【お片付けのプロ直伝】赤ちゃんがいるお家こそ! ナチュラルクリーニングのすすめ

残すところ、今年も残り1週間を切りました。
大掃除の真っ最中というお家も多いかもしれません。

みなさんはどのようにお家の掃除をしていますか?
赤ちゃんがいるお家にこそ、重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダを使った「ナチュラルクリーニング」がおすすめですよ。
家中のいろいろな汚れに対応できて、他の洗剤いらずです。

今回は、年末の大掃除にもおすすめの、我が家の「ナチュラルクリーニング」をご紹介します!

ナチュラルクリーニングのメリット

赤ちゃんがいると、「なるべくお家をキレイにしておきたい」と思う方が多いと思います。
赤ちゃんがいるからこそ、できるだけ身体や環境に優しい洗剤を使いたくなりますね。

汚れを落とすためには、必ずしも強力な洗剤が必要なわけではありません。

汚れの種類に合わせたものを使い分ければ、重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダといったナチュラルなものでも十分に汚れを落とすことができます。

今は、100円ショップでも簡単に手に入れられます。
家中の掃除に使えるので、たくさんの種類の洗剤をストックしておく必要もなくなるので、収納場所にも余裕ができますよ。

掃除の強い味方!我が家の「掃除セット」

我が家では、重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、メラミンスポンジ、ブラシ、雑巾などをひとまとめにしておいて、いつでも使えるようにしています。

家中を持って移動できるので、なかなか便利ですよ!

スポンサーリンク

重曹の使い方

水に溶けにくい性質がある重曹は、ソフトな研磨剤として、粉のまま振りかけて使うことで、鍋のこげつきやコップの茶渋などの汚れ落とし効果的です。
重曹には消臭効果があるので、私はあえて蓋のない容器に入れています。

クエン酸の使い方

酸性のクエン酸は水あか、カルキ汚れなどの汚れ落としに使えます。
キッチンやお風呂などの水周りはもちろん、加湿器やポットのカルキ落としにも効果的です。

小さなお子さんのいるご家庭は、おまるの掃除にも使ってみてくださいね。
汚れだけでなく、においもすっきりとれるので、トイレトレーニングの時期にはさらに大活躍します!

セスキ炭酸ソーダの使い方

重曹と同じくアルカリ性のセスキ炭酸ソーダは「酸性の汚れ」に効果を発揮します。
重曹よりもアルカリ性が強く、水に溶けやすいので、私はスプレーにして使っています。

水500mlにたいして小さじ1杯くらいの割合でセスキ水のスプレーにしていますが、もともとセスキ水として売られていものもありますので、お試ししてみるのもいいですね。
キッチンコンロや換気扇の掃除や玄関タイルの泥汚れだけでなく、身体から出る皮脂汚れにも効果絶大なので、洗濯前のシャツの襟や袖にもスプレーしています。

おわりに

掃除は、なるべく汚れを溜めず、日頃から少しずつしておくことで、楽に汚れが落ちます。
ぜひ、赤ちゃんのいる暮らしにぴったりな「ナチュラルクリーニング」を、毎日の生活にも取り入れてみてくださいね!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー