超コンパクトバギー、gbポキットとは?自転車のカゴに乗る?

GoodbabyのPOCKITは、折りたたむと世界最小サイズといわれるほどコンパクトになります。

しかも4歳頃の子どもまで乗れるので、はじめてのベビーカーとしてはもちろん、セカンドベビーカーとしても人気です。

この記事では、gbポキットのベビーカーを購入しようかと悩んでいるママに向けて、gbポキットの特徴やメリット・デメリット、旧型のポキットプラスとの違いについて紹介します。

ポキットの購入を考えているママは、ぜひ参考にしてください。

世界最小ベビーカー【Goodbaby】POCKITの特徴

価格 20,000円(税抜)
対象年齢 6ヶ月~4歳頃(17kg)
重量 4.8kg
折りたたんだ時のサイズ(cm) W30×D18×H35
カラー ラグナブルーターコイズ・サテンブラック・シルバーフォックスグレー

gbポキットの特徴

  • 自転車カゴに入るサイズにまでコンパクトに折りたためる
  • 使用期間が4歳までと長く使える
  • 低価格

gbポキットのメリットは?


ポキットは、コンパクトに収納できるのが最大の特徴です。

リーズナブルで長く使用できるベビーカーなので、人気があります。

さっそく、ポキットの特徴やメリットをみてみましょう。

世界最小クラス!コンパクトに折りたためる

ポキットは世界最小クラスといわれるほど、コンパクトに折りたためます。

実際に折りたたむと、幅30cm・奥行18cm・高さ35cmになるので、かなり小さいといえるでしょう。

ここまで小さくたためるのは、ポキットならではです。
コンパクトなので、収納場所にこまりません。

自転車のカゴ・車のトランクにもラクラク入る

ポキットは、狭いスペースでも収納ができます。

自転車の前や後ろカゴ、軽自動車のトランクなどもすっぽり収まるので、持ち運びに便利ですよ。

帰省や旅行に便利!機内持ち込みや新幹線移動に◎


ポキットはコンパクトにたためるので、車やバス、電車を使う普段使いだけでなく、新幹線や飛行機などで長距離移動をするときも便利です。

折りたためえば、飛行機内に持ち込めるサイズ(55cm×40cm×25cm)内に収まります。

ポキットは、機内や新幹線にも問題なく持ち込めるので、人ごみの多い帰省や旅行の長距離移動にも便利でオススメです。

置き場所にも困らない

ポキットはコンパクトに折りたためるので、置き場所に困りません。

コンパクトなだけでなく、たたんだあとに自立するため、玄関やクローゼット・棚上などのスペースにも収納できます。
専用バッグに入れてしまえば、汚れることも気になりません。

ベビーカーの置き場所に悩むママには、理想的なベビーカーですね。

4歳頃(体重17kg)まで使える

ポキットは、4歳頃(17kg)まで使用できます。

おすわりができるようになる生後6ヶ月から、17kgほどに成長する4歳頃まで使えるベビーカーです。

多くのB型ベビーカーは3歳頃までを使用対象とするなか、ポキットは4歳頃まで長く使用できるのがよいところですね。

使用できるのは4歳頃までとはいえ、子どもによって、体重の増え方は異なります。
17kgを超えるころには、ポキットは卒業しましょう。

価格が20,000円台とリーズナブル

ポキットは2万円台と、ベビーカーのなかではかなりリーズナブルな価格帯で購入できます。

B型ベビーカーの価格相場は、1~4万円ほどです。

低価格帯のベビーカーになるポキットの値段は魅力的ですね。

gbポキットのデメリット

ポキットには、コンパクトでリーズナブルですが、デメリットもあります。

どんなデメリットがあるのかや、対策などもあわせてみてチェックしましょう。

日除けの幌(ほろ)が小さい…

先輩ママ

ポキットってこんなに簡単に、あんなにコンパクトになるのかー!すごい!でも幌が心許ない…

先輩ママ

我が家は車移動も多いので、コンパクトになる重視でポキット選びました。
幌が小さいので日除けを別に購入したけど、洗濯バサミで固定する程度だったのでそんなに不便ではなかった!!

ポキットのベビーカーは幌が小さく、日除けとしてはあまり役に立たないのがデメリットです。
口コミでも「幌が小さいのが残念」というレビューが多くありました。

ベビーカー用の日除けカバーを取りつけることで、解決しそうです。

少し重いかも

先輩ママ

メーカーのホームページ見ると腕に掛けれるくらいの大きさに見えますが、人によっては畳んでも運ぶのが容易でないのです。
パタンやポキットは小さくなるけど重い…

ポキットは重量が4.8kgあり、軽量モデルではありません。
軽量モデルのB型ベビーカーは、3kg前後もあります。

ほかのコンパクトになる軽量ベビーカーと比べると、重さを感じるでしょう。

gbポキットと旧型ポキットプラスの違いを比較


旧型のポキットプラスと、現行のポキットの違いはどこなのでしょうか。

価格(税抜) 開いたときのサイズ(cm) 閉じたときのサイズ(cm) リクライニング トラベルシステム
ポキット(2018年発売) 20,000円 W44.5×D71×H101 W30×D18×H35 なし なし
ポキットプラス(旧型) 25,000円 W47×D71×H101 W37×D20×H38 あり あり

比較表から、下記がわかりました。

<よい変更点>

  1. 価格が5,000円安くなった
  2. コンパクトになった

<残念な点>

  1. リクライニング機能がなくなった
  2. トラベルシステムがなくなった

比較すると、今のポキットは値段が安くなり、サイズがさらにコンパクトになりました。

いっぽうで、リクライニング機能・トラベルシステムがなくなったことが残念な点です。

ポキットと他社のコンパクトベビーカーの違いは?


ポキットと他社のコンパクトベビーカーは、どう違うのでしょうか。

価格(税抜) 開いたときのサイズ(cm) 閉じたときのサイズ(cm) 重量
ポキット(2018年発売) 21,600円 W44.5×D71×H101 W30×D18×H35 4.8kg
エンドーCOOL KIDS CKバギー 11,800円 W44×D63×H92 W24×D22×H104 2.85kg
Jeepスポーツ スタンダード ベビーカー 14,100円 W45×D85.5×H95.5 W23×D30×H107 5kg
Pigeon B型ベビーカー ビングル 26,000円 W49.5×D77.5×H101.5 W43×D31×H92 3.6kg
アップリカ マジカルエアー AD 27,500円 W44.5×D76~79×H102.5~104.5 W44.5×D31.5×H95 3kg

比較表を見ると、ポキットはたたんだときのサイズが、他社よりも圧倒的に小さいのがわかります。

奥行きはもっとも薄いため、隙間に収納しやすいサイズですね。

とはいえポキットよりも、軽くて安いベビーカーもあります。
コンパクトさよりも、軽さや価格を重視したければ、ポキット以外のベビーカーを検討してもよいでしょう。

gbポキットはどこで買える?


ポキットは、日本国内のネットショップや実店舗から購入できます。

公式サイト(海外)でも購入できますが、もっと手軽に日本のAmazonや楽天などで買えるので、比較的入手しやすいベビーカーといえるでしょう。

実際に店頭で販売しているショップは、アカチャンホンポのようなベビー用品取扱店・blosoom39・ダッドウェイなどの店舗のようですね。

実際の店舗で試すと、操作性や機能性のチェックができ、気になる質問は店員さんが答えてくれるので、納得して購入できますよ。

フリマサイト・中古でも購入できる

ポキットを安く購入したい方は、フリマやオークションアプリ、中古ショップをチェックしてください。

なかには、リクライニング機能付きの旧型ポキットプラスや、ディズニー限定デザイン(2019年3月現在入荷予定なし)など、新品では手に入らないモデルが出品されているケースもあります。

どうしても旧モデルが気になる方や、安く手に入れたい方はフリマアプリなどをチェックするとよいでしょう。

gbポキットはレンタルできる?


ポケットを試してみたい方は、レンタルもおすすめです。
ベビー用品レンタルサイト「ベビーファン」で、3,000円(税抜)/月からレンタルできます。

もしもコンパクトバギーを使う期間が短ければ、レンタルのほうがお得かもしれませんね。

普段の使い方で長く使えそうかチェックしたい方も、まずレンタルから試してから、購入すべきかを検討してもよいでしょう。

gbポキットは世界最小!4歳まで使えるセカンドベビーカーにオススメのバギー!


ポキットは、コンパクトさを重視する方におすすめのベビーカーです。

たたんだら世界最小サイズになるので、長距離の移動でも邪魔にならず、日々の収納場所にも困りません。

また、低価格帯のベビーカーでありながら、4歳頃まで使用できるのも嬉しいポイントです。

セカンドベビーカーに、コンパクトなベビーカーを探している方にはピッタリといえるでしょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...