ベビーホームのベビーカーはインポートなのに軽量!特徴は?

海外ブランドのベビーカーを、購入するかしないかを考えたとき、ちょっと悩むママが多いようです。


「海外ブランドのベビーカーはオシャレだけど、重いから自分で持ち運ぶのが大変」
「サイズが大きいから、駅の改札を通れない」

ベビーカーを選ぶときに、コンパクトさは重要なポイントでしょう。

しかし、海外ベビーカーは大型のものが多く、オシャレで走行性がよいものの、日本で使うには悩ましい部分があるのです。

海外ベビーカーのなかでも、スペインのベビーホームには、このような悩みを解決できるベビーカーが揃っています。

デザイン性に優れ、軽量コンパクトなベビーホームのベビーカーについて、まとめました。

ベビーホームのベビーカーラインナップ

ベビーホームでは「4ever(フォーエバー)」、「Vida(ヴィーダ)」、「Vida Golden(ヴィーダゴールデン)」、「Emotion(エモーション)」の4機種のベビーカーを、発売しています。

ここでは、日本で発売されている「Vida」と「Emotion」の2機種を、紹介します。

Vida(ヴィーダ)


ヤトミ happiness babyhome VIDA ベビーカー Black2Black 新生児~25kgまで BH02101BLBL A型ベビーカー

価格(税込) 46,440円
対象月齢 0歳から25キロまで
折りたたんだ時のサイズ 幅30×高さ71センチ
重量 7キロ
カラー ブラックトゥーブラック・クライン・レッド・ネクター・パープル・サンド
付属品 レインカバー・モスキートネット

「ヴィダ」はベビーホームを代表する、スタイリッシュストローラーです。
シンプルで美しいデザインで、細部にまでこだわっており、オシャレな色使いもステキです。

160°までリクライニングできるシートで、新生児から使用できます。

ハンドルの角度を調整できるのも、ポイントです。
身長に合わせて使いやすい高さにできるので、背の高いママパパでも、ストレスなく押せるでしょう。

最大容量が24リットルの、大きな収納バスケットも魅力です。

Emotion(エモーション)


babyhome emotion ベビーカー black ヤトミ ベビーホーム エモーション ブラック BH009040B7C

価格(税込) 43,200円
対象月齢 生後3ヶ月から25キロまで
折りたたんだ時のサイズ 幅46×奥行23×高さ70センチ
重量 6キロ
カラー サンド・パープル・ブラック・スカイ・ルージュ・カーキ

「エモーション」は、片手で動かせる軽量タイプのベビーカーです。
セカンドベビーカーとしても人気があります。

重量は6キロと、片手で押せるほどの軽量フレームを用いたベビーカーは、インポートのベビーカーとしてはめずしいです。

大きめのサンキャノピーには、窓がついているので、赤ちゃんの様子もいつも確認できます。

カスタマーレビューも高評価のようです。

オプションも充実!

ベビーホーム純正のオプション製品を、紹介します。

カップホルダー

ほとんどのボトルに使えるカップホルダーです。

ベビーカーのハンドルに取りつけます。

Sun for Emotion

ベビーカーに取りつけるタイプの、エモーション専用の日よけパラソルです。

トラベルバッグ

ベビーカーを入れて持ち運べる、ヴィダとエモーション専用のバッグです。
バックパックとして背負うこともできます。

ベビーホームのベビーカーの魅力


「ベビーホーム」は、スペインのベビー用品ブランドです。

重量の重いベビーカーが多いといわれる、海外ブランドのベビーカーのなかで、軽量なのが最大の魅力ですが、それだけではありません。

その魅力に、迫ります。

大きめのシングルタイヤ

ヨーロッパは、石畳などデコボコ道も多いので、タイヤがしっかりしており、押しやすいベビーカーが主流です。

スペイン生まれのベビーホームのベビーカーも例外ではなく、安定した走行性に優れています。

大きめのシングルタイヤが走行性のよさを実現しており、段差もラクラクです。
またすべてのタイヤに、衝撃吸収装置がついているので、走行中の振動を軽減します。

子どももストレスなく、乗り心地も快適でしょう。

シングルタイヤって

ベビーカーには「シングルタイヤ」と「ダブルタイヤ」があります。

シングルタイヤは、小回りがききやすいのが特徴です。

  • 狭い場所で方法を変えるとき
  • デコボコ道や段差

上記のような道でも、少ない力でスムーズに押せます。

ダブルタイヤはコンパクトに収納できるのが魅力です。
軽量で持ち運びに便利なダブルタイヤが、日本では主流となっています。

軽さや持ち運びやすさで選ぶならダブルタイヤ、押しやすさにこだわるならシングルタイヤを選ぶのもよいでしょう。

海外ブランドのベビーカーは、シングルタイヤのものが多く発売されています。
お店で、押しやすさや使いやすさを実際に試してみるのもオススメです。

主なシングルタイヤのベビーカー

  • ピジョン「ランフィー」
  • サイベックス「ミオス」
  • バガブー「カメレオン」
  • シンプルペアレンティング「ドゥーナ」
主なダブルタイヤのベビーカー

  • マクラーレン「クエスト」
  • コンビ「メチャカルハンディ」
  • アップリカ「オート4輪ハイシートベビーカーオプティア」

たっぷり収納できるバスケット

ベビーカーの下のカゴには、それぞれ「エモーション」は14リットル、「ヴィダ」は24リットルもの荷物を収納できます。

お買い物のあとで、次々と荷物が多くなっても安心できる容量です。
間口が広いので、荷物の出し入れも簡単にできるのも、うれしいポイントといえます。


5点式ベルトで赤ちゃんを守る

5点式ベルトなので、赤ちゃんがしっかりシートに背中を合わせられ、前のめりになることを防ぎます。

やさしく赤ちゃんを固定し、衝撃からもしっかり守るクッション性の高いパッドを装備しています。

簡単操作でコンパクトに折りたたみ

ベビーカーを折りたたむのも簡単です。
コンパクトに折りたためるので、車のトランクに入れたり、玄関に置いても、置き場所には困りません。折りたたんだときに、自立するのもうれしいポイントです。

調節できるフットレスト

フットレストは2段階に調節できるタイプです。

小さな赤ちゃんのときはフラット、大きくなってきたら折りたたんで、お子様の成長に合わせて、ポジションを変えられます。

ファブリックはいつも清潔

ベビーホームのテイラードファブリックは本体から取り外し可能で、お家で洗濯できます。
いつでも清潔なベビーカーで、子どもも快適に過ごせますね。

レインカバーとモスキートネットが標準装備!

付属品として、レインカバーとモスキートネットがついています。

レインカバーがあれば、雨の日のお出かけも安心ですし、ネットは蚊除けとして赤ちゃんを守ってくれます。

どちらも、お出かけするのにあると便利なアイテムです。
その都度買うと、お金もかかるので、標準装備されているのは、うれしいですね。


ベビーホームのベビーカーはどこで買えるの?

ベビーホームのベビーカーは、日本では現在、ヴィダとエモーションの2機種が、販売されています。

ベビーホーム取り扱い店舗や、オンラインで購入できます。

ネットショップでは、インポート製品は取り寄せで商品が届くまでに時間がかかったり、通常価格より高額になったり、正規販売店でないショップもあります。
しっかり検索して、見極める必要がありそうです。

国内にベビーホームの直営店はない?

残念ながら日本には、ベビーホームの直営店はありません。

ヤトミが、日本正規総代理店として販売しています。
愛知県限定のようですが、ヤトミのホームページには、展示会情報なども掲載されているので、お近くにお住いの方はチェックしてみてください。

軽量+スタイリッシュなベビーカーでお出かけしよう


ベビーホームのベビーカーについて、紹介しました。

重量が重いといわれるインポートのベビーカーのなかでも、比較的軽く、お手頃価格で購入できるのも魅力です。

オシャレな海外ブランドのベビーカーを探している方は、ベビーホームを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてくださいね。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...