ベビーカーは必要?いらない人はどんな人?

出産準備として、ベビーカーの購入を検討しているパパ、ママは多いでしょう。

ベビーグッズのなかでも高額なベビーカーを、買うべきか、買わないか、悩む方は少なくありません。

ベビーカーは、本当に必要なのでしょうか。

「ベビーカーって必要?」ベビーカーがあると便利な理由などをまとめました。

あると便利!ベビーカーが必要なシーン


5キロも過ぎると赤ちゃんも重くなってくるので、抱っこがつらくなってきます。

ベビーカーがあると便利な理由をまとめました。

買い物

買い物に行くときは、ベビーカーがおすすめです。
重い荷物を持ちながら、数キロある赤ちゃんを抱っこするのは大変

なかでも歩いて移動することが多い人なら、ベビーカーがあると便利です。

ベビーカーのバスケットには、大きな荷物を置けるものもあります。

公園などへのお出かけ

公園へのお散歩など、ちょっとした家の周りのお出かけにもベビーカーは活躍します。

抱っことは違う、ベビーカーからの景色に興味津々の赤ちゃんもいるようです。

歩けるようになった子どもが、遊び疲れて寝てしまっても、ベビーカーに乗せることができるので安心ですね。

兄弟や姉妹がいる

お子さんが複数いる場合は、ベビーカーが必要かもしれません。

自分ひとりで面倒をみなければならないときに、赤ちゃんを抱っこして、上の子をおんぶ…というのは、かなりハードモードです。

ひとりを抱っこして、もうひとりをベビーカーにすると、大変さも軽減されるでしょう。

双子なら、双子用のベビーカーもおすすめです。

旅行などの移動が多い場合

旅行や帰省のように、長い時間の移動がある場合は、ベビーカーがあると便利です。

とはいえ新幹線など、混雑した電車内では、ベビーカーが邪魔になることもあるので、コンパクトになるものがよいでしょう。

大型のベビーカーは、たたんでも大きいことが多いので、置く場所を確保できる、一番前や後ろの席を予約することをおすすめします。

ベビーカーが必要ないこともある

ライフスタイルによって、ベビーカーを使う機会があまりない方は、わざわざ購入することもありません。

車移動が多い

車中心の生活で、あまり歩かないという方は、ベビーカーの必要性は少ないといえるでしょう。

スーパーやショッピングモールの店内や、テーマパークなどの大型施設では、赤ちゃん用のカートが借りられますし、手ぶらで大丈夫です。

抱っこ紐でOK?

赤ちゃんによっては、ベビーカーを嫌がり、乗せると泣いてしまうこともあるようです。

長時間の移動がない場合や、車の移動が多いなら、抱っこ紐で十分かもしれません。

メリット

  • いつでも、どこでも使える
  • 赤ちゃんへの負担なく、移動できる
  • 階段などの移動もラク
  • 赤ちゃんにもママにも安心感がある

デメリット

  • 夏は蒸れる
  • お母さんの身体の負担がある
  • 赤ちゃんが大きくなると重くてつらい

エルゴ OMNI 360

ベビーウエストベルト付エルゴベビー・抱っこひも【日本正規品2年間保証-SG認定付】OMNIオムニ360/パールグレー (よだれパッド+ママ&ベビー両用カバー付)

  • 重さ:3.7キロ
  • 価格(税込):28,080円
  • 使用期間:0~36ヶ月
  • サイズ:腰回り約132cmまで

オシャレなデザインで、口コミでも人気の「エルゴ」の抱っこひもは、多くの先輩ママに愛されています。

赤ちゃんの成長に合わせて、形を変えて使用できるので、長く使えるのもよいところ。

ウエストベルトがあるため、肩だけでなく腰でも赤ちゃんの体重を支えるため、長時間の使用でも、疲れにくいスタイルです。

新生児から使えるように、ヘッド&ネックサポートがあるので、首がすわるまで、しっかりサポートしてくれます。

ベビーカーにもタイプがあります

ベビーカーが使える時期は、1ヶ月検診やお宮参りの時期から、しっかり歩けるようになる3歳ごろまでです。

7ヶ月までは安定性のあるA型ベビーカー、7ヶ月からは軽くコンパクトなB型ベビーカーを選ぶというママが多いようですね。

それぞれのベビーカーの種類とメリット・デメリット、選び方のポイントを紹介します。

1ヶ月から使える、A型ベビーカー

1ヶ月から使用できる「A型ベビーカー」は、リクライニング機能があり、首がすわらない赤ちゃんでも使用できます。

メリット

  • シートが倒せるので首や腰が据わらなくてもOK
  • 安全性が高いものが多い
  • 対面式が多く、赤ちゃんの様子を見れる

デメリット

  • 価格が高い
  • 重量が重いので、持ち運ぶのには不向き

新生児から3歳くらいまで、長い期間使えるベビーカーです。

赤ちゃんが、快適に過ごせるようになっています。

アップリカ オプティアAB

  • 重さ:6.8キロ
  • 価格(税込):69,660円
  • 使用期間:生後1ヶ月~36ヶ月
  • リクライニング:120~170°
  • 折りたたんだ時のサイズ:幅51.5×奥行48×高さ102.5cm

両対面式の高機能A型ベビーカー。

振動を40%も軽減できるので、赤ちゃんの負担を少なくできます。

別売りのトラベルシステムで、ベビーカーからそのまま抱っこできるのが便利です。

グレコ デュオスポーツ

  • 重さ:10.1キロ
  • 価格(税込):35,794円
  • 使用期間:1ヶ月~36ヶ月
  • 折りたたんだ時のサイズ:幅77×奥行34×高さ1010cm

双子でも安心の二人乗りベビーカー。

しっかりしたフレームと大型車輪で、段差にも強く、安定性も抜群です。

左右それぞれにリクライニングできます。

7ヶ月から使える、B型ベビーカー

セカンドカーとして使用する人も多い、背面式の「B型ベビーカー」は、腰がすわった7ヶ月から4歳くらいまで使用できます。

折りたたむとコンパクトなので、置くスペースにも困りません。

B型ベビーカーは「バギー」とも呼ばれています。

メリット

  • 軽量でコンパクトなので持ち運びもラクチン
  • 小回りがきく
  • A型ベビーカーより低価格

デメリット

  • 振動が赤ちゃんに伝わりやすい
  • リクライニング機能がない

コンビ F2 Limited

コンビ Combi ベビーカー F2 Limited AF ネイビー (NB) 7ヶ月~36ヶ月頃まで対象 超軽量ワンハンドストローラー

  • 重さ:3.7キロ
  • 価格(税込):27,000円
  • 使用期間:生後7ヶ月~36ヶ月
  • リクライニング:120~135°
  • 折りたたんだ時のサイズ:幅49.5×奥行30×高さ89cm

超軽量のバギーです。
ワンハンドグリップで、片手でもラクに扱えます。
開閉も片手でOK。荷物を持ったままでもラクチンです。

コンビ「F2用トラベルシステムキット」
  • 重さ:10.1キロ
  • 価格(税込):35,794円
  • 使用期間:新生児~36ヶ月

F2シリーズのベビーカーに装着することで、

    • 新生児から使える「チャイルドシート」
    • 寝かしたまま移動できる「キャリー」
    • お部屋の中での「ゆりかご&ロッキングチェア」

としても、大活躍する便利アイテムです。

はじめはレンタルでお試し

買うべきが迷っているという方は、はじめはレンタルしてみるというのもおすすめです。

日々のなかで、必要かそうでないかを見極めるために、まずレンタルして、様子をみるのもいいでしょう。

高価なA型ベビーカーはレンタルして、軽くコンパクトなB型は購入するという選択もありです。

レンタルは期間が長くなると、価格が高額になってしまうこともあるので、注意が必要です。

2人目、3人目を考えているなら、長く使うことになるので購入したほうがお得かもしれません。

ベビーカーはライフスタイルに合わせて


「ベビーカーが、すごく役立った」「買ったけど、ほとんど使わなかった」など、子育て経験のあるママの意見もいろいろ。

ベビーカーは、赤ちゃんの成長と家族の生活スタイルに合わせて、チョイスしましょう。

新製品を試したいときは、レンタルもよいですね。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...