目やにで体調の異常がわかる!?赤ちゃんの目やにについて

目やにで体調の異常がわかる!?赤ちゃんの目やにについて

赤ちゃんの目やにが多いと、ママとしては心配になるでしょう。

「赤ちゃんの目やにが多いときは、どうしたらいい?」
「目やにが出るのは、なにかの病気?」

とくに問題のない目やにもありますが、なかには病気が原因のこともあります。

ここでは、赤ちゃんの目やにの原因、目やにから考えられる病気、対処法についてまとめました。

目やにはどうして出るの?


目にはいつも涙が流れていて、老廃物や外からのゴミなどを涙道に洗い流す働きをしています。

老廃物やゴミが多いときや、涙の流れが悪くなったりすると、目頭のあたりに白い塊がでてきますが、それが目やにと呼ばれるものです。

医学用語では眼脂(がんし)と、いわれることもあります。

目やには、体の正常な代謝物であり、病気でなくても出るものです。

とくに朝、起きたときにはよくみられるものですが、顔を洗えばその後はとくに問題ないことがほとんどです。

赤ちゃんの場合も、起きがけには目やにが出ていることがよくありますが、白っぽい目やにが少しついているくらいなら何も心配はありません。

心配なのは、

  • 日に何回拭いても目やにが出続ける場合
  • 目やにの色が黄色がかっている場合
  • ネバネバした目やにがでる場合

です

そんなときは、目のトラブルやなんらかの病気である可能性があります。

赤ちゃんの目やにから考えらる病気は?


赤ちゃんの目やにが多かったり、色が異常だった場合、考えられる原因には、細菌ウイルス感染アレルギー涙腺の異常まつげの異常などがあります。

ここではそれぞれの疾患について詳しくみてみましょう。

鼻涙管閉塞

涙は、上まぶたの奥にある涙腺で作られ、目の表面を潤すと、目頭にある涙点から涙道(涙囊や鼻涙管からなる)を通って排泄されます。

目やにも同じ道どりを辿って排泄されるのですが、涙や目やにが大量に分泌されると排泄が追いつかず、目がいつもウルウルとし、目やにが目立つようになります。

生後すぐの赤ちゃんがいつも涙目で、目やにが多くみられる場合は、鼻涙管閉塞かもしれません。

ただし白目の部分には充血がみられないのが普通です。

鼻涙管閉塞とは、涙の通り道である鼻涙管が生まれつき閉じたままになっていること。

鼻涙管閉塞は1歳までに、ほとんどが自然治癒するといわれています。

涙囊炎など合併症を起こさない限り、特別な治療の必要はなく、目やにを綿棒などでこまめに拭き取って清潔に保ってあげてください。

生後6ヶ月以上になっても症状が改善しない場合や、涙囊炎などの合併症の症状がみられる場合は、涙道ブジーという治療法が取られることもあります。

参照:山口県立総合医療センター総合周産期母子医療センター「赤ちゃんが病気かなと思ったら」

参照:日本眼科学会「目の病気 新生児涙囊炎」

参照:中央眼科グループ「目の病気やトラブルが潜んでいるかもしれない!?「めやに」の原因とケア」

涙道ブジーとは?

涙道ブジーとは、涙道を開通させる処置のことです。

鼻涙管閉塞の場合、管の途中に膜が張ったような状態で、その膜が涙や目やにが流れるのを邪魔しています。

涙点からブジー針といわれる細い針金のようなものを入れ、その膜を突き破って鼻涙管を開通させるのが涙道ブジーです。

赤ちゃんの月齢にもよりますが、生後6ヶ月未満の乳児期であれば、いきなり涙道ブジーをおこなわず、涙管通水検査をおこなうこともあります。

合併症である涙囊炎をおこしている場合は、抗生物質の目薬や、涙囊マッサージを家庭でおこなうよう医師から指示されることもあるようです。

これらの処置によって自然開通しなかった場合や、すでに生後6ヶ月を過ぎているという場合は、涙道ブジーをおこなうことになるでしょう。

参照:日本眼科学会「目の病気 新生児涙囊炎」

参照:中央眼科グループ「目の病気やトラブルが潜んでいるかもしれない!?「めやに」の原因とケア」

逆まつ毛

まつ毛は、本来なら、目をホコリやゴミから守ってくれるものです。

そのまつ毛が逆の方向にカールし、目の角膜や結膜に当たってしまうのが逆まつ毛(逆さまつ毛ともいう)です。

赤ちゃんは頬のお肉が盛り上がっていることも多く、とくに下まつ毛が上を向きやすく、眼球に当たって刺激を与えます。

まつ毛の刺激で

  • 目がチクチクする
  • 涙や目やにが増える
  • 目が充血する

といった症状がみられます。

またまつ毛が当たってかゆいせいで、手で目をこすることも増え、その結果、手についた細菌から感染し結膜炎角膜炎をおこす原因にもなります。

でも逆まつ毛は、子どもが成長するにつれ自然に治ることがほとんどです。

3歳になっても自然治癒しない場合には、手術をおこなうこともあります。

参照:公益社団法人日本眼科医会「乳児の場合ーよく見られる症状と病気」

細菌性結膜炎

赤ちゃんに黄色い目やにが出る場合、もっとも疑われるのが細菌性結膜炎です。

赤ちゃんは、大人に比べると鼻涙管が細いために細菌に感染して炎症を起こしやすくなっています。

鼻涙管は鼻に繋がっているため、風邪などで鼻水がぐずぐずしているときなどには、とくに注意が必要です。

原因となる細菌には、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などがあります。

症状は、黄色や、黄緑色の目やにが出ること以外に、

  • 目の充血
  • まぶたの腫れ
  • 発熱
  • 喉の痛み

などを伴うこともよくあります。

接触感染力はあまり強くないのですが、月齢の低い兄弟やや年配者には移ることもあります。

治療には、抗菌点眼薬が使われます。

参照:中央眼科グループ「目の病気やトラブルが潜んでいるかもしれない!?「めやに」の原因とケア」

ウイルス性結膜炎

結膜炎のなかには、ウイルスにより引き起こされるものもあります。

ウイルス性結膜炎にはさまざまな種類があり、プール熱、流行性角結膜炎などもそのひとつです。

ウイルス性結膜炎は、感染力が強く接触感染するので、お世話をするママはもちろん一緒に生活するパパや兄弟など家族も注意が必要です。

お風呂を通して感染することもあるので、ウイルス性結膜炎を発症している子は、湯船を使わない、最後に入るなどして、家族感染を防ぎましょう。

洗顔後に使ったタオルなどは、ほかの人が使わない
赤ちゃんのケアをした後は、石けんでしっかり手を洗う
ことを徹底してください。

原因ウイルスは、アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどです。

特徴的な症状としては、黄色や、黄緑色の目やにの他、充血、涙目、まぶたの腫れ、眩しさ、目の痛みなどがあります。

参照:中央眼科グループ「目の病気やトラブルが潜んでいるかもしれない!?「めやに」の原因とケア」
参照:日本眼科学会「目の病気 新生児涙囊炎」

アレルギー性結膜炎

細菌性、ウイルス性以外には、アレルギーが原因の結膜炎である可能性もあります。

原因となる物質(アレルゲン)が目に入ることで、かゆみや充血がおこります。

アレルゲンとして多いのは、ハウスダストや、ダニカビ花粉などです。

目のかゆみ、まぶたが赤くかゆくなる、充血、白っぽい目やになどの症状が出ます。

参照:藤田眼科「結膜炎」

赤ちゃんの目やにの取り方


赤ちゃんの健康を守るためにも、目やには気がついたらこまめに取り除いてあげることが大切です。

目やにが溜まったままになっていると、不快感やかゆみから目をこすったりかいたりして、炎症をおこす原因になり、炎症をおこしている場合はますます症状を悪化させます。

また放置すると、乾いて固まるために取れにくくなります。

赤ちゃんの目を守るためにも、目やにに気づいたら、優しく拭き取ってあげてください。

赤ちゃんの目やにを取るときに気をつけたいこと

赤ちゃんのお肌は柔らかく、目の周りの皮膚はとくに傷つきやすいものです。

赤ちゃんの肌を傷つけないためにも、目やにを取るときは、綿棒やわらかいガーゼを使うとよいでしょう。

ゴシゴシこするのはNGです。
綿棒やガーゼを少し湿らせて、優しく抑えるようにしてとってください。

目やにが乾いている場合には、少しふやかすと簡単に取れます。

黄色や黄緑色の目やには、細菌性やウイルス性のもの。

2次感染を防ぐためにも、目やにを取るたびに綿棒を変えたり、ガーゼの清潔な部分を使うようにしましょう。

また赤ちゃんの目やにを取る前は、もちろんのこと、目やにをとった後も忘れずに手を洗ってください。

病院にいく目安は?


目やには、なんらかの病気のサインである場合もあります。

お家で赤ちゃんの目やにケアを数日続けても目やにが減らない、あるいは悪化するというような場合は、一度病院で診てもらった方がよいでしょう。

また以下のような症状がある場合も一度医療機関で診察してもらいましょう。

  • 黄色や緑色の目やにがでている
  • 目が痒そうにしている(目をかいている)
  • いつも涙目になっている
  • 明るいところでまぶしがる
  • 目やにだけでなく、白目が充血している
  • 目やにに加えて、熱がある
  • まぶたが赤く腫れている

参照:どい小児科「小さい赤ちゃんの目やに」
参照:中央眼科グループ「目の病気やトラブルが潜んでいるかもしれない!?「めやに」の原因とケア」

目やにがひどい場合は何科を受診したらいいの?

赤ちゃんの目やにの原因はさまざまです。

受診するなら小児科眼科どちらの方がいいのでしょう?

赤ちゃん連れで受診するなら、赤ちゃんの扱いに慣れている小児科医の方がママとしてはいろいろと相談しやすいかもしれませんね。

目やにが出ていても、必ずしも眼だけの問題ではなく、風邪などの感染症が原因だったり、免疫力が低下していることが原因であることも。

小児科では、目の病気だけではなく、ウイルス性や細菌性の感染症がないかどうか総合的に診てもらえます。

もし小児科のお医者さんが、眼科的な治療が必要だと判断した場合は、眼科医を紹介してくれるでしょう。

目やにが病気のサインのこともある


目やには、病気でないときも出るものですが、目やにの色や状態によっては感染症やそのほかの疾患であることもあります。

目やにが赤ちゃんの体調の異常を教えてくれている場合もあるため、目やにに気づいたら注意深く観察しましょう。

赤ちゃんの健康を維持するためにも、小さなサインを見逃さず、適した対処法を取ることが大切です。

日頃から赤ちゃんの様子をよく観察して、目の様子や目やにがいつもと違うなと思ったら、お医者さんに相談してみましょう。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...