高齢出産のリスクってなに?なぜダウン症といわれる?回避する方法は?

高齢出産では、さまざまなリスクが高くなるといわれます。

流産や早産、合併症を発症するリスクもありますが、多くの女性が気にするのは、ダウン症などの先天性異常を持つ子供が生まれるリスクではないでしょうか。

ここでは、高齢出産だとなぜダウン症になりやすいのか、その原因や対策についてまとめてみました。

高齢出産とは


高齢出産(高年齢出産)については、学会や団体によって多少の見解の差はありますが、35歳以上の出産とするのが一般的です。
日本産科婦人科学会では、35歳以上の初産婦を高齢出産と定義しています。

経産婦に関しては、とくに定義されていません。

国際産科婦人科連合では、初産婦の場合35歳以上、経産婦だと40歳以上を高齢妊娠と定義しています。

経産婦の場合は、2人目以降の高齢出産の年齢が40歳に引き上げられていますが、それは初産よりも2回目以降の出産の方が、母体への負担が軽くなると考えられているためです。

ただ、身体機能や体力は個人差がかなりありますので、35歳未満なら安心という訳ではありません。

女性の生殖機能のピークは20代後半といわれており、30歳をすぎるころから、出産に関するリスクはだんだんと高くなる傾向にあります。

また、初産であろうと2人目、3人目の出産であろうと、ママの年齢が高くなれば、卵子の老化は避けられないことを理解しておきましょう。

高齢出産のリスク

高齢出産が年齢によって普通の出産と区別されているのは、高齢になればなるほど、妊娠や出産に関してのリスクが高くなるからです。

代表的なリスクとしては、妊娠高血圧症候群に代表されるような合併症を発症しやすくなること、流産早産、そして難産になりやすいこと、ダウン症などの胎児が先天性異常になる確率が高くなることがあげられます。

妊娠高血圧症候群などの合併症

妊娠は病気ではありませんが、妊婦さんの体に負担がかかるものです。

高齢出産の場合は、若い頃に比べると体のさまざまな機能や体力の低下により、体への負担はより大きいものとなります。

とくに心配なのが、妊娠高血圧症候群です。

妊娠高血圧症候群とは、高血圧を伴うさまざまな体の不調や合併症の総称ですが、悪化すると母体はもちろん赤ちゃんの命にも関わる病気。

35歳以上の妊婦さんで発症率が高くなり、40歳以上になると発症のリスクはさらにあがります。

また、経産婦より初産婦の方が発症率が高いため、35歳以上の初産婦の方はとくに注意が必要です。
悪化すると入院や緊急帝王切開が必要になる場合もありますので、少しでも兆候があれば、すぐに担当の医師に相談しましょう。

流産や早産、難産

高齢出産では、流産や早産、さらに難産のリスクも高くなります。

妊娠初期の流産の理由は、主に胎児の染色体異常が原因です。

高齢になるほど初期流産が増えるのは、卵子の老化により染色体異常が起こりやすくなるからといわれます。

35歳〜39歳における流産の確率は20代に比べると2倍近くあり、40歳以上の場合は4倍近くにもなるのです。

早産の場合は、胎児側の問題よりも、母体側の問題が大きく関係してくるようになります。
具体的にいうと、妊娠高血圧症候群や前置胎盤、子宮頸管無力症、絨毛膜羊膜炎などの感染症などです。

高齢出産の場合、妊娠高血圧症候群や前置胎盤になりやすかったり、体力が低下しているため、早産のリスクも高まると考えられます。

赤ちゃんの部屋【関連記事】



高齢出産が難産になりやすい理由のひとつには、産道やその周りの血管が固いことがあげられます。
産道が固いと、赤ちゃんはなかなか出てくることができず、そのため難産になってしまうのです。

また、高齢による生殖器の機能や体力の低下は、微弱陣痛を起こしやすく、分娩時間が長くなってしまいます。

このように、赤ちゃんが長時間頭を圧迫されてしまうと、状況によっては緊急帝王切開となるケースもあるのです。

ダウン症などの先天性異常

高齢出産では、ダウン症をはじめとする胎児の染色体異常のリスクが高くなります。

お母さんの年齢別、ダウン症の子どもが生まれる確率は以下です。

  • 20歳 1/1667
  • 25歳 1/1250
  • 30歳 1/952
  • 35歳 1/385
  • 40歳 1/106

これがダウン症を含む、先天性異常の子どもが生まれる確率となると、さらに高くなります。

  • 20歳 1/526
  • 25歳 1/476
  • 30歳 1/384
  • 35歳 1/192
  • 40歳 1/66

上記のような染色体異常がおこるのには、さまざまな原因が考えられますが、卵子の老化も原因のひとつです。

ただし、高齢出産だからといって、必ずしもこれらのリスクがおこるわけではありません。

知識として知っておくべきことですが、神経質になりすぎるのも問題です。

どのようなリスクがあるが情報を収集し、回避方法や対処策を知ることのほうが大切ではないでしょうか?

なぜ高齢出産はダウン症になりやすい?

高齢出産で多くの方が気になるのは「ダウン症のリスクがどれくらいあるか」のようです。
ダウン症をはじめとする、先天性の染色体異常を検査する出生前診断を受ける妊婦さんの人数は、年々増加傾向にあり、2016年には年間で約1万人3千人となっています。

そこで、高齢出産だとなぜダウン症の子どもが生まれる確率が高くなるのか、そのメカニズムを詳しくみていきましょう。

ダウン症の種類とそれぞれの原因

ダウン症とは、21番目の染色体が3本ある「21トリソミー」で、正式名称はダウン症候群といいます。
ダウン症は、大きく分けると3種類あります。

  • 標準型21トリソミー
  • モザイク型
  • 遺伝性転座

ダウン症のうち95%は、標準型21トリソミーで、これは、卵子あるいは精子が形成されるときの分裂異常が原因です。
モザイク型は全体の2%ほどを占めますが、原因は受精後の分裂時の異常(不分離)によります。

残りの3%が遺伝性転座ですが、これは21番染色体がほかの染色体に付着しておこるものですが、その原因は親からの遺伝によるものです。

つまり、ダウン症の原因は染色体異常であり、染色体異常が発生するのは、ほとんどが卵子や精子が分裂するときということになります。

分裂異常は卵子の老化が原因?

ダウン症における染色体異常は分裂異常によるものがほとんどですが、なぜそのような分裂異常がおこるのか、原因はまだ解明されていません。

しかし、高齢出産になるほど、ダウン症の発生確率が高くなることから、卵子の老化がその要因のひとつとして考えられています。
女性の体には、生まれたときからすでに、一生分の卵子が貯蔵されているのです。

その後、女性が成長すると共に排卵されるいくことで数は減少し、歳を重ねるごとに卵子も歳をとっていくことになります。
卵子が歳をとる、つまり老化すると、どうなるのでしょうか?

老化した卵子は受精しにくくなったり、受精しても途中で分裂が止まったりする頻度が高くなります。
女性が高齢になればなるほど妊娠しにくくなるのはそのためです。

また、卵子が老化すると、染色体異常を持った卵子が多くなります。

通常、人の染色体は46本ありますが、卵子や精子は減数分裂して染色体が23本となります。

減数分裂するときに、うまく23本ずつに分けられず、22本になったり、24本になることがあります。

なかでも21番目の染色体が3本ある21トリソミーのケースが、ダウン症と呼ばれるものになります。

高齢出産のリスクを回避するためにできること


高齢出産は、リスクをともないます。
しかし、さまざまな事情から高齢出産となる女性が増えているのも事実です。
高齢出産のリスクを軽減するためには、日々の生活習慣を見直し、健康的でバランスのとれた体と心を維持することが大切。

  • バランスのとれた食生活
  • 質のよい睡眠
  • 適度な運動
  • 太り過ぎや痩せ過ぎに注意
  • ストレスをためこまない
  • 体を冷やさない

これらのことは、高齢出産に限らず、全ての女性にとって健康な心と体を維持するために絶対に必要なことです。

その上で、卵子の老化防止のために抗酸化力をアップしたり、卵子の活性化によいとされる食品を摂取したりしていきましょう。

葉酸で細胞分裂を活性化

葉酸は、DNAの複製や分裂の過程において、重要な働きをするタンパク質の生成に欠かせないものです。

つまり、葉酸が不足することは、細胞分裂に支障をきたし、胎児だけでなく、母体にもさまざまな悪影響を与えるといわれています。

妊娠初期のママが葉酸を積極的に摂ることで、赤ちゃんの先天性障害になるリスクを70%も下げることが、アメリカをはじめとする欧米の研究でわかったのです。

そのため日本でも、妊娠を希望するする女性、妊娠初期の妊婦さんには十分な葉酸の摂取が推奨されています。

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?妊娠中に摂取すべき理由5つ

「赤ちゃんのビタミン」といわれることもある葉酸は、妊婦さんにとってもっとも積極的にとってほしい栄養素のひとつです。 なぜ、葉酸が大切なのでしょうか。 そもそも葉酸はどんな栄養素で、どのような効果があるのでしょうか。

妊活中の女性や、妊娠初期の女性が1日に摂取したい葉酸は480μg(μg=マイクログラム)です。
葉酸は、水溶性ビタミンのため、壊れやすく吸収率が悪いという特徴があるので、厚生労働省は食事とサプリメントを併用することを、オススメしています。

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、付加的に 400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれるとした。

葉酸サプリについて、詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。


また、葉酸を多く含む商品は次のようなものです。


葉酸を多く含む食品

  • アスパラガス
  • ブロッコリー
  • イチゴ
  • ネーブル
  • アボガド
  • 納豆
  • 豚レバー

妊活中・妊娠中はとくに葉酸を含む食品を、意識して食べましょう。
葉酸を摂取すれば100%染色体異常を防止できるわけではありませんが、その発生率を下げることは期待できます。


抗酸化力アップ

体の内側を酸化させる活性酸素。
この活性酸素が過剰になることは、体の老化を早めることにつながるといわれます。

もちろん、卵子にとってもそれは同じこと。
卵子の老化を防ぐためにも、活性酸素の動きを抑える抗酸化力をアップすることが重要です。

抗酸化力アップのために実行したいこと

  • 禁煙する(喫煙は活性酸素を過剰に生産します)
  • 週に数回軽い運動をする
  • 食べ過ぎない
  • 飲み過ぎない
  • 脂肪や糖分を控える
  • 抗酸化力のある食品を摂取する

抗酸化力のある成分や食品については以下を参考にしてください。

ビタミンC、E

ビタミンのなかでも、とくにCとEを積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンC:いちご、ブロッコリー、みかん
  • ビタミンE:バナナ、アボガド、アーモンド

カロテノイド

カロテノイドとは植物や魚介類に含まれる色素です。

  • リコピン:トマト、スイカ
  • β-カロチン:ほうれん草、ニンジン
  • カプサンシン:赤ピーマン、唐辛子
  • アスタキサンチン:サケ、カニ、エビ

ポリフェノール

植物に含まれる香り、色素成分です。

  • カテキン:紅茶、緑茶
  • フラボノイド:ルイボスティー
  • アントシアン:ブルーベリー、赤ワイン
  • セサミン:ゴマ

ミトコンドリアの活性化

「卵子の老化と深い関係がある」と考えらえているのが、卵子内のミトコンドリアの機能低下です。
ミトコンドリアは、細胞内でエネルギー調整をしています。

重要な働きをするミトコンドリアを活性化することは、卵子を活性化することにもつながるのです。
ミトコンドリアを活性化させる方法は、主にふたつあります。

  • 酸素を十分に取り込む:有酸素運動や、腹式呼吸
  • カリウムを多く摂取する:野菜、果物、豆類などカリウムの多い食べ物を食べる

以下に、カリウムの多い食品をリストアップしたので、食事のメニューを考えるときの参考にしてください。


カリウムを多く含む食品

  • パセリ
  • アボガド
  • 納豆
  • ほうれん草
  • きゅうりのぬか漬け
  • 大和芋
  • ゆで大豆
  • サツマイモ
  • 里芋
  • たくあん
  • アジ
  • わかめ
  • ひじき
  • 切り干し大根


普段の食事から、栄養バランスを意識することが大切と、わかっていても難しいものです。
栄養バランスが整ったメニューを考えることがストレスになると本末転倒といえるでしょう。
そんなときは、サプリメントを利用しつつ、賢く栄養を補っていくことも大切です。

やみくもに不安になるのではなく、前向きに取り組んで


女性が働くのが当たり前になってきた今、晩婚化が進み、初産の年齢は年々高くなりつつあり、高齢出産もめずらしく時代になってきました。

ただ、女性の生殖機能や体の機能のピークは20代後半で、30代に入る頃から徐々に低下していきます。

そのため高齢出産の場合は、妊娠や出産にともない、さまざまなリスクが高まるといわれています。
ただ、高齢出産だからといって、必ずしもトラブルがおこるわけではありません。
また、若いからといって、リスクがないとはいえないのです。

いずれにしても、において多少のリスクは避けられないもの。
不安や神経質になるのではなく、きちんと情報収集し、リスクを減らすための対策に前向きに取り組んでくださいね。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分