3歳までの子育てが大切ってホント?イヤイヤ期のしつけは?

子どもの3歳は、心身ともに大きく成長する時期です。

親として子どもの成長は喜ばしいいっぽうで、イヤイヤ期に悩まされているママは多いのではないでしょうか。

わがままばかり言うわが子に「疲れた…」とツライ気持ちを抱えたり、子育てに孤独を感じてしまうママは多いのです。

そこで、この記事では3歳児の特徴から子育てのコツまでしっかりと解説します。

3歳児のしつけ方法や、イヤイヤ期の効果的な叱り方まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

子どもの3歳ってどんな時期?


3歳児のかんしゃくや、イヤイヤに悩まされるママは多いものです。

まずは、子どもの3歳がどんな時期なのか解説します。

3歳児は心身とも成長する大切な時期

3歳は、心身ともに大きな変化がみられる時期です。

わが子の成長を感じられる場面は多く、喜ばしいいっぽうで、新たな悩みに直面するケースがあります。

3歳の子どもに訪れる、心身の変化を3つチェックしていきましょう。

1.言葉の発達

3歳児は、言語能力が発達します。

「ママと・一緒に・遊ぶ」というように、3程度の単語を組み合わせて会話できるようになり、言葉でのコミュニケーションが上手くなります。

言葉でじぶんの考えを具体的に伝えようとしてくるので、今まで以上にコミュニケーションがとりやすくなるでしょう。

3歳児は、どんどん新しい言葉を覚えて語彙力が増える時期なので、表現豊かな会話ができるようになるわけです。子

2.身体能力の発達

 

3歳は身体能力が発達し、活発に身体を動かせるようになる時期です。

歩くだけではなく、走ったりジャンプをしたりと、3歳児は全身を使って運動するのを楽しむようになるでしょう。

高いところから飛び降りたり、けんけんをしたりなど、バランス感覚が要求される運動ができるようになるのも3歳頃からです。

3.自我の芽生え

2歳ごろから芽生えるといわれる自我が、3歳になると、ますます発達してきます。

好き嫌いや、やりたいこと・やりたくないことがはっきりとしてくるため、自己主張が激しくなるのです。

なんでも自分でやってみたい、思い通りにしたいという気持ちが強くなり、親が「〇〇しなさい!」と叱ると、反抗的な態度を見せるようになるケースがあるでしょう。

3歳になってもイヤイヤ期に悩むママは多い!

2歳ごろから始まるといわれるイヤイヤ期ですが、3歳になっても子どもの「イヤイヤ」が続き、大変な思いをするママは多いようです。

2歳児は理由もなく「なんでもイヤ!」とかんしゃくをおこしますが、3歳児の「イヤ!」は自己主張が含まれる分激しさが増します。

3歳になっても続く「イヤイヤ」は第一次反抗期と呼ばれ、心身の発達が関係しているのです。

理解力が増し、身の回りの出来事やや、大人の言うことがわかるようになるのが3歳ごろです。

また、3歳児は人から指図されるのではなく「自分で決めてやりたい!」と考えはじめます。

とはいえ、3歳児の会話能力はまだ発達段階なので、自分の気持ちを上手に言葉にできない子どもは多いでしょう。

うまく言葉にできなくても、自己主張をしたいという結果、猛烈に反抗したり、泣きわめく・物を投げるといったかんしゃくをおこして、ママを困らせてしまうわけです。

3歳までの子育てが大切な理由


3歳児の育児は、2歳児のイヤイヤ期とは異なった大変さがあります。

とはいえ、「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、じつは3歳までは、子どもが成長するうえでとても大切な時期です。

つぎは、3歳までの子育てが大切な理由を解説します。

3歳頃から脳は急成長する

脳の神経細胞は3歳頃に6割ほど完成し、急激に言語能力が発達します。

言葉の発達に限らず、知覚や脳を総合的にはたらかせるのに必要な神経細胞が急速に形成されていくので、3歳までの子育てが大切といわれているのです。

周囲の大人からかけられる言葉や、親の行動は、3歳児の脳にしっかりと響き、人格の形成に影響を及ぼします。

3歳までの子育ては、脳の成長や人格をつくるために、とても重要な時期と考えておきましょう。

参照:松本勝信『脳の機能の発揮と教育』大阪教育大学

3歳までに身につけた生活習慣が成長に影響

3歳までに身につけた生活習慣は継続されやすく、将来の成長につながるといわれています。

食事・睡眠といった生活リズムに限らず、あいさつをする・使ったものは片づける・脱いだ靴はきちんと揃える、といった基本的な習慣やしつけが、今後の成長に影響するのです。

基本的な習慣は、3歳までに定着させておくとよいでしょう。

参照:『小児期からの生活習慣病予防』富山県大学大学院

3歳児にやってあげたい子育てポイント4つ


3歳は、人格を形成する大切な時期です。

では、じっさいにどのようなポイントに気をつけて子育てをすればよいのでしょうか。

子どもの成長によい影響をあたえる、やってあげたい子育てポイントはつぎの4つです。

  1. いろいろなところに連れて行き、体験させる
  2. 自然に触れさせて、好奇心や興味を伸ばす
  3. 愛情たっぷりスキンシップをとる
  4. 積極的に声をかける

それぞれのポイントを、くわしくみていきましょう。

1.いろいろな体験をさせる

まず3歳児の子育てでは、いろいろなところに連れて行き、たくさんの体験をさせてあげるのが大切です。

公園やプール・海などで体を使って遊んだり、動物園で動物と触れ合ったりなど、さまざまな体験は発達途中の脳によい影響をあたえます。

また、地域で行われているイベントや体操教室などに参加して、いろいろな人と交流してみるのがオススメです。

子どもが3歳の頃は、楽しい体験をたくさんさせてあげましょう。

2.自然に触れさせて好奇心を伸ばす

3歳児には自然に多く触れさせて、好奇心を伸ばしてあげるのが大切です。

草や花などの植物や、昆虫などは子どもの興味や好奇心をくすぐり、成長につながります。

自然のなかでの遊びを通して、植物や虫の感触やにおい・鮮やかな色彩など、五感をしっかりとはたらかせられるので、3歳児は多くのことを学びとるでしょう。

自然に触れさせて、3歳児の「もっと知りたい!」という好奇心を伸ばしてあげるとよいでしょう。

3.愛情たっぷりスキンシップをとる

子どもには、たっぷりとスキンシップをとってあげてください。

3歳児に限らず、子どもはスキンシップが大好きです。

子どもは体に触れられると、ママからの愛情を感じて安心できます。

子どもが不機嫌なときは、満足するまで手をつないでみたり、抱きしめてあげてみてください。

3歳児は愛情で満たされると安心して、自立に向け成長していきます。

4.積極的に声をかける

3歳児には、積極的に声かけをして会話によるコミュニケーションをとってあげましょう。


「おいしいね」
「楽しいね」
「気持ちがいいね」

など、笑顔で声かけをすると、子どもの潜在意識によいイメージが残ります。

また、一緒に歌ったり、絵本の読み聞かせをするのがオススメです。

3歳児の子育てで気をつけたいポイント3つ


3歳児は自己主張が強くなるので、思い通りに動いてくれずイライラとしてしまうママは多いでしょう。

とはいえ、3歳児をしつけるうえで、気をつけたいポイント・注意点が3つあります。

  1. ほかの子どもと比較する
  2. 叩く
  3. 物で釣る

それぞれ、くわしく解説します。

1.ほかの子と比較する

兄弟や友達など、ほかの子どもと比較して叱るのはNGです。

「なんで〇〇ちゃんはできるのに、あなたはできないの!」という叱り方は、子どもに劣等感を覚えさせて、自信を奪ってしまいます。

周囲と比べるのではなく、個性として受け止め、わが子の成長スピードをやさしく見守ってあげるのが大切です。

3歳のころは、たとえ些細な成長でも、できるようになった部分を見つけて褒めてあげるようにしてください。

2.叩く

子どもがよくない行動をとったときに、叩いてしつけるのは避けましょう。

子どもは叩かれると、「暴力をふるわれた」「痛かった」という記憶だけが残り、「なにがいけなかったのか?」を考えられません。

また、叩かれないために親の顔色をうかがってしまい、自分の意見が言えなくなってしまう可能性があります。

子どもは叩いてしつけるのではなく、どうしていけなかったのかを言葉ではっきりと伝えるようにしましょう。

3.物で釣る

子どもに言うことをきかせたいときに、「〇〇してくれたら、△△を買ってあげる」と、物で釣るのは避けましょう。

ご褒美をもらわないと、何もしない子どもになってしまう可能性があります。

よい行動をしたときはしっかりと言葉で褒めて、子どもが「またやってみよう」という気持ちをおこさせるのが大切です。

3歳児を効果的にしつける工夫・コツ4つ


普段の生活のなかで子どもがわがままを言ったり、反抗的だった場合は、声かけに工夫をしてみると効果的にしつけられます。

そこでつぎは、3歳児への効果的な叱り方・しつけのコツを4つ紹介します。

  1. 理由を説明する
  2. 子どもに決めさせる
  3. 約束させる
  4. 環境を見直す

上記4つのポイントを、くわしく解説します。 

1.理由を説明する

3歳児をしつけたいときは、きちんと理由を説明してあげましょう。

「どうしてできないの!」と感情的に叱るのではなく、たとえば「あいさつしたら気分がよくなるよ。だから『おはよう』ってあいさつしようね」と具体的に言葉で説明してあげるのが大切です。

3歳児は大人が話している内容をきちんと理解できるので、ちゃんと説明してあげれば納得してくれます。

2.子どもに決めさせる

3歳の頃は自我が発達して自己主張が強くなるので子どもに物事を決めさせてあげてください。

「○○しなさい」と強制するのではなく、子どもがどうしたいのか聞いてあげるのが大切です。

子どもに行動を判断させると、じぶんで「良いこと」「悪いこと」を学ぼうとします。

親はわが子の意思を尊重するように、心がけてみるとよいでしょう。

3.約束させる

約束は、子どもをしつけるうえで効果的です。

たとえば「このアニメが終わったらお風呂に入ろうね」というように約束をすると、子どもは行動の見通しを持ちやすくなり、気持ちの切り替えがスムーズにできます。

約束を守れなかったり忘れたりしていても、根気強く繰り返し約束するのが大切です。

4.環境を見直す

子どもを不必要に叱らないためには、生活環境や親のふるまいを見直す必要があります。

危ないものや触ってはいけないものは子どもの手の届かない場所にしまったり、隠すようにしてみましょう。

両親が子どもを叱らなければならないきっかけを、あらかじめ減らしておくのです。

また、子どもは親の姿をよく見ています。

たとえば「歯を磨きなさい」と叱っておきながら、親が歯を磨く姿を見せずにテレビの前から動かないと、子どもは真似をしてしまうのです。

子どもにやってほしい行動は、両親も一緒におこなうようにしてみましょう。

3歳児が言うことを聞かない時の対処法


どんなに叱り方やしつけの仕方を頑張って工夫しても、なかなか子どもが言うことをきいてくれない場合があります。

子どもが反省する時間を作る

イヤイヤが激しい時は、子どもをかんしゃくの原因から隔離して反省の時間を作るという方法が効果的です。

アメリカではメジャーなしつけ方で、「タイムアウト法」と呼ばれています。

危険なものがなく、子どもの安全をしっかりと確保したうえで、一定時間ソファーの上や部屋のすみなど、決まった場所にとどまらせるのです。

かんしゃくの原因からしばらく隔離されると、子どもは気持ちを落ち着かせ、行動を切り替えられます。

男女別で効果的な叱り方は?

男の子と女の子では、効果的な叱り方が変わります。

男の子のしかり方

息子の場合は「低い声で真剣に」「短い言葉でシンプルに」叱るのが効果的です。

男の子は「○○できるかなー?」といったやさしい言い方では、なかなか行動できません。

叱るときは「お片づけをしましょう」と、目をしっかりと合わせて、最初から真剣にわかりやすく伝えるのが大切です。

女の子のしかり方

いっぽうで娘に対しては「やさしく語りかけるように」話をしましょう。

男の子にくらべて、女の子は、できないこと・やっていけないことを理解しています。

女の子には「〇〇やってくれると嬉しいな」といったように、やさしく語りかけてあげてください。

叱るときは、男の子・女の子どちらにも感情的に怒鳴ったり、長時間叱るのは避けて、落ち着いて対応するようにしてみましょう。
 

パパに協力してもらい子育てする

子どものしつけは、母親が中心になりがちですが、父親に協力してもらうのが大切です。

3歳の子どもは急スピードで成長しているので、パパとのコミュニケーションで学び取る部分が増えてきます。

パパが3歳児をしつける時は、感情的に怒らないように注意してください。
ママにくらべて子どもと接する時間がないパパは、つい子どもの言葉を真に受けてしまいがちです。

反抗的な態度で「パパなんて、きらい!」と子どもが歯向かってきても、パパは余裕をもって、軽く受け流せるようにしましょう。

3歳児をしつけたいときは、親が感情的にならないのがポイントです。

あたたかく受け入れて3歳児の子育てをしよう


3歳児の子育ては、子どもの判断を尊重するように意識してみてください。

2歳児にくらべて自己主張が増えて、大変に感じるかもしれませんが、それだけ成長しているしるしなのです。

しつけがうまくいかない時はママひとりで抱え込まず、パパやまわりの人に協力してもらいましょう。

3歳の子どもは大人になるために急成長中なので、自己主張をあたたかく受け入れて接してあげてくださいね。