【漢方薬剤師が教える】男性の精力を高める漢方薬

皆さんこんにちは。

タクヤ先生こと杉山卓也です。

一昔前ですと不妊症の原因は女性、という意識が存在していましたが現在は3割以上の確立で男性側の問題があると言われています。
理由としてはおよそこの30年間の間に精子量、運動率、奇形率がいずれも以前より悪化していることがあげられています。

 

さらに不本意なことに国別のセックス回数で日本はダントツの最下位になっています。
精子の働きも悪い上に夫婦生活の回数も少ない…これでは子宝に恵まれないのもうなずけますね。

 

そこで今日は、男性の精力について漢方を絡めたお話をしたいと思います。

男性に気をつけてほしいこと


健全な精子を育むために男性の生活習慣で気をつけて欲しいことは下記です。

1.熱い湯に長く浸からない(精子は熱に弱い)
2.お酒やタバコは控えめに(いずれも精子には悪影響を与える)
3.睡眠は最低でも6時間(精子は夜の時間に作られますので早寝が大切)
4.ストレスを溜め込まない(ストレスはホルモンバランスを崩す大きな要因に)
5.適度に体を動かす(体の代謝を上げておくことが大切)

精力を高めるこんな漢方薬


「漢方薬」となると、補腎薬といわれるカテゴリの漢方薬の中から服用される方の体質にマッチした漢方を服用することが基本となります。

その他にも「食用アリ」や「魚の浮袋」と言ったちょっと変わったいわゆる「動物薬」を加えていくことで精力を大きくアップさせることが可能です。

夫婦生活を行う体力や気力がないという方のために体内エネルギーを増やす「補気(ほき)剤」やストレスを体外に発散させる「疏肝(そかん)剤」などを組み合わせていくこともあります。

まずは何よりもご夫婦で仲良く楽しんで夫婦生活に望んでいただくことが大切です。

こちらの記事もあわせてチェック!

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...