新幹線のベビーカー置き場はどこ?迷惑がられない方法やマナーを解説!

実家に帰省したり旅行に行くにあたって、赤ちゃん連れで新幹線に乗る際、ベビーカーの置き場は非常に重要ですよね。
新幹線の座席も通路も狭く、網棚の上もそれほどのスペースはありません。

そこで、ベビーカーを持ったまま新幹線に乗る際に、他の利用者の方に迷惑をかけなくてもすむような座席、マナーについて調べました!

新幹線に乗る際に必要なものや、赤ちゃんが急にぐずりだしてしまった時の対処法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ベビーカー利用にオススメの座席とは?


新幹線に乗る際にオススメの座席は、車椅子用の座席です。
車椅子席は通常の座席と違い、車椅子の方が降りずに利用できるようになっているため、ベビーカーも畳まずに利用できるのです。
しかし、車椅子用の座席はもちろん車椅子の方が最優先のため、当日にならないと利用できるかどうかわかりません。

そこで、予約の際に指定席として取れる座席でベビーカー向けの席を紹介します!

前か後ろの一番端の席

車両の先頭か、あるいは最後尾の端の席がおすすめです。
ここはスーツケースなどの荷物を置くためのスペースが広めに取ってあり、畳んだベビーカーの置き場所にもできるからです。

他にも、車両によっては端の席にしておくと多目的室が近くなるというメリットがあります。

多目的室を利用しやすい

新幹線のなかに、大体1室は気分が悪くなった方などのための多目的室があります。
この多目的室ももちろん体調不良の方が最優先ですが、利用している方がいなければ、授乳室として利用したり、オムツ替えに使うことができるのです。

最前列や最後尾が取れなかった場合は?

最前列や最後尾の座席は余裕があるため、ベビーカー利用者ならずとも人気が高く、すぐ埋まってしまいやすい座席です。

そんな場合は仕方がありません。
できるだけ多目的室に近い席にしてもらい、かつ二人がけの席を両親で取り、家族だけで席のかたまりを確保すると良いです。

知らない人と一緒の座席になることがなく、赤ちゃんにもパパママにも周囲の目がストレスにならずにすみます
その場合、荷物は網棚に乗せ、ベビーカーは畳んで足元に置くと座席が窮屈になりすぎずに済みます。

自由席は絶対に避けましょう

座席指定はプラスで料金はかかってしまいますが、安いからと自由席にするのは絶対に避けましょう。
最悪、混んでいると立ちっぱなしを強いられることになります。
畳んだベビーカーを通路で持っているのも、ずっと赤ちゃんを抱っこしたままで新幹線の長時間移動をするのも現実的ではありません。
特に、帰省先や旅行先が遠ければ遠いほど、ママにも赤ちゃんにもかかる負担は相当のものになります。

必ず予約をし、座席指定券を取るようにしましょう。

乗車前に準備しておきたいこと

乗車中に気をつけることについてをお話してきましたが、乗車前後に気をつけなくてはならないことについてもお話します。

ベビーカーはなるべくコンパクトなものを

運良く荷物置きスペースのある最前列や最後尾が取れたとしても、ベビーカーはなるべくコンパクトなものを持っていきましょう。
前後の荷物置きスペースは、その車両全体の荷物置き場でもありますから、他の座席の利用者が大荷物を置きに来ることもあるのです。

自分達の荷物でいっぱいにしてしまわず、他の利用者への気遣いも忘れないようにしましょう。

乗車時間はなるべくお昼にする

新幹線に乗る時間が都合で決まっていない場合、お昼頃の時間帯にすると良いでしょう。
ビジネスマンや通勤・通学での利用者が少なく、多少子どもがぐずったとしてもそれほど周囲を気にする必要がありません。

時間にはたっぷりと余裕を持って!

赤ちゃん連れでの移動は、ハプニングがつきものです。
何が起こるかわからず、周到に準備しているつもりでも想定外の事態というのは起こります。
ですから、途中でハプニングがあったとしても電車の時間に間に合うよう、時間には充分な余裕を持って行動しましょう。

それでも遅れてしまったら?

充分に気をつけていたとしても、電車に乗り遅れてしまうことも、ないとは言えません。
そんな場合は、自由席にはなってしまいますが、乗る予定だった電車よりも後の電車であれば、再発行などの手続きをしなくても同じ切符で乗ることができるのです。

しかし、座席指定は無効となり、自由席になりますので、早めに列に並んで座席を確保できるようにしましょう。

駅の施設を把握しておく

できるだけ新幹線内でオムツ替えを避けるため、乗る駅や降りる駅で女性トイレを確認しておくことも重要です。

また、ベビーカーでの移動はエスカレーターよりもエレベーターの方が便利ですから、エレベーターがどこにあり、どのように移動していけばいいのかをできれば事前に確認しておくのが望ましいです。

赤ちゃん連れで新幹線に乗るときの対策

赤ちゃんと新幹線に乗るときに便利なグッズや、ぐずってしまったときの対策なども合わせてお伝えします!

新幹線に乗るときの持ち物リスト

以下が赤ちゃん連れで新幹線に乗る場合の持ち物リストです。

  • オムツ4〜5枚(赤ちゃんに合わせて増減してください)、おしり拭き、ビニール袋
  • 清潔なガーゼやハンドタオル
  • 着替え1セット
  • 抱っこ紐、授乳ケープ
  • ミルク派なら哺乳瓶、携帯用粉ミルク、ミルク用のお湯を入れた小さい水筒
  • 離乳食や赤ちゃん用お菓子(月齢に応じて)
  • 音の出ないおもちゃ

音の出ないおもちゃやお菓子は必需品!

特に、音の出ないおもちゃやお菓子は必需品です。
赤ちゃんはオムツやお腹がすいていなくても、慣れない場所にご機嫌が悪くなって突然ぐずり出してしまうことも充分にありえます。

そんなときに、赤ちゃんの気を紛らすことのできるお気に入りのおもちゃや、大好きな赤ちゃん用お菓子を持っておくと、赤ちゃんもママもストレスを軽減できます。
また、ここでのおもちゃは絶対に音が出ないものを選びましょう。
たとえお昼の時間帯であっても、音の出るおもちゃを新幹線内で鳴らすのはマナー違反です。
ぬいぐるみや絵本、ミニカーなど、音が出ず静かに遊べるおもちゃを持っていきましょう。

ぐずったときはデッキに出る

赤ちゃんが泣きやんでくれないときは、デッキに出て外の景色を見せてあげると気分転換になり、赤ちゃんも落ち着いてくれることが多いです。
デッキは基本的に人が少ないため、赤ちゃんの泣き声も周囲に気兼ねせずにすむことが利点です。

デッキには同じように赤ちゃんや子ども連れのママやパパがいることもあります。
自分だけではないと思うだけで、心強い気持ちにもなれます。

また、授乳ケープを使ってデッキで授乳することもできます。

しかし反面、デッキは電車の音が座席よりも大きく響くため、赤ちゃんがびっくりしてしまうこともあります。
赤ちゃんの泣きぐずりが酷くなるようなら、他の方法を考えましょう。

授乳やオムツ替えの場合は多目的室を利用する

まず、多目的室を他に利用している方がいないか、乗務員さんや機内販売員さんに声をかけましょう。
利用している方がいなければ、授乳やオムツ替えで使いたいと伝えてください。

新幹線の多目的室利用の用途には、最優先は体調不良の方ですが、授乳目的で使うこともきちんと想定されています。
ですから、他の利用者がいないときであれば、授乳やオムツ替えで利用することになんら問題はないのです。

ぜひ、活用してみてくださいね!

多目的室近くのトイレを利用する

また、多目的室近くのトイレには、オムツ替えのためのベッドが併設されているところもあります。
乗車したらすぐに確認しておくと、そちらも利用できて良いですね。

新幹線は怖くない!赤ちゃん連れでも快適な旅を

赤ちゃんを連れた、初めての新幹線。
赤ちゃん以上にドキドキしてしまうママは多いですが、きちんと置き場所や利用できる施設、マナーさえおさえておけば、そう怖くはありません。

赤ちゃんと一緒に、車外の景色を楽しんだり、車内での普段利用したことのない施設を利用したり、旅を目一杯楽しみましょう!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク