赤ちゃんの爪切りのコツは?注意点やおすすめグッズまとめ

赤ちゃんは新陳代謝がいいため、爪が伸びるのも早いです。

伸ばしたままにしていると、自分で顔を引っかくこともあるので、こまめに爪切りをしてあげたいもの。

「爪が小さすぎて、うまく切れない」
「嫌がって爪をきらせてくれない」

など、慣れるまでは赤ちゃんの爪を切るのに苦戦するママも多いようです。

そこで今回は、赤ちゃんの爪切りの手順やコツ、オススメの爪切りグッズなどを紹介します。

赤ちゃんの爪切りはいつからするべき?


赤ちゃんの爪切りは、生後何日以降からなどの決まりはなく、爪が伸びているなと感じたら、切ってあげましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんでも、すでに爪が伸びていることもめずらしくありません。

入院中に助産師さんが切ってくれることもありますが、出産準備品として赤ちゃんの爪切りを用意しておくといいかもしれませんね。

赤ちゃんの小さな爪をいきなり自分で切るのが不安な場合は、助産師さんにお手本を見せてもらいながら、アドバイスをもらうといいでしょう。

赤ちゃんはまだ手のコントロールがうまくできないので、自分の顔を傷つけることがあるため、3~4日に1回くらいのペースを目安に爪のお手入れをおこなってください。

なにを使って赤ちゃんの爪を切るの?


赤ちゃんの爪切りグッズは大きくわけて、

  • はさみタイプ
  • てこタイプ
  • やすりタイプ

の、3種類あります。

それぞれの特徴や使い方について説明しましょう。

はさみタイプの特徴

はさみ型タイプの爪切りは刃の先端が丸い小さなはさみで、大きく開かない構造です。

赤ちゃんの肌を傷つけにくいよう、工夫されています。

ちょうど眉ばさみのような大きさで、赤ちゃんの細くて小さな爪をはさみやすいです。

はさみ型は、切った爪が詰まることもなく、使用後の掃除もひとふきで済むので、衛生的でしょう。

ただ大人が普段使っている爪切りとは違うので、最初は使いにくいと感じるかもしれませんが、慣れると、「はさみ型が切りやすい!」という声も多いです。

てこタイプ型の特徴

一般的に大人が使用しているタイプの爪切りが、てこ型です。

大人用のてこ型を、子ども用に小さなサイズにしたもので、刃先も赤ちゃんの爪にフィットするように作られているため、深爪しにくいのも特徴でしょう。

普段使い慣れているので、操作しやすいという意見も多いです。

てこ型は切った爪が飛びやすく、爪切りの中に爪がたまっていくので、後始末はしっかりとする必要があります。

ただしてこ型は、新生児のやわらかい爪には向いておらず生後9ヶ月ごろからを対象年齢に設定している商品がほとんどです。

やすりタイプの特徴

赤ちゃんの爪を切るのが、どうしても難しく失敗するというママには、爪を「切る」のではなく、「削る」やすり型があります。

やすりは少しずつ削っていくので、はさみ型やてこ型のように、爪を切りすぎたり、皮膚を傷つける危険性がかなり低いでしょう。

ただし少しずつしか削れないので、すこし時間がかかります。

とはいえ電動タイプのものも売られているので、なにより安全を重視したいというママにオススメです。

またはさみ型やてこ型とあわせて、爪の角をなめらかにするために使っているママもいます。

オススメの赤ちゃん爪切りグッズ


赤ちゃん用の爪切りグッズも、さまざまな種類があり、どれを選べばいいかわからないというママもいるでしょう。

爪切りを選ぶときは、

  • どのタイプの爪切りがいいのか
  • 月齢にはあっているか
  • ママの手にフィットするかどうか

を確認しましょう。

商品によって、刃の長さや切れ味、大きさなども異なるので、ママの使い勝手がよさそうなものを選ぶことが大切です。

ここでは口コミでも人気の高い、オススメの爪切りグッズを紹介します。

はさみ型タイプ2選

はさみ型は新生児から使えるので、使いやすいものを選んで、慣れておきたいものです。

そんな先輩ママたちお墨付きの爪切りを、厳選して紹介しましょう。

ピジョン/ 新生児つめきりハサミ

ピジョン 新生児用 つめきりハサミ

ピジョン 新生児用 つめきりハサミ

918円(11/15 19:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
本体価格(税抜き) 850円
対象年齢 新生児~
カラー 1種類

Amazonの売れ筋ランキングでも、常に1位を占めるピジョンの新生児つめきりハサミです。

どちらの利き手の人にも合うように作られており、刃も薄く赤ちゃんの小さな爪を切るのに、操作性も抜群と好評。

また抗菌剤のはいった樹脂を使用しているので、いつでも清潔に保てるのもうれしいポイントでしょう。

コンビ/ つめきりハサミ

本体価格(税抜き) 800円
対象年齢 新生児~
カラー 1種類

キャップにやすりがついているので、赤ちゃんの爪を切った後に、とがった爪先をなめらかに仕上げることます。

はさみの刃は、刃先が丸いだけでなく、刃自体も赤ちゃんの爪に沿いやすいよう、曲がっているのが特徴です。

持ちてが大きめなので、パパや手が大きい人でも扱いやすく、安定感があるので安心して赤ちゃんの爪切ができるでしょう。

てこ型タイプ2選

新生児期には使えないですが、はさみがどうしても苦手だという人は、対象年齢を過ぎてからてこ型に買い換えるといいでしょう。

また爪がしっかり固くなってくると、はさみでは切りづらくなるので、買い替えのタイミングです。

ピジョン/ベビーつめきり

本体価格(税抜き) 850円
対象年齢 9ヶ月ごろ~
カラー 1種類

赤ちゃんの爪にあわせた小さな刃先が、使いやすいてこ型の爪切です。

持ちやすい大きさで安定感があるため、「切りやすい」「深爪しにくい」と人気があります。

また抗菌剤入り樹脂を使用しているので、衛生面も安心でしょう。

エジソン くじらのつめきり

エジソン つめきり くじらのつめきり ルーペ付き

エジソン つめきり くじらのつめきり ルーペ付き

520円(11/15 19:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
本体価格(税抜き) 600円
対象年齢 3ヶ月ごろ~
カラー 1色(グリーン)

持ちてが大きく、手にしっかりフィットするクジラの形が見た目にも可愛い爪切りです。

また小さな赤ちゃんの手元をより見やすくするルーぺや、爪をなめらかに仕上げるやすりなど、ママにやさしい工夫がたくさんあります。

爪切が嫌いな赤ちゃんでも、クジラのかわいい爪切だと、機嫌をなおしてくれるかもしれませんね。

やすり型タイプ2選

新生児期の赤ちゃんの爪を切るのがどうしても怖いというママには、やすりがオススメです。
はさみやてこ型でカットしたあとの仕上げ用に、購入してもいいでしょう。

アリーナ/ 赤ちゃんのつめきり用やすり

本体価格(税抜き) 450円
対象年齢 新生児~
タイプ 手動(使い切りタイプ)
カラー 1色

使い切りタイプの爪やすりなので、衛生的です。

表と裏でやすりの粗さが異なるので、赤ちゃんの爪のかたさや月齢によって使い分けができるのもポイントでしょう。

赤ちゃんの爪がやわらかい新生児期~は表のソフト面を使い、爪がしっかりしてきたらハード面を使うといいようです。

Combi/ベビーレーベル ネイルケアセット レーベルピンク

本体価格(税抜き) 3,800円
対象年齢 新生児~
タイプ 電動
カラー ピンク/アイスミント

電動式の爪やすりで、大人も一緒に使える仕様です。

赤ちゃん用の3種類(ソフト・ミドル・ハード)のアタッチメントと、ママのネイルケア用の3種類(シェービング・表面磨き・ポイント研磨)がセットになっています。

回転方向は切り替え可能なので、どちらの利き手の人にも使いやすいでしょう。

赤ちゃんが眠っているときに使えるよう、LEDライトがついているので、実用的です。

「なかなか指先のケアまで行き届かない!」というママにもオススメ。

買い替え不要!はさみ+てこ+やすりセット

月齢に合わせて買い替えるのも大変だし、「実際はさみでうまくきれるかどうかは、使ってみないとわからない」という人もいるでしょう。
そんな人には、あらかじめすべてがセットになっているものを選ぶのもオススメです。

Eggsnow(エッグスノー)ベビーつめきり ハサミ・爪やすり・鼻用ベビーピンセット

本体価格(税抜き) 925円(2018年7月編集部調べ)
セット内容 ベビー爪切り ハサミ/ベビー爪切り/爪やすり/鼻用ベビーピンセット/ケース
カラー ピンク/アイスミント

新生児用はさみ・てこ型つめきり・やすり・鼻用ピンセットに、かわいい動物がモチーフのパーチがセットになっています。

やすりは洗えるので、衛生的で紙のやすりよりも長持ちするのもポイントでしょう。

必要なケア用品がコンパクトに収納できるので、出先や旅先に手軽に持ち運べて便利です。

赤ちゃんの爪を切るときの手順

赤ちゃんの爪をきるときは、慎重に丁寧におこないましょう。

あまりに嫌がるようであれば、日や時間帯を変えたり、DVDや音楽をかけて注意をひくと、スムーズに切らせてくれることもありますよ。

  1. 赤ちゃんを膝の上に前向きに座らせ、赤ちゃんの手をやさしく持つ
  2. 切りたい爪の爪を切る指1本を、ママの指先でつまんでしっかりと固定する
  3. 爪切りを持って、爪の両端から切る
  4. 最後に中心部を切る
  5. 必要があれば、やすりなどで切り口をなめらかに仕上げる

一気にきろうとせずに、4~5回に分けるのがポイントです。
深爪巻き爪を避けるために、爪の白い部分が0.5~1mmくらい残るようにきりましょう。

足も同じ方法で、切ってあげてくださいね。

赤ちゃんの爪を切るときのコツは?

赤ちゃんは、爪切りをするからといってじっとはしてくれません。

できるだけ安全に、赤ちゃんの爪を切るためのコツをおさえておきましょう。

赤ちゃんが寝ているや授乳中に爪切りをする

赤ちゃんは意外に力が強く、動き回る赤ちゃんをムリにおさえて、爪をきることは難しいです。

赤ちゃんが寝ているときや、授乳をしているときに爪切りをおこなうと成功する確率が高いようです。

とくに寝ているときや授乳中は、赤ちゃんの手を握ると赤ちゃんも安心感を得られるので、じっとしてくれるでしょう。

お風呂あがりの爪切りは控える

赤ちゃんの爪をきるときは、やわらかくなったお風呂上りにとおもいがちですが、切りすぎて深爪の原因になるので、控えましょう。

指しゃぶりやお風呂上りで、赤ちゃんの爪がふにゃふにゃになっていないことを確認してくださいね。

失敗して赤ちゃんの指が出血した場合はどうする?


まずは慌てずに、血をとめましょう。

ティッシュガーゼなどを使い、すこし強めに押し当ててください。
しばらくおさえていれば出血は止まります。

できるだけ乾燥させたほうがいいので、絆創膏は不要です。
また消毒液なども、赤ちゃんには刺激が強いので、とくに必要ないでしょう。

様子をみて、なにか気になることがあれば、医師に相談してください。

赤ちゃんの爪切りは、赤ちゃんが落ち着老いているときに丁寧におこないましょう


はじめて赤ちゃんの爪を切るときは、その爪の小ささに、うまくきれるか心配になるママも多いでしょう。

赤ちゃん用の爪切りアイテムをつかえば、深爪を防止できたり、怪我させにくいような工夫がされているので、安全に爪切りができます。

ママも赤ちゃんも爪切りに慣れるまでは、赤ちゃんが眠っているときや、おっぱいを集中して飲んでいるときを狙って爪切りをおこなえば、うまくいきやすいですよ。

はじめは怖くても少しずつ慣れていくので、できるタイミングで丁寧におこないましょう。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...