ココアのカフェイン量とは?妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

甘くて香り高いココアは、一息つきたいときに飲みたくなりますよね。
でもココアには、カフェインが含まれることを知っていますか?

カフェインは妊婦さんや授乳中のママにとって、よくないといわれていますが、ココアを飲むことで、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。

この記事では、ココアに含まれるカフェインの量や、ほかの注意すべき成分、さらに飲みすぎると母子のからだにどんな影響があるのかを紹介します。

また健康的にココアを飲む方法もお伝えするので、ココア好きのママには必見です!

妊娠中・授乳中に、ココアを飲みたくなったときの注意点を押さえましょう。

ココアに含まれるカフェイン量は?


普段飲むココアには、どれほどのカフェインが含まれているのでしょう?

配合で栄養成分には違いが出ますが、東京都福祉保健局によると、100mlあたりに含まれるカフェイン含有量は、次の通りです。

  • ココア:9.3mg
  • (比較)レギュラーコーヒー:60㎎
  • (比較)紅茶:30mg
  • ココアに含まれるカフェインは、あまり多くないようです。

    ママがとってもよいカフェインの上限量は?


    普段生活するなかで「カフェインのとりすぎはママによくない」と耳にすることもあるでしょう。

    しかし摂取してもよい上限がそもそもあるのかどうか、もしあるならどのくらいの量かなどを、具体的に知らないままだと、ママはなんとなく不安になりがちです。

    ただカフェインの摂取上限量は、ひとによってまったく違うので、日本では具体的なカフェインの上限量を定めていません。

    カフェインと人間の健康との関係について、東京都福祉保健局は次のように述べています。

    体に何らかの影響が表れるカフェイン量は、個人差が大きく、国内、海外ともに、食品に含まれているカフェインについて、毎日ずっと摂取しても健康に影響が出ないと推定される量は設定されていません。しかし、海外では、食品に含まれるカフェインについて、摂取目安量を設定している国や国際機関があります。

    しかし妊婦さんの体内は、カフェインが残りやすくなっています。
    そのため外国では、妊婦さんが摂取するカフェインの目安量を、下記のように設定しているところもあるのです。

  • オーストリア・カナダ・韓国…300mg
  • 英国…200mg
  • 外国で定めている上限量ぎりぎりまで、カフェインをとると、ママがあとから不安になるかもしれません。

    1日にとるカフェインの目安量を、およそ100mg以内にしておくと安心ですね。

    ちなみにココアだけから100mgのカフェインを摂取するには、1日10杯以上ココアを口にする計算になります。

    基本的には、ココアでカフェインを過剰摂取する心配はなさそうです

    ママがカフェインを摂りすぎるとどうなるの?


    健康な大人でも、カフェインのとりすぎは体や心に影響がでることがあるのです。

    中枢神経が刺激されることで、睡眠障害・不安・震え・めまいなどの症状を引き起こすケースがあるため、摂りすぎはよくないとされています。

    妊娠中・授乳中にこのような症状がでると、ツライものですが、ママがカフェインの量をとくに制限されるのには、ほかにも理由があるようです。

    ママがカフェインを過剰摂取したときに考えられる作用をみていきましょう。

    妊娠中

    妊婦さんがカフェインをとりすぎると、以下の2つのリスクが考えられます。

  • 胎児の成長への悪影響
  • カルシウム不足
  • この2つのリスクを紹介します。

    赤ちゃんの成長がストップ?

    カフェインは胎盤を簡単に通り越してしまうため、赤ちゃんに簡単に届き、悪い影響を及ぼします。

    まだ肝臓が発達していない胎児のからだは、うまくカフェインを処理できないからです。

    英国食品基準庁(FSA)によれば、妊婦さんがカフェインを過剰摂取することによって、出生児が低体重になりやすいという報告があります。
    また生まれた後も、健康に問題が生じる可能性があるのです。

    利尿作用によるカルシウム不足

    カフェインには、利尿作用があります。

    何度も尿をすることで、水分や、せっかく摂ったカルシウムが、すぐに体外へ排出されてしまうのです。

    妊婦さんは、ただでさえカルシウムが不足しがち。
    骨の健康を保つためにも、カフェインの摂りすぎは避けたいですね。

    授乳中

    出産後のママが摂取したカフェインのうち、1%前後は母乳に移行します。
    そのため、母乳を通じて、ママの体内に吸収されたカフェインが、赤ちゃんに影響を及ぼすことがあるのです。

    赤ちゃんの身体は、なかなかカフェインを消化できないので、カフェインの影響を、大人よりも強く受けます
    そのためママがカフェインをとりすぎると、赤ちゃんの寝つきが悪くなったり、落ち着きがなくなるのです。

    赤ちゃんが落ち着かず、寝つきが悪いと、どうしてもママは心配になってしまいがちです。
    ママも疲れている中赤ちゃんをあやさねばならず、休養がとりづらくなります。

    ほかに注意すべきココアの成分は?


    ココアにはカフェインがそこまで含まれていないからと、安心するのは、まだちょっと早いようです。

    ココアの成分には、カフェインのほかにも、妊婦さんや産後のママが注意すべきものが含まれています。

    糖分

    ココアに含まれる糖分をとり過ぎると、ママに下記のような悪い影響があります。

    妊娠中

  • 妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群などの病気にかかりやすい
  • 体重管理ができなくなる
  • 産後

  • ママがビタミンB1欠乏症になりやすい
  • ママが糖尿病、高血圧などの生活習慣病になりやすい
  • 赤ちゃんが便秘になりやすい
  • 甘いものを制限されているため、ココアをついつい何杯も飲みたくなりがちですが、1日1~2杯程度に抑えておきましょう。

    テオブロミン

    ココアには、ほかにもテオブロミンと呼ばれる成分が含まれます。

    テオブロミンは、カフェインと同じように利尿作用があるため、カルシウムが不足しているママは、とくにココアを飲む量に注意しましょう。

    チョコレートにも注意!

    テオブロミンは、ココアの原材料であるカカオ豆に含まれています。

    そのためチョコレートも、テオブロミン含有量が高いのです。

    甘いものが食べたいときにチョコレートを口にしがちですが、テオブロミンの効果には注意しましょう。

    結局ココアを飲んでも大丈夫なの?


    ココアに含まれるカフェインを心配するママもいますが、基本的にはココアを飲んでも母子のからだに悪い影響はありません

    ココアを飲むメリットとは?

    ココアを飲むと、むしろママにはよい働きもあります。

    たとえばテオブロミンは利尿作用がある反面、覚醒作用とリラックス効果の両方があります。

    覚醒作用により集中力や記憶力があがり、リラックス効果は、ストレスの溜まりがちなママの心を、ほっとさせてくれるでしょう。

    森永製菓によると、カカオ豆に含まれる「カカオポリフェノール」には、抗酸化作用があるため、インフルエンザの予防にも役立つという発表もあります。

    ポリフェノール以外にも、食物繊維や鉄分といった栄養分も多く含まれるので、ココアはママの健康と美容のためにもうってつけの飲み物なのです。

    カフェインの影響だけを考えるなら、妊娠中・授乳中のママがココアを飲むことはまったく問題ありません。

    しかしほかの成分の影響も受けるので、1日1~2杯程度飲むなら安心でしょう。

    子どもには飲ませても大丈夫?

    甘くていい香りのするココアは、子どもにも大人気の飲み物です。
    子どもが成長する過程で、子ども自身にココアを飲ませてあげる機会もでてくるでしょう。

    子どもにココアを飲ませるときも、ココアに含まれる成分の作用を知っておくことが必要です。

    ココアに含まれるテオブロミンには興奮作用があるため、子どもがココアを飲みすぎると、落ち着きをなくすこともあります。

    子どもにココアを飲ませるときは、1日1杯程度にとどめると安心ですね。

    また利尿作用により、カルシウムの吸収率も下がりますので、ココアパウダーを牛乳でとかして、カルシウムの摂取量をあげましょう。

    おすすめの飲み方


    健康のことを考えたとき、よりよいココアの飲みかたはあるのでしょうか?

    カフェインレスのココアってあるの?

    大量でないとはいえ、カフェインが含まれる飲み物を妊婦さんが口にするのは不安かもしれません。

    もし存在するのであれば、カフェインがまったく含まれていないココアを飲むのが一番ですよね。

    ただカフェインレスのココア自体は、商品として存在しないようです。
    ココアを飲むのであれば、摂取量に気をつけましょう。

    純ココアを買ってきましょう

    普段よくお店で見かけるココアパウダーには、2つの種類がある、と知っていましたか?

    ココアパウダーのみが入っている純ココアと、ココアパウダーに砂糖やミルクパウダーが添加されている調整ココア(ミルクココア)の2種類です。

    純ココアと比べ、砂糖が大量に含まれるミルクココアは、お湯に溶かすだけで飲めるため、手軽で便利ですが、糖質の摂取量を自分でコントロールしにくいのがデメリットといえるでしょう。

    純ココアを用意して、お好みで砂糖やハチミツを混ぜれば、手軽に糖分を抑えられ、糖分やカロリーの調節ができるのでおすすめですよ。

    森永・バンホーテンは?ブレンディは?

    ココアパウダーを買おうとしたとき、お湯に混ぜるだけで手軽に飲めるミルクココアは人気なので、お店でも目につきがちです。

    でも森永やバンホーテンといった、ココアパウダーを販売する有名な企業も、純ココアを販売しています。

    森永製菓 純ココア 110g×3個

    バンホーテン ピュアココア 200g

    コーヒーで有名なブレンディは、あらかじめ砂糖を入れたスティックタイプのみを販売しているようですね。

    AGF ブレンディスティック ココアオレ 21本入り

    ココアパウダーを買うときには、参考にしてみましょう。

    ミロってどんな飲み物?

    ネスレ社が販売しているミロは、子どもに大人気の飲み物です。

    ココアに似た印象を持ちがちですが、ミロは粉末の麦芽飲料なので、ココアではありません

    ネスレ ミロ オリジナル 240g×2個

    カフェインの量は同社のコーヒーの10分の1程度、とココアとあまり変わらないようです。

    糖分の摂取量に、気を付けましょう。

    適度にココアを飲んで、リラックスした妊娠生活を!


    ココアを飲んで心を癒すのは、疲れがちな妊婦さんにとって大切な時間です。

    甘い香りでリラックスして、ホットココアで体を温めるのは、ひょっとしたら贅沢なひとときかもしれません。

    カフェインは大きく心配しなくてもよさそうですが、ココアに入っている糖分には注意をしたほうがよいですね。

    ココアに含まれる成分による影響を正しく知って、適度にココアを楽しみましょう。