グリーンゼリーを使った男の子の産み分け成功率は?効果が上がる使い方とは?

子どもが欲しいと思ったとき、だれでも自分なりに思い描く家族像があり、子どもの性別や産まれる順番に希望があるのはごく普通のことです。
そんなときに試してみたくなるのが、「男女産み分けゼリー」ではないでしょうか。

グリーンゼリーを正しく使うと、男の子の産み分け成功率はアップします。
とはいえ、自分の身体に入れるものですし、安全性や胎児に影響があるのか心配な方もいるでしょう。

この記事では、グリーンゼリーの安全性や、すこしでも産み分け確率をアップする正しい使いかた、おすすめ商品情報などについて解説していきます。

男の子を産み分けできるグリーンゼリーとは?

グリーンゼリーは、男の子の産み分けゼリーの総称です。

グリーンゼリーを膣内に注入した状態で性交渉することにより、膣内のpH環境をととのえ、産まれてくる赤ちゃんが男の子になる確率をアップすることができます。

「杉山産婦人科」で販売している「グリーンゼリー」は、その商品のひとつです。
こちらについては、のちほど詳しく解説します。

男の子を妊娠するには、グリーンゼリーを使うこと以外にも、月にいちどの排卵日をしっかり把握することが重要です。
排卵日を知るには、産婦人科でエコー検査(超音波検査)してもらったり、自宅で排卵検査薬を使ったり、排卵痛やオリモノなどをもとに特定します。

なお、女の赤ちゃんを産み分けるのに使われるのは、ピンクゼリーです。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

↓女の子希望の方はこちらの記事をどうぞ!

グリーンゼリーで男の子を産み分けできるしくみ

精子には、Y染色体精子とX染色体精子があり、性別は、どちらのが精子が卵子と受精するかで決まります。
産み分けするには、この2つの精子の特徴をよく理解しておくが大切です。

男の子になるY精子は酸性と熱に弱く、寿命が平均24時間と短い、という特徴があります。
女の子になるX精子は酸性と熱に強く、寿命が平均2~3日と長いことが特徴です。

ふつう膣内は、細菌等の侵入を防ぐために酸性に保たれ、奥の子宮頚管へと近づくにつれ、アルカリ性が強くなっていきます。
グリーンゼリーには、Y精子が活発に生き延びやすいアルカリ性に膣内を整えるはたらきがあり、Y精子との受精確率をあげてくれるのです。

グリーンゼリーの安全性

産み分けゼリーは、自分の身体に直接入れるものであるため、安全性についてはどんなプレママも気になるのではないでしょうか。

グリーンゼリーは、基本的には水溶性コラーゲンやクエン酸などが原料で、万が一口に入っても問題ない成分となっており、まず安全と考えてよいでしょう。

産み分けゼリーの使用によって、障害児が産まれるリスクが高まったり、胎児への副作用があったという報告もありません

ただし、ひとくちにグリーンゼリーといっても、さまざまな製品があります。
使用にあたっては、品質のよい製品を吟味したいところです。

日本製の商品を公式サイトで購入するとより安心

グリーンゼリーの種類は豊富で、中国製のものや国内産のもの、成分表示がない商品などもあります。
安全性を考えるなら、信頼のおける日本製で、成分が開示されている商品を選びましょう。

オークションなどで安価で売られている場合もありますが、用途を考えると不衛生ですし、保管状態などもわかりません。

安全のためには、成分表示がしっかり表記されている商品を、公式サイトから購入することが大切です。

成功率を上げるグリーンゼリーの使い方

ここからは、気になるグリーンゼリーの使いかたのコツを解説します。

男性はプレッシャーに弱いですし、ムードも大切にしたいところです。
購入前に、正しい手順をおさえておきましょう。

使用量は守ったうえで、事前準備をおこたりなく

ゼリーの量を多く使ったからといって、産み分けの効果が上がるものでもありませんので、使用量は守りましょう

性交中に産み分けゼリーの準備に手間どると、男性側の気分が萎えてしまうという話はよく聞きます。
使用するさいにはあらかじめ夫婦でよく話し合い、お互いに合意のうえ準備をすすめておくのがよいでしょう。

男の子が欲しいときに夫婦でやっておくこと

Y精子の寿命はX精子より短く、1日程度しかありません。
性交渉は、排卵日の当日に行うようにしましょう。

Y精子は、熱に弱いという特性があります。
ご主人の下着は、通気性のよいトランクスがおすすめです。
精子は3日でできるので、排卵日近くの性交日には、男性は湯船やサウナで身体を温めすぎるのは控えましょう
なるべくシャワーで済ませてもらうことも有効です。

Y精子は、酸性に弱いという性質もあります。
性交渉は、あっさりしたものではなく、女性がしっかり気持ちよくなるエッチをすることが大切です。
女性はオーガニズムを感じると、子宮頚管からアルカリ性の分泌液がたくさん出て、酸性の膣内が中和され、Y精子に有利になります。

リンカルとの併用も有効

リンカル(リン酸カルシウム)という栄養補助食品を2~3ヶ月以上飲み続けると、男の子を妊娠する確率が70%にアップし、これにグリーンゼリーを併用することで80%を超える成功率になるといわれています。

リンカルには即効性はないので、数ヶ月のあいだ毎日欠かさず4錠ずつ飲まなければなりません。

リンカルは、産み分け指導の産婦人科や、インターネットからも購入することができます。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

グリーンゼリーの産み分け成功率は70~80%

産み分けゼリーを使わず自然妊娠した場合には、男女の生まれる確率は男105対女100といわれ、ほぼ半々です。
いっぽうグリーンゼリーを使うと、70~80%前後の方が希望通り男の子を妊娠しており、よい口コミも多くなっています。

しかし、産み分けゼリーを使っても、100%産み分けられるわけではありません

産み分けゼリーは、あくまで授精のメカニズムを利用して、すこしでも性別決定を有利に導くためのものと理解しておきましょう。

グリーンゼリーだけに頼りきるのではなく、排卵日を把握したり、性交渉時の環境をととのえることも重要なのです。

産み分けゼリーを使用すると妊娠しにくくなる

産み分けゼリーを使うということは、男の子の場合にはY精子のみを、女の子の場合にはX精子のみをターゲットにすることになります。
有効な精子量が半分になることで、通常よりも妊娠しにくくなると考えられるのです。

グリーンゼリーを使っている人は、妊娠にいたるまで、何度かトライが必要になるかもしれません。
高齢で卵子の老化が気になる方や、妊娠しにくい方は、留意しておきましょう。

杉山産婦人科のグリーンゼリーとは

ながらく産み分けゼリーの代名詞ともなっていたのが、杉山産婦人科のグリーンゼリーです。
杉山産婦人科を直接受診する以外に、通信販売でも購入することができます。

値段や内容成分、使用方法などをチェックしてみましょう。

杉山産婦人科のグリーンゼリーの効果は?

杉山産婦人科では、過去20年間の5,000人を対象にした調査で、約73%の方が希望の男の子を出産されていることを公表しています。

ほかの産婦人科などで統計したデータによると、成功率は82%とされているので、平均すると8割ほどの成功率といえるでしょう。

安心の日本製!気になる値段や成分は?

産み分けのパイオニア的存在である杉山産婦人科。
こちらで実際に取り扱っているグリーンゼリーは日本製で、使用者と赤ちゃんの安全性が実証されている安心な商品ですが、使用のたびにゼリーを湯煎する手間がかかります。

こちらのグリーンゼリーは、5mlのシリンジ(注射器のようなもの)が1本と、1回3ml~4ml分のゼリー約5回分がセットになっています。
シリンジは熱湯消毒することにより、複数回使用できます。

値段は、税込10,800円です。
使用期限は、購入後2年以内とされています。

気になるゼリーの成分は公表されておらず、病院に問い合わせしてもわかりませんでした。

病院で取り扱っている商品なのでしっかり品質管理されていると思いますが、不安な方はほかの日本製品の購入も検討してみましょう。
※内容成分がすべて表示されたおすすめの商品については、のちほどくわしく紹介します。

グリーンゼリー(杉山産婦人科)の使用手順

杉山産婦人科のグリーンゼリーは、つぎの手順で使用しましょう。

  1. ゼリーの入った容器をフタをしたまま、やや熱めのお湯(約50度)の中に入れて5分ほど溶かします
  2. シリンジに3~4ml吸い上げて、ゼリーが人肌の温度になっていることを確認してから膣内に注入します。
  3. ゼリーがこぼれず膣内に行き渡るようするために、枕等をおいて腰の位置を高くして、5分くらい待ってから性交しましょう。

膣内にゼリーを注入後、性交までのあいだにゼリーがすこし出てきてしまう場合もありますが、多少なら問題ありません。

グリーンゼリー(杉山産婦人科)の使用上の注意点・保存方法

杉山産婦人科のグリーンゼリーは、使いきりタイプではありません。
およそ5回分がまとめて入っているため、ゼリーの残りは常温で保管することになります。

何回も温めるとゼリーの性質が変わってしまうのでは?と不安になりますが、変性はしないので安心です。

開封後のゼリーは、しっかりフタをしめて直射日光の当たらない涼しい場所で保管し、つぎの使用にそなえましょう。

市販のおすすめ産み分けゼリーは?

日本製のグリーンゼリーでおすすめできるものには、「ハローベビーボーイ」や「ベイビーサポート」があります。
ではさっそく、商品情報を比較してみましょう。 

ベイビーサポート(Baby Support)


≫ベイビーサポート公式サイト

ベイビーサポートは、開発から製造にいたるまですべてをメイドインジャパンにこだわっており、徹底した品質管理がされています。

ベイビーサポートの使いかたはとてもシンプル。
容器のキャップを引き抜き、リラックスした状態で膣に注入するだけです。
湯煎する手間がない使い切りタイプなので、だれでもカンタンに使用できます。

ベイビーサポートは、1箱7本入りで、価格は税別13,800円です。

2箱まとめ買いすると20%オフ(1箱あたり11,040円・税別)、3箱まとめ買いすると30%オフ(1箱あたり9,660円・税別)とオトクに購入できます。

まとめ買いすると、「おめでた返金キャンペーン」というサービスが利用できるのも高ポイントです。
こちらの制度を利用すれば、使わずに残ったベイビーサポートを、1本1,000円で買取してもらえます。

「まとめ買いしても、すぐに妊娠したらもったいない…」と購入を迷っている方には、うれしい配慮といえるでしょう。

おめでた返金キャンペーンには、いくつかの利用条件があります。

  • 公式サイトからの購入商品
  • まとめ買いのコースを利用
  • 未開封の商品(外箱のみの開封はOK)
  • 赤ちゃんのエコー写真をメールで送る

ベイビーサポートは、ホームページ上でゼリーの成分を公表しており、口に入れても大丈夫な天然由来の成分でできていることが確認できます。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

ハローベビーボーイ


≫ハローベビー公式サイト

ハローベビーも、天然成分を使用した、使いきりタイプの日本製産み分けゼリーです。
ホームページでは、使用体験や母子手帳の写真が多数掲載されています。

1箱7本入りで、販売価格は税別10,000円です。
2箱まとめ買いすると1箱あたり9,000円(税別)、3箱まとめ買いすると1箱あたり8,500円(税別)で購入することができます。

ゼリーの全成分が公開されていますし、使いかたもわかりやすく写真つきでていねいに説明されています。
安全試験テストの報告書がサイトに載せられているのも、買い手側の安心材料の1つでしょう。

残念ながらベイビーサポートのような買取サービスはないですが、もともとの値段がすこし安くなっています。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

総合的にみてオススメできるグリーンゼリーはコレ!

商品情報をトータルで考えたときにおすすめできるグリーンゼリーは、ベイビーサポートとハローベビーです。

どちらも安全な日本製であり、全成分も公開されているため、安心して使うことができます。

いちばんのおすすめポイントは、「いま!」と思ったときにすぐ使える手軽さです。
どちらの商品も湯煎などの面倒な下準備はいっさい不要で、開封してサッと膣内に注入するだけでスタンバイOKになります。
作業感がすくないため、あまい雰囲気を壊すことなく使えて重宝することでしょう。

個包装されている使いきりタイプであり、衛生的であることももちろん利点です。

たくさんある産み分けゼリーの中で、ベイビーサポートとハローベビーの2商品は、自信を持ってオススメできます。
ネット通販で手軽に買えるので、いちどサイトをのぞいてみたらいかがでしょうか。

グリーンゼリーを正しく使って思いどおりの妊娠を!

グリーンゼリーを正しく使えば、力強く産み分けをサポートしてくれます。

グリーンゼリーを使った産み分けは、100%確実なものではありません
しかしリンカルとの併用や、排卵日の特定、温度や性交の質を管理することで、成功率はぐっとアップさせることができるのです。

「できれば男の子が欲しい!」と思っている方は、今回ご紹介したオススメのグリーンゼリーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

グリーンゼリーを有効活用して、心の底からハッピーな妊娠を目指しましょう!

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分