ピジョン【ランフィ エフ】ベビーカーの口コミと詳細、どんな人にオススメ?

「ランフィエフ」は,、人気ブランドPigeon(ピジョン)から発売されているA型ベビーカーで、ランフィのニューモデルです。

ベビーカーは、メーカーも種類もたくさんあるので、見ただけでは、違いがわかりにくいかもしれません。
自分に、なにが合ってるのかわからないし、とっても迷いますよね。

そこで今回は、ランフィエフの性能や、特徴、どんな方にオススメなのか、くわしく調べました。

これからベビーカーを買うマタニティーママは、ぜひ参考にしてください。

ランフィエフを使っている人の口コミは?


まずは実際に、ランフィエフを使っている方の口コミを調査したところ、

実際に使用している方は、シングルタイヤならではの、小回りがきくところに惹かれたようです。

ランフィエフの特徴



ピジョン Pigeon 両対面式 A形ベビーカー ランフィ Runfee RA7 デイジーブルー 軽量5.4kg 1ヵ月~36ヶ月対象 「押しやすさ」にこだわったシングルタイヤのベビーカー

ランフィエフは、こだわりの大きなシングルタイヤで、「狭い道でも小回りが利く、段差に強いので振動が少ない」と、ママにも赤ちゃんにも優しいベビーカーです。

その優れた走行性で、段差やガタガタ道のある、お散歩やお出かけも安心です。

また片手でたため、片手でもつことができる軽さなので、電車やバスでのお出かけにも、重宝するでしょう。

ここでは、さらにくわしい特徴をみていきましょう。

値段(税抜価格) 53,000円
重量 5.4kg
広げたときの大きさ 高さ51cm・横幅82.5cm・奥行103cm
たたんだときの大きさ 高さ51cm・横幅38cm・奥行101cm
座面の高さ 54cm
シート幅 不明
リクライニング 115度〜165度
タイヤ径 16.5cm
タイヤタイプ シングルエアタイヤ
シートの素材 メッシュベースシート・洗えるリバーシブルシート
シートの取り外し
ハンドルバーのタイプ 左右がつながったバータイプ
サンシェード UV加工・花粉リリース
荷物入れ 16L
シートベルト 5点式
フロントガード あり
フットレスト ×
ブレーキ タイヤ固定
7色展開(グレイスネイビー・ストライプブラウン・アイリッシュグレー・ブリティッシュレッド・オーロラネイビー・フレンチブラック・プリズムモノクロ)
使用期間 生後1ヶ月~36ヶ月
両対面
ハンドルの高さ調節 ×
たたんだときに自立するか
トラベルシステム ×
メーカー公式店で購入したときの付属品 取り扱い説明書・幌・ハイグットシートS
安全基準 SG規格合格

イチオシの特徴は操作性の良さと段差に強いこと

ランフィエフの1番の特徴といえば、やはり大きなシングルタイヤです。

シングルタイヤのメリットは、地面に接っする面が小さいので、砂利道や石畳の道でも、軽快におすことができ、ママも赤ちゃんも快適なところです。

ほかにもダブルタイヤのベビーカーでは、通るのが難しい改札口(約55cm)でも楽々で通れ、小回りがきくのも大きな特徴でしょう。

とくにランフィエフは、タイヤの構造にとてもこだわっているので、紹介します。

ランフィエフこだわりのタイヤとは?

まずランフィエフのシングルタイヤの特徴は、「16.5cm」という大きさでしょう。

タイヤが大きいということは、段差に強いということです。

「このくらいなら大丈夫だろう」と思うような、少しの段差でも、ヨーロッパなどの石畳が多い国のベビーカーとは違い、日本製のほとんどのベビーカーの場合、乗り越えるのが難しいです。

段差に弱いといわれる日本製のベビーカーが多いなか、ランフィエフは軽く押すだけでスイスイ進めるのが大きな特徴で、子育てで忙しいママたちに優しいつくりになっています。

ランフィエフのタイヤは赤ちゃんにも優しい

ランフィエフのタイヤは、大きいだけではありません。

赤ちゃんへの衝撃を和らげる、スイング式サスペンションが、4つすべてのタイヤについています。

サスペンションのおかげで、上下からの衝撃はもちろん、前方向からの衝撃も吸収するので、段差を乗り越える際の、赤ちゃんへの衝撃をしっかり逃します。

タイヤの中が空洞になっているタイプのエアタイヤを使っているので、クッション性が高く、タイヤ自体が振動を吸収する優れものです。

エアタイヤといってもチューブを使っていないのでパンクの心配や、もちろん空気入れも必要ありません。

小回りは?オート4輪切替って必要?

シングルタイヤの特徴といえば、操作性のよさと、小回りがきくことです。

押しやすいので改札口はもちろん、駐車場や公園にある車止めなどの、狭くてカーブになっている場所もスイスイ通れます。

またランフィエフは、オート4輪切替のベビーカーです。

オート4輪切替とは、ランフィエフのようにハンドルを対面、背面どちらでもつかえるようなベビーカーの場合、ハンドルを切り替えるだけで、押す人側のタイヤをロックし、前方向のタイヤは自由に動くように、と自動で切り替えてくれる機能です。

オート4輪切替があると、常に前方向のタイヤが自由に動くので小回りがきき、とくに対面で使用する際のハンドル操作が、とてもスムーズです。

赤ちゃんが小さいうちは、常に様子が気になり、対面位で使用する方が多いので、「オート4輪は必須機能」であるといっても過言ではありません。

ちなみに、オート4輪切替は、ピジョン以外のメーカーではオート4キャスやオート4輪といわれています。

このようにランフィエフのタイヤはとても優秀で、ママと赤ちゃんのことを考え、こだわって作られていることがわかるでしょう。


ハンドルは?

ランフィエフのハンドルは、左右がつながったバータイプです。

操作しやすいのはもちろんですが、片手でたたんだり、持ち上げたりしやすいのが、バータイプのハンドルの特徴です。

またバータイプのハンドルはインターネットやショッピングモール、100円均一で、ハンドルに取りつけるフックなど、便利なアイテムが手にはいるのも、いい点でしょう。

ランフィエフのハンドルは、高さや角度が変えられません。

しかしハンドルの高さは対面位で使用するより、背面位で使用したときの方が高くなります。

背の高いパパは、背面位で使用するなど工夫してください。

背面、対面の切り替えはワンタッチで、ハンドルが切り替わるので、誰でも簡単にできます。

荷物はどれくらい入るの?

ランフィエフの荷物入れは、「16L」と標準的な大きさです。

大容量を売りにしているベビーカーに比べると小さめですが、荷物が多いミルク育児のママでも、バック1つなら安心して載せられる大きさです。

しかし「バックも買い物袋ものせたい!」と、思っているママには、小さいかもしれません。

ちなみに荷物の出し入れは、一方向からしかできません。

「対面走行で使用しているときは、背面側からでないと荷物の出し入れができないので不便」という声もあるようです。

移動しやすい?

ベビーカーを使用するときは、

  • 電車やバスで使える?
  • 車のトランクに載せられる?
  • 1人で畳んだり持ち上げたりできる?

など、ママの生活スタイルによって、さまざまな心配事があるでしょう。

そこでランフィエフの特徴をふまえて、実際に使っているママのレビューや口コミを調べてまとめました。
ぜひ参考にしてください。

電車移動が多い方

まずランフィエフがシングルタイヤで、段差や振動に強い特徴があります。

シングルタイヤのよいところは、幅が狭い場所も通れるところです。

ランフィエフは、改札口も通れりやすい幅なので、困りません。

またハンドル操作のしやすさから、駅のホームや街で、人を避けるときや、人の隙間をスイスイ通ることができるのがよい点です。

タイヤが大きく段差に強いので、ホームから電車に乗り込むときもスムーズです。

振動に強いのでベビーカーのまま電車に乗っても、赤ちゃんは揺れを感じることなく、快適に過ごせます。

ただしホームと電車の間があいている場合や、段差が急な場合、ホームや、電車内が混雑している場合などは、赤ちゃんを抱っこして、ベビーカーはたたんでください。

マナーを守って、赤ちゃんに危険がないよう使用しましょう。

車移動が多いママにもオススメ

普段、車移動メインのママが一番気になるのは、「ベビーカーが車にのるかどうか」でしょう。

ランフィエフはたたんだときの大きさが「高さ51cm横幅38cm奥行き101cm」と、少々大きめです。

軽自動車の場合だと、トランクにのせることはできますが、ランフィエフ以外の物は、のせられない大きさです。

車が小さめの方や、トランクに荷物をのせている方は、念のため購入前にサイズを確認した方がいいでしょう。

畳んだり持ち上げたりできる?

ランフィエフは重さが「5.4kg」と、ベビーカーのなかでは、少し重めです。

小柄だったり力が弱いママは、「乗せ降ろしが大変」と思うかもしれませんので、実店舗で実物を持って確かめるとよいでしょう。

たたむときや広げるときは、ハンドルにあるレバーで片手でできます。

バスに乗るときなど、赤ちゃんが泣いたときでも、抱っこしたまま折りたたみできるので便利です。

まだあります!おすすめポイント


ランフィエフには、ほかにもチェックしておきたい、おすすめのポイントがたくさんあります。

「54cm」のハイポジションシート

一般的なベビーカーのシート高が40cmのところ、ランフィエフは、「54cm」のハイポジションシートです。

これは、赤ちゃんを熱やホコリから遠ざける目的で、地面に近ければ近いほど、赤ちゃんにとってはストレスになる要素が多くあるのです。

またベビーカーを押しているママやパパと、赤ちゃんとの距離が近くなり、乗せ降ろししやすいのが特徴です。

走行中も、ママやパパとの距離が近い方が見守りやすく、赤ちゃんも安心ですよね。

洗濯機で洗える!三層構造シート

ランフィエフのシートは、三層構造です。

実際に赤ちゃんが触れる上の二層のシートは、洗濯機で洗えるので、汗やよだれで汚れても、常に清潔に使うことができます。

三層構造の一番下のシートは、風通しがいいメッシュベースのシートで、汗によるムレを防ぎます。

真ん中のシートは、リバーシブルになっていて、表裏で素材が違います。

季節に合わせて使い分けられるのが特徴で、とても便利です。

一番上のシートは、低月齢の首や腰が座っていない赤ちゃんの、頭やお尻を支えるシートで、高性能クッション材でできており、通気性がよく、赤ちゃんが快適に過ごせます。

ちなみに一番下のメッシュシートだけでも使用できるので、子どもの成長にあわせて、使い分けてください。

豊富なカラー展開で見た目も可愛い♪

ランフィエフは機能性だけでなく、カラーが7色と豊富で、ストライプ柄などデザイン性もよく、見た目が可愛いと評判です。

アップリカやコンビなど、他メーカーと性能を比べて余計に迷って、決められないときは、見た目を決め手にするママもいるようです。

ランフィエフはどんな人にオススメ?


ランフィエフのこだわりである、大きなシングルエアタイアは、外で使うときに、もっとも活躍します。

そのため普段、徒歩移動が多い方や、お散歩やお買い物に使うのがオススメです。

段差や振動に強いのは、ママにとって安心材料になりますし、ハイシートで通気性のいいシートは、外でも赤ちゃんが快適に過ごせます。

またランフィエフの幌は、紫外線99%カットで、花粉リリース機能もついています。

赤ちゃんをすっぽり包み込む大きさで、光の向きに合わせて角度も変えられるので、まさに「お外での普段使いに大活躍のベビーカー」と、いえるでしょう。

購入の前にチェックしておきたいポイント


散歩や買い物などの普段使いにオススメですが、電車やバスでの移動が多い方、旅行や帰省なども、片手でたためたり、改札口もそのまま通れるなど、便利な機能はたくさんあります。

しかし畳んだときのサイズ感や、重さが気になる方も、いるかもしれません。

購入の前には、お店などで実物を見て、試してからの購入がオススメです。

  • 「あれ?重さも大きさも気にならない!」
  • 「思ってたより操作しにくいかも…」
  • 「やっぱりランフィエフが1番いい♪」

など、人によってチェックポイントや感じ方は、本当にさまざまです。

ベビーカーを購入の際には、口コミや画像だけで判断せず、ぜひ実際に実物を見て、失敗しないベビーカー選びをしてくださいね。

ランフィエフは、赤ちゃんにも優しく、ママも思いのままに動かせるベビーカー!


ランフィエフにはたくさんのメリットがありました。

とくにシングルタイヤと大きなエアタイヤで、衝撃を抑えながらも、走行性が抜群のベビーカーです。

購入の前には、自分の生活スタイルを振り返って、本当に自分に合うベビーカーは、どんな機能をもつベビーカーなのか、しっかり見極めましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...