飛行機にベビーカーの持ち込みはOK?預けるときの注意点は?

赤ちゃんと一緒に国内旅行、海外旅行をする際、ベビーカーを使いたいというママも多いでしょう。

荷物が多いときや旅先でも、ベビーカーは重宝しますが、大きいものなのでいざ搭乗となったとき、ベビーカーをどうするか気になるところです。

そこで今回は、ベビーカーを機内へ持ち込めるのかどうかを調査してみました。

また、預ける場合、借りる場合などの手続や注意点、赤ちゃん連れで飛行機に乗る際に知っておくと便利な各種サービスや、役に立つ対策もあわせてご紹介します。

ベビーカーの機内持ち込みには制限がある


利用する航空会社によって規定が異なる場合があるので、チケット予約する際や搭乗前に必ず確認しましょう。

国内線は規定サイズ内ならOK

ここでは、大手航空会社のJAL、ANAの規定を調べてみました。

両社ともに、国内線では「規定サイズ内であれば可能」、国際線では持ち込み不可となっています。
具体的には、次のようなサイズ指定があります(両社共通)。

100席以上の飛行機 幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内
100席未満の飛行機 幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内

以上のサイズまで折りたためるベビーカーならば、国内線に限り持ち込むことができます。

実際にはこのサイズまで折りたためるベビーカーは限られると思いますので、サイズ確認をしっかり行っておきましょう。

持ち込み可能な手荷物は1個のみ

持ち込み可能なサイズのベビーカーであっても、もうひとつ、注意すべき点があります。

というのも、JAL、ANAのいずれも、機内持ち込み手荷物は1人1個までというルールがあるからです。

ベビーカーを持ち込むと、身の回り品(ハンドバッグ、貴重品、カメラなど)以外の手荷物を持ち込むことができません。
赤ちゃんや小さなお子様連れとなれば、オムツや哺乳瓶・離乳食・タオル・着替えなどを入れたマザーズバッグも必需品ですが、チェックインの際、ベビーカーが手荷物としてカウントされてしまうとマザーズバッグを持ち込めなくなってしまいます。

パパとママと3人での搭乗であれば、パパにマザーズバッグを持ってもらえますが、ママひとりであればベビーカーは預けて、マザーズバッグを優先したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

ベビーカーは無料で預けることができる


ベビーカーを機内に持ち込めない場合は、手荷物として預けることになります。

料金はほとんどの一般航空会社で国内線・国際線を問わず、無料となっています。

ベビーカーを預ける際の基本ルール

通常、無料で預けられる手荷物は1人あたり20kg前後までという制限があり、それを超える場合には超過料金がかかります。

しかしベビーカーについては、ほとんどの航空会社が別途無料で預かってくれます。

ただし航空会社によっては、サイズや重量制限があり超過料金がかかる場合もあるので、事前に問い合わせておくと安心です。

以下はJAL、ANAの預かりルールですので参考にしてみてください。

JAL ANA
国内線 サイズ:50cm×60cm×120cm以内
重量:他の手荷物を合わせて20kg以内
上記条件に当てはまる場合は預かり可能
手荷物許容量に含めず、折りたたみ式ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料で預かる
国際線 手荷物許容量に含めずベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料で預かる

ベビーカーを預けるときの注意点

ベビーカーを預ける場合は、他の手荷物と同様に出発ロビーの手荷物カウンターで手続を行います。
空港カウンターに来てから慌てないよう、事前に準備しておきましょう。

アクセサリーなどの付属品を外しておく

いつも使っているベビーカーには、荷物をかけるフック、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃ、ストラップなどの付属品がついていることが多いと思います。

これらは、紛失したり破損したりすることがあるので、事前に外しておきましょう。

赤ちゃんのおもちゃは手荷物のバッグに入れておき、機内で不要なものは預ける手荷物に入れておけば、なくさずにすみますね。

カバーをかける

ベビーカー用の専用ケースがあれば、収納しておくとよいでしょう。

ほとんどの航空会社では、ベビーカーが収納できるビニール袋を無料で用意しています。
ただし、国際線ではそうしたサービスを行っていない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

連絡先を書いたタグを付ける

現地に到着した際、預けたベビーカーが迷子になるケースを想定し、ベビーカーには必ず、連絡先を書いたタグを付けておきましょう。

預けたベビーカーが破損したときの対応・補償は?

預けたベビーカーが万が一破損した場合、航空会社ではどのような対応をしてくれるのかも気になりますね。
JALの場合、申告期限内(受取りの翌日から7日以内)に申告すれば、修理などの対応をしてくれるようです。

とくに破損の程度が大きい場合は、到着時すぐに空港係員に申し出てください。

申告期限を過ぎてしまうと対応してもらえないので、注意が必要です。

航空会社の赤ちゃんサービスを上手に利用する

各航空会社には、赤ちゃん向け、子供向けサービスやサポートがあります。

知っておけば、赤ちゃんや子供連れの飛行機旅行がもっと便利に、楽しくなるはず。

ぜひチェックしておきましょう。

ベビーカーの貸出しサービス

ベビーカーを手荷物カウンターで預けてから搭乗するまでの間、無料でレンタルすることができます。
このサービスを利用すれば、荷物を預けた後も空港内で買い物などもできるので便利です。

ベビーカー貸出しサービスは、時期や航空会社によっては数に限りがある場合もあるので事前に確認しておくとよいでしょう。

また、到着先の空港でも借りたいときも、搭乗手続きをする際に申し込んでおくと安心です。

事前改札サービス

赤ちゃんを連れていると荷物も多く、いろいろ手間取ることも多いと思います。

そんなとき、先に搭乗させてもらえるとゆっくり座席につくことができますし、荷物を整理したりトイレの場所を確認するなど、余裕をもって行動できます。

他の乗客に気を遣うことも少ないので、ママも安心ですね。
事前に搭乗口で係員の方に申し出ておきましょう。

おもちゃや絵本の貸出しサービス

航空会社によっては、小さな子ども向けに機内で絵本やおもちゃを貸してくれます。
赤ちゃんや小さなお子さんがぐずったときなど、客室乗務員に聞いてみましょう。

赤ちゃん専用毛布の貸し出しサービス

機内は寒かったり暑かったり、赤ちゃんにとって必ずしも快適な環境とは限りません。

そんなとき、毛布があると助かりますね。

お肌にやさしい赤ちゃん専用毛布を用意している航空会社もあるので、客室乗務員に遠慮なく尋ねてみましょう。

オムツ替え専用テーブル・ベビーベッド

機内にオムツ替え専用テーブルのついた化粧室があります。

航空会社によって、紙オムツの用意もあるので万が一のときに心強いですね。

また、ベビーベッドが用意されている航空会社・機種もあるので、必要であれば予約時に知らせておきましょう。

ミルク作り・チャイルドミール

航空会社によって、お湯や100%果汁などの用意があり、ミルク作りのお手伝いをしてくれます。

長いフライトでは赤ちゃんへの授乳が気になりますが、このサービスを利用すれば心配はいりません。

また、赤ちゃん用の「ベビーミール」、幼児用の「チャイルドミール」も用意されているので、事前にリクエストすることができます。

子ども用・アレルギー対応食・ベリタリア用など種類も選べるので、航空券やツアーなどの予約をする際、一緒にリクエストするか、出発一週間くらい前までに直接航空会社に連絡しましょう。

赤ちゃん連れで飛行機に乗るときの対策

電車やバスでの移動に比べて、何かと制約があるのが飛行機での移動です。

小さな赤ちゃんを連れて旅行に行きたいけれど、機内でぐずったり騒いだりしたらと思うと、躊躇してしまうママも少なくありませんね。
ちょっとしたコツや工夫で、赤ちゃん連れでも快適に飛行機での移動ができます。

知っておくと便利なことばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

飛行機の座席を事前予約する

機内で赤ちゃんと一緒に快適に過ごすために、より条件のよい座席を事前予約しましょう。

赤ちゃん連れの場合は、「通路側の席」を選んだほうが化粧室に行きやすいですし、赤ちゃんが泣き止まない、ミルクが欲しいといった場合、客室乗務員に声をかけやすいというメリットがあります。

逆に窓側の席は、授乳が必要なママにおすすめ。
授乳の際、周囲をあまり気にせずできるで、赤ちゃん連れのママも安心です。

ただし、離席しづらいことが多いので、1時間程度の搭乗時間になる近距離の場合に利用するとよいでしょう。
その他、大きなモニター前の席も足元が広く使えて便利です。

小さなお子さんが前席のシートを蹴って、前席のお客さんに迷惑をかける心配もありません。

デメリットとしては手荷物を足元に置けないことですので、授乳の必要があるママは避けたほうがよいでしょう。

耳抜き対策は忘れずに

離着陸する際、気圧の関係で避けては通れない耳抜き。

大人はつばを飲み込むなど意識してできますが、小さなお子さんはなかなかうまく対応できないので、次のような方法を試してあげましょう。

飲み物を飲ませる・授乳する

ミルク、お茶、ジュースなど飲み物は何でも構いません。

飲み込むことが大切なので、飲ませてあげてください。
授乳中の赤ちゃんにはおっぱいやミルクを飲ませるのがいちばん。

ゴックンすることで耳抜きと同じ効果が期待できます。

お湯はキャビンアテンダントさんが用意してくれるので、離着陸する前にお願いしておくとよいでしょう。

アメやラムネをなめさせる

少し大きくなったお子さんならば、アメやラムネをなめさせるのもよいようです。

耳を冷やす

冷却用ジェルなどの冷たいものを耳にあてると、キーンとする症状を緩和できます。
どうしてもうまく耳抜きができないときに試してみましょう。

おもちゃやおやつを持参する

環境の変化に対応できずにぐずったり泣き出したり、あるいは飽きてしまったりする赤ちゃんやお子さんも多いでしょう。

そんなときに備えて、普段使い慣れているお気に入りのおもちゃや絵本、シールなどを持っていると安心です。

機内で貸出してくれるおもちゃや絵本は、赤ちゃんが初めてみるものなので、気分が変わってよいかもしれません。
また、普段よく食べているおやつもぜひバッグに入れておきましょう。

馴染みのある好きなおやつを口にすれば、赤ちゃんのご機嫌も直りそうですね。

搭乗前にラウンジなどで十分遊ばせる

子どもが遊べるキッズコーナーなどが設定されている空港もあるので、搭乗までここでたっぷり遊ばせて、疲れさせましょう。

ラウンジなどは授乳やおむつ交換もゆっくりできるので、赤ちゃんや子ども連れの家族にもおすすめです。
十分遊んで疲れてしまえば、機内ではおとなしくしていてくれるでしょう。

赤ちゃん連れでの飛行機体験談

最後に、赤ちゃん連れで飛行機を利用した方の体験談をご紹介します。


ベビーカーのレンタルだけでなく、搭乗員さんのサービスも優れていてありがたいですね。
乗降する空港や利用する飛行機によって設備はさまざまですが、ベビーカーのレンタルサービスがあるならば利用するといいかもしれません。


やはり子連れの旅行は苦労がともなうようです。
一筋縄ではいかないことが多いので、飛行機に乗る際は事前準備と時間には余裕をもって行動するようにしましょう。


子連れで飛行機に乗ると周りの目が気になってしまうこともありますが、周りの方が親切にしてくれたという体験談も多くありました。

小さい頃の苦労は誰しもが通る道なので、助け合いの心をもてると良いですね!

赤ちゃんと一緒に楽しい飛行機の旅を!

赤ちゃんがいるから飛行機の旅は無理かもと考えていませんか?

機内で泣いたらどうしよう、ぐずって他のお客様に迷惑をかけるのではなど、乳児連れや子連れでの旅行には気になることも多々あると思います。

そんなママやパパのために、上手に飛行機を利用するノウハウや情報をご紹介してきました。

航空会社のさまざまなサービスを活用し、赤ちゃんにとってもママやパパにとっても快適で楽しい飛行機の旅をエンジョイしてもらえたらと思います。

家族旅行で素敵な思い出をたくさんつくってくださいね!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク