つわりで点滴を打つ効果とは?赤ちゃんへの影響や気になる値段を検証!

妊娠した女性の8割が体験するつわりですが、なかにはつわりの症状が悪化して、入院する妊婦さんもいます。

つわりは病気ではないけれど、ツライ状態が続くのであれば我慢せずに、病院を受診しましょう。
妊婦さんの状態によっては、点滴治療などを行います。

「点滴をするのはどんな時?」
「どんな成分なの?」
「そもそも妊婦が点滴をしても大丈夫?」

そんな疑問や不安について検証しました。

そもそも「つわり」とは?何故つわりがあるの?

つわりは、妊娠5週~6週ころから始まり、12~16週になるとだんだんおさまってきます。
症状や期間に個人差があるので、ほとんどつわりを実感しない人もいれば、終わったと思ったつわりが、ぶり返してしまう人もいます。

つわりといえば吐き気のイメージですが、「眠気が我慢できない」というのも、つわり症状の一種です。

つわりの種類

  
つわりは、症状によって大きく5つに分かれます。

吐きつわり 胃のむかつきからの吐き気があり、実際に嘔吐してしまう。
吐いても楽になれない。
なにも胃に入っていなくても吐き気があり、胃液まで吐くようなこともある。
食べづわり お腹が空いている時に強い吐き気を感じる。
味覚が変化し、ある一定の食べ物が無性に食べたくなる。
臭いつわり 臭いに敏感になり、臭いを嗅ぐと気持ちが悪くなる。
今まで気にならなかった臭いが苦手になる。
例:お米の炊けるにおい、石鹸やシャンプーのにおい
よだれつわり よだれの分泌が過剰になり、人によっては飲み込めないほど出る。
よだれの味を不快に感じたり、口のネバネバが気持ち悪くて吐き気を感じる。
眠りつわり いくら眠っても眠い。
眠気ががまんできない。

このほかにも、頭痛やめまい・げっぷ・味覚障害・疲労感・倦怠感などもつわりの症状として現れることがあります。
「つわりだからしょうがない」と我慢するのではなく、自分のペースでゆったり過ごすことが大切です。
どうしても体がツライ時や、眠気が我慢できないときは、無理をせずに休みましょう。
  
「赤ちゃんに栄養を送らないといけない」と、ムリをして食べる妊婦さんもいますが、それがストレスになり、さらに体調を崩すという悪循環になる可能性もあります。
「マクドナルドのポテトを毎日のように食べたくなるけど、赤ちゃんへの影響が心配」
という人もいますが、過度に心配する必要はないでしょう。

妊娠初期の胎児は小さいので、ママが思うほどたくさんの栄養はいらないのです。

そして、必要なときは母体からしっかり栄養をもっていきます。

これは、妊娠前から蓄えられてきた栄養なので、つわり中に思うように食べられなくても気に病まないでください。

つわりによって食べる量が減ったり、偏食になっても、胎児に異常が起こることはほとんどありません。

つわりの時期は、食べたい物・食べられる物を選んで食べましょう。

ただし、塩分や糖分の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を発症する可能性があるので注意が必要です。

つわりのメカニズム

何故つわりがあるのか、確かな原因は特定できていませんが、妊娠初期に増えるホルモンの影響とする説が有力です。

そのホルモンは、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)といって、妊娠することで急激に分泌されるホルモンです。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は、妊娠初期に妊娠を維持するために必要な黄体ホルモン(プロゲステロン)卵胞ホルモン(エストロゲン)を、卵巣から分泌させる働きがあります。

妊娠が進んで胎盤が完成すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンは胎盤から分泌されるようになるので、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は分泌されなくなります。

胎盤が完成するのが妊娠12~16週の頃で、つわりが治まってくる時期と重なるのため、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)がつわりの原因として有力と考えられているのです。

こんな症状はキケン!!つわりで点滴が必要とされる目安

つわりが悪化して、食事や水分が取れない状態が続く場合は、病院を受診しましょう。

つわりで食事が取れなくても胎児に影響ないとはいっても、それには限度があるのです。

水分や食事がまったく取れなければ、ママの体は脱水症状を起こしたり、栄養不足になることもあります。

赤ちゃんに悪影響がなくても、ママの身体は深刻なダメージを受けてしまうでしょう。

以下のような症状がある場合は、早急に病院で診察を受けることをオススメします。
 

  • 一日に何度も吐いてしまい、食べ物を受けつけない
  • 水分補給が困難、水を飲んでも吐いてしまう
  • 体重が妊娠前と比べて3kg以上(もしくは体重の10%以上)減った
  • トイレの回数が極端に減った、もしくは尿の量が少ない
  • めまいや、頭痛で日常生活に支障をきたす
    (思うように動けない・立っていられない・起きていられない)

つわりが重くて心配であれば、嘔吐の回数トイレの回数、摂取した水分量などをメモしておくといいでしょう。

自分で身体の異常に気づくことができるので、早めに病院を受診することができますし、担当医の判断もスムーズになります。

「次の妊婦検診のときに…」と我慢しないで、少しでも異常を感じたら早めに病院に行く事が大事です。

重いつわりは「妊娠悪阻」かも

つわりの症状が悪化すると、妊娠悪阻(にんしんおそ)と診断される事があります。

つわりと妊娠悪阻を分ける明確な基準はありませんが、病院ではつわりの症状の悪化具合体重減少の程度尿検査でケトン体が陽性になるかで診断されます。

尿検査でケトン体が陽性になるのは、体内でエネルギー源になる糖が足りない飢餓状態に陥っているということです。

妊娠悪阻と診断されたら、水分・栄養補給目的の点滴治療が行われますが、重症であれば入院が必要になるケースもあります。

気になる点滴の成分と効果・危険性

つわりで点滴を打つのは、水分補給・栄養補給が主な目的です。
点滴の基本成分は

  • 水分(生理食塩水)
  • 電解質(カリウム、クロール等)
  • ブドウ糖
  • ビタミンB群(ビタミンB1、B6)

生理食塩水やカリウム・クロールなどの電解質、そしてブドウ糖は、スポーツドリンクに入っている成分で、つわりによる栄養不足や脱水状態を改善します。

ビタミンB1は、欠乏するとウェルニッケ脳症を発症する可能性があるので、予防のためにも必要です。

ビタミンB6は、つわりを軽減する効果があるといわれており、点滴に入っています。

つわりの時に使う点滴に含まれる成分に、副作用はほとんどありません。

点滴で水分と栄養を補給することで、身体の回復も早まります。

トイレの回数が増えたり、ケトン体が陰性になったりと、数値的にも回復が見られるでしょう。

重症で一回の点滴では効かない場合は、入院、または通院して数回にわたり点滴を受ける必要があります。

吐き気止めプリンペラン

嘔吐の頻度によっては医師の判断でプリンペランという吐き気止め成分を点滴に入れることがあります。

プリンペランは胎児への危険性が低いので、妊婦さんに処方される吐き気止めはプリンペランがほとんどです。

人によっては、腹痛・下痢・眠気・目まい・焦燥感などの副作用が出ることがあるので、持病やアレルギーのある人は医師に相談しましょう。

どこの病院にいけばいい?

つわりの点滴を受けるのであれば、普段診てもらっている産婦人科を受診するのが基本ですが、産婦人科が家から遠くて受診が困難な場合は、近くの内科でも点滴はしてくれます。

かかりつけの産婦人科に判断と指示をあおぎ、内科の医師に伝えましょう。

時間・費用

点滴にかかる時間は、点滴の量や落とす速度によって違ってきますが、500MLの点滴を打つ場合、約1時間半~2時間ほど時間がかかります。

つわりは病気ではないので、症状緩和のために点滴を打つ場合は、健康保険が適用されません。
いくらかかるのか費用が気になるところですが、一回あたり1,000~3,000円くらいで、病院によって、また初診かどうかによって違ってきます。

妊娠悪阻と診断された場合、もしくはその危険があり治療が必要と判断された場合は、健康保険が適用されます。

つわりはひとりで我慢しないで!

つわりは病気じゃないとはいえ、吐き気が続いて、「食べられない・水分がとれない」という状態が続いたら、ママの身体はどんどんつらくなってしまいます。

点滴でつわりを終わらせることはできませんが、水分や栄養を補給することで、つわりの症状が楽になることもあります。

ひとりで我慢をしないで、周りの人や医師に相談しながら、ツライ時期を乗り切りましょう。

食べづわりの症状にお悩みであればこちらの記事が参考になります。

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...