シングルタイヤが押しやすいのは嘘?本当?オススメベビーカー10選

ベビーカーを購入するときは、なにをポイントにしますか?

デザインや機能性を気にする方が多いようですが、注目したいのはタイヤです。

「え?タイヤ?」と思うかもしれませんが、タイヤによって押しやすさや、衝撃などが変わるのだそう。

ベビーカーには、シングルタイヤダブルタイヤがありますが「シングルタイヤのほうが押しやすい」と注目を集めています。

海外では、シングルタイヤのベビーカーがトレンドです。

そこで口コミでも人気の、シングルタイヤの最新ベビーカーについてまとめました。

ベビーカーのシングルタイヤとは

シングルタイヤとは、ベビーカーの車輪部分がひとつのタイヤのものをいいます。

ダブルタイヤと、シングルタイヤの押しやすさを比べた実験では、「シングルタイヤのほうが押しやすい」と答えた女性が多数だったそうです。
その理由はなにでしょうか?

シングルタイヤは、タイヤがブレにくいのが特徴です。
一輪なので小回りがきき、動きがスムーズなのが、押しやすさにつながっています。

駅の改札や、混雑した街中でも足回りがよく、方向転換もスムーズにできるのです。
ガタガタ道でもつまずいたりしないので、ママも赤ちゃんもストレスなく過ごせるでしょう。

ヨーロッパではシングルタイヤが主流

海外では、シングルタイヤのベビーカーが主流です。
ヨーロッパなど、石畳でガタガタ・デコボコした道が多い地域では、操作性のよいシングルタイヤのほうが走りやすく好まれています。

ダブルタイヤとの違い

ダブルタイヤは、車輪が2輪ずつ付いているいるベビーカーです。

ダブルタイヤのほうが、軽量化しやすいといわれています。
軽くコンパクトなものが好まれる日本では、ダブルタイヤが主流です。

ダブルタイヤのベビーカー

  • コンビ「メチャカル ハンディ オート4キャス」
  • アップリカ「ラクーナ」
  • グレコ「シティ」など

オススメシングルタイヤのA型ベビーカー

生後1ヶ月から使えるA型ベビーカーで、シングルタイヤのオススメを紹介します。

ピジョン「ランフィ」

ピジョン Pigeon 両対面式 A形ベビーカー ランフィ Runfee RA7 ラベンダーネイビー 軽量5.4kg 1ヵ月~36ヶ月対象 「押しやすさ」にこだわったシングルタイヤのベビーカー

重量 5.4キロ
価格(税込) 57,240円
対象月齢 1ヶ月〜36ヶ月
リクライニング角度 115~165度
折りたたんだ時のサイズ 幅51×奥行38×高さ101cm

ダブルタイヤが主流の日本メーカーの中で、ピジョンはシングルタイヤのベビーカーに力を入れています。
A型ベビーカーのオススメは、軽量で持ち運びもラクなタイプのランフィ。

押しやすく、ハンドル操作が楽なので人気です。

ストレスのない走行ができます。

アップリカ「スムーヴ」

Aprica (アップリカ) 3輪ハイシートベビーカー Smooove AC (スムーヴ) ストライドレッドプラスRD 【パンクレスタイヤ + シルキーエアー搭載 + 小回り段差スムーズ】 ※3年保証登録可

重量 9キロ
価格(税込) 63,720円
対象月齢 1ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 120~170度
折りたたんだ時のサイズ 幅55×奥行43.5×高さ90cm

アップリカの三輪ベビーカーは、シングルタイヤにこだわっています。
空気入れが不要、パンクもしないメンテナンスフリータイヤがポイント。

メンテナンス無しで、お手入れも楽です。

58cmのハイシートで、赤ちゃんの乗せおろしもスムーズにできます。

ペグペレーゴ「Si」

ペグペレーゴ Peg-Perego ベビーカー Si ブルームレッド 41717

重量 7.8キロ
価格(税込) 54,000円
対象月齢 1ヶ月~48ヶ月(体重20キロまで)
リクライニング角度 100~150度
折りたたんだ時のサイズ 幅33×奥行34×高さ99.5cm

(フットマフ・レインカバー付き)
デザインもおしゃれな、イタリアの人気ベビーカーブランド「ペグペレーゴ」は、石畳の多いイタリアでも押しやすく、抜群の走行性を誇っています。

ワンタッチで折り畳みができるので、ママにもやさしいと評判です。

バガブー「カメレオン」

バガブー カメレオン ベース プラス / サンド (Bugaboo Cameleon Base Plus / Sand) [並行輸入品]

重量 10キロ
価格(税込) 123,730円
対象月齢 1ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 3段階リクライニング
折りたたんだ時のサイズ 幅60×奥行30.5×高さ90cm

オランダの人気ベビーカーブランド「バガブー」は、日本のベビーカーにはない、スタイリッシユなデザインです。

小さい前輪と、後輪の大きなシングルタイヤは、両対面式のハンドルバーを切り替えるだけで、前後が変わります。
大きいタイヤを前輪にすれば、ハードな道もスイスイ押せます。

hugme(ハグミー)「hugme+」

重量 14.2キロ
価格(税込) 75,600円
対象月齢 1ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 3段階リクライニング
折りたたんだ時のサイズ 幅94×奥行63×高さ38cm

フルフラットな対面スタイルから、チェアタイプの背面式スタイルに変化します。
子どもの成長に合わせて、切り替えることができるので長く使うことができますね。

小回りのきく前輪と、頑丈なフレームの大きな後輪タイヤは安定感があり、赤ちゃんの快適性にもこだわっています。
フットカバー、クッションシート、ロッキングベースつき。

シートを外して付属のロッキングベースに取り付ければ、お家の中でバウンサーとしても使えます。

オススメシングルタイヤのB型ベビーカー

腰がすわる生後6ヶ月頃から使える、シングルタイヤのB型ベビーカーを紹介します。

ピジョン「ビングル」

ピジョン Pigeon B形ベビーカー ビングル Bingle アクアスター 軽量3.6kg 7ヶ月~36ヶ月対象 「押しやすさ」にこだわったシングルタイヤのベビーカー

重量 3.6キロ
価格(税込) 28,080円
対象月齢 7ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 118~135度
折りたたんだ時のサイズ 幅49.5×奥行31×高さ92cm

ピジョンのB型ベビーカーのオススメモデルはビングルです。

ムダな動きのないシングルタイヤで、押しやすさにこだわっています。
ママが片手でも持ち運べる、3.6キロという軽さも魅力です。

ストッケ「エクスプローリー」

ストッケ エクスプローリー ライダー

重量 8.4キロ
価格(税込) 140,400円
対象月齢 6ヶ月~36ヶ月
折りたたんだ時のサイズ 幅56×高さ34×長さ99cm

ストッケは、ノルウェーのベビー商品を取り扱っているブランド。
360度回転する前輪で、小回りもスムーズな走行性が自慢です。
座面シートは、高さの調節もできるので便利!
背の高いパパでも、ラクに押せます。

エアバギー「ココ」

【SPECIAL EDITION】エアバギー AirBuggy COCO PREMIER ココ プレミア MELANGE DENIM メランジデニム 3輪ベビーカー

重量 10.3キロ
価格(税込) 69,660円
対象月齢 3ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 110~135度
折りたたんだ時のサイズ 幅53.5×奥行40×高さ82cm

三輪のベビーカーの「エアバギー」はスタイリッシュな日本ブランドです。

シングルタイヤはオフロードタイプで、砂利道などでもスムーズに走行でき、乗り心地も快適です。

自立式スタンドでコンパクトに収納できます。

カトージ「コンパクトバギー ドルフィン」

カトージ コンパクトバギー ドルフィン ボーダー 41754

重量 6.8キロ
価格(税込) 21,384円
対象月齢 1ヶ月~36ヶ月
リクライニング角度 110~160度
折りたたんだ時のサイズ 幅46×奥行28×高さ55cm

A型ベビーカーの高機能と、B型ベビーカーのコンパクトさを合わせ持っている「コンパクトバギー」は、ちょっと前のカテゴリーとしては、AB型ベビーカーです。
リクライニングもしっかりできるので、1ヶ月から使えます。

シングルタイヤを使用することで、B型ベビーカーだとガタガタするといった悩みも解決。

メッシュ素材のシートや、容量たっぷりの収納かごも魅力です。

ベビージョガー「シティツアー」

baby jogger(ベビージョガー) コンパクトベビーカー city tour (シティツアー) オニキス BK 5歳まで使える & 小さくたためる & 背負えるキャリーバッグ付き ★レインカバー付属★ 2022279

重量 6.4キロ
価格(税込) 35,640円
対象月齢 6ヶ月~5歳頃まで
リクライニング角度 135~162度
折りたたんだ時のサイズ 幅45×奥行24.2×高さ55.6cm

(キャリーバッグ付き)
アメリカのベビーカーブランド「ベビージョガー」は、シングルタイヤで、路面からの衝撃や振動を軽減します。

赤ちゃんの様子を見られる、窓付きの大きなフードもオススメポイントです。

軽量タイプなので、コンパクトに折りたたんで、持ち運べるので電車での移動も楽にできます。

シングルタイヤのメリット・デメリット

シングルタイヤのベビーカーは、なんだかよさそうですが、実際はどうなのでしょうか。
メリットとデメリットをまとめましたので、考えるポイントにしてみてください。

メリット

シングルタイヤのメリットは、操作性のよさと走行性能といえるでしょう。

操作性

シングルタイヤは、段差のある道路や狭い場所で向きを変えたりする、操作性のよさが特徴です。

押しやすいのが、最大のメリットといえます。

走行性

デコボコ道も、ストレスなく走れるのが魅力です。
シングルタイヤは、ガタガタ揺れず安定性があるので、赤ちゃんへの衝撃も軽減されます。
公園などの芝生は、走らせにくいものですが、シングルタイヤだとスムーズに走行可能です。

デメリット

シングルタイヤは軽量化がしづらいので、若干重いのが、デメリットです。

機種にもよりますが、下の収納カゴが小さいと感じるという口コミもみられました。

押しやすさで選ぶならシングルタイヤ

シングルタイヤのベビーカーについてご紹介しました。
ベビーカーの押しやすさで選ぶなら、シングルタイヤをオススメします。

海外製のファッショナブルなデザインが多いことも、シングルタイヤベビーカー魅力のひとつです。

ぜひベビーカー選びの参考にしてください。