アップリカ【ラクーナAD】の口コミ・特長・魅力とは?

ベビーカーは、生後1ヶ月ごろから、お散歩や買い物などお出かけをするときに、とても重宝します。

さまざまなメーカーが、多種多様なベビーカーを販売しているので、ご自身のライフスタイルに合わせた商品を選びたいものです。

ここでは、数あるベビーカーのなかから、アップリカの「ラクーナAD」の口コミや特長、魅力について、紹介します。
ベビーカー選びの際に、ぜひ参考にしてください。

まずは実際ににラクーナADを使っているママたちの、口コミをチェックしましょう。

. 予約してたベビーカーが届いた👶🏻💗 出かけれるようになる1ヶ月から 使いたかったからA型に( ˙-˙ )⭐️ 片手で折りたためるし軽いしシンプルやし 高かったけど買ってよかった👏💕 早く息子乗せてお出かけしたい👶🏻🍼 . ベビーベッドもベビー布団も買ったし 入院グッズも揃ったし あとはリビングにベビーコーナー 作ればいいだけ👻💘 ジョイントマットコルクにしようか どうしようか悩むなぁ( ˙-˙ ) . #妊娠後期#妊娠9ヶ月#男の子ベビー#男の子ママ#マタニティ#出産準備#アップリカ#ラクーナAD#ベビーベッド買ったけど部屋狭くなる。笑

ᴴᴬᴺᴬさん(@__i.am.hana__)がシェアした投稿 –

❣161003 悩んでいたベビーカーをついに購入。 結局#アップリカ の#ラクーナAD にしました🙋 9/23に発売したての新型ラクーナ! . 色をとっても悩んでたんだけど、 男女問わないネイビーに落ち着きました💙 本体ではなくシートがストライプってところが かなりお気に入り(´,,•ω•,,`)♡.。º* 抱っこ紐もネイビーだからお揃いで良い感じ😚 (ちなみに抱っこ紐はベビービョルンのONE+ AIR) . ①スイスイと行きたい方向へ転換できる軽々さ ②片手でも段差を乗り越えられる楽さ ③片手で折り畳みできるスマートさ ④高剛性フレームで頑丈かつ丈夫な作り ⑤さらにフレームが白色という中々ないチャームポイント . 赤ちゃんのこととお母さんのことの両方をよく考えて 作られていることがよく分かるベビーカーだと思います。 まだ使ったわけではないので使用感は分からないけどね😅 . #ベビーカー#Aprica#新型#ラクーナ#颯空日記#息子#一ヶ月#1month#1m15d

@ kseolahがシェアした投稿 –

#ベビーカー * お下がりで貰ったベビーカーが年期入り過ぎてて(我が家で3代目!)息子産まれてからいざ使おうとしたらギシギシいってなんと使いにくいことか!! 2人目も考えてるからこれはもう新しいの買おう!となりました * わが家 ○移動は車 ○電車・バス殆ど乗らない ○家の周りは凸凹道もあり ↓ 年期入ったお下がりベビーカーを数回使ってみて ○凸凹道に強い ○片手で折りたたみしたい という希望であまり下調べせずに店員さんと相談しながら決めよ~と赤ちゃん本舗へ 結論から #ラクーナAD (ブラウン)の予約をしました🎊 多分声かけてくれた店員さんがアップリカの人だった疑惑(アップリカ商品しか勧められなかった) エアタイヤ,三輪ベビーカーも気になるので見たけど私にでか過ぎて(笑) あんなん車に絶対乗せられん💦 ラクーナAD勧められる前にオプティア勧められたけど片手で折りたたみ上手く出来なかったしなんか大きい… 抱っこ紐決めるときもそうだった(エルゴに私が着られてる感満載)けど私が平均以下過ぎてベビー用品扱えなくて断念っていう(^^;) ADだとハンドル高さ調節出来ないのがちょっとネックだったけど出来るのはやっぱりハイテクベビーカーになるらしい…(他のメーカーならあったのだろうか?) * 赤ちゃんの視界に入るフード内が無地じゃないのがいいなと思って,色はブラック(内側ボーダー)・ブラウン(内側ドット)で迷った * 9月23日発売予定で配送にしてもらったけん届くのが凄く楽しみ~💓 しかも先行予約はレインカバーとフットカバーのプレゼントあるらしい(夫:レインカバーとか絶対使わんじゃん←確かに) 涼しくなって外出しやすくなったけん散歩しよ☺ #アップリカ #ベビーカー #ラクーナ #ベビー用品 #低身長ママ

norikoさん(@418noriko)がシェアした投稿 –

持ち運びの便利さに、惹かれた方が多いようです。
軽量かつ片手で折りたためることは、赤ちゃんを抱っこしながらベビーカーを持ち運ぶシーンの多いママには、重要なポイントでしょう。

アップリカ ラクーナADの特徴


アップリカ ハイシートベビーカー Carry Travel System ラクーナAD ヒューゴブラック BK 【CTS対応品】(オート4輪機能 & 洗えるリバーシブルシート付) 92972

アップリカのラクーナADは、赤ちゃんをお出掛けのストレスから守るベビーカーで、軽量かつ持ち運びやすく、操作性のよいオート4輪搭載のベビーカーです。

くわしいスペックをみていきましょう。

値段(税抜価格) 53,000円
重量 5.2kg
※キャリートラベルシステム用収納ポケットを含めず
広げたときの大きさ 高さ98.5〜99.5cm・横幅45cm・奥行82.5cm
たたんだときの大きさ 高さ98cm・横幅45cm・奥行34cm
座面の高さ 53cm
シート幅 約28cm
リクライニング 120°~170°
タイヤ径 14cm
タイヤタイプ EVA
シートの素材 ポリエステル/ナイロン/ウレタンフォーム
シートの取り外し
ハンドルバーのタイプ 左右がつながったバータイプ
サンシェード メッシュ窓、撥水加工、UV加工、花粉やほこりがつきにくい
荷物入れ 27L
シートベルト 5点式
フロントガード あり(着脱可能)
フットレスト あり(調節不可)
ブレーキ タイヤ固定
3色展開(ラスネイビー・ヒューゴブラック・エマブラウン)
使用期間 生後1ヶ月~36ヶ月(15kgまで)
両対面
ハンドルの高さ調節 ×
たたんだときに自立するか
トラベルシステム
メーカー公式店で購入したときの付属品 頭マモールパッド、腰マモールパッド、取扱説明書/保証書(本書)

イチオシの特徴は「おでかけストレスから赤ちゃんを守り、快適にするベビーカー」

新生児から使用するベビーカーは、大事な赤ちゃんにとって、乗り心地のいいものを選びたいものです。

ラクーナADは、熱・ホコリ・紫外線・振動・ムレ・雑菌などのストレスから、しっかりガードする機能が充実しています。

ハイシートで赤ちゃんを熱から守る

気温が高い夏はとくに、アスファルトからの照り返し熱が、ベビーカーに乗っている赤ちゃんに直撃します。

ラクーナADは53cmのハイシートで、地面から離れているので表面温度が低く、ホコリや排ガスなどの有害物質から守ってくれるのです。

紫外線をカットするサンシェード

直射日光から赤ちゃんを守るサンシェードは、紫外線を99%カットして、赤ちゃんの肌を守ります。
また撥水加工もあるので、ちょっとした雨のときにも、助かります。

アップリカ公式レインカバー「マルチレインカバープラス」は、オプションで購入可能です。

振動を軽減する工夫満載

またサスペンションやクッション、さらに「ゆれぐらガード」という、高剛性フレームが地面からの衝撃を吸収するので、赤ちゃんは快適に過ごすことができます。

蒸れ知らずの、清潔インナーシート

インナーシートは新素材の「シルキーエアー」で、蒸れにくく、、体圧を分散してくれるので通気性もよく、赤ちゃんの体の負担を軽減します。

またリバーシブルシートで取り外し可能なので、洗濯機での丸洗いもでき衛生的です。
汗をたくさんかく赤ちゃんにも嬉しいポイントです。。

赤ちゃんの身体は、機能が未発達で肌は敏感・免疫力も弱く、外の環境には注意が必要です。
ラクーナADは、安心安全のSGマーク付きの製品で、「楽しいお出かけにするために赤ちゃんもママも快適に」と、考えられたベビーカーです。

タイヤは?こまわりはきく?

ではラクーナADの、気になるタイヤまわりや、走行性についてみていきましょう。

オート4輪でカーブもラクラク

両対面ベビーカーは、対面式で走行した場合時に、前輪が固定され、小回りしにくいものもあります。

しかしラクーナADはオート4輪という、走行時に前輪が回転するよう、自動で切り替わる仕組みを搭載しています。

進行方向のタイヤが回転するので小回りが利き、カーブも楽に走行できるのです。

オート4輪搭載しながら、軽量化も実現!

「オート4輪は重いのでは?」という意見もあり、実際にオート4輪を搭載していないベビーカーと比べると、多少の重量は重くなる傾向にあるようです。

ラクーナシリーズのなかでも、オート4輪機能がないベビーカーもあります(ラクーナライト・ラクーナライトAB)。
この2つのベビーカーは、ラクーナADよりも軽量になっています。

オート4輪採用のラクーナシリーズのなかでは、ラクーナADがもっとも軽いベビーカーです。

ただ軽量化を実現するために小さくなったタイヤは、大型のタイヤのベビーカーと比べると、段差が走りにくいというデメリットもあるのです。

オート4輪の走行のしやすさ、段差を乗り越える感覚は実際にお店で試乗するのが、いいでしょう。

メンテナンスフリーのタイヤでお手入れも簡単

タイヤも「メンテナンスフリータイヤ」というエアタイヤを使用しており、空気入れ不要でパンクもしません。

ワイドタイヤなので安定感はありますが、サイズは小さめなので「揺れが気になったり段差につまずく」といった、意見もあります。

ハンドルの高さは変えられる?

ラクーナADは両対面(A型)ベビーカーで、対面式・背面式にハンドル切り替えが可能です。

ハンドルの左右にあるレバーで、切り替える仕組みになっているので、簡単に切り替えられます。

ハンドルの高さは固定されており、変えることはできません。背面式よりも対面式のほうが、ハンドルの高さは低くなります。

背の高い人でも、ムリなく押せる高さですが、背の高い人やママパパで身長差のある場合は、高さを変えられるほうがいいかもしれません。

比較モデルでは、同じアップリカの「ラクーナビッテ」が高さの調節が可能です。
心配な方は、高さの変えられるベビーカーの検討や店舗での試乗をオススメします。

荷物収納は

赤ちゃんとのお出かけは、大荷物になります。
そこで便利なのが、座面の下についているバスケットです。

アップリカのバスケットは、他社と比べても使いやすく大容量といわれています。
赤ちゃんの荷物だけでなく買い物したものも、入れることができますよ。

シリーズのなかでも、ラクーナADのバスケットは、27Lも入る大容量で出し入れしやすく、お出かけには重宝するはずでしょう。

欠点をあげるとしたら、つくりが浅めなので荷物が落ちないよう、乗せ方には注意が必要なことです。

移動しやすい?

生活環境にもよりますが、電車や車移動をされる方も多いでしょう。
改札を通れるか、車に積むときに乗せやすいかは、しっかり確認しておきたいポイントです。

改札はラクラク通過できる

電車の場合、自動改札の幅は55cmが一般的です。

また国土交通省は、高齢者や妊婦などが利用しやすいよう、90cm幅以上の改札口を、1つ以上設置するようガイドラインに記していますが、まだ完全に浸透しているとはいえません。

現在では新しい改札だと59cmになっているものもありますが、場所によってさまざまなので55cm~60cmと考えておきましょう。

ラクーナADの幅は45cmなので、余裕をもって通ることができます。

参照:国土交通省「公共交通機関の旅客施設に関する 移動等円滑化整備ガイドライン」

折りたたむと、移動に便利なコンパクトさ

簡単に折りたため軽量なので、車のへ乗り降ろしも、一人でできます。
高さも最大98cmなので、折りたたんだ状態で軽自動車などほとんどの車に積むことが可能です。

ただし折りたたむときは、バスケットに荷物を載せたままだと、折りたためないので注意してください。

購入前にチェックしたいポイント


アップリカ「ラクーナAD」を検討されている方へ、オススメポイントや押さえておきたいポイントを紹介します。

1,抱っこ紐をベビーカーにセットできる

抱っこ紐で寝てしまった赤ちゃんをベビーカーにおろすときや、逆にベビーカーから抱っこ紐に移すときに、せっかく眠った赤ちゃんを起こしたくないのは、誰もが思うところでしょう。

そんなときにありがたい機能が、「キャリートラベルシステム」です。

コランCTSシリーズの抱っこ紐とベビーカーがあれば、ベビーカーに抱っこ紐を装着できるので、乗せ換えがとてもスムーズにできます。

この機能があれば赤ちゃんがベビーカーで泣いてもすぐ抱っこでき、抱っこで眠った赤ちゃんを、起こすことなくベビーカーへ移動することが可能です。

赤ちゃんにもママにも、うれしいポイントでしょう。

抱っこ紐からベビーカーへ

ベビーカーから抱っこへ

2,ラクーナADは良くも悪くも標準?デメリットは?

ラクーナADは2016年9月に発売されてから、ラクーナシリーズで新作が出ているにもかかわらず、評判がいいため現在でも店舗に展示してあったり、メディアでも多く取り扱われ、とても人気があります。

ラクーナシリーズは、多々あるベビーカーのなかでは標準的なものであるといわれていますが、とくにバランスのとれたベビーカーが、このラクーナADです。

標準的なベビーカーゆえに、重さやコンパクトさ、機能などでもっとも重視している部分を、他のベビーカーと比べたとき、より優れているベビーカーが見つかることが多いでしょう。

ただ「どのポイントも譲れない!平均的なベビーカーがほしい」という方には、オススメです。

このようなベビーカーを探しているという方は、コンビの「メチャカルハンディ」と、比較してみるといいかもしれません。

3,今や当たり前?ハイシートが必須な理由

ラクーナADを含め、現在販売されているベビーカーは、ハイシート仕様が多いようです。
それはなぜでしょうか。

ハイシートは「熱やホコリ・排ガスから守る」だけでなく、「赤ちゃんとの距離が近くて安心」な点や、「乗せおろしが楽で腰にも負担がかからない」といった、利点があるからです。

赤ちゃんとの距離が近くて安心なのは、ママだけではなく、赤ちゃんも一緒です。

いつもと違う場所で不安でも、ママの顔が近くで見られることは、赤ちゃんにとってもいいことでしょう。

またベビーカーに乗せおろしをするたびに、ベルトを着脱したり、赤ちゃんの位置を調整したりなど、繰り返されるこの作業が、産後のママには負担になるのです。

今や、ハイシート機能は、A型ベビーカーには必須の機能といえるでしょう。

4,大きくて紫外線対策ばっちりのサンシェード(幌)。でも…

ラクーナシリーズは大きめのサンシェードで、すっぽり赤ちゃんをカバーできるのがいいところです。

もちろん小さいうちはしっかり日よけをしてあげられますが、少し成長してきたらどうでしょう。

ベビーカーは対象年齢が3歳までで、ある程度大きくなり子供が前かがみになって乗ったりすると、サンシェードに収まらなくなります。
そうなることを想定すると、サンシェードの重要性は人によって変わってきます。

他社のサンシェードでも日よけはでき、足などが出てしまう場合は、タオルをかけてあげれば問題はありません。

赤ちゃんのときに大きなサンシェードで、しっかりガードしてあげたいという方には、ラクーナADをオススメします。

赤ちゃんを守る大事な機能のひとつなので、比較するポイントのひとつとして覚えておきましょう。

5,値段はお高め?それとも妥当?

ベビーカーの価格は、メーカーや種類によってさまざまです。

今回紹介しているラクーナADは、税込で約6万円します。

高いと思われる方、大事な赤ちゃんが使うものだから妥当と思われる方など感じ方は人それぞれでしょう。

ただこの金額だからこそ、よい機能はたくさんついており、保証もしっかりしています。
何より赤ちゃんとパパママを想い作られたベビーカーなので、満足されている方が多いです。

店舗で購入すると実際に、乗り心地や使いやすさを試すことができますが、通販サイトでは店舗よりも安い価格で売られていることがあります。

こんな使い方をする人にオススメ


なんといっても、「ベビーカーに抱っこ紐がセットできる機能」があるのは、アップリカだけです。

まだ抱っこ紐を購入しておらず、買う予定がある方にセット購入をオススメ。

赤ちゃんは外出先であってもオムツが濡れて不快になったり、お腹が空いたり、甘えたかったりすると泣いて知らせます。
そのたびに抱っこひもとベビーカーを行き来するのは、大変な仕事でしょう。

ラクーナADは、抱っこ紐をセットする時間が省かれ、赤ちゃんを待たせることなく抱っこできます。
1人で子どもを連れて買い物やお出かけする機会の多い人にはぴったりです。

さらに軽量かつ片手ですぐたためるので、電車に乗ったときや車に乗せたいときにも便利です。
乗り物での移動が多いという方にも、使いやすいベビーカーといえるでしょう。

製品の特徴をしっかり把握して、自分のライフスタイルにあうベビーカーをみつけましょう


この記事では、アップリカのラクーナADを紹介しましたが、他にもそれぞれ個性のあるベビーカーはたくさんあります。

ラクーナADは最新型ではありませんが多様な機能が備わっており、赤ちゃんだけでなく一緒に使用するパパやママにも優しいベビーカーです。

色々な情報を参考にして大切な赤ちゃん、パパママのために満足のいくベビーカーが見つかるといいですね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク