娠中ママの髪の毛は抜けにくいのです。

そして出産後、女性ホルモン分泌が徐々に減るため、これまで成長を続けていた髪が抜けはじめます。

このように女性ホルモンが産後の抜け毛に影響しているケースが考えられるでしょう。

ストレス

産後、慣れない育児に奮闘しながら家事もこなしているうちに、自分でも気づかないうちにストレスを感じていることもあるでしょう。

ストレスを感じ続けると、頭皮の血行が悪くなるため、十分な栄養が運ばれなくなります。

髪を作る土台となる頭皮に栄養が足りなければ、健康的な髪の毛は作られません。

しっかり成長する前に抜け落ちている可能性があります。

不規則な生活習慣

赤ちゃんが生まれると、2~3時間おきの授乳で、多くのママは寝不足に悩まされます。

昼間も家事や赤ちゃんのお世話で休めずに、生活習慣が乱れがちです。

睡眠不足が重なることで、頭皮の血流が悪化して抜け毛につながることがあります。

食生活の乱れ

赤ちゃんのことを優先にして過ごすママは、食事も簡単で手軽に食べられるものを選びがちです。

その結果、栄養のバランスが崩れて抜け毛が増えることがあります。

また妊娠中に増えた体重を落とすために、ムリな食事制限をしてダイエットをするママもいますが、これも抜け毛を増やす原因になるでしょう。

産後の抜け毛対策は?


産後1年ほどで抜け毛は落ちつくといわれていますが、毎日抜け落ちる毛を見るのはツラいものです。

まずは自分でできる抜け毛対策を実践してみましょう。

抜け毛対策1:栄養をしっかり摂る

髪の毛の成長に必要な栄養を、しっかり摂るようにします。

手の込んだ料理を作るのは大変ですが、コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜でも、栄養価の高い食べ物はたくさんあるので利用しましょう。

たんぱく質

肉・卵・大豆に多く含まれているたんぱく質は、健康な頭皮を保つ働きがあります。

たんぱく質は髪の毛の主成分にもなるので、しっかりと摂取しておきたい栄養素です。

とくに大豆や納豆には、女性ホルモンエストロゲンと似た働きをするイソフラボンも含まれているため、意識して取り入れるといいでしょう。

ミネラル

亜鉛を多く含むミネラルは、髪の毛に潤いを与える働きがあります。

ひじき・わかめ・昆布などの海藻類や、アーモンド・カシューナッツ・ピスタチオなどにも含まれています。

ナッツ類は、育児の合間でも手軽に食べられるので、常備しておくとよいでしょう。

カルシウム

髪の毛のツヤやコシを出すために必要なのがカルシウムです。

カルシウム不足になると、脳神経の働きが悪くなり、頭皮にも悪影響を及ぼします。

カルシウムを多く含む食材は、小魚・乳製品・油揚げなどです。

ビタミンB群

ビタミンB群は、バナナ・マグロ・じゃがいも・牛乳・レバーなどに多く含まれています。

髪の原料となるたんぱく質の代謝をサポートするビタミンB群は、髪の毛にかかせない栄養素です。

水に溶けやすい性質があるので、ゆでると栄養分が溶け出してしまいます。

生のまま食べる、焼く、ゆで汁まで丸ごと食べられるスープにするなど、調理法を工夫しましょう。

サプリを利用する

バランスのよい食事が大切なのはわかっていても、産後は思うように食事をとれないことも多いでしょう。

そんなときは、サプリメントを取り入れるのもひとつの方法です。

妊娠中~産後の授乳中でも飲めて、不足しやすい栄養素を摂取できるサプリもたくさんあります。

不足しがちな栄養素を含むサプリで摂取しましょう。

母乳育児のママは、医師に相談してからサプリを使用してくださいね。

抜け毛対策2:ストレスをため込まない

子育て中でも、ストレスをため込まないように息抜きは必要です。

たまにはパパに子どもを預けて、短時間でも外出してみましょう。

預ける人がいない場合は、地域の一時保育を利用するのもオススメです。

好きな音楽を聞くなど、ちょっとしたストレス解消法をみつけておきましょう。

抜け毛対策3:眠れるときに寝ておく

家のことは多少手を抜いても、赤ちゃんが眠っているときはママも一緒に横になりましょう。

体を回復して、髪の毛の発育にも影響する成長ホルモンは、眠っている間に増加します。

赤ちゃんの月齢が小さいうちは、まとまった睡眠をとるのが難しいものですが、眠れるときに眠って休めるときに休むことで、自律神経が安定して頭皮環境の改善にもつながるのです。

正しいヘアケアをする

産後はホルモンバランスが不安定なため、頭皮は敏感な状態です。

皮膚トラブルを避けるためにも、頭皮の刺激となるヘアカラーはできるだけ避けます。

低刺激なオーガニックシャンプーに変えたり、育毛剤を使って頭皮マッサージをするとよいでしょう。

毎日のシャンプーも、頭皮を傷つけないように丁寧におこないます。

【正しいシャンプーの方法】

  1. 髪を濡らす前にブラッシングをして、髪をほぐしておく
  2. 髪や頭皮をよく濡らしてから、シャンプーを泡立てる
  3. 指の腹で頭皮をマッサージするように洗う
  4. すすぎ残しがないように、よくすすぐ

塗れている髪はキューティクルが開いて痛みやすい状態なので、シャンプー後はすぐに髪を乾かしましょう。

髪型でカバーする

産後の抜け毛で、部分的に髪が薄くなったという場合は、ヘアスタイルで髪の薄さをカバーしましょう。

髪の毛を短くする

髪が長いと、抜け落ちた髪も目につきやすいので、それがストレスとなることがあります。

髪型をボブやショートなど短めにすることで、抜け落ちる髪が目につくことも減るため、気分的にも楽になるでしょう。

長さを短くしたくないという人は、髪をすいて量を減らすのもオススメです。

分け目をつくらない

前髪の生え際や分け目は、髪の薄さが目立つ部分です。

分け目や生え際が目立たない髪型にするだけでも、見た目の印象は大きく変わります。

小物を利用する

「髪型で薄毛をカバーできない」
「外出時、髪にかける時間が取れない」

そんなときは、ヘアバンド帽子ウィッグが役立ちます。

こういったアイテムを使うことで、時間をかけずに薄毛を隠せるのでオススメです。

髪の抜け毛や薄毛が気になるのは期間限定だと割り切って、小物を使ったヘアスタイルを楽しみましょう。

産後の抜け毛で病院へ行くべき症状は?


産後6ヶ月から1年を過ぎても抜け毛が治まらないときは、病院を受診しましょう。

産婦人科でも、薬や育毛剤を処方してくれることがあります。

頭皮に痛みがあったり、円形脱毛症がある場合は皮膚科や頭髪専門の病院を受診して治療をおこないましょう。

放置しておくと、抜け毛が悪化する可能性もあります。

産後の抜け毛はあせらずに正しい対処を!


産後に抜け毛が増えるのは、ホルモンの影響生活リズムの乱れによるものです。

赤ちゃんの中心の生活に変わって、思うような頭皮ケアができないなか、大量に抜けた毛髪を見ると気持ちが落ち込みがちですが、時間とともに抜け毛も治まります。

元のきれいな髪に回復するまでのあいだ、紹介した抜け毛対策を実践して、乗り切りましょう。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...