【漢方薬剤師が教える】漢方不妊カウンセリングの意義と特徴

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

漢方による子宝相談は随分と認知されてきているようです。
しかし、まだまだ相談に先駆けて「何をするところなの?どういう相談をするの?」という疑問は多いのかもしれません。

今回はその疑問にお答えします。

漢方不妊カウンセリングって?

基本的には化学的な薬剤や手法は使いません。

漢方薬の服用を中心とした内服剤で体の内臓を正して、妊娠するための体づくりを目的としています。
漢方不妊カウンセリングは、専門的な知識が必要となります。

全国の漢方薬局や薬店などのうち、特に専門性の高い機関での相談となるでしょう。

また、中には「不妊専門」をうたう漢方薬局さんなどもあります。

一概にどこの薬局が優れている、というは難しいので、機関のHPや口コミ、実績などを参考にされると良いでしょう。

使う漢方薬を選定するためには、服用される方(奥様だけでなくご主人様にも必要がある場合も多いです)の体の状況の聴き取りや分析が必要となります。
しっかりと時間を取って相談を行う機関が多いです。

西洋の治療とはどこが違うの?

西洋的な治療の場合は、採血から計測したホルモンなどの数値エコーなどで子宮や卵巣の様子を検査してその状況に応じた治療方法が導き出されます。

しかし、漢方不妊カウンセリングの場合は「問診(もんしん)」という聴き取りを中心に行います。

そこから内蔵の状態、冷えやのぼせ、体質、生活習慣や食養生などの習慣改善のお話になるケースも多いようです。

これを弁証論治(べんしょうろんち)といいますが、漢方不妊カウンセリングではこの弁証論治から最も必要な漢方薬を導き出し、継続的な漢方の服用をもって体づくりを進めていきます。

検査などを行うわけではないので数値の変化に一喜一憂することはありませんが、体感できる体調や容姿の変化をもって漢方の効き目を見ていきます。

どんな漢方薬を使うの?

子宝の相談時に用いるのは、内臓系のうちでも特に消化器系を強化する漢方(補脾薬:ほひやく)や子宝の源となる「精気(せいき)」を活発にする「補腎薬(ほじんやく)」、血液の流れをいきいきとさせる「活血薬(かっけつやく)」などが中心となります。

健全な体の妨げになるようなストレスや疲労、その他の外的な刺激から体を守る漢方薬を合わせていくケースもあります。

今では、漢方不妊カウンセリングは全国的に広がっています。
西洋の治療と並行して行うこともできますので、妊娠に向けた体づくりを考えていらっしゃる場合には是非一度ご相談ください。

注目記事
      

夫婦で飲める妊活サプリのおすすめ12選!ベビ待ちは体質改善が吉

手軽にはじめられて、夫婦で飲める妊活サプリを一挙紹介!結果にコミットするサプリはあるのか要チェックです★

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー