ベビーカーとバギーの違いはなに?それぞれのメリット・デメリット比較

出産準備用品のなかでも、高価な品のひとつがベビーカーです。

現在、たくさんの種類のベビーカーが発売されています。
雑誌やインターネットで、A型やB型ベビーカー、バギーなどと書かれているのを目にしたことがある人も多いでしょう。

ですが、「違いがよくわからない」「どれがいいの?」と、悩んでしまうことも多いようです。
大事な赤ちゃんを乗せるベビーカーだからこそ、よく考えて購入したいですよね。

この記事では、ベビーカーとバギーの違いやメリット・デメリット、選び方を調査しました。
ぜひ、購入時の参考にしてください。

ベビーカーの種類を知っておこう


ベビーカーは大きく分けてA型B型に分類され、日本の安全基準であるSG基準では、下記のように定義されています。

A型ベビーカー

  • 新生児期を過ぎてから(1ヶ月)、または首が座った乳児期(4ヶ月)から、最長48ヶ月までの間で使用期間を定めている
  • 座面と背もたれの角度が150°以上(4ヶ月から使えるものは130°以上)でリクライニング機能があること
B型ベビーカー

  • おすわりができる時期(7ヶ月)から使用でき、最長で48ヶ月までの間で使用期間を定めている
  • 座面と背もたれの角度がもっとも立てた状態で100°以上であること

A型ベビーカーとB型ベビーカーの大きな違いは、使い始めの年齢です。
それに合わせて、各メーカーが使いやすいように開発しているため、機能面で違いが出ています。

またA型ベビーカーとB型ベビーカーの他に、バギーというのも耳にしたことがあるでしょう。

バギーは、B型ベビーカーと似ていますが、違いを表す明確な基準はありません。
メーカーにもよりますが、B型ベビーカーより軽量で、傘のように折りたためるコンパクトなものをバギーと呼ぶことが多いです。


海外製品はA型・B型に当てはまらない

SG基準は日本の安全基準です。
海外製品は、海外の安全基準にもとづいて作られているため、A型、B型の区分がありません。

欧州の安全基準であるEN1888ややイギリスのBS規格、アメリカのASTM規格、そしてドイツのTUV規格などがあり、日本より厳しい安全基準を設けている場合もあります。

スポンサーリンク

各種ベビーカーのメリット・デメリットを押さえよう


各メーカーによる製品の傾向から、メリット・デメリットを紹介します。
特徴を把握して、自分に合ったタイプを選びましょう。

A型ベビーカーのメリット・デメリット

A型ベビーカーのメリットは、下記があります。

  • 生後1ヶ月(製品によっては生後4ヶ月)から乗せることができる。
  • 座面がフルフラットになるため、寝かせたまま乗せることができる。
  • 製品によっては対面式にすることができる。
  • 車輪やフレーム構造にクッション性があり、振動に強く乗り心地がよい傾向にある。
  • 頑丈に作られている。

生後1ヶ月過ぎの赤ちゃんでも、安全に移動させることができるよう開発されているため、早くから使いたいというママにオススメです。

デメリットはどうでしょうか。

  • 値段が高い。
  • 重量が重たく、持ち運ぶのが大変。
  • 折りたたんでも、かさばる。

大きく重いため、階段で移動しにくく、エレベーターを使用する必要があります。
公共交通機関での移動が多い場合、不便に感じることがあるようです。

B型ベビーカー

B型ベビーカーのメリットを、みてみましょう。

  • A型と比べて軽いので持ち運びに便利。
  • 折りたたむと小さく、収納性が高い。
  • 比較的値段が安い。
  • 小回りがきき、操作性がよい。

このような点が挙げられます。

いっぽう、デメリットはなにでしょうか。

  • リクライニングができない、もしくは少ししかできない。
  • 対面式にならない製品がほとんどである。
  • A型と比較して、衝撃が赤ちゃんに伝わりやすいので長時間の使用に向いていない。

コンパクトで価格が安い反面、A型に比べると機能はシンプルなようです。

バギー

B型に近い、バギーの最大の利点はなんでしょうか。

  • 軽くてコンパクト
  • 価格が安い

というところでしょう。

持ち運びしやすく、電車で移動する際も、折りたためばあまり場所をとりません。
軽いため、取り回しがしやすいのも特徴です。
シンプルなデザインで、価格もお手軽なものが多く、5000円前後で購入できる商品もあります。

デメリットとしては、下記の点が気になる部分です。

  • 軽い分クッション性があまりなく、赤ちゃんに振動が伝わりやすいため長時間の使用は負担になる

シートにリクライニング機能がなく、背面式です。
おすわりができないうちは、使用することができません。

自立しない製品もあり、保管時にどのように置くか考えておく必要もあります。

どのベビーカーにすればいいの?選び方はこれ!


どのタイプもよい点があり、どれにするか悩んでしまうかもしれません。
選ぶときに押さえておきたいポイントを紹介します。

近場で使うならA型ベビーカー、電車移動が多いならB型ベビーカー・バギーが優秀

もっとも多い利用する状況に合わせて、ベビーカーを選ぶのがオススメです。

近所でのお散歩や、近場での買い物メインの利用であれば、タイヤのクッション性に優れ安定感のあるA型ベビーカーが活躍します。
でこぼこ道や段差にも強いので安心です。

対面式であれば、赤ちゃんがぐずったときにも、あやしやすいといったメリットもあります。

反対に、電車などの公共交通機関や車での移動が多い場合は、軽くて持ち運びしやすいB型ベビーカーやバギーが便利です。

軽いので、階段の上り下りの際や、電車の中では折りたたんで片手で持ち、もう片方の手で赤ちゃんを抱っこすることも可能です。
コンパクトなので、混雑していてもほかの乗客の邪魔になりにくく、気持ち的に楽ですね。

車のトランクでも幅を取らず、乗せたり降ろしたりも容易です。
歩けるようになったけど、長距離はまだ疲れてしまうといったお子さんにも、バギーがオススメです。

買い物や遊園地などのお出かけのとき、補助として持っていけば、途中で疲れて抱っこをせがまれても乗せることができるので、ママやパパの腰に負担をかけることもありません。

バギーはセカンドベビーカーとして人気

「出産後早くからベビーカーを使いたいけれど、電車やバス移動が多いし悩む」という場合は、まずはA型ベビーカーを買う、もしくはレンタルして、子どもが 成長し歩くようになったらセカンドベビーカーとしてバギー購入するという方法もあります。

バギーはお値段も手ごろなので、手に入れやすいでしょう。

使用期間のチェックを忘れずに

ベビーカーやバギーの使用期間は、商品によって異なります。

2歳頃までや、3歳まで使用できるもの、ものによっては4歳も対象年齢になるベビーカーがあるようです。

とくに子どもが大きくなってから活躍するB型やバギーを購入する際は、どの月齢まで使用できるか確認しておきましょう。

ベビーカーはライフスタイルに合わせて選ぶ


A型ベビーカーは早くから子どもを乗せることができ、対面式にできるものが多くあります。
頑丈な作りになっていて、安全性や乗り心地がよい分、重量が重く持ち運びに不便です。

いっぽうB型ベビーカーやバギーは、腰がすわっておすわりができるようになってから使用する製品です。
軽くてコンパクト、小回りがきく点が魅力ですが、その分子どもに振動が伝わりやすく、長時間の移動には向いていません。

どちらがよいかは、使う状況によって変わります。
自分のライフスタイルに合ったベビーカーを選んで、快適に子育てをしましょう。
こちらの記事も合わせてご覧ください。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク