【専門家が教える】デリケートな肌の赤ちゃんにおすすめ!引き算の洗濯方法とは

赤ちゃんが生まれると家事の量も一気に増えてきます。
中でも大変になのが「洗濯」ではありませんか?

赤ちゃんの洋服、スタイ、ガーゼハンカチ…洗濯のほとんどが赤ちゃんのものになっていますよね。

保育園に行っていると、毎日たくさんのこどもの洋服、タオル…。
仕事が終わってからのママにとっては重労働です。

今回は、洗濯をシンプル&エコに、ママにも赤ちゃんにも環境にも優しい「引き算の洗濯方法」をお伝えします。

赤ちゃんの洗剤とは?

デリケートで繊細な赤ちゃんの肌は、洗剤や柔軟剤などによってもスキントラブルを起こすことがあります。

一般的にお店で売っている洗剤の成分表を見ると、合成界面活性剤、蛍光増白剤、酵素、香料などの化学物資が含まれています。

私たち大人では、敏感肌の方でなければとくに気にならないかと思われますが、肌が敏感な赤ちゃんによっては、衣類などに残っている洗剤が肌トラブルにつながることも。

最近では「赤ちゃん用洗剤」として蛍光増白剤、漂白剤などの無添加の合成洗剤や合成添加物を一切含まない洗濯用石けんなどもありますね。

赤ちゃんの肌やオススメの保湿剤についてはこちらのコラムで詳しく書いてありますのでご覧ください。

洗剤は赤ちゃんの手の届かない場所で保管を

また「洗剤」は、赤ちゃんの誤嚥(ごえん)の原因にもなります。
厚生省の調査による家庭用品等の小児の誤飲事故の報告件数は、「洗剤・洗浄剤」が23件(3.0%)
洗剤も赤ちゃんの手に届かないところに移動するように気をつけましょうね。

引き算の洗濯方法とは

今回は引き算の洗濯方法として、著者が使用してる「ベビーマグちゃん」について紹介します。

合成洗剤を使わずに、高純度のマグネシウムだけをナチュラルネット素材に入れて洗う身体にも環境にもやさしい洗濯用品です。

著者も、実際にベビーマグちゃんを使用しています。

布オムツや部屋干しのニオイも気になりません。

洗剤で水を汚さないので、洗濯機の汚れもなくなり、地球に優しいです。
ベビーマグちゃんを使用するようになってから洗濯が楽しくなりました。

また、洗剤を買わなくていいので節約にもなるのが嬉しいです。

著者のこどもたちも、保育園に行っているので、毎日たくさんのこども服を洗濯する必要があります。
ベビーマグちゃんが大活躍しています。

赤ちゃんの洗剤について悩んでいるママさん、一度「ベビーマグちゃん」試してみてはいかがでしょうか?
環境にもやさしい洗濯になってオススメです。