妊婦がロキソニンを飲んでも大丈夫?妊娠中に薬を飲む際に注意すべきこと

もともと頭痛を持っている女性は少なくありません。
頭痛のためロキソニンを服用している人もいるでしょう。

耐え難い頭痛を和らげるためにも普段から慣れている薬を飲みたいと思いますが、妊娠中に薬を服用する際には注意が必要です。
胎児への影響を考えると薬を飲むことに対して不安に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、ロキソニンによる胎児への影響や他の薬の使用方法、頭痛が起こった時の対処方法について解説します。

妊娠中にロキソニンを飲むとどうなる?

ロキソニンは、NSAIDsと呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬の一種で、熱や頭痛などの症状を抑える解熱・鎮痛剤の薬としてよく処方されます。

効果が早くでるため、頭痛持ちの人は常備薬として持っている人もいる薬です。
医療用の薬と同じ成分のものが市販薬としても販売されているため、とても身近に購入できます。

では妊娠中にロキソニンを飲むと、どのような影響が考えられるのでしょうか。

胎児への影響

妊娠前であれば何も気にせず服用できましたが、胎児の器官形成が起こる時期にロキソニンを服用すると胎児の奇形や死産、赤ちゃんの病気や障害などを引き起こすリスクがあります。

ロキソニンは胎児の動脈管を収縮させるため、へその緒を通して酸素の交換が困難になったり、栄養を送れなくなったりする危険性があります。

その結果、順調に発育できず胎児発育不全となってしまうのです。

母体への影響

胎児だけでなく母体へもロキソニンの影響が出ることがあります。
出産のとき陣痛が十分に起こらず、分娩の進みが悪く難産になる可能性が考えられるのです。

とくに妊娠後期は胎児にも深刻な副作用が心配されるため、絶対的禁忌となっています。

いつからロキソニンを飲んではいけないの?

ロキソニンは胎児に悪影響を及ぼすリスクがありますが、、妊娠初期と妊娠後期にはとくに注意が必要となります。

妊娠初期はロキソニンの服用を控えよう

妊娠初期の妊娠4〜10週は赤ちゃんの器官が作られる大切な時期のため、ロキソニンの服用は控えるようにしましょう。
中枢神経をはじめ心臓が脳、手足の四肢、目や鼻など赤ちゃんの大切な器官が作られるのは生理予定日から2ヶ月後となります。

それ以降~妊娠中期までは、必要性に応じて処方されるケースもあります。
決して自己判断はせず、医師が妊娠を知ったうえで処方された場合のみ服用しましょう。

気づかずに飲んでしまったら?

妊娠に気づかずにロキソニンを服用してしまった場合、心配に思うかもしれません。
もし妊娠日数0〜27日の妊娠超初期に服用してしまっても、神経や器官はまだ作られていなく影響は考えられないので安心してください。

それ以降は胎児へのリスクも考えられますが、ロキソニンは誰でも買える市販薬でもあるので過剰に心配する必要はありません。

妊娠後期にロキソニンは禁忌

出産予定日から12週以内の妊婦はロキソニン投与の安全性が確立していないため、服用してはいけません。
妊娠後期の場合は、別の鎮痛薬を検討してください。

妊娠中に薬を飲むときに気をつけること

薬の副作用が心配とはいえ、妊娠中の頭痛を我慢することでストレスとなっては、ママにもお腹の中の赤ちゃんにもよくありません。

解熱・鎮痛薬は市販薬でもあるため購入することは簡単ですが、多くの薬は胎盤を通して胎児に移行する可能性があります。

そのため、頭痛薬を使用するなら自己判断はせず産婦人科医に相談して薬を処方してもらうようにしてください。
薬の用法、用量は指示されたことを守るようにしましょう。

ロキソニン以外の鎮痛薬はどう?

ロキソニンの使用は注意が必要とはいえ、妊娠初期や妊娠後期にも耐えられない頭痛が起こることもあります。
解熱・鎮痛剤の薬はロキソニンだけではありません。
他にもカロナールやアスピリン、イブプロフェンといった薬があります。

カロナールは使用できる

カロナールの主成分であるアセトアミノフェンは、赤ちゃんの奇形を引き起こすリスク(催奇形性)や動脈を収縮するなどの悪影響がほとんどないとされているため、妊娠中でも全期間を通じて使用できます

子どもにも使用される解熱・鎮痛薬ですが、ロキソニンに比べると作用が弱くなります。

アスピリンは注意が必要

アスピリンもカロナール同様、催奇形性は低い薬です。
使用はできますが、適切な量を超えると難産・死産、胎児の動脈管の収縮のリスクが高まるため、注意が必要となります。

イブプロフェンの使用は禁忌

イブプロフェンは、NSAIDsに分類されるためロキソニン同様、妊娠初期および妊娠後期の服用は推奨されていません。

妊娠中の薬にはリスクが伴うものもあるので、なるべく使用したくないという方も多くいるでしょう。
緊急性のない頭痛の場合は、まず自宅でできる対処法を試してみましょう。

頭痛が起こった時の対処法は?

妊娠中は体調をコントロールしにくく、頭痛を起こしやすくなります。
ホルモンバランスが急に変化したり、つわりで運動不足になり血流が悪くなったり、食事が思うように取れず鉄分不足になったり…とさまざまな理由から頭痛が引き起こされます。

妊娠中おこる頭痛と、その対処法はどの様なものがあるのでしょうか。

偏頭痛→冷やす

こめかみ辺りがズキズキしたり、身体を動かした時に痛むのは偏頭痛タイプです。
偏頭痛は血管が拡張していることが原因であるため、温めてはいけません。
患部を冷やすと多少痛みが抑えられるでしょう。

その他にも安静にして過ごし、睡眠をよく取り、ストレスをためずにリラックスすることも大切です。

カフェインには血管の収縮を和らげ、偏頭痛の痛みを落ち着ける効果があります。
しかし、妊婦にとってカフェインの摂取は胎児への影響もあるため注意が必要です。
摂取量を考慮し、1日1杯を上限とし試してみるのもよいでしょう。

緊張型頭痛→血行をよくする

緊張型頭痛とは血管の収縮が原因で、身体的ストレスや精神的ストレスによって引き起こされます。

後頭部から首の辺りにかけて頭全体が締め付けられるような痛みが特徴です。

上半身のストレッチやマッサージをしたり、患部を温めたり、お湯に浸かり血行をよくしたり、ゆっくり深呼吸することで症状が軽くなります。

妊娠高血圧症候群→高血圧対策

妊娠高血圧症候群は妊娠中にだけ血圧が上昇し、脳の血管が広がることで偏頭痛を起こしやすくなります。

偏頭痛なので、患部を冷やせば多少痛みを抑えることはできますが、根本的な対処法は高血圧の改善です。

妊婦健診に行っていれば毎回血圧のチェック、尿蛋白の検査があるため、頭痛が起こるまで気づかないというケースは少いでしょう。

妊娠高血圧症候群のなかでも、さらに危険度が高いのが妊娠高血圧腎症です。

妊娠高血圧腎症とは

妊娠高血圧腎症の場合、高血圧だけでなく尿検査で蛋白尿が出ます。
胎盤機能がうまく作用でず、赤ちゃんに酸素や栄養が足りず、胎児発育不全や胎児機能不全を引き起こすこともあります。

また、胎盤が分娩前に子宮壁から剥がれ(常位胎盤早期剥離)、胎児のみならず母体にまで悪影響を及ぼす危険性も出てきます。

妊娠高血圧症候群の治療方法は?

妊娠高血圧症候群は軽度であれば経過観察ですが、重度であれば入院となります。
治療法は軽度であれば安静、ストレスを避け、食事療法で改善が目指せます。

高血圧の原因になりやすい、塩分の摂取を控えるようにしましょう。
さらに、血圧抑える降圧剤や子癇発作を予防する酸化マグネシウムが投与されることもあります。

我慢しすぎず医師に相談しましょう

お腹の赤ちゃんのことを考えると薬の服用によって胎児に影響があるのではないかと不安になります。
生活習慣を見直し体調管理をすることが大切ですが、ママが頑張りすぎるのは禁物です。

必ずしも薬が赤ちゃんにとって悪影響を与えるわけではありません。
薬の服用も一つの手立てと知っておくと気持ちが楽になります。

マイナートラブルは我慢しないで医師と相談しながら、赤ちゃんにとってもママにとってもベストな方法を見つけていきましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク