【お片付けのプロ直伝】子どもの写真で一年間を振り返ろう! 「想い出ツリー」のすすめ

気が付けば今年も残りわずか…。
我が家では、一年間の子どもの成長を写真で振り返えることができるよう、クリスマスの時期に子どもたちの写真を使った「想い出ツリー」を飾っています。
子どもたちにも、毎年大好評な「想い出ツリー」の作り方をお伝えします!

子どもは「自分の写真」が大好き!

子どもたちは、写真を撮ってもらい、それを見ることを、とても喜んでくれます。
自分たちの写真を見ることで、親からの愛情も感じてくれているようです。

我が家では、子どもたちの一年間の成長を振り返るために、その年に撮った「想い出深い写真」を30枚程選んで、クリスマスツリーに飾っています。
子どもの成長はとても早く、一年経つと、びっくりするくらい大きくなっていますよ。

子どもたち自身でさえ「この写真、懐かしい!」と、毎年、大盛り上がりします。

アルバムも子どもの手が届くところに置いておこう

写真をデータで保管されているご家庭も多いと思いますが「これぞ!」という写真は、ぜひ現像してアルバムに入れて、子どもたちの手が届くところに保管しておいてくださいね。
何回も見返しては、子どもたち同士で想い出話に花を咲かせていたりして、見ている親たちまで、ほほえましい気持ちになります。
子どもたちも、自分が大事に想われていることを実感するようで、家庭内にもとてもいい影響を与えるようです。 

「想い出ツリー」の作り方

「想い出ツリー」の作り方はとても簡単です。
お気に入りの写真を、ひもをつけたクリップではさんで、ツリーにぶら下げるだけです。
おすまししたカメラ目線の写真よりも、何気ない日常のシーンや後ろ姿、横顔などの思いがけないような写真がいい味を出してくれます。

私の場合はクリスマスツリーの飾りつけの一部として使うので、シンプルなモノクロの写真にしていますが、アルバムの中の写真をそのまま選んで使っても、もちろん大丈夫!
アルバムの中から、家族みんなで「今年の一年の写真」を選んでも楽しいですね。

「ツリー」の形でなくても、もちろんOK!

我が家では「一年のまとめ」的な意味合いも込めて、クリスマスツリーに写真を飾っています。
ピンボードに写真をまとめたり、ひもにクリップでとめて飾っただけでも素敵ですよ!

お家のインテリアに合わせて、好みのアレンジを楽しんでくださいね。
「かたち」にとらわれなくても、子どもたちと一年間を振り返る気持ちさえあれば、十分です!

おわりに

子どもたちは、大人が思っている以上に、自分の写真を喜んでくれます。
写真の現像をあまりしないというご家庭でも、ぜひその年のベストショットを家族みんなで選んで飾ってみてくださいね!
幸せな気持ちで、一年を振り返ることができて、より家族の仲も深まると思います。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...