ベビーカーにブランケットは必要?夏も冬も役立つ理由は?選ぶコツ

赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカーですが、赤ちゃんに直接日光や風があたるので「寒くないか」「暑くないか」心配なママも多いでしょう。

そんなときは防寒対策や日差し対策として、ブランケットをかけてあげるという方法があります。

この記事では、ベビーカーでお出かけするときのブランケットの必要性と、活用方法、選び方を紹介します。

オススメ商品の紹介もしているので、出産準備中や育児中のママはもちろん、出産祝いやプレゼントにブランケットを考えている方も、参考にしてみてください。

冬は防寒対策に、夏は日よけに必要


寒い日には、冷え対策としてブランケットが活躍します。

寒さを感じない日でも、ブランケットがあれば赤ちゃんの敏感な肌に、直接日差しが当たることを防げます。

皮膚の温度が上昇しすぎると、水分が奪われて脱水症状をおこす可能性もあります。

夏用のUVカット機能のあるブランケットであれば、日焼け対策としてさらに効果的です。

また赤ちゃんは体温調節が苦手なため、夏はお店の冷房が強すぎる場合があります。

そんなときでもブランケットをかければ、冷たい空気から赤ちゃんを守れます。

おすすめブランケット9選

「いろいろな商品があってどれがいいのかわからない」というママのために、おすすめ人気ランキングを作成しました。

冬用、夏用、通年用に分け各3種類ずつ紹介します。

ランキング形式にしていますが、どれも素敵な商品ばかりです。
お気に入りの品を探してくださいね。

防寒対策に!冬用ブランケット

寒い季節に活躍するあったかブランケットを、紹介します。

第1位:Sweet Mommy ダウンブランマフ 8way


Sweet Mommy 【2016年改良】 高機能 8WAY フットマフ ブランケット 上質ダウン90% オーガニックコットン100%裏地 日本製クリップ ベビーカーカバー フットカバー 寝袋 お布団 おんぶ 抱っこ エルゴにも ブランマフ 防寒 軽くて暖か 大判サイズ ギフトにも ベビーグッズ /F/ブラック

  • 価格(税込):14,904円(参考価格)

ブランケットとフットマフの機能をあわせ持ち、だっこひもカバーにもなる商品です。

他にも、おくるみやスリーピングバッグ、ママバッグなど8つの使い方ができるので、これひとつで冬のお出かけの防寒対策ができます。

ダウン90%、フェザー10%で出来ており、軽く暖かいです。
撥水加工がしてあるので、汚れがつきにくいのも嬉しいポイントでしょう。

第2位:DORACO 3way マルチブランケット

DORACO 3way マルチブランケット 抱っこ紐用/ベビーカー用/自転車用にもなる 防寒 マジックテープで簡単装着 (カモフラ)

  • 価格(税込):6,480円

ベビーカー用ブランケットだけでなく、だっこひも・スリング用ケープや足元のスナップをとめてフットマフに変身します。

シックにもカジュアルにも合う、シンプルだけどおしゃれなデザインも素敵です。

同じデザインのベビーカー用ファーシートも発売されているので、セットで使いたいという方にもオススメの商品です。

第3位:リトルジラフ ブランキー


リトルジラフ ミニブランケット シェニール ブランキー(ピンク)lg0002-03 持ち運びに便利なミニサイズのブランケット 【正規代理店輸入】

  • 価格(税込):7,344円

可愛らしいぬいぐるみとブランケットが1つになったアイテムです。

ぬいぐるみがにぎにぎとして使えるので、赤ちゃんのお気に入りになるかもしれませんね。

肌触りもよく、アメリカでは「安心毛布」と呼ばれ愛されているようです。

洗濯機で洗えるのも嬉しいです。

紫外線対策にも!夏用ブランケット

夏の直射日光は、体温調節が苦手な赤ちゃんに大敵です。
ブランケットを活用して、赤ちゃんを守ってあげましょう。

第1位:DORACO UVカットアイスブランケット


DORACO UVアイスブランケット 紫外線カットもしてくれるクール素材のブランケット 取付けクリップ付き (チェック)

  • 価格(税込):3,942円

93.1%の紫外線カットする高機能と、触るとひんやりする接触冷感が赤ちゃんを快適に保ってくれます。

洗濯もできるので、使いやすいですね。
おくるみ、抱っこ紐ケープ、敷物としても大活躍です。

第2位:ファムベリー UVカットのベビーカーケット


【ひんやりUVベビーカーケット】メッシュの接触冷感だから肌にふれるとひんやり気持ちい~☆しかもUVカットで日焼け対策も♪日よけ&紫外線対策に マルチクリップ2本付き【日本製】 UVケット接触冷感 ファムベリー (ブルー)

  • 価格(税込):3,065円

横幅が大きく赤ちゃんの顔以外をすっぽりおおえるサイズで、赤ちゃんが動いてもめくれにくいのが特徴のブランケットです。

UVカット率80%、抗菌、消臭、汚れ分解の機能がついています。
ブラック、レッド、ブルーと3つのカラーがあり、どれも可愛いデザインです。

第3位:BuddyBuddy UVカットブランケット

buddy buddy UVカット・吸水速乾 3wayフィットケープ(ミントボーダー) ファッションバッグ付

  • 価格(税込):3,780円

スナップボタンがついているので、ベビーカーに簡単に取り付けられるブランケットです。

赤ちゃんを待たせることなくさっと授乳ケープに変身させることもできます。
接触冷感で紫外線カット率も78%あります。

1枚あると便利!通年使えるブランケットはこれ

優しい素材のブランケットは、新生児の赤ちゃんも優しく包み込んでくれます。

第1位:エイデン&アネイ クラシック・モスリンスワドル 4枚セット


エイデンアンドアネイ ADEN+ANAIS おくるみ コットン 4枚セット 12種 クラシック モスリン スワドル (LOVESTRUCK) [並行輸入品]

  • • 価格(税込):6,272円(参考価格)

イギリスのキャサリン妃が使用したことでも有名なイギリスのブランドのおくるみです。

洗うたびに柔らかさの増す、肌触りが魅力の人気商品です。
授乳ケープとしても使えます。

4枚セットならカラフルで見栄えもするので、プレゼントとしても喜ばれるでしょう。

第2位:ナオミイトウ POCHO 綿毛布


ナオミイトウ Naomi Ito POCHO 綿毛布 7546

  • 価格(税込):5,400円

コットン100%で作られているので静電気の心配もなく、小さい赤ちゃんにも安心して使えます。

ジャガード織で両面のデザインが違うので、気分によって変えてもよいですね。

口に入れたり、触ったりするのが大好きな赤ちゃんのために、端にはオーガニックコットンで作られたパイルモチーフがついています。

第3位:タックコーポレーション エリクリジャガード綿毛布フレンズピンク


日本製エリクリジャガード綿毛布 フレンズ 1330 PI

  • 価格(税込):4,580円(参考価格)

泉大津市で生まれた日本製の綿100%の製品です。

保湿性・吸湿性に優れているので、普段のお昼寝にも使いやすいです。

ブランケットを使用するメリット


ブランケットのいい点として、着脱の手間がなくどこでもさっと掛けて体温調節できることが挙げられます。

また応用がききやすく、いろいろな使い方ができるのもメリットのひとつといえるでしょう。

ブランケットが1枚あれば外でベビーカーに乗っている間だけでなく、車内で肌寒いときや、お出かけ先でお昼寝するときベビー布団の代わりにも使えるので便利です。

落下しやすいのが弱点!防止にはクリップを使おう


ブランケットは子どもが蹴飛ばしたり、振動や風で落下しやすいのが弱点です。

何度もかけなおす手間がかかったり、車輪に絡まったり、引きずる可能性があります。
それに落ちて汚れたブランケットを、赤ちゃんにかけるのは抵抗がありますよね。

そんなときに便利なのが、ブランケットクリップです。

「ベビーカー用クリップ」や「マルチクリップ」「便利クリップ」「ひざ掛けクリップ」などと、呼ばれることもあります。

ベビーカーに取り付けて、ブランケットをクリップで挟むことでブランケットの落下を防ぎます。

3cmクリップが開き厚手の毛布も挟めるシンプルなデザインのエクスプレナードのブランケットクリップや、ミッキー、アンパンマンなど子どもが好きなキャラクターのブランケットクリップが人気です。

100均でも販売されています。

また使わない時に荷物になるのが嫌だという方には、エスジフックがおすすめです。

ブランケットを袋に入れてフックにかければ両手が空きますし、買い物袋やおもちゃをかけるのにも便利です。


ブランケットの選び方


ブランケットは赤ちゃんが使うものなので、優しい素材でできているものがよいです。

1年中重宝するブランケットやおくるみですが、夏は薄手のガーゼタイプ、冬は保温性の高い厚手の製品、気候の変化が大きい春・秋はコットン素材が使いやすいようです。

また子どもはなんでも口に入れたり、引っ張ったりするため、フリンジやリボン、ボタンなどの飾りのついていない物を選びましょう。

誤飲の心配がなくなります。

どこに売っているの?


では赤ちゃんが使うのにぴったりなブランケットは、どこで購入できるのでしょうか。

赤ちゃん用品店で実物をみて買う

ブランケットは楽天市場、Amazonなどのネット通販や、西松屋などの赤ちゃん用品店で販売されています。

赤ちゃん用品店などの実店舗では、実物を見て購入できるのが最大のメリットでしょう。
肌触りを手で触って確認できたりもします。

ただ店舗までいかなければならない、品ぞろえに限りがあるなどのデメリットもあります。

ネット通販でお気に入りが見つかる!

ネット通販は、反対に多くの種類の商品が販売されており選択肢が多い、ポイント獲得などのメリットがあります。

デメリットとしては、本体価格以外に送料がかかり合計金額が高くなる、発送に時間がかかる、イメージしていたものと実際の商品が違うことがある、などが挙げられます。

ネット通販で購入する際は、カートに追加する前に商品ページや口コミなどを参考にしながら、素材やサイズなどの商品情報をしっかり確認しましょう。

意外と簡単!手作りにチャレンジしてみてはいかが?


「好きなデザインで作りたい」というママは、ブランケットを手作りしてみてはいかがでしょうか。

サイズオーダーしなくても、好きな幅で作れるのも手作りの魅力ですね。
複雑な形でないので、裁縫が苦手なママでも作れますよ。

材料はたったの4つだけです。

材料

  • 生地 (例)90cm×90cm (縫い代があるため、作りたい大きさプラス縦横3cmくらい必要です)
  • ミシン
  • まちばり
  • アイロン
作り方

  1. 生地の表どうしを合わせてまちばりで固定する。
  2. 3辺をミシンで縫う
  3. 縫っていない部分から裏返して、アイロンをかける
  4. 3で縫った部分に合わせて、4辺を縫う

これで、完成です。

バスタオルを、生地として使うこともできます。
バスタオルは端が固くなっているので、切り離してから縫うようにしましょう。

ブランケットで、1年中いつでも赤ちゃんを守って快適に!


ベビーカーで、体温調節の未熟な赤ちゃんとお出かけするときは、ブランケットが1枚あるとより快適に過ごせます。

冬の防寒対策だけでなく、日よけや冷房避けなど、ブランケットが活躍する場面は多いです。

おくるみやお昼寝用毛布として使えるなど、応用の効く商品が多いのも魅力です。

お気に入りの品を探して、ママも赤ちゃんも楽しくお出かけしましょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク