両対面式のベビーカーのメリットとデメリットまとめ

ベビーカーにはさまざまな種類がありますが、赤ちゃんの顔を親が見れる対面式と、赤ちゃんが外の風景を見れる背面式があります。

どちらの機能もついたのが、両対面式のベビーカーです。
なんとなく便利そうですが、じっさいはどうなのでしょうか。

今回は、両対面式のベビーカーについて調べました。

両対面式ベビーカーの特徴を知って、ベビーカー選びに活かしましょう。

両対面式ベビーカーってどんなもの?

両対面式ベビーカーとは、対面式にも背面式にも切り替えることができるベビーカーのことです。

対面式で赤ちゃんとママ・パパが向かい合う形にしたり、背面式で赤ちゃんが景色を見やすい形にもできます。

両対面式の機能がついているのは、ほとんどがA型ベビーカーで、B型ベビーカーやバギーは背面式タイプが主流です。

A型ベビーカーとB型ベビーカーって何が違うの?

ベビーカーを探す際によく耳にする「A型」と「B型」、なにが違うのかわかりにくいですよね。

A型ベビーカーとB型ベビーカーの定義は、日本の安全基準であるSG基準で下記のように定められています。

A型ベビーカー
新生児期を過ぎて(1ヶ月)から、または首が座った乳児期(4ヶ月)から使用でき、最長で48ヶ月までの間で使用期間を定めたベビーカー。
B型ベビーカー
おすわりが出来る時期(7ヶ月)から使用でき、最長で48ヶ月までの間で使用期間を定めたベビーカー。

使用を開始できる期間が、A型ベビーカーは1ヶ月から(商品によっては4ヶ月から)なのに対して、B型ベビーカーは腰が据わった7ヶ月以降という違いがあります。

このSG基準は日本の基準であるため、海外の安全基準にのっとって作られた海外製品は、A型・B型の区分がありません。

両対面式ベビーカーのメリットはこれ!

両対面式ベビーカーのメリットは、なんといっても対面式にすると、赤ちゃんがママの顔を見て安心して乗っていられることではないでしょうか。

赤ちゃんの様子がすぐに見られるので、ママも安心です。

腰が据わってきて、周りの景色に興味が沸いてきたら、背面式に切り替えて景色を堪能させることもできます。

両対面式のベビーカーは、ほとんどがA型ベビーカーなので、A型ベビーカーのメリットも確認しておきましょう。

  • 生後1ヶ月から(商品によっては生後4ヶ月から)使用できる。
  • リクライニングができるので、寝かせた状態で乗せることができる。
  • 丈夫に作られている。
  • 生後1ヶ月からでも乗れるようクッション性に長けた、振動に強い仕様の商品が多い。

クッション性のあるシートや、振動が伝わりにくいタイヤを採用しており、赤ちゃんの乗り心地が良く、走行性の高い商品が多い傾向があります。

最近では乗せ降ろしのしやすいハイシートや、ワンタッチで楽に開閉できる商品など、ママの快適性が高い商品も増えてきています。

両対面式ベビーカーのデメリットはこれ


B型ベビーカーやバギータイプと比較した場合の、両対面式ベビーカーのデメリットは、

  • 重くて持ち運びにくい
  • 価格が高い。
  • 小回りがきかない。
  • 対象年齢が2歳ころまでの商品が多く、使用できる期間が短い
  • 折りたたんでもコンパクトになりにくい

などがあります。
最近は軽量化されてきましたが、それでも重くてかさばるため、持ち上げるのは一苦労です。

電車やバスなどの公共交通機関では、段差や階段で、片手に子どもをだっこして、片手でベビーカーを持たなくてはならないシーンもあります。

そのため、持ち運びに不便な両対面式ベビーカーは、公共交通機関でのお出かけが多い人には向きません。

また、ベビーカーでお出かけしても、途中で抱っこをねだられと、大きくて重い両面式ベビーカーが邪魔になることもあります。

レンタルでいい?買った方がよい??


ベビーカーは決して安い買い物ではないので、購入を悩む方も多いでしょう。

両対面式ベビーカーを検討している場合、

  • 購入する
  • レンタルする
  • B型ベビーカーに乗れるようになるまで抱っこひもで代用する

という選択肢があります。

各選択肢について詳しくまとめたので、ご自分の生活環境に合った方法を選ぶための参考にしてください。

レンタルってどう?

レンタルの場合、お店やメーカー、商品によりますが、1ヶ月あたり税込4~5,000円程度で借りられるようです。

またレンタル期間が長いほど、お得な料金設定になることもあります。
メリットは、購入するよりも値段が安いことでしょう。

あまりベビーカーを使用しない生活環境だったり、B型ベビーカーへ買い替える予定があれば、レンタルがオススメです。

レンタルであれば、高価な人気モデルのベビーカーが安く使えるケースもあります。。

購入するメリットは?

購入するのであれば、新品の好きなデザインのベビーカーを選ぶことができます。

二人目、三人目を考えている場合は、下の子の時に使用できるので、結果的に安く収まる可能性もあるでしょう。

コスパを意識するのであれば、リサイクルショップやフリマアプリで出品されているものを購入するという方法もあります。

両対面式のベビーカーは、人によって「押しにくい」という意見も見受けられました。

店舗での購入なら、実際に押したり収納したりと、操作性を試してから購入できるため、「思っていたのと違う」というストレスがなく使えるでしょう。

ベビーカーの乗せ降ろしが必要なバスや電車ではなく、徒歩での移動がメインの方で「2歳までA型ベビーカーを使用していた」という口コミもありました。

A型ベビーカーは使わず抱っこ紐で代用

「両対面式のA型ベビーカーは使わない」という意見もありました。

その理由は、「生活の中で使う場面が少ないから」という意見が大半です。

車での移動が多く、抱っこ紐をメインで使用する場合など、小さいころに使用する予定がない方は、必ずしも用意する必要はないでしょう。

ベビーカーはメリットデメリットを考慮して選ぼう

両対面式のベビーカーは、ママやパパの顔を見たり外の景色を見たり、赤ちゃんの成長や、その時の機嫌に合わせて使い分けることができます。

生後1ヶ月頃から使用でき、丈夫で振動に強い商品が多いのもメリットでしょう。
ただ、重くて場所をとるというデメリットもあります。

人の口コミや、レビューの星も参考になりますが、最後の決め手になるのは、自分のライフスタイルに合っているか否かではないでしょうか。

各ベビーカーの特徴を押さえて、よい選択をしてくださいね。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

<PR>
注目記事

【ママたちが飲み比べ!】産後ダイエットに人気の酵素ドリンク6種!本音で選んだ1位は?

20代~30代のママ5人に、6種類の酵素ドリンクを飲み比べてもらいました。ママたちが本音で選んだ、酵素ドリンク第1位はどれなのか?!座談会の様子とともにご紹介します。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク