コンビ【メチャカル ハンディ エッグショック DF】ベビーカーの口コミと詳細、どんな人にオススメ?

ママと赤ちゃん、二人でのおでかけは、とても楽しく愛おしい時間です。

しかし赤ちゃんの機嫌悪いときや、天気の悪いときでも、出かけなければならないこともあります。

さらにママの荷物はいつでも大荷物です。

ベビーカー片手に抱えての階段の昇り降りや、混んでるバスでベビーカーを畳まねばならなかったりと、赤ちゃんとのお出かけには、とても大変な一面も…。

コンビ株式会社は、「赤ちゃんとのお出かけをもっと安心して楽しみたい!」というママの願いに、真摯に向きあい続けてきた老舗のメーカーです。

「軽くて、片手で畳めて、ラクに運べる!」、それだけではじゃありません。

赤ちゃんを守る機能に溢れ、おでかけの味方になってくれるベビーカー、コンビ「メチャカル」シリーズを紹介します。

メチャカル ハンディ エッグショック DFを使っている人の口コミは?

メチャカル ハンディ エッグショックDFを使っている先輩ママの声を、SNSでみてみましょう。

この三連休は、ベビーカーで近所に初お出かけ♩ 娘はほぼ寝てたから、外の景色とか全く見てないけど、匂いとか音とかは感じてたかな?𓆸𓂅𓂅 家族3人でのお出かけは、私にとってもいいリフレッシュになりました𓀠𓀠𓀠 これから寒くなるから、ベビーカーにつける防寒グッズとかあった方がいいのだろうか… ネットで買い物できるの便利だけど、すーぐ買ってしまうから怖い! 不必要なものを買わないように気をつけよう。。 #ベビーカーでお散歩 #ベビーカー #メチャカルハンディ #combi #チャコールブラック #100投稿目 #投稿100回目 #女の子ママ #女の子ベビー #もうすぐ2ヶ月 #baby #9月10日生まれ #9月生まれ

⭐hoshinoさん(@na.okohos)がシェアした投稿 –

「メチャカルハンディエッグショックDF」を検索すると、月齢の小さな赤ちゃんの写真がたくさんヒットします。

生後すぐから使えるのが、A型ベビーカーの特徴です。

「デザインが購入の決め手!」という人が多数

「エッグショックDF」の購入者の商品レビューを見ると、軽さのほかにも、「デザイン性を理由に選んだ」という人も多いようです。

商品画像にもあるように、女性はもちろん男性にも似合うシックなデザインとなので、「ベビー用品はどれも女性向けで使いにくい」という、苦手意識を持っているパパにも評判です。

幌の内側のストライプ柄も、可愛らしくなりすぎず、息子でも娘でもどちらでも似合います。

マリンブルーが人気

現時点での製品のカラーリングは、「マリンブルー」と「ブラックノワール」の2種類です。(2018年1月現在)

口コミでは、スタイリッシュなマリンブルーが人気のようです。

スポンサーリンク

メチャカル ハンディ エッグショック DFの特徴


コンビ Combi ベビーカー メチャカル ハンディ エッグショック DF ブラックノワール (1ヶ月~36ヶ月頃対象) 超軽量4.2kg

「エッグショックDF」の魅力はなんといっても軽さです。

本体重量「4.2kg」のA型ベビーカーは、他のメーカーではなかなか見つかりません。

操作性や持ち運びに優れているので、子どもと気軽に遊びに行きたい人や、子連れでのバスや電車利用の多いママにオススメです。

ではさっそく詳しい特徴を、みていきましょう。

値段(税抜価格) 本体価格 47,000円(税抜)
重量 4.2kg(フル装備重量)
広げたときの大きさ 高さ950~1005cm・横幅465cm・奥行735cm
たたんだときの大きさ 高さ905cm・横幅465cm・奥行370cm
座面の高さ 50cm
シート幅 〇cm ※不明
リクライニング 125~175度(フラット可能)
タイヤ径 〇cm ※不明
タイヤタイプ ダブルタイヤ・エアセルクッションタイヤ
シートの素材 ポリエステル
シートの取り外し
ハンドルバーのタイプ 左右がつながったバータイプ
サンシェード 中が見える窓(通気窓)が2箇所・UVカット
荷物入れ 容量15L・取り外し可
シートベルト 5点式
フロントガード あり(着脱不可)
フットレスト あり
ブレーキ タイヤ固定
2色展開(マリンブルー・ブラックノワール)
対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kgまで)
両対面
ハンドルの高さ調節 ×
たたんだときに自立するか
トラベルシステム ×
メーカー公式店で購入したときの付属品 Wエッグショックヘッドパッド・取扱説明書

4.2kgの超軽量設計

「エッグショックDF」は、生後1ヶ月の新生児からを対象としたコンビの軽量A型ベビーカーで、コンビの「メチャカルハンディ」シリーズの商品のなかでも、重量4.2kgという軽量化モデルとなっています。

B型にも劣らない軽さ

一般にA型タイプのベビーカーの重さは6~10kg、軽量といわれるB型タイプのベビーカーは3~5kgです。

エッグショックDFがA型ベビーカーで、4.2kgという重量はいかに、軽さに力をいれているのかが、わかります。

B型ベビーカーにも劣らない軽さなので、軽さの観点から、B型購入を検討している方もぜひ候補に入れてみてはいかがでしょう。

赤ちゃんを抱っこしたまま片手で運べる

その軽さゆえに、女性でも赤ちゃんを抱っこしながら、片手で持ち運び可能なのがポイントです。
エッグショックDFがあれば、抱っこ紐なしのお出かけでも安心ですよ。

4.2kgという超軽量設計なので、いざとなれば子どもを乗せたまま、ベビーカーを持ち上げることも可能です。

赤ちゃんの頭を守るWエッグショック

一番の売りは、頭部クッションに「Wエッグショックパッド」を採用していることでしょう。

エッグショックは3mの高さから卵を落としても割れないほどの衝撃吸収素材で、生まれたての赤ちゃんのやわらかい頭を、走行中の衝撃から守ります。

本製品は、このエッグショックを2倍の厚みにした「Wエッグショックパッド」を、搭載しています。

いかに赤ちゃんに優しい構造になっているか、よくわかります。

大型のマルチサンシェード付き

対面式・背面式ともに、座席部分をすっぽりと覆うことができるマルチサンシェードで、日差しや風が強い日でも快適にお出かけできます。

大きめの幌は、99%紫外線カット加工で、日焼け防止効果も抜群です。

立体メッシュシート仕様の、開閉式の通気孔によって、通気性のよさを実現し、赤ちゃんがムレることもなく快適です。

また撥水加工なのでお手入れもしやすく、汚れも簡単にふき取れます。

振動から赤ちゃんを守る「エアセルクッションタイヤ」

タイヤはエアセルクッションタイヤを使用しています。

タイヤの側面にある空気室が、路面からの振動伝達を抑える働きをするため、、安定した走行ができます。

一般に車体が軽いベビーカーは、そのぶん凸凹道や段差での揺れが大きくなりがちです。

しかしこのベビーカーは、エアセルクッションタイヤと座席のエッグショックパッドで、安定性も保たれます。

走行中の音も少なく、赤ちゃんもご機嫌の乗り心地です。

50センチのハイシートも魅力!

シートの高さは、50センチのハイシート仕様なので、地面からの放散熱が座面に伝わりにくく、走行中のホコリから、赤ちゃんを守ります。

ママと赤ちゃんとの距離も近いので、乗せおろしもラクラクです。

背面・対面OKの切り替え式ハンドル

折り畳みのときや、B型ベビーカーを見てわかるように、背面式がベビーカーの基本スタイルです。

エッグショックDFは、ハンドル切り替えができ、対面式にも変更が可能です。

対面式で顔を見ながら、背面式で景色を楽しみながらの、どちらのお散歩も思いのままです。

170度まで倒せるリクライニング機能付き

170度まで倒せるフルフラットタイプなので、新生児の赤ちゃんが、そのままお昼寝できるようになっています。

フロントガードで転落を防止

前面にはやわらか素材の、フロントガードもついているので、赤ちゃんの転落の心配もありません。

フロントガードは片側だけの取り外しタイプなので、赤ちゃんがうっかり体重をかけても、外れてしまうことがないので安心です。

着脱可能・容量15Lのシート下収納スペース

座席部分の下には、着脱式の荷物置きがあり、カゴ容量は15Lです。

ちょっとした買い物袋や、ハンドバッグを入れるのに便利な形のメッシュ素材のバスケットで、荷物の乗せ降ろしもしやすく、走行中も落ちにくい作りになっています。

丸洗いもできて清潔

本体シートは、ボタンの少ない簡単着脱シートで取り外すことができます。

外して洗濯機での丸洗いもOKなので、清潔に使うことができます。

シート部分は通気性のよい素材で、熱を逃がしてくれるので、汗をかく夏場のお散歩でも大活躍です。

高い安全性

安全基準A型で安全性も保証されているので、一定以上の安全性は確保されています。

軽くても剛性のあるアルミニウムのフレームなので、お子さんが3歳になるまでの間、成長に合わせて長く使えます。

小柄な設計なので身長の低い人でも操作が楽

「エッグショックDF」は、他のコンビシリーズよりも小型なぶん、ハンドル位置も低いため、身長の低いママでも、腰に負担なく方向操作できます。

改札の通り抜けもスムーズな横幅

本体の横幅が465mmなので、バスのステップや駅の改札もラクラク通りぬけることができます。

公共機関を利用しての移動が多いママに、オススメです。

折りたためば玄関に置きやすいサイズ

折りたためば奥行きは370mmほどなので、自宅の玄関に置けるサイズ感です。

あまり大きいと収納場所に困る人もいますが、エッグショックDFは、玄関に置いていてもスペースをとらないので便利ですよ。

同シリーズモデルと比較して

比較モデルとして、同じ2015年発売の「メチャカル」シリーズで、同価格帯の「メチャカル ハンディ エッグショック MF」があります。

DFはMFよりも高さ、幅、奥行きともに30~40mmほど小柄で軽量なモデルです。

少しでも小さく収納したい人に、オススメです。

購入前にチェックしたいポイント


エッグショックDFの特徴をみてきましたが、いざ購入する際に、チェックしておきたいポイントについて紹介します。

本体の「軽さ」は走行感を左右する!購入前にぜひお店で試用を

ベビーカー選びの注意点として、「エッグショックDF」のような軽量のベビーカーやバギーは、その軽さゆえに舗装の悪いガタガタ道や、アスファルトの割れ目部分では、揺れに影響されやすい、というデメリットもあります。

安定感のある走行性を望むのであれば、車体に重量があったほうがいいかもしれません。

便利なベビーカーでもライフスタイルや、普段の使い方によって向き不向きがあるので、実際に店舗でベビーカーに触れ、押し心地を確認することをオススメします。

ネットショップでお得に購入

自宅で商品受取をしたい場合は、ネット通販も便利です。

通常は47,000円での販売ですが、Amazonプライム会員ならAmazonからの注文で、30%以上オフで配送料無料という激安価格で出品されています。

楽天やYahooショッピングなど出品者によっても価格は違います。
そのためいろんなショップで、価格比較をしたうえで、購入するとよいでしょう。

また発売元のコンビの公式ページでは、期間限定で代引手数料無料(3,000円以上の購入が条件)やラッピング無料キャンペーンを開催しています。(2018年1月現在)

一緒に購入したいオプション品

関連商品として、レインカバーやフットカバーなどの付属品の購入も、検討されてみてはいかがでしょう。

付属品をつけることで機能性があがり、お出かけがより快適になりますよ。

オプション品は、すでにこのベビーカーを持っている方への贈り物としても、おすすめです。

こんな使い方をする人にオススメ!

ではエッグショックDFは、どんな使い方をする人に適したベビーカーなのでしょうか。

気軽な外出にぴったり

軽さが魅力の「エッグショックDF」は、子どもとのお出かけが多いご家庭にオススメのベビーカーです。

持ち運びしやすく開閉も楽なので、子連れでのショッピングや家族でのお出かけに向いています。

ベビーカーを持ったまま、階段の上り下りも楽にできるので、エレベーターがないアパートでの、子育ての不安も解消してくれます。

軽自動車にも積めるサイズ

軽自動車にも積めるコンパクトサイズなので、休日の遠出にも重宝します。

ベビーカー本体の持ち運びも楽なので、バスや新幹線を使っての帰省の予定があるご家庭にも最適です。

軽くてコンパクトな「エッグショックDF」で、赤ちゃんとのお出かけを快適に!

同じメチャカルシリーズの中でも、より軽量でコンパクトな「エッグショックDF」は、上位機種と比べても、見劣りしない高いスペックを持っています。

男女ともに使えるシックなデザインで、評判なのもポイントです。

自身で使うのはもちろん、妊娠・出産のプレゼントにも購入を検討されてはいかがでしょうか?
赤ちゃんとのお出かけの時間が、より愛おしいものになりますよ。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク