親子で参加したい!子育て支援・交流イベント4選【2018年版】

子育てに関するさまざまなイベントは、全国各地でおこなわれています。

わが子に色々な体験をさせたい、と考えているパパ・ママは多いのではないでしょうか。

子育て支援や交流イベントは、コンサートから絵本の読み聞かせ・お楽しみ会・妊婦さんを対象にしたものまで多種多様です。

そこで今回は、子育て支援・交流イベントの探し方から楽しむコツまでまとめて紹介します。

お子さんを保育園や公園・自宅以外で遊ばせてあげたいというママは、ぜひチェックしてみてください。

子育て支援・交流イベントはどんなことをするの?


子育てイベントは、ベビーマッサージ教室や育児講座・演奏会・絵本の読み聞かせ・ワークショップなど、幅広くあります。

屋内のイベントに限らず、地域ごとの特色をいかした芋ほり体験や雪遊び・キャンプなど、アウトドア系のイベントも多く、親子で一緒に楽しめるのが魅力です。

さまざまな年齢を対象にしたイベントが企画されており、ベビーマッサージやベビーヨガなどは、赤ちゃんがまだ小さい頃から参加できます。

小さな赤ちゃんを連れて参加できるイベントは、ママ同士で交流できる場としてもオススメでしょう。

子育て支援・交流イベントに参加するメリットは?

子育て支援・交流イベントへの参加は、同じ体験を通して親と子どもの信頼関係が深まるメリットがあります。

またイベントでの体験を通して、子どもが社会性を身に着けられるのは魅力です。
ママがママ友を作る絶好の機会でもあり、育児の相談ができる心強い相手を見つけられるかもしれません。

子どもだけでなく、親にとっても、子育てイベントへの参加はメリットが大きいといえるでしょう。

子育て・支援交流イベントに参加するデメリットは?

子育てイベントには多くの人が集まるので、風邪や病気の菌をもらいやすいというデメリットがあります。

インフルエンザ・ノロなどウィルス性の病気が流行っている時期は、必然的に感染しやすくなるので、親子でしっかりと対策をしてイベントに参加しましょう。

また、ママを対象としたイベントによっては子どもとの参加ができない場合があります。
事前に「お子さま連れOK」かどうか、確認しておくようにしてください。

おすすめの子育て支援・交流イベント4選


それでは、おすすめの子育て支援・交流イベントを4つ紹介します。

お住いの市や区で探しやすい子育てイベントを集めたので、ぜひ参考にしてください。

おはなし会

全国の市や区が運営する図書館では、年齢別に絵本の読み聞かせ会が行われています。
対象年齢は赤ちゃんから3歳くらいまでのこどもです。

おはなし会は、3~4ヶ月頃の赤ちゃんからでも十分に楽しめます。

小さい頃はまだ絵本の内容を理解できませんが、イラストの色彩や周囲の和やかな雰囲気を感じ取り、赤ちゃんの成長につながるのが魅力です。

お話し会を通して、親子で楽しい時間が過ごせるでしょう。

子育て講座

子育て講座は、専門家が育児に関するママの悩みをサポート・レクチャーしてくれます。

育児中は

「子どものしつけはこれで合ってる?」
「トイレトレーニングはどうするの?」
「離乳食の進め方がわからない」

など、ママの悩みは尽きないものです。

0歳児から就学前の子どもの育て方まで、幅広く開講しているので、自分の悩みに沿った講座をみつけられるでしょう。

幼児教室

幼児教室は0歳から就学前の子どもを対象としおり、主に学習がテーマです。

小学校のお受験対策をしっかりと組んでいる教室や、英語や音楽・体操を取り入れた教室など、さまざまなカリキュラム・システムが充実しています。

子どもに通わせたい教室をさがして、利用してみるとよいでしょう。

プレママ教室

プレママ教室は、妊婦さん同士で交流がもてる教室です。

妊娠中のママは楽しみないっぽうで、さまざまな不安を抱えがちです。

妊娠中の過ごし方や出産後の子育てについて勉強しつつ、プレママさん達と仲良くなれるので、とくにはじめて妊娠したママは参加してみるとよいでしょう。

プレママ教室は、お子様連れNGの場合があるので、参加前に確認しておいてください。

子育て支援・交流イベントはインターネットを活用すると探しやすい


「実際に参加してみたい!」というときは、開催イベントをチェックしましょう。

自宅周辺や市内の情報は、しっかりとチェックしておきたいところです。

近所で参加できるイベントを探したいときは、企画をしている市や区の担当部署に直接問い合わせをしてみたり、支援センターのサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

また、交流イベントをまとめたサイトをインターネットで検索して利用してみるのがオススメです。

都道府県別にイベント検索ができたり、体験記が掲載されているサイトもあるので、ぜひ活用してみてください。

子育て支援・交流イベントが開催される主な場所

次はどのような場所でイベントが開催されているか、代表的な例をみていきましょう。

市や区

子育て支援に積極的な市や区は多く、各地でさまざまなイベントが企画・開催されています。

市や区で開催されるイベントの多くは参加費無料なので、気軽に申し込みしやすいのが魅力です。

春はひな祭り・冬はクリスマス会など、シーズンごとのイベントを企画している地域は多いので、親子そろって参加してみるとよいでしょう

市・区によって違いはあるものの、平日は親子の遊び場としてスペースを開放し、土日にイベントをおこなうケースが多いようです。

イベントの情報や予約受付などはお住いの市、区のホームページをご確認ください。

大型ショッピングセンター・企業

一部の大型ショッピングセンターや企業は、会員制の子育てイベントを開催しています。

入会費を支払ったあとは、好きな子育てイベントに参加できるのが魅力です。

イベントごとに参加費が変わるので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

赤ちゃん本舗

ベビー用品の販売で有名な赤ちゃん本舗は、さまざまな子育てイベントを参加費無料で開催しています。

プレママが参加できるマタニティスクールをはじめ、赤ちゃんが生まれた後には誕生会やハイハイレースなど、おもしろいイベントが多いのが魅力です。

イベント参加者は、記念撮影やお祝い品として手形のプレゼントがもらえます。

赤ちゃん本舗のイベントは完全予約制なので、最寄りの店舗スケジュールをしっかりとチェックしてみてください。

ららぽーと キッズクラブ

小学生以下の子どもは、ららぽーとが運営するキッズクラブに入会すると、親子イベントに参加できます。

ららぽーとのキッズクラブは、小学生以下の子どもを対象とした会員クラブです。
キッズクラブに加入した親子は、さまざまなイベントに参加できます。

店舗によって異なりますが、イベント内容はキャラクターショーや大型遊具で遊ぶ企画・移動動物園などです。

とくに移動動物園は、普段触れ合う機会のない動物と遊べるのでおすすめでしょう。

キッズクラブは、「三井ショッピングパークカード」「ラゾーナ川崎プラザカード」「ステラモールポイントカード」を持っていれば無料で入会できます。

カードの発行は、入会金・年会費無料なので検討してみてください。

テーマパーク

子育てイベントは、遊園地・テーマパークでも開催されています。

テーマパークでのイベントは、入園料だけで楽しめる企画がほとんどです。

週末は子どもに人気のキャラクターショーなどが企画されているので、家族そろって遊びにでかけてみるとよいでしょう。

博物館や科学館

車や鉄道の博物館・宇宙科学館などの施設は、それぞれの専門に特化したイベントを楽しめます。

子どもだけでなく、保護者も一緒に楽しめて勉強できるのが魅力的です。

フロアごとにさまざまな企画が催されており、1日を通して楽しめるでしょう。


さいごは、子育てイベントを楽しむコツや気をつけるポイントを紹介します。

イベントに参加する前に、ぜひチェックしてみてください。

体調管理はしっかりと

イベント当日の体調管理は、しっかりとおこなっておきましょう。

会場は人が多く集まり、風邪やウィルスをもらいやすいので、体調がすぐれないときは無理をせずキャンセルしてください。

屋外のイベントは、天候や季節に合わせて温度調節をしやすい服装がオススメです。
体調不良でイベントをお休みする際は、キャンセルの連絡を忘れずに入れておきましょう。

積極的に参加しよう

子育てイベントは受け身にならず、子どもと一緒になって積極的に参加しましょう。

ほとんどのイベントは休日開催が多いので、ママだけでなくパパも一緒に参加するのがオススメです。

子どもの成長は早く、親子揃って参加できる時間は限られているので、思い出づくりとしてイベントを活用してみてください。

子育てイベントを楽しく活用しよう


「何か子どもに体験させてあげたい!」というときは、子育て支援・交流イベントに参加してみるのがオススメです。

幼稚園や保育園では体験できないようなイベントはさまざまあり、予約なしで参加できるものもあるので、お出かけついでにふらっと寄ってみるのもよいでしょう。

子育て支援・交流イベントは常時さまざまな場所で開催されているので、インターネットで地元のイベント情報を検索してみてください。

行きたいイベントが重なってしまう可能性もあるので、カレンダーはしっかりとチェックしておきましょう。

イベント当日に体調がすぐれないときは、無理をしないでキャンセルをするのが大切です。
当日は子育てイベントを通して、親子一緒に楽しめる時間を過ごしてみてください。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク