妊娠中の運転は危険?妊婦の運転で気を付けるべきポイントとは

「妊娠中は運転を控えたほうがいいの?」
「いつまで運転できるの?」

妊娠したら、車の運転をするのも不安ですよね。

妊娠中の運転は控えたほうがよいといわれても、毎日の買い物や仕事、妊婦検診など車がなくては生活できないという方も多いでしょう。

妊婦さんが運転をする際に注意するべきことをまとめました。

車の運転を控えるべき理由


妊娠中に車の運転をしてはいけないという、法的な決まりはありません。

しかし、妊娠時期によっては運転を控えたほうがよい場合もあります。

なぜ、運転をしないほうがよいか、その理由をみていきましょう。

妊娠初期

妊娠初期は、つわりで体調が不安定になりがちで、流産しやすい時期でもあります。

注意力が散漫になったり、集中力が欠けてしまうために、思わぬ事故を引き起こす可能性があるので、車の運転は控えた方がいいでしょう。

車の振動で、お腹が張る心配もあります。

いつから運転していいの?

安定期に入るとつわりが落ち着き、体調も安定してきます。

この時期は、比較的安心して運転できるでしょう。

妊娠後期~臨月

お腹が大きくなってくる妊娠後期も、運転には注意が必要です。

大きなお腹でハンドルの距離感もつかみづらく、運転も難しくなるでしょう。
とっさの判断が遅れる危険性もあります。

出産間近の臨月になると、いつ陣痛破水が起きるかわかりません。

突然のことでパニックにならないように、妊娠後期~臨月は運転を控えた方がいいでしょう。

妊娠中の運転、気を付けたいこと


妊娠中は車の運転をしないほうがよいといわれますが、どうしても運転する必要があるときは、いつも以上に注意が必要です。

運転する際の注意点をまとめました。

安全運転を心がけよう

妊娠中はホルモンバランスも変わりやすく、

  • 注意散漫、集中力が続かない
  • 急に眠気がおそってくる

など、予想外のタイミングで体調が変化することもあるでしょう。

普段走らない道路や高速道路の運転は、緊張感が高まり身体に負担がかかります。

法定速度を守ることはもちろん、いつも以上に安全運転を心がけましょう。

ムリをしないことも大切

「お腹が張る」
「なんだか気分が優れない」

このように体調が悪いときの運転は控えましょう。

通勤で車の運転をする場合は、時間の余裕を持って出かけましょう。
心にも余裕ができ、ストレスなく運転できるはずです。

妊娠中ははいつも以上に、疲れやすくなっています。

長時間の運転は避けてください。

長時間同じ姿勢でいることも、よくありません。
腰痛足のむくみ、胎盤のうっ血を引き起こす可能性もあります。

運転によるストレスや疲れを避けるためにも、1時間を目安に、休憩をとりましょう。

シートベルトを着用する

道路交通法施行令第26条第3の2項では、シートベルトの着用が免除されるケースとして「妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上または健康保持上適当でない者が自動車を運転するとき」と定められています。

これは、ベルトがおなかに負担をかけることを心配しての措置です。

いっぽう、日本産科婦人科学会では、「シートベルトが腹部を横断しないように着用すれば母体と胎児への交通事故時の障害を軽減できる」と、シートベルトの着用を推奨しているのです。

シートベルトの着用義務はなくても、急ブレーキなど思わぬ事故からママと赤ちゃんを守るために、シートベルトの着用をオススメします。

シートベルトの着用方法をチェック

妊婦さんのシートベルト着用方法を確認しましょう。

  1. 肩ベルトは、首にかからないよう、肩から胸、そして脇へと通し、お腹を避けるようにします。
  2. 腰ベルトは、お腹を締めつけないように、腰骨の低い位置で締めましょう。

お腹に、バスタオルやブランケットなどをあてましょう。
シートベルトからお腹への圧迫感が軽減されます。

妊婦さん専用のシートベルト

妊婦さん専用のマタニティシートベルトがあるのをご存じですか?

お腹が大きくなってくると、車に添えつけのシートベルトでは苦しくなることがあります。

マタニティシートベルトは、お腹を締め付けすぎないようにする、シートベルトの補助用具です。

普通のシートベルトよりもお腹の下側の部分を固定するので、締め付けられません。

「日本育児マタニティシートベルト」

日本育児 シートベルト補助具 マタニティーシートベルト 妊婦の方対象 お母さんと赤ちゃんをしっかりガード 【メーカー保証】

サイズ (約)幅42×奥行30×高さ1.5センチ
価格(税込) 3,980円

座面がクッションになっているので、座り心地も快適なマタニティシートベルトです。

使用方法:

  1. ベルトで座席に固定し、おなかを圧迫しないようにシートベルトを締めます。
  2. 面ファスナーでしっかり固定しましょう。

「タミーシールド」
妊娠用・妊婦用シートベルト補助具 タミーシールド Tummy Shield

サイズ (約)幅44×奥行さ47×高さ4センチ
価格(税込) 15,750円

オーストラリアで開発された、マタニティ用シートベルト補助クッションです。
ベルトがお腹に当たらないので、シートベルトの圧迫感がありません。

使用方法:

  1. バックルを座席の後ろ側で固定します。
  2. 太ももをサポートするように、フックにベルトを通しましょう。

なるべくひとりで運転しない

妊娠中に車の運転をする場合は、旦那さんや家族、友人など、誰かに同乗してもらいましょう。
「突然お腹が痛み出した」
「疲れてしまった」

など、何かあったときでも、運転を交代できれば安心です。

運転する前に確認しておこう


妊娠中に車の運転をするときに知っておきたいポイントをまとめました。

できるだけ安全に過ごすためにも確認しておきましょう。

仕事で運転しなければいけないときは

営業職など、仕事で運転する必要があるという方もいるでしょう。

しかし、妊娠中に仕事で運転するのはツライものです。

妊娠がわかった時点で、勤務先に知らせてください。

医師からの診断書母子健康管理指導カードを提出することで、車の運転など、妊婦さんの負担となる業務を免除してもらえます。

母子健康管理指導カードとは

母子健康管理指導カードは、妊婦さんの状態・症状と標準措置を勤務先へ知らせるカードです。

標準措置とは妊婦さんの負担となる業務を軽減するもので、車の運転も含まれます。
医師からの措置を的確に伝えることができるので、ぜひ活用しましょう。

母子手帳と保険証はいつでも持参

妊娠をしたら母子手帳保険証は、常に持ち歩くようにしましょう。

事故を起こしたり、トラブルにに巻き込まれた場合、適切に対処してもらえます。

免許証と一緒に携帯しましょう。

マタニティマークをつける

マタニティマークは、身に着けることで、周囲に妊婦であることを認知してもらうことができます。

車に貼るステッカータイプもあり、スーパーの身障者用スペースに駐車することもできるので、
つわりでツライ時期の買い物による負担を減らすことができます。

ステッカータイプのマタニティマークは、カーショップやネットショップでも購入できます。

運転の負担を軽くするオススメアイテム

妊娠中でも車を運転しなくてはならない方のために、運転の負担を軽くするアイテムを紹介します。

MOGU「ドライバーズバックサポーター」

サイズ (約)幅43×高さ45センチ×厚さ13.5
価格(税込) 3,240円

運転手の疲れを軽減する、専用クッションです。
流動性のあるパウダービーズが、ヒップ・腰・背中を支えることで、身体への負担を軽減できます。

いつもとは違う、妊娠中は運転にも最善の注意を


妊婦さんの運転についてご紹介しました。

「田舎に住んでいるから車で移動するしかない」
というケースもありますが、妊娠中は体調も不安定で、いつもより疲れることも多くなります。

「具合が悪い時は、ムリして運転をしない」「電車での移動に変更する」などの判断も必要です。

元気な赤ちゃんを出産するためにも、安全に気を付けて過ごしましょう。

こちらの記事合わせてご覧ください。