ベビーカーの選び方!種類や比較したいポイントまとめ

さまざまなメーカーから、異なる機種のベビーカーが発売されています。

特徴もそれぞれ違うので、どれを選べばいいのか、迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

ベビーカーは、赤ちゃんとママの生活スタイルに合うように工夫されています。
値段も安くはないので、購入してからの失敗は避けたいものですね。

ここでは自分に合ったベビーカーを選ぶポイントについて、紹介します。

ベビーカーの基本の分類

ベビーカーにはいくつかの「型」があります。
日本のSG(安全基準)が定めた規格に基づいた規格で、「A型」と「B型」の2種類です。

種類によって、使える時期、メリットやデメリット、特性が異なります。

使用する環境にあった型を選択できるように、ぞれぞれの型のポイントをおさえましょう。

A型ベビーカー

生後1ヶ月の首がすわらない赤ちゃんから使える両対面式ベビーカーが、A型です。
2歳くらいまでが使用できる対象です。

A型の最大の特徴は「安定性」

赤ちゃんを寝かせた状態で使用できるように、背もたれがフラットになるのが特徴です。
ハンドルの切り替えで、ママと赤ちゃんが対面しながらベビーカーを押すことができます。

メリットは、安定感を重視し、頑丈にできていること。

その分、B型より価格が高く、重いことがデメリットです。
電車、バスなどの公共機関の移動に不向きでしょう。
幅があるので、通路の狭い路地や、店内も通りにくいです。

B型ベビーカー

生後7ヶ月のおすわりができるころから使用できるのがB型です。

3歳くらいまで使用できます。

リクライニングや、対面式にできる機能はありません。
その分、可動部分が少なく丈夫にできており、軽くて持ち運びしやすくできています。

メリットは、軽量なので小回りが利くことです。
電車や、バスなどの移動、店内の狭い通路も楽に通れます。
また3歳ごろまで使えるので、A型よりも長く使えることもB型のメリット。

デメリットは、安定感がA型より劣ることです。
軽量された分、荷物を入れるスペースも少なくなっています。


ベビーカーを購入するタイミングはいつ?


ベビーカーは、赤ちゃんのために準備するものでも高級品なので、購入するタイミングも迷ってしまうものです。

購入するタイミングによって、メリットとデメリットがあります。

出産前に選ぶメリット、デメリット

産前にベビーカーを選ぶメリットは、妊娠中の時間のあるときにゆっくり選べることです。
すべての準備を整えておくことで心の余裕ができます。

生後すぐにベビーカーを使うことができるので、抱っこ紐を使うのに抵抗がある人にはオススメです。

産後しばらく使わなかった場合に、収納の場所をとることがデメリット。

また当面は抱っこ紐で間に合うケースも。
「早々と購入したけれど、実際は使わなかった」という場合もあります。


出産後に選ぶメリット、デメリット

産後に購入する場合、赤ちゃんを実際に乗せて使い心地を確認できることがメリットです。

乗せ降ろしのしやすさ、操作性など、赤ちゃんを乗せてみてはじめてわかることがたくさんあります。

赤ちゃんによっても、ベビーカーの乗り心地の好みは分かれるようです。
赤ちゃんは生後1ヶ月までは家で過ごすので、産後に購入しても遅くはないでしょう。

デメリットとしては、赤ちゃん連れではなかなかゆっくりお出かけできないことです。

ベビーカーを選ぶときに大切なポイント


たくさんあるベビーカー選びのポイント。
そのなかで、どんなベビーカーを選ぶときも確認しておきたいポイントを紹介します。

大事な赤ちゃんのために最重要な安全性

日本ではA型、B型ベビーカーの安全性について、基準が定められています。
(財)製品安全協会が定めた基準が、SG基準です。

合格しているベビーカーには、SGマークがつけられています。
必ず、SGマークがついている安全性が保障されたベビーカーを選びましょう。

ライフスタイルに合っていること

ベビーカーの種類は多く、メーカーによってさまざまなタイプが発売されています。

住居環境や、生活スタイルから、優先したい機能を明確にしておくことがポイントです。
そのうえで、使用期間や、ベビーカーの特徴をチェックし、自分にあうものを選びましょう。

ベビーカーを選ぶ手順


ベビーカーを選ぶ際の、ポイントと順番を紹介します。

最初にA型ベビーカーが必要かどうか決める

ベビーカーを使いたい赤ちゃんの月齢はいつなのか、を考えることから始めます。

すぐに使いたい場合はA型、少したってからでいい場合はB型がオススメです。
早めにベビーカーにならしたい、しばらくは抱っこ紐で過ごしたい、など赤ちゃんとの接し方を想像しましょう。

また先輩ママから借りられる場合もあります。

決して安いものではないので、「本当に必要か」、「いつから必要か」、を最初にしっかり考えることが重要です。

ライフスタイルから、優先したいポイントを考える

ベビーカーは、ママパパのライフスタイルに合わせて、機能が異なります。
デザイン性だけではなく、ママパパのライフスタイルにぴったりなものを選びましょう。

といっても、すべての希望を満たす商品はなかなか見つからないもの。
自分のライフスタイルにそって、優先したい機能をいくつかにしぼっておくとよいでしょう。

優先順位を検討する際のポイントは、大きく以下の3つです。

  • 使用する時期
  • 普段の主な移動手段などの生活スタイル
  • 住宅や周辺環境等の、住んでいる環境

実際に操作してみる

機能だけではなく、操作性も大事なポイントです。
口コミや、ブランドの人気だけではなく、必ず店舗にいって、実際に使ってみましょう。

店舗に見に行ったときのチェックポイントは以下のとおりです。

  • 赤ちゃんを乗せて、シートのリクライニング角度を確認。
  • 実際にベビーカーを押してみて、走行性はどうか確認。小回りがきくかなど。
  • たたみやすさを確認。たたんだ状態から開き、開きやすさを確認する。
  • 持ち上げて重量を確認。
  • たたんだときの大きさ、薄さをみて、玄関に収まるかを確認。

こんな人にはこんなベビーカーがオススメ


使用する時期や、生活スタイルによって、ベビーカーを選ぶポイントが異なります。

A型とB型の基本的な特徴をおさえたうえで、ベビーカーに求める優先度を決めましょう。

生活環境をよく考えないで購入すると、後々買い換えるリスクも出てきます。

使用する時期別オススメのベビーカー

使用したい時期によって、A型かB型かを検討します。

生後すぐ使いたい人

生後すぐにベビーカーを使いたい人には、A型がオススメです。
両対面式なので、いつでも顔を合わせられて、赤ちゃんもママも安心してお出かけできます。

A型は、2歳くらいまでが使用期間なので、買い替えが必要になる可能性も。
なるべく軽量化されて、長く使えるものを選びましょう。

おすわりができるようになってから使いたい人

しばらくは抱っこ紐を使う予定の人にはB型がオススメ。
おすわりが上手になる、7ヶ月くらいからが使用の目安です。

最初はA型をレンタルし、B型が乗れるようになったら購入、という方法もあります。

生活スタイル別オススメのベビーカー

生活スタイルによって、主に、重量や安定感が検討のポイントになります。

電車やバスの利用が多い人

赤ちゃんを連れて外出するときは、荷物も多くなるもの。
乗り降りの際に赤ちゃんを抱きかかえながら片手でたためるベビーカーがオススメです。
できるだけ軽いものを選びましょう。

散歩や近所への買い物で利用することが多い人

石ころや、アスファルトの段差があることを考え、安定感を重視しましょう。
とくにタイヤがしっかりしたタイプがオススメです。
安定した走行ができ、段差を乗り越えるときに赤ちゃんへの振動が小さくなります。

ベビーカーを車に乗せることが多い

赤ちゃんがベビーカーに乗っている時間が短いので、安定感より軽さを重視します。
車に乗せやすいように、軽くてコンパクトに収納できるものを選びましょう。
チャイルドシートを兼用できるタイプがオススメです。

住んでいる環境別のオススメのベビーカー

住んでいる環境によって、収納性や重量がポイントです。

家の玄関にスペースがない

ベビーカーは意外と、収納スペースを必要とします。
玄関に十分なスペースがない場合、折りたためるコンパクトなサイズのものを選びましょう。
立てかける場所がない玄関であれば、自立するタイプがオススメです。

エレベーターのない集合住宅

エレベーターがない場合、ベビーカーを持って階段を上り下りしなければなりません。
片手に赤ちゃんを抱えているので、重労働です。
軽く、コンパクトなものを選びましょう。

家の周りに坂道やでこぼこ道が多い

走行性・安全性に優れたものを選ぶようにしましょう。
車輪が大きいもの、衝撃を和らげる、サスペンション機能を備えたタイプがオススメです。

さらに快適に過ごすために検討したい便利機能


赤ちゃんや、パパママがより快適にベビーカーを使うための機能を紹介します。

ハイシート

通常のベビーカーよりも高い位置にシートがあることをハイシートといいます。
清潔さを保つために、地面から遠ざける構造です。

ホコリや排ガスなどの有害物質から赤ちゃんを守ります。
ママやパパと、赤ちゃんの距離が近くなるという、うれしいメリットもありますよ。

振動軽減機能

赤ちゃんが受ける、デコボコ道での振動を軽減する機能です。
生後間もない赤ちゃんの体を守ることができるので、安心できます。

温湿度環境の調整機能

シートクッションは熱がこもりやすいもの。
座席部分に通気性の高い素材を使用し、快適な温湿度環境を整える機能です。

またより快適に過ごすために、日差しよけがあるデザインもオススメ。
肌の弱い赤ちゃんを紫外線や直射日光から守ります。

ママのための、大容量のカゴ

赤ちゃんの快適さが最優先ですが、ママパパの快適さも大切にしたいです。

お出かけしたときに、荷物を入れられるカゴがついているかどうかは重要なポイント。
マザーズバッグが余裕をもって入るくらいのサイズのカゴがついていると安心です。

自分のライフスタイルを振り返って最適なベビーカーを選ぼう!


ベビーカーは、赤ちゃんとママのライフスタイルにあわせて、さまざまな機能があります。
どの機能を重視したらいいか、新米ママは迷ってしまうものです。

まずは自分のライフスタイルから、重視したいポイントを整理しましょう。
そのポイントにあうベビーカーを実際に店舗で使ってみて、使用感を確認することがオススメ。

決して安いものではないので、なるべく失敗したくない買い物です。
デザインや周囲の意見に影響され過ぎず、自分のなかの優先順位をしっかりもちましょう。