子宮内膜症は不妊の原因?妊娠できる?どんなリスクがある?

不妊の原因はさまざまですが、子宮内膜症も原因のひとつといわれます。

子宮内膜症は、女性の10%に見られる病気で、そのうち約50%は不妊症を発症するという報告もあり、妊活中の女性にとっては気になる病気といえるでしょう。

ここでは、子宮内膜症が不妊を引き起こす理由や、治療法、リスクなどについてまとめました。

参照:日本産婦人科学会「子宮内膜症と不妊症」

子宮内膜症ってなに?

子宮内膜は、月経の周期に合わせて作られ、月経時にはがれて排出される皮膚組織のことです。

通常子宮内膜は、子宮の内側の壁をおおうようにして作られます。

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮外の卵巣や卵管・腹膜・子宮と直腸の間のくぼみなど、子宮の内側以外で増殖する病気です。

正常な位置とは違う場所で増殖・剥離・出血を繰り返すため、炎症や癒着を引き起こし、ときに激しい痛みをともないます。

子宮内膜症は、女性ホルモンの働きと大きく関係しているため、女性ホルモンの分泌が活発な20代で発症することが多く、そのピークは35歳ごろといわれているのです。

子宮内膜症の女性は増えているの?

子宮内膜症の原因のひとつには、エストロゲンという女性ホルモンが関係していると考えられています。

エストロゲンは、妊娠しやすいように子宮環境を整える女性ホルモンで、子宮内膜を厚くする働きがあります。

そのためエストロゲンの分泌が盛んな若い女性に多い病気で、閉経後は徐々に症状がおさまります。

つまり子宮内膜症は、生理のある女性にのみ起こる病気といえます。

エストロゲンの分泌が盛んな年頃の女性妊娠・出産することによって、分泌が抑制されている間は、子宮内膜が形成されないため、20代で妊娠・出産をすることで、自然治癒することが多い病気でした。

現代では、女性のライフスタイルが大きく変化し、20代前半で出産する人が減り、出産回数も減少しています。

さらには初経の年齢も早まっていることから、生理をむかえる回数が必然的に増えているのです。

その結果昔の女性に比べると、子宮内膜症を発症する女性は増加傾向にあり、若年化しています。

子宮内膜症は不妊の原因?

実は不妊症と子宮内膜症の因果関係は、まだ解明されていません。
しかし「不妊症の女性の約半数は子宮内膜症である」「子宮内膜症の半数が不妊症である」ことから、相互に関係している可能性が高いようです。

とくに子宮内膜が、卵巣内部・卵巣周辺にできている場合、周りと癒着することで、卵巣や卵管などの機能が低下することは明らかとなっています。

子宮内膜症が卵巣内で発症した場合

卵巣の内部で子宮内膜症がおこると、卵巣内にチョコレート色のドロドロした出血がたまります。
これを卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)といいます。

卵巣チョコレート嚢胞により、卵子の形成や排卵がしにくくなることがあります。

子宮内膜症が卵巣周辺で発症した場合

卵巣周辺で子宮内膜症を発症した場合、どうなるのでしょうか。

炎症や増殖した細胞組織が、卵管の位置を正常な場所から移動させたり、卵管の癒着を引き起こし、卵子が卵管を通過できなくなることがあります。

このようなケースでは、卵子が卵管を移動できないことが、不妊の原因のひとつです。

参照:日本子宮内膜症協会ホームページ「子宮内膜症とは?」

子宮内膜症でも妊娠できる?

子宮内膜症の場合、不妊になるケースが多いですが、妊娠できる人もいます。
妊娠できるかどうかは、子宮内膜のできる場所や重症度に左右されるためです。

軽症の場合は、自覚症状がなく、妊娠してから子宮内膜症であることに気づく人もいるほどです。

ただ子宮内膜症のできる位置によっては、子宮内膜症が妊娠を阻害していることが明白な場合もあります。

そのような場合でも、治療することで妊娠できる可能性は十分にありますので、担当の医師とよく相談してベストな治療方法を決めていくことが大切です。

子宮内膜症の治療か不妊治療か?

検査の結果、子宮内膜症が明らかに妊娠の障害となっている場合は、女性の年齢が若ければ内膜症の治療後に妊娠を試みることがほとんどでしょう。

子宮内膜症を治療することで、自然な妊娠ができる可能性もあるからです。

ただ35歳以上で妊娠を希望している場合は、子宮内膜症の治療に時間をかける余裕はあまりありません。
時間のかかる治療法は取らず、手術による治療を進めながら、早めに不妊治療のステップをあげることが多くなります。

40歳以上になると、患者さんの病状次第では、子宮内膜症の治療よりも、体外受精などの不妊治療を優先させるケースもあります。

子宮内膜症の治療を優先するか不妊治療を優先するかは、患者さんの年齢や、子宮内膜症の位置や症状によっても変わってきます。

いずれにしても産婦人科医の先生と相談して、ご夫婦が納得できる方法を見つけることが大切です。

子宮内膜症ってどうやって治療するの?

子宮内膜症の治療には、大きく分けて手術療法か、薬物療法の2種類があります。

手術療法

すぐに子どもが欲しい場合や、症状が重症の場合、薬物療法では症状が改善しなかった場合には、手術療法をとります。

手術療法には、病巣だけを切除し、子宮と卵巣を温存する保存手術と、子宮や卵巣を摘出する根治手術があります。

実際には、子宮内膜症を発症する女性は20〜30代でこれから妊娠を考えている世代であることがほとんどなので、根治手術という選択肢はよほどの重症でない限り、考慮する必要はないでしょう。

保存手術においては、腹腔鏡手術、卵管鏡下卵管形成術、開腹手術があります。

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、お腹に小さな穴を2つ開け、その穴から癒着を剥がしたり、卵巣の一部を切除する手術です。

卵管鏡下卵管形成術

卵管がつまっている場合に行われる手術です。
内視鏡を内蔵したカテーテル(細い管)を膣から挿入し、卵管のつまっている箇所や細くなっている場所を広げます。

開腹手術

開腹手術は、その名のとおりおなかを開くので、上記の手術よりも体への負担は大きいものとなります。
上記の手術では対処できないケースにおいて適用されます。

薬物療法

薬物治療は数ヶ月〜数年にわたることもあり、治療中の妊娠は望めません。

今すぐ妊娠は望まないが将来的には妊娠を希望する場合や、女性の年齢が20代の場合、症状が軽症の場合は、薬物療法をとります。

子宮内膜症は、月経の度に出血し、症状が悪化します。

薬物療法は、薬によって月経を止めることで病気の進行を食い止め、その間に自然治癒力によって病巣の治癒を促す療法です。
薬物療法には、偽閉経療法と偽妊娠療法があります。

偽閉経療法

エストロゲン(女性ホルモン)の分泌を抑制して月経を止めることで、閉経状態を一時的に作り出す療法です。

● GnRHアナログ療法
点鼻薬か注射剤です。
副作用としては、更年期障害と同じような症状が出ます。
また最長6ヶ月間しか、連続して使用することができません。
● ダナゾール療法
男性ホルモン誘導体のステロイド製剤です。
副作用としては、ニキビや体重の増加が考えられます。
通常は4ヶ月の服用です。
偽妊娠療法

ピルなどを使用して、排卵を抑え、体が妊娠しているような状態にする療法です。
エストロゲンの分泌を抑え、子宮内膜を委縮させることで症状が軽くなります。

偽閉経療法に比べて、副作用は少ないですが、それでも吐き気や体重増加、不正出血といった副作用があらわれることがあります。

また効果が穏やかなので、治療効果が現れるのに時間がかかるというデメリットがあります。

黄体ホルモン療法

プロゲステロン(黄体ホルモン)のみを含む薬剤を使った療法です。
こちらは子宮内膜の増殖を抑える効果のみならず、子宮内膜症の病巣に直接働きかける作用があります。

服用中は不正出血が起こりやすくなりますが、更年期障害のような症状はおこりにくいといわれます。

参照:持田製薬「治療について」
参照:日本子宮内膜症協会ホームぺージ「4.子宮内膜症の医療、診断と治療」

治療後は妊娠できる?

子宮と卵巣の全摘手術以外は、子宮や卵巣を温存する形での治療となりますので、治療後に妊娠する可能性はあります。

とくに子宮内膜症が、不妊の直接的な要因になっている場合(卵巣に嚢腫がある、卵管が不通になっているなど)、子宮内膜症の治療は、不妊治療としても有効です。

ただ妊娠はとてもセンシティブな問題で、子宮内膜症を治療したからといって必ず妊娠できるとは限りません。
さまざまな要因が複雑に絡み合っている問題であり、個々のケースで状況は違ってきます。

治療後の妊活については、担当の医師と相談しながら決めていきましょう。

子宮内膜症のリスクとは?

子宮内膜症は治療することで改善することができますが、再発も多い病気です。
たとえ手術で癒着部分を取り除いたとしても、数年後に発症することもあります。

また子宮内膜症は、卵巣がんと関係があるともいわれます。

卵巣がんと関係があるの?

子宮内膜症の中でも、卵巣チョコレート嚢胞のケースでは、まれに卵巣がんが発見されることがあります。

卵巣チョコレート嚢胞は、最初は良性でも、時間をかけてがんに変わる可能性があるといわれています。

そのためチョコレート嚢胞をもつ場合には、嚢胞のサイズが小さく、軽症であっても、定期的に検診を受けて状態をチェックすることが大切です。

再発の可能性が高いの?

子宮内膜症は、再発の確率が高い病気です。
手術で病巣を切除したとしても、そのまま放置しておくと、再発する可能性があります。

一番よいのは、治療後に妊娠することです。

しかしすぐに妊娠する意志がなかったり、妊娠できる状況(結婚していないなど)にない場合は、手術後の再発防止のために薬物療法を取ることもあります。

ただ薬物療法は、治療中には症状が改善したように見えても、治療を中止すると病状が再び悪化するということもあります。

こんな時にはチェックを受けよう!

子宮内膜症は初期のうちは自覚症状も少なく、生理が少し重いくらいにしか思ってない女性も多いようです。

しかし放置しておけば、不妊症の原因にもなりかねないので、日頃から気にかけておきたい病気です。

以下にリストアップしたような症状が見られたら、産婦人科を受診して、軽症のうちに対処するのが安心です。

子宮内膜症チェックリスト
❏生理痛がひどく鎮痛剤が必要である
❏生理時に頭痛がする
❏生理時に吐き気がする
❏生理痛がだんだんひどくなっている
❏性交痛がある
❏生理時に排便痛がある
❏生理以外の時でも腹痛がある
❏生理以外の時でも腰痛がある
❏月経量が多い
❏1回の月経期間が長い

子宮内膜症でも、適切な治療をすれば妊娠できる!

子宮内膜症は、不妊の原因のひとつといわれる病気です。
しかしこれらの症状は、治療することで改善することができ、治療後に妊娠した例も多くあります。

「若いから大丈夫!」と思うかもしれませんが、子宮内膜症は若いからこそ発症する病気です。

今、結婚していなくても、将来的に結婚や妊娠を考えている女性は、気になる症状があれば、早めに産婦人科を受診した方がいいでしょう。

さまざまな治療法があるので、病院の先生と相談して最適な方法を選んでくださいね!

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...