液体ミルクって?知って得するメリットや粉ミルクとの違い、課題まとめ

最近よく耳にする機会が増えた「液体ミルク」。

常温保存でき、開封後すぐに飲ませられる「液体型乳児用ミルク」を指します。

液体ミルクは熊本地震のときに、フィンランドからの支援物資として届けられ、一躍有名になりました。

水を沸かす必要もなく、手間や時間をかけなくて便利だと、多くのママから期待されています。

しかし、これまで日本での認可はなく、販売されていませんでした。

そんななか厚生労働省は、液体ミルクの国内販売を2018年8月8日に解禁することを発表し、新たな風が吹いています。

液体ミルクは便利なようですが、子をもつママとしては安全なのか、いくらで買えるのかなどさまざまな疑問があるのではないでしょうか。

今回は液体ミルクについて紹介していきます。

高まる液体ミルクへの関心


液体ミルクの関心が高まったのは、熊本地震のときに被災地へ、フィンランドから液体ミルクが届けられ、配布されたことがきっかけです。

そのときに液体ミルクを使ったママたちから「便利」という声が上がり、急速に世の中の注目を集め、「使いたい」という人たちが増えました。

液体ミルクは、外国では一般的に使われていますが、2018年8月現在、日本で店頭購入できません

いったいなぜ、日本では買えないのでしょうか。

液体ミルクの背景にある疑問について、みていきましょう。

液体ミルクの国内製造・販売はいつ?

厚生労働省は、「液体ミルクの国内販売を、2018年8月8日に解禁する」と発表しました。

とはいえ、2018年8月8日から国産の液体ミルクを、購入できるわけではありません。

厚生労働省が液体ミルクの規格を定めます。

それにむけて各メーカーが原料や配合を検討し、厚生労働省の承認を得て、初めて製造販売できるようになります。

購入できるようになるまで、早くても1年ほどは、かかると考えてよいでしょう。

2019年の夏ごろに、購入できるようになるかもしれませんね。

輸入品の液体ミルクをお店で買えるのはいつ?

海外製品の液体ミルクを、輸入すればよさそうですが、そう簡単にはいかないようです。

というのも輸入したところで、食品衛生法に、液体ミルクの規格がないため、「乳児用」と表記できません。

「乳飲料」として販売できても、赤ちゃん用とは表示できないのです。

赤ちゃんに、乳児用でないものを飲ませるのは、抵抗があるのではないでしょうか。

食品衛生法に「規格基準」ができたら、輸入品された液体ミルクが店頭に並ぶかもしれません。

個人輸入はできるけど課題もある

日本で販売が許可されていない商品を、日本へ輸入することは基本的に禁止されています。
輸送業者は、禁止されている商品をそもそも取り扱えません。

海外のネットショッピングで、個人輸入することはできますが、商品代金以外に関税や送料を視野に入れておきましょう。

ほかにも、海外にいる友人に液体ミルクを買ってもらって、日本に送るのも可能です。

いずれにせよ輸送費は高額になるため、個人輸入の金銭的な負担は決して少なくありません。

液体ミルクと粉ミルクを徹底比較


ここでは、日本では馴染みのある粉ミルクと液体ミルクをあらゆる面から比較し、液体ミルクのメリット、デメリットについて紹介します。

液体ミルク 粉ミルク
授乳の手間 ×
携帯性 ×
安全性
災害時 ×
価格 ×

こちらの表からもわかるように、液体ミルクの利便性は抜群です。

「液体ミルクって衛生的に大丈夫なの?」
「日持ちするの?」

などまだまだ不安なこともあるはず…

ここでは液体ミルクのメリット、デメリットを掘り下げていきます。

授乳の手間が少ない

粉ミルクのように、調乳のたびに水を沸かす必要も、哺乳瓶を煮沸消毒する必要もないので、手間や時間をかけなくて済みます。

容器を振って、飲む部分に乳首を付けるだけなので、とてもカンタンです。
温める必要もありません。

手軽に授乳できるのは、ママにとって助かりますよね。

使い切りタイプで持ち運びに便利

あらかじめ、パッケージ化されているので、外出時どこへでも持ち運べます

乳首を付け替えるだけなので、出先での授乳が億劫になりません。
電車や飛行機のなかでも、簡単に授乳できます。

荷物が増えがちな、赤ちゃんとのお出かけの強い味方です。

密封で雑菌が入らず衛生的

液体ミルクは、「無菌充填製法」(むきんじゅうてんほう)という方法で密封されています。

一瞬だけ高温処理をし、その後短時間で急激冷やすことで、菌が増えるのを防ぎ、長期保存を可能にした方法です。

しかし液体ミルクは、製造から時間がたつと変色してしまうため、中身に問題がないとメーカーが発表していても、不安に感じる方もいるようです。

災害時にも便利

地震などの災害にあったときは、精神的ストレスからママの母乳が出ない、水がなく粉ミルクが作れない、母乳をあげたくても授乳スペースがないなど、さまざまな状況が考えられます。

液体ミルクがあれば場所を気にせず、ミルクをあげたいときにいつでも、誰でもあげられるのです。

価格は高い

液体ミルクで、唯一デメリットといえるのが価格です。

2018年8月現在、日本にいながら、液体ミルクを手に入れるには、海外で製造されたものを個人輸入する方法になります。

Amazonや楽天のような通販サイトでも、購入できますが、日本への輸送費もかさむことから値段が高いのが現状です。

日本国内で製造・販売されることで、今の液体ミルクよりも、価格が下がるのではないかと考えられています。

海外製品の主流な液体ミルク

日本では、まだ馴染みのない液体ミルクですが、海外では一般的です。

ここでは、海外を代表する2つの液体ミルクを紹介します。
日本では耳にしたことのないメーカーですが、知っておくと、今後役立つこと間違いなしですよ。

1:Aptamil(アプタミル)

価格 £1.00~
産地 ドイツ
適応年齢 新生児~1歳まで
特徴 世界でもっともシェアの高い乳児用ミルク製造会社

アプタミルは、50年以上にわたって液体ミルクを作り続けているドイツの赤ちゃん向け商品製作会社です。

日本にも多くの液体ミルクを輸出しており、発送に関するトラブルがほとんどありません。

食欲旺盛な赤ちゃん向けの腹持ちのいい商品や、赤ちゃんの成長にかかわる成分に特化した、少し高級な商品など品揃えも豊富です。

2:Similac(シミラック)

Similac Advance Non-GMO Newborn 8 Bottles with Nipple & Ring, 2 fl. oz by Similac

価格 315.55ユーロ
産地 アメリカ
適応年齢 新生児~1歳まで
特徴 オーガニックタイプなど種類が豊富

シミラックは、アプタミルよりも長い85年以上も、乳幼児向けの製品を作り続けている老舗メーカーです。

アメリカでは、産婦人科で多く取り扱われており、「安心安全に使える液体ミルク」だと人気があります。

ニップル(乳首)とリングがついているので、開封後すぐに飲めるのもママにとってはありがたいですね。

日本でも液体ミルクを早く使いたい


熊本地震を通して、子育てをする人たちが液体ミルクの使いやすさを知ったことで、日本での製造・販売の可能性は大きくなりました。

液体ミルクを利用した人の約70%が「友達にもすすめたい」というほど支持率は高く人気です。

時や場所、環境を問わず使用できる、多くの可能性を秘めた液体ミルクの解禁は、ママたちの助けになることは間違いありません。

液体ミルクの解禁を経て、子育てがより快適になることに期待したいですね。

この記事もチェック!

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...