最新!アップリカのおすすめベビーカー!種類や特徴は?

ベビーカーは、ママと赤ちゃんのお出かけをサポートする便利アイテムです。

ただし、選び方を間違えると使いにくいこともあるので、ママや赤ちゃんに合ったものを選ぶことが大切です。

今回は、国内のベビー用品ブランドとして有名な、アップリカのベビーカーについてまとめました。

選び方のポイントや、オススメのベビーカーを見つける参考にしてください。

アップリカベビーカーの最新シリーズ

アップリカのベビーカーには、たくさんの充実した機能があります。

地面からの照り返しやほこりから赤ちゃんを守るハイシートや、赤ちゃんへの振動を軽減するゆるぐらガードも、そのひとつでしょう。

シリーズによっては、デザインや機能にも違いがあります。
まずは、最新シリーズと特徴をチェックしましょう。

Optia(オプティア)シリーズ

引用:ベビーカー「オプティア」 | ベビー用品のアップリカ公式サイト | Aprica

  • 両対面タイプ
  • オート4輪ベビーカー
  • 成長に合わせた3段階のシート調節
  • 赤ちゃんがゆったり座れるワイドシート

小児科医や育児工学のエキスパートが、赤ちゃんの快適性や安全性を考えて、作ったシリーズです。

【こんな人にオススメ】

  • 機能性を重視したい人快適に出かけたい人

LUXUNA(ラクーナ)シリーズ

引用:ベビーカー「ラクーナ クッション」 | ベビー用品のアップリカ公式サイト | Aprica

  • 両対面タイプ
  • オート4輪ベビーカーとしては、国内最軽量の4.6kg(2018年4月時点)※ラクーナクッションで5.6kg

振動を吸収するシートや、フレーム、安定した走行を実現したタイヤなど、操作性を重視したシリーズです。

【こんな人にオススメ】

  • 押しやすさなど、操作性を重視したい人
  • デコボコした道が多い住環境の家庭

SMOOOVE(スムーブ)シリーズ

引用:3輪ベビーカー「スムーヴ」 | ベビー用品のアップリカ公式サイト | Aprica

  • 小回りがきく3輪ベビーカー
  • 背面タイプ
  • パンクしない「メンテナンスフリータイヤ」
  • スタイリッシュなデザイン

人気の三輪シリーズで、デザイン性や小回りが利きやすいのも魅力のシリーズです。

【こんな人にオススメ】

  • 操作性のよさを追求したい人デザインも重視したい人

karoon(カルーン)シリーズ

引用:カルーンエアー/ APRICA(アップリカ)|アップリカ公式オンラインショップ

  • 両対面タイプ
  • 4.8kgと軽量(カルーンエアーで3.8kg)
  • 低価格

名前の通り、軽さが強みのシリーズです。
軽いと振動などうけがちですが、カルーンシリーズは振動対策もあるので、赤ちゃんも安心できます。

【こんな人にオススメ】

  • 高性能でもコスパを重視したい人
  • 帰省や旅行用に軽さを重視したい人

nano smart(ナノスマート)シリーズ

引用:商品詳細 – ナノスマート プラス/ APRICA(アップリカ)|アップリカ公式オンラインショップ

  • 背面タイプ
  • コンパクトに折りたためる(従来品の約1/2)

コンパクトに折りたためることが最大の魅力なナノシリーズは、従来の半分のサイズに収まるので、収納や公共機関でも困りません。

【こんな人にオススメ】

  • バスや電車での移動い人
  • 携帯性を重視したい人

magical air(マジカルエアー)シリーズ

引用:商品詳細 – マジカルエアー AE/ APRICA(アップリカ)|アップリカ公式オンラインショップ

  • 軽量でコンパクトなB型ベビーカー

セカンドベビーカーにオススメな、軽さと持ち運びやすさ、大きくなってからも安全に快適に使える工夫が満載のシリーズです。

【こんな人にオススメ】

  • セカンドベビーカーとして使いたい人

アップリカのベビーカーを選ぶポイント3つ

たくさんあるアップリカのベビーカーから、ベストな製品を選ぶために、押さえておきたいポイントをまとめました。

ポイント1:赤ちゃんの月齢で選ぶ

ベビーカーは、対象となる月齢や重量が決まっています。

いつから使いはじめるのかによって、選ぶ商品は変わるでしょう。

首がすわらないうちから使うのであれば、安定性が高く赤ちゃんへの負担も少ないA型ベビーカー。

首や腰が安定してから使うのであれば、軽量で持ち運びに便利なバギータイプのB型ベビーカーがオススメです。

ポイント2:ライフスタイルで選ぶ

どんな状況で使うことが多いのかも、考えておきましょう。

毎日のお散歩や買い物に使うのであれば、安定感があって小回りのきくベビーカー。

ベビーカーで電車やバスなどに乗る機会が多ければ、軽量コンパクトで、折りたたみやすいタイプがいいでしょう。

自家用車での移動が多いのであれば、チャイルドシートからベビーカーへの移動が楽にできる、トラベルシステムに対応しているベビーカーがあります。

ポイント3:安全性で選ぶ

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーは、安全性にもこだわりましょう。

安全性を確認する目安のひとつとして、製品安全協会の基準に合格した、SGマークを表示している製品であることがあげられます。

アップリカの製品は、製品安全協会の安全基準適合品なので、安心して使用できるでしょう。

アップリカのおすすめベビーカー

それでは、アップリカのおすすめベビーカーをみていきましょう。
口コミでも人気の商品を厳選しました。

カルーンエアーAB

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 3.9kg
カラフルストライプ・カラフルドット・チェックグリーン・チェックレッド

3.9kgという軽量さでも、走りはスムーズなのがカルーンエアです。

赤ちゃんを抱っこしながら、ベビーカーを持ち運ぶようなときも、ママの負担にならないでしょう。

また子どもが歩きだす時期になっても、この軽さならベビーカーの持ち運びもストレスになりません。
新生児期から使えるので、セカンドベビーカーへの買い替えも不要でしょう。

シートは、通気性のよい素材を使ったシルキーエアーで、赤ちゃんの背中がムレません。

スムーヴAC

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 9kg
ストライドレッドプラス・ネイビードット・オリーブストライプ・ストライドブラウンプラス・ピンク・ブラックアイボリー

3輪ベビーカーは小回りがきくので、限られたスペースでの進路変更や方向転換が楽です。

スムーヴのタイヤは、空気入れいらずのメンテナンスフリータイヤを使用しています。

安定感もあり、小回りが利くので普段使いに最適なベビーカーです。

パンクの心配もなく、振動を吸収する効果もあるので、でこぼこ道も快適に進めるでしょう。

スムーヴスマートブレーキ

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 9.1kg
ボールドグリーン

スムーヴスマートブレーキは、ママの手がベビーカーから離れると、タイヤにロックがかかります。

ベビーカーが勝手に進んで、思わぬ事故を防げるでしょう。
坂道の多い地域に住んでいる家庭にとっては、とても重宝する機能です。

スムーヴならではの、おしゃれなデザインや操作性のよさはそのままなので、安心して快適なお出かけができます。

オプティアプレミアムAB

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 7kg
ピュータ・ラセットブラウン

オプティアは、赤ちゃんの自然な姿勢や動きを妨げないように考えられたベビーカーです。

新生児から3歳までどの時期であっても、自然に身体にフィットするように作られているので、いくつになって快適な乗り心地をキープできるでしょう。

オプティアプレミアムでは、姿勢サポートシートが加わったことで、赤ちゃんがのびのびと成長するのをサポートします。

ラクーナクッション

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 5.6kg
インディゴボーダー・ゴールデンジオメトリック・レッドトライアングル・キャラメルストライプ

アップリカ独自の、振動吸収シート・ゆれぐらガード・ダブルタイヤで、走行時の振動や衝撃を軽減します。

操作性のよさが魅力のラクーナですが、ラクーナクッションは、「赤ちゃんの乗り心地にもこだわりたい」という人も満足できるでしょう。

ナノスマートプラス

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 5.6kg
モルテンラバ・ノースアトランティック・イブニングブルー・サークルグレー

従来の折りたたみ式ベビーカーより、さらに半分ほど小さく折りたためるのがナノスマートです。

ナノスマートプラスは、レザー風のハンドルを採用しているので、高級感がアップしました。

日よけカバーも大きくなったので、暑い日の紫外線や、急な雨降りでも赤ちゃんをしっかりと守ります。

スムーヴトラベルシステム

対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 9.5kg
ミッドナイトサークルズ・シルバープラッド

スムーヴトラベルシステムは、

  • チャイルドシート
  • ベビーチェア
  • ロッキングチェア
  • ベビーカー
  • キャリー

の、5通りの使い方ができます。

赤ちゃんをシートに寝かせたまま移動できるので、眠った赤ちゃんも起こす心配がありません。

車に乗せる場合でも、ISOFIXとシートベルト、両方に対応しています。

別売のフォームフィットを取りつければ、ジュニアシートとしても使えますよ。

普段よく車を使う人にとっては、一台ですべてが揃うので、便利で経済的といえるでしょう。

マジカルエアープラスAD

対象月齢 生後7ヶ月~36ヶ月
対象重量 15kg以下
本体重量 3.5kg
ブルーティビー・リコリスストライプ・ノルディックアップル・レモンハート

赤ちゃんがひとり座りをはじめて腰が安定してきたら、軽量で場所もとらないB型ベビーカーがオススメです。

成長してタッチやあんよをはじめるころには、ベビーカーから降りたがる子も増えます。

すぐに疲れて「もう歩けない」となることも多いので、軽くて持ち運びに便利なB型タイプが活躍するでしょう。

アップリカのマジカルエアープラスは、ハイシートなので乗せ降ろしも楽にできます。

背中のシートは、メッシュ素材なので通気性がよく、暑がりの赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

ネルッコベッド ツインズサーモ

対象月齢 生後1ヶ月~24ヶ月
対象重量 154kg以下
本体重量 8.2kg
ペルソナイエロー

子どもが双子の場合、二人一緒に連れて出かけるのは大変でしょう。

そこで活躍するのが双子用ベビーカーです。

ワイドタイヤなので、でこぼこした道でもスムーズに走行できます。

二人同時にたいらなベッドにできるシートや、乗せ降ろしが楽にできるワンタッチオープンガードも魅力です。

アップリカのベビーカーを買うときのポイント

アップリカのベビーカーは、ベビー用品店の店舗で購入できます。

近くに実店舗がない場合は、アップリカの公式オンラインショップや、amazon・楽天市場などの通販サイトで購入してもいいでしょう。

ネットオークションや中古ショップなどの非正規流通経路で購入した場合は、万が一の故障や破損のときに、メーカー保証による修理を受けられません。

購入前に、メーカーの製品保証がついているかを確認しましょう。

限定モデルもある

ベビー用品店には、アカチャンホンポやベビーザらス、バースデイなど、さまざまなショップがあります。

なかには、ショップの限定モデルもあるので、確認してみましょう。

ここでは、販売店限定モデルの一例を紹介します。

【アカチャンホンポ限定モデル】

  • カルーンエアAB
  • ラクーナビッテソファークッション
  • マジカルエアープラスビッテ

【ベビーザらス限定モデル】

  • ラクーナクッション
  • ラクーナエアーAB
  • ラクーナソファークッション
  • ラクーナコンフォート

【バースディ限定モデル】

  • カルーンエアーAB

【赤ちゃんデパート水谷限定モデル】

  • オプティアプレミアムAB

【三越伊勢丹限定モデル】

  • スムーヴプレミアム

限定モデルは、販売店オリジナルのカラーやデザインが魅力です。

「かわいいベビーカーがほしい」「人とは違うベビーカーを使いたい」という人にぴったりでしょう。

迷ったときはレンタルもあり


【公式サイト】

いくら評判のよいベビーカーでも、実際に使わなければわからないというのが正直なところでしょう。

そんなときは、レンタルで使用感を試すのもひとつの方法です。

  • ママが押しやすいか
  • 赤ちゃんの乗せおろしがしやすいか
  • 車に乗せる場合は持ち運びやすいか

このように、使用感をチェックしてから購入を決められます。

「機能性は高いけど、重たくて持ち運びには不便だった」「思ったよりサイズが大きくて、置き場所がない」といった失敗も減らせるでしょう。

「使う期間が短いので、購入はもったいない」という人にもオススメです。

ReReレンタルの公式サイト

アップリカのベビーカーで楽しくお出かけしよう!

アップリカのベビーカーは、高性能で安全性や品質の高さが魅力です。

ただ、利用する家庭の状況に合わせて選ばなければ、不便な思いをすることもあるでしょう。

紹介した選び方やオススメ製品を参考に、赤ちゃんと快適にお出かけできるベビーカーをみつけてくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...