2人目帝王切開ができる期間は?考えられるリスクや自然分娩する方法とは

帝王切開とは赤ちゃんとママの命を守るために行われる出産方法のひとつです。

1人目を帝王切開で出産した方のほとんどが2人目も帝王切開を選択します。

そこで今回は1人目の帝王切開と2人目の帝王切開の違い帝王切開で気をつけなければいけないこと、また自然分娩する方法はないのかなど、

2人目の帝王切開について説明します。

帝王切開後の2人目の妊娠について

帝王切開は経腟分娩とは異なり、直接子宮を切り開きます。

そのため、1人目を帝王切開で産んだ場合、2人目を妊娠するにあたって注意すべき点があります。

注意すべき点について説明します。

2人目を授かるまでに必要な期間は?

帝王切開は直接子宮を切り開くため、経腟分娩とは異なり子宮壁にも傷ができます。

子宮壁の傷が完全に回復し、安全に2人目を妊娠するためには、最低1年以上の間隔を空けた方が良いといわれています。

子宮の傷の回復と、育児の負担を考えると、2年は間隔を空けた方が良いともいわれています。

2人目妊娠時に起こりうるリスクは?

帝王切開後に2人目を妊娠しても、経腟分娩後の妊婦さんと特に変わりはありません。

切迫早産になりやすいとの情報もありますが、実際は根拠がありません。

帝王切開だから切迫早産になるのではなく、早産だから帝王切開になることがあるため、切迫早産と帝王切開の関連性について、根拠のない情報が流れているのです。

ですが、実際にリスクがあがるといわれているものもあります。

傷の癒着

人間には傷を治そうとする力(傷の部分がくっつこうとする力)があります。

その力があるために傷は治るのですが、傷に臓器や他の部分の皮膚などが触れていると、くっついてほしくない場所にくっついてしまうのです。

それを癒着といいます。

帝王切開はお腹の皮膚と子宮に傷があるため、癒着を起こすことがあります。

現在は、癒着防止用フィルムを貼って、癒着予防を行う施設もあります。

癒着胎盤

2人目妊娠時に子宮の傷の部分に胎盤ができると、傷の癒着と同様のことが子宮内で起こるため、胎盤と傷の部分が癒着してしまうことがあります。

帝王切開時に胎盤が癒着して剥がれにくい可能性があり、出血のリスクが上がるため、注意が必要です。

子宮破裂

子宮破裂とは、子宮の筋肉が何らかの原因で裂けてしまうことです。

帝王切開では子宮に傷ができるため、傷の部分の子宮の筋肉が薄く弱くなってしまう可能性があります。

ですので、経腟分娩より子宮破裂のリスクが高いです。

2人目不妊の原因となる可能性もある

基本的に、帝王切開が直接的な原因で、不妊になることはほとんどないです。

ただし、ごく稀に子宮切開部の治りが不完全なことによる出血が原因で、不妊になる可能性がある方もいます。

これを帝王切開瘢痕症候群といいます。

帝王切開後に生理が長引くようになった、生理痛が強くなった、何年経っても妊娠しないなどの症状や心配がある場合は、早めに医師に相談しましょう。

こちらの記事もあわせてチェック!

帝王切開後に自然分娩できる?

帝王切開後に自然分娩を試みることをTOLACといい、TOLACによって経腟分娩できた場合をVBAC(ブイバック)といいます。

帝王切開後の自然分娩は、できる場合とできない場合があります。

また、TOLACをできる病院自体がとても少なくなっているため、TOLACを検討する方は、まずTOLACができるかどうかを病院に問い合わせましょう。

自然分娩できるケース

  • TOLACができる病院(緊急帝王切開、子宮破裂に対する手術が可能な病院)である
  • 児頭骨盤不均衡(ママの骨盤に対して胎児の頭が大きすぎる)がない
  • 帝王切開の回数が1回である
  • 帝王切開の術式が子宮下部横切開で、手術後の経過が良好であった
  • 子宮の手術既往、子宮破裂の既往がない

最終的には医師の判断になりますが、以上の条件を満たした方が良いと産婦人科診療ガイドラインは定めています。

これらの基準を満たしていない場合は、多くの病院では2人目も帝王切開となります。

VBACのメリット

まず第一に、経腟分娩できたというママの達成感です。

特に1人目を緊急帝王切開で赤ちゃんを出産した方のなかには「自分は赤ちゃんを普通に産んであげられなかった」と喪失感を持つ方もいます。

経腟分娩することによって、ママが自信を取り戻すことは、その後の育児や生活にとって大切なことです。

そして、経腟分娩なので手術に伴うリスクがなく、産後の回復が早いことが挙げられます。

また、帝王切開と比較して赤ちゃんが外の世界に適応するのが早いとも言われています。

VBACのデメリット

VBACをするデメリットは、陣痛が来た際に子宮破裂のリスクが高くなることです。

子宮破裂は予測が難しく、子宮の筋肉が裂けてしまうため、赤ちゃんだけでなくママの命も危険に晒されることになります。

VBACをするデメリットを考慮して、医師や助産師、もちろん家族と相談しながら、出産方法を考えていきましょう。

心配なことがある場合は、医師に質問をしましょう。

2人目の帝王切開は保険適用?

帝王切開後に2人目の妊娠でリスクが特になくても、「既往帝王切開後妊娠」という病名で健康保険の適用対象となり、手術費用や痛み止めのお薬代などは3割負担となります。

また、出産育児一時金も支払われますし、高額療養費の対象にもなるため、入院前に手続きの準備をしておいた方が良いでしょう。

医療保険に関しては、手術給付金の対象になる可能性があります。

保険会社によっては帝王切開は給付対象としていない場合もあるので、保険会社に確認をしましょう。

帝王切開の既往がある場合、新規に保険に加入しても給付対象とならない場合もあるようです。

こちらの記事もあわせてチェック!

帝王切開とは

そもそも帝王切開とはなんなのか、どのようなことが起こると帝王切開になるのかなど、基本的な帝王切開に関して、詳しく説明していきます。

帝王切開の種類

帝王切開は2種類あります。

腹式帝王切開

現在の一般的な方法です。

腹式帝王切開は、切開方法(子宮壁をどの部分で切開するか)によって、更に子宮下部横切開と子宮体部縦切開の2種類にわけられます。

現在は子宮下部横切開が一般的で、子宮下部横切開が行えないと子宮体部縦切開が行われます。

子宮下部横切開では、パンツのゴムが当たる位置に傷跡ができるため、傷跡がわかりにくいという美容的な利点や、術後の癒着が少ない、子宮破裂のリスクが下がる等という利点があります。

しかし、子宮体部縦切開は子宮下部横切開と比較して、手術開始から赤ちゃんが産まれるまでの時間を短縮できるという利点があります。

一刻も早く赤ちゃんを出してあげないといけない場合は、子宮体部縦切開を選択されることがあります。

膣式帝王切開

膣側から子宮の前壁を切開し、帝王切開を行う方法です。

過去に、妊娠中期の人工妊娠中絶法として行われることがありましたが、現在はほとんど行われていません。

帝王切開になるケース

帝王切開は、ママと赤ちゃんの安全を守るために行われる場合があります。

自然分娩よりも帝王切開をした方が安全だと考えられると、あらかじめ日時を決めて予定帝王切開を行います。

急に母体や赤ちゃんの状態が悪化したり、経腟分娩が不可能と判断されると、緊急帝王切開を行います。

予定帝王切開 緊急帝王切開
ママ理由 赤ちゃん理由 ママ理由 赤ちゃん理由
前置胎盤

狭骨盤

児頭骨盤不均衡

多胎妊娠感染症
(前回帝王切開子宮手術の既往合併症がある場合)

高齢出産

胎位の異常(逆子等)

巨大児

子宮内胎児発育遅延

子宮破裂徴候

遷延分娩

分娩の停止

重症妊娠高血圧症候群

常位胎盤早期剥離

胎児機能不全

臍帯下垂

臍帯脱出

常位胎盤早期剥離

※太字は絶対的適応

帝王切開とはどのような手術?

脊椎クモ膜下麻酔・硬膜外麻酔(緊急時など場合によっては全身麻酔)で行われます。

麻酔がしっかり効いて痛みを感じなくなってから、下腹部を縦もしくは横向きに切開します。

子宮の下部を横向きに切開して、赤ちゃんを取り出します。

その後は経腟分娩と同じで、臍の尾を切って胎盤を取り出して、傷を縫っていきます。

帝王切開も立派な出産

ここまで、帝王切開についてお話してきましたが、帝王切開も立派な出産です。

帝王切開になる原因は様々ですが、帝王切開はママが赤ちゃんを大切に思っているからこその手術です。

帝王切開後の出産方法についても2種類説明しましたが、どちらを選択するにせよ、大切なのはママと赤ちゃんです。

この記事が、少しでもママと赤ちゃんのためのより良い出産経験へのお手伝いになれば良いなぁ、と思います。

こちらの記事もあわせてチェック!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク