【小児歯科医が教える】子どもの歯科治療につきそう時のポイント

小児歯科には0歳の赤ちゃんから高校生まで、さまざまな年齢の子が来院します。

最初はママにしがみついて泣いていた子も、だんだん大きくなるにつれて平気になります。
3~4歳になると、待合室でママにバイバイして1人でスタスタと診療室に来てくれる子が増えてきますよ。

でも、中には大きくなってもなかなか歯医者さんへの恐怖が消えずに泣いてしまう子も…。
今回は、歯医者さんが苦手な子どもを歯科医院につれていく時のポイントをお伝えします。

「こわい」という気持ちを理解してあげましょう

小学生になっても泣いたり暴れたりしてしまう子もいます。
となりでもっとずっと小さな子が泣かずに治療を受けている様子を見ると「あんな小さな子だってできるのに、どうして泣くの!」と、ついつい子どもを怒りたくなってしまうこともあるかもしれません。

でもママやパパはどうか、まずはこわがっている子の気持ちを理解してあげてください。

大人であれば、泣くほど嫌な場所であれば行かなければいいけれど、子どもはそうはいきません。

こんなに嫌なのに連れてこられてきてしまった。
どうか頼もしい味方でいてあげてほしいと思います。

ママだって嫌いなものは嫌

何を「こわい」と感じるか、どの程度「こわい」と感じるかは、本当に人それぞれです。
同じように歯医者さんがこわいと感じる子であっても、お口に水がかかるのがこわい、削る音がこわい、お口の中から水をジュッとすわれるのがこわいなど、それぞれ違います。

「みんなできてるでしょ!ただの水なんだからこわくないでしょ!」
とついつい子どもを叱ってしまうママには、よく「ママは毛虫が好きですか?」という質問をします。

「大好き」という強者のママもいるけれど「大嫌い」というママも多いです。
その大嫌いな毛虫を、お顔にのせてくださいと言われたらどうですか?

「小さい子だって平気でさわってる」「ただの虫なんだからこわいはずない」と言われたって、嫌なものは嫌ではありませんか?

ほかの人には平気でも、自分にとっては絶対に嫌、というものは大人でもあります。

年齢が大きくなれば大丈夫はずだとか、もっと小さい子ができているからできるはずだということではありません。

それほど嫌なことを、泣きながらでもがんばろうとしているのだということを、理解してあげましょう。

ママの不安な気持ちを子どもは敏感に感じ取ります

お子様の治療中は、ママやパパが治療イスの近くにつきそっている場合と、待合室で待っている場合があると思います。

歯科医院によっては、「3歳以上の子は一人で診療室に入ってきてください」というルールになっていたり、逆に「治療中は近くにいてください」といわれることもあるかもしれません。

いずれの場合も、一番の味方であるママやパパに不安な気持ちがあると、子どもはそれを敏感に感じ取ってさらに不安になってしまいます。

歯医者さんが苦手というママやパパも多いと思いますが、お子さんの前ではなるべく不安な顔を見せずに、冷静にリラックスした様子でいてください。

治療中は歯科医師とのコミュニケーションを妨げないように注意

特に、治療のときに近くにいる場合は、お子さんと歯医者さんとのコミュニケーションを妨げないような注意が必要です。

歯医者さんからお子さんへの問いかけにかわりに答えてしまったり、治療中に「痛いの?」「大丈夫?」などと子どもに聞いたりしないでください。
治療が始まったら、どんなに泣いたり暴れたりしてしまっても、対応は歯科医師やスタッフに任せて見守りましょう。

これまでたくさんの子どもたちの診療をしてきました。
治療の時はママやパパは待合室で待っていてもらって、お子さんだけで行うほうが、より早く、親密にお子さんと歯医者さんとのコミュニケーションがとれるようになることが多いです。

ママやパパがそばにいるときは「こわい」「痛い」と訴えるように泣いていた子が、自分と歯医者さんだけになると、急にケロッとして普通にお話ししてくれるようになって、治療も頑張れることがよくあります。

お子さんの治療のときに近くにいてあげたいという気持ちはとてもよくわかります。
しかし、ちょっと離れて待合室で待っていてあげるほうがスムーズに治療が行えることもありますので、信頼してお任せしていただけるといいなと思います。

治療のあとはたくさんほめてあげましょう

お子さんの応援隊長であるママやパパの一番大切な役割は、治療がおわったあとのお子さんへの対応です。
治療後に「痛かった?」と聞く方が多いようです。
嫌だったけれど一生懸命がんばって我慢した時間がよみがえってしまいますので「がんばったね」「きれいな歯になってよかったね」とポジティブな声かけをしてあげましょう。
泣きながら治療をしている姿を見たりすると、むし歯にさせてしまった自分を責めて「ごめんね」と子どもに謝るママもいますが「ごめんね」と言われると、自分は何か悪いことをされたのだと思ってしまいます。

むし歯の治療は「悪いことをされている」のではなく「むし歯を治すために歯医者さんと一緒にがんばっている」ことです。
「ごめんね」ではなく「えらいね」「むし歯いなくなるね」とたくさんほめてあげてください。

治療前後のママやパパの行動がポイントに!

大人でも苦手な人が多い歯科治療。
お子さんががんばらなくてはいけないとき、一緒にいるママやパパの様子や声かけは、治療がスムーズにいくかどうかを決めてしまうと言ってもいいくらい、とても大きな要素です。

歯医者さんが苦手で泣いてしまうこともあるかもしれません。

でも、お子さんががんばるぞと思えるようにしてあげましょう。
終わったら大好きなママやパパにたくさんほめてもらって、誇らしい気持ちになれるように、頼もしい応援団長でいてあげてください。