抱っこ紐とスリングの違いは?人気商品5選!使い方・選び方まとめ

抱っこ紐とスリングは、どちらも赤ちゃんを抱っこするための道具ですが、「どのような違いがあるのか、よくわからない…」というママは多いものです。

そこで今回は抱っこ紐とスリングの違いや、選ぶポイント・おすすめの商品をまとめて紹介します。

「抱っこ紐とスリングなら、どっちがいいの?」と悩んでいるママは、ぜひチェックしてみてください。

抱っこ紐とスリングの違いは?


抱っこ紐とスリングには、それぞれ特徴があります。

抱っこ紐とは?

抱っこ紐は、中央に赤ちゃんが座るスペースがあり、肩ベルトや腰ベルトをして、ママが子どもを抱っこできるベビー用品です。

肩ベルトや腰ベルトは調節ができるため、子どもの成長に合わせて長く使用できます。

スリングとは?

いっぽうで、スリングはママが片方の肩から布をかけて吊るし、赤ちゃんを布のなかに包み込んで抱っこするアイテムです。

斜めかけバッグの感じで、赤ちゃんを抱っこできるのが、「スリング」と考えるとわかりやすいでしょう。

スリングは密着する抱き方なので、赤ちゃんがお腹のなかにいたころを思い出して、とても安心するため「第2の子宮」ともいわれています。

抱っこ紐とスリングの使い分けは?おすすめの使い方

使い方は、家の中ではスリングを利用し、外出の時は抱っこ紐を使うのがオススメです。

抱っこ紐は丈夫にできているため、ママと赤ちゃんの体をぴったりと固定します。

長時間赤ちゃんを抱っこしていても、抱っこ紐はスリングより疲れにくいのが魅力です。

外出中はただでさえ、体力を消耗しがちなので、疲れにくいものを選ぶとよいでしょう。

いっぽうで、スリングは慣れると数十秒で簡単に装着できるので、赤ちゃんがぐずったときに、さっと抱っこできる魅力があります。

赤ちゃんがぐずったときは、スリングを使い抱っこするとママと密着できるので、安心して眠ってくれる場合もあるようです。

抱っこ紐の特徴とオススメ商品

まずは、抱っこ紐のメリット・デメリットと、おすすめ商品を紹介します。

抱っこ紐のメリット

抱っこ紐は、ママの負担が少なく・長く使えるというメリットがあります。

赤ちゃんを抱っこする負担を減らしたいというママは、抱っこ紐があると便利でしょう。

ひとつで使える機能が多い

抱っこ紐は、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるように工夫されている商品が多い、というメリットがあります。

ひとつの抱っこ紐で、縦抱きやおんぶなど、いくつかのポジションで抱っこできる商品が多く、便利です。

両手が使える

抱っこ紐は赤ちゃんを抱えていても、両手が使えるメリットがあります。

赤ちゃんを抱っこしながら、家事や買い物がしやすいので、抱っこ紐は忙しいママにオススメです。

ママの負担が少ない

抱っこ紐には、ベルトがママの腰や肩の負担を軽減するというメリットがあります。

腰ベルトや肩ベルトがあることで、赤ちゃんの重さを分散するのです。

子どもが成長して体重が重くなってからも、抱っこで疲れにくいつくりになっています。

幼児期まで長く使える

抱っこ紐は丈夫に作られているので、幼児期まで長く使えます。

商品によって体重制限は異なりますが、体重が10kgを超えても使用できる抱っこ紐がほとんどです。

抱っこ紐のデメリット

つぎは、抱っこ紐のデメリットを紹介します。
きちんとデメリットを理解したうえで、抱っこ紐を使うようにしましょう。

着脱が面倒・難しい

抱っこ紐は、着脱が少し面倒だったり、慣れるまで扱いにコツがいる商品があります。

いろいろな抱き方ができる抱っこ紐は、ポジションごとに着脱方法が異なるので、難しく感じるママは多いようです。

大きくてかさばる

抱っこ紐は、丈夫に作られているため、かさばります。

外出先で赤ちゃんを降ろした後は、抱っこ紐が大きいため「邪魔になる」と感じるママは多いようです。

熱がこもる・ムレやすい

抱っこ紐は、ベルトでしっかりと腰や肩を固定するので、熱がこもりやすいデメリットがあります。

通気性のよい生地を使用した抱っこ紐があるものの、汗っかきの赤ちゃんやママは、こもる熱を不快に感じるかもしれません。

とくに夏場はムレやすいので、しっかりと熱さ対策をしておきましょう。

抱っこ紐はどんなママにおすすめ?

抱っこ紐は、赤ちゃんの世話をしながら家事をしたいというママにおすすめです。

ママが離れると泣いてしまう赤ちゃんには、抱っこをしても両手が使える抱っこ紐が便利でしょう。

また、抱っこ紐は両肩と腰のベルトで赤ちゃんをしっかりと支えるので、ママの身体に負担が少ないのが魅力です。

ママが負担を感じづらいので、長時間お出かけするときにも抱っこ紐がおすすめといえます。

抱っこ紐のオススメ商品3つ

抱っこ紐はさまざまな種類があるので、どれを選ぼうが悩んでしまうママは多いものです。

そこでつぎは、口コミで人気のオススメ抱っこ紐商品を紹介します。

エルゴベビーベビーキャリアADAPT


エルゴベビー(Ergobaby) 抱っこひも 新生児から メッシュ 軽量 おんぶ アダプト/ディープブルー クールエア ADAPT 【日本正規品保証付】 CREGBCPEAPBLUE

本体価格(税込) 24,840円
対象月齢 生後0ヶ月から体重20kgまで
種類(カラー・柄) スターダスト/フォレストフレンズ/フロストミント/ネイビーバンダナ/アクアイカット
特徴 新生児から使える
ベビーウエストベルト付き

エルゴベビーはハワイ生まれのブランドですが、日本でとても人気のあるベビーキャリアブランドです。

エルゴベビーのアダプトは長時間赤ちゃんを抱っこしても、ママの肩や腰が痛くならないのが人気の秘密のようです。

ママと赤ちゃんの両方が快適なのは、嬉しいポイントですね。

ベビービョルン・ベビーキャリアオリジナル


ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ベビーキャリア オリジナル ブラックピンストライプ 023020

本体価格(税込) コットン:6,800円
ジャージー:9,000円
対象月齢 新生児から14ヶ月まで
種類(カラー・柄) ブラック&ピンストライプ/シティブラック/シティネイビー/ジャージーダークグレー
特徴 シンプル・コンパクト設計
洗濯機でのお手入れOK

ベビーキャリアオリジナルは、新生児から使える抱っこ紐、というのが人気のポイントです。

首がすわる前から使えるので、家事や上の子どもの面倒で忙しいというママは、ベビーキャリアオリジナルをチェックしてみるとよいでしょう。

ベビーキャリアオリジナルは、新生児期に使用するママが多いようです。

新生児から抱っこ紐を使いたい場合は、別売りのインサートを購入しなければならない商品が多いものの、ベビーキャリアオリジナルは追加の付属品が必要ありません。

ベビーキャリアオリジナルは少しでもコストをおさえて、長く使える抱っこ紐がほしい!というママにオススメでしょう。

西松屋のオリジナル商品ダッコ―ル

本体価格(税込) 6,799円
対象月齢 生後4ヶ月から体重13kgまで
種類(カラー・柄) ブラック/ネイビー
特徴 対面抱っこ・おんぶひもの2WAY
丸洗いOK

ダッコ―ルは、西松屋のオリジナル抱っこ紐です。

西松屋はベビー服や育児用品を取り扱う専門店なので、よく利用するというママは多いのではないでしょうか。

ダッコールは洗濯機で丸洗いができるので、長く清潔に使えます。

また、ダッコールが人気の秘密は、値段の安さです。

コスパ重視のママは、ダッコールをチェックしてみるとよいでしょう。

ダッコ―ルは、価格の安さや機能性が高評価のようです。

「安い抱っこ紐は使いづらそう…」と不安に感じるママは多いものですが、ダッコ―ルはお財布に優しく・ママの身体に負担の少ない抱っこ紐といえます。

スリングの特徴とオススメ商品


つぎは、スリングのメリット・デメリットとオススメの商品を紹介します。

スリングのメリット

スリングのメリットは、つぎのとおりです。

着脱が簡単・持ち運びがラク

スリングはシンプルな作りなので、着脱が簡単です。

また、赤ちゃんを下ろした後は、コンパクトに折りたたんで収納できるので持ち運びがラクというメリットがあります。

新生児から使える

スリングは首が座っていない赤ちゃんを、安心して抱っこできます。

首が座る前の赤ちゃんは、縦抱きよりも横抱きのほうが安全です。

また、スリングは赤ちゃんがママと密着できるので、安心して眠ってくれやすいのが特徴です。

色んな抱き方ができる

商品によって異なりますが、スリングは横抱き・縦抱き・斜め抱き・腰抱きができます。

ママの気分や赤ちゃんの機嫌で、気軽に抱き方を変えられるので、スリングは抱っこの負担を減らしてくれるアイテムといるでしょう。

抱っこ以外の使用ができる

スリングは抱っこ以外にも、授乳時の目隠しや日よけ・防寒対策といった、布ならではの使い方ができます。

授乳専用ケープなどの荷物がひとつ減らせるのは、荷物の多くなりがちなママにとって嬉しいポイントです。

スリングのデメリット

つぎは、スリングのデメリットをチェックしていきましょう。

両手を自由に使えない

スリングは抱っこ紐のように安全ベルトがあるわけではないので、赤ちゃんを手で支える必要があります。

抱っこ中は自由に両手が使えないので、家事やほかの作業がしづらいでしょう。

慣れが必要

スリングを使いこなすには、慣れが必要です。

布1枚でできたシンプルな作りなので、スリングは使い方を間違うと赤ちゃんを落下させる恐れがあります。

安全面に配慮して、スリングは正しく使えるように練習しておきましょう。

片方の肩に負担がかかる

スリングは、片方の肩に布をかけて使用します。

片方ばかりに負担がかかるので、肩こりに悩まされるママは多いようです。

肩こり予防のためにも、スリングは意識して、片方の肩ばかりにかけないようにしましょう。

使用できる期間が短い

スリングは、長くても1歳ごろに卒業する赤ちゃんがほとんどでしょう。

1歳を過ぎて、動き回れるようになると、布のなかでじっと包まれているのを嫌がる赤ちゃんは多いのです。

スリングはママと密着できて赤ちゃんが安心するというメリットがあるいっぽうで、動き回れるようになると嫌がる赤ちゃんが多い、というデメリットがあると考えておいてください。

スリングはどんなママにおすすめ?

スリングは、赤ちゃんの寝かしつけや授乳時に便利なアイテムです。

抱っこ紐でも寝かしつけはできますが、縦抱きになってしまうので、赤ちゃんが体勢的に眠りづらいデメリットがあります。

スリングは、赤ちゃんがぐずった時にすぐ抱っこしてあげたい・寝かしつけに使いたいというママにオススメでしょう。

スリングのオススメ商品2つ

つぎは、スリングのオススメ商品を2つ紹介します。

ババスリング


Baba Slings ババスリング 【日本正規品保証付】【正規代理店】 抱っこひも/ベビースリング BBS006 シルバー

本体価格(税別) 10,000円
対象月齢 新生児から体重13kgまで
種類(カラー) 24種類(ワンカラー/パターン/エンブロイドリー など)
特徴 5通りの抱き方ができる
パパとの兼用OK

ババスリングは、豊富なカラーと機能性が人気のスリングです。
5つのポジションで抱っこができます。

「赤すぐ」のベビースリング部門で5年連続1位を獲得しており、ママから根強い人気を集めている商品です。

ババスリングは、赤ちゃんの寝かしつけに便利と感じるママが多いようです。

また、汚れやすいスリングを丸洗いできるのが、ババスリングの人気ポイントといえます。

ベッタ・キャリーミープラス


(ベッタ) Betta キャリーミープラス スリング カチッとロック 【モノトーン/ストライプ&ドット】

本体価格(税別) 6,900円
対象月齢 新生児から体重11.3kgまで
種類(カラー) ヘリンボーン/ストライプ/デニム/ペンシルドット/モノトーン など
特徴 軽量・コンパクト
パパとママの兼用OK

ベッタのキャリミープラスは、ファスナーで簡単に肩紐を調節できるのが魅力のスリングです。

ブラウンドットや優しいベージュ色など、商品のバリエーションが豊富なので、お気に入りのスリングを見つけられるでしょう。

キャリーミープラスは軽量・コンパクトなデザインで、持ち運びに便利です。
また、肩ひもを調節できるので、パパとママが共同で使えます。

ベッタのキャリミープラスは、ぐずっている赤ちゃんをあやすのに効果的で、使いやすい!と感じるママが多いようです。

抱っこ紐とスリングを選ぶポイント


最後は、抱っこ紐とスリングの選ぶポイントを紹介します。

抱っこ紐を選ぶポイント

まずは、抱っこ紐の選ぶポイントをみていきましょう。

使用時期

抱っこ紐は、商品によって対象月齢が変わります。

新生児から抱っこ紐を使いたい場合は、対象月齢が生後0ヶ月からの商品を選んでください。

赤ちゃんの首がすわる4ヶ月以降から抱っこ紐を使用したいときは、ポジションを確認しておくのが大切です。

商品によっては、赤ちゃんの視野が広がる前向き抱っこや、家事がしやすいおんぶができる抱っこ紐があります。

抱っこ紐選びは、対象月齢・ポジションをはじめにチェックするとよいでしょう。

着脱のしやすさ

抱っこ紐は着脱が簡単で、ママひとりで付け外しがラクにできる商品がオススメです。

なかには着脱方法が複雑な商品があるので、購入前に抱っこ紐の取り付け方を、店舗でチェックしておきましょう。

抱っこ紐の素材

赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいので、できるだけ通気性のよい抱っこ紐がオススメです。

夏はもちろん、真冬でも汗をかいて抱っこ紐のなかがムレでしまうケースがあるので、メッシュ生地や通気性がよい素材の製品を選んでみてください。

夫婦で使える

抱っこ紐は、パパとママで兼用できる商品がオススメです。

ベルトの調節機能がある抱っこ紐は、体格差があってもパパとママで兼用できます。

普段はママが使用する頻度が高くても、お出かけのときはパパが抱っこできる商品を選んでみましょう。

スリングを選ぶポイント

つぎは、スリングの選ぶポイントを紹介します。

体重制限

スリングは新生児から使えますが、商品によって体重制限が変わります。

赤ちゃんは日々成長していくので、安全に使用するために体重制限に余裕がある商品を選んでください。

スリングの素材

スリングは、通気性のよい布や厚くて温かい布で作られているのが一般的です。

とはいえ、スリングのなかには、赤ちゃんの重みで伸びやすい素材を使っている商品があります。

伸びやすい素材のスリングは、記載されている情報よりも耐久性がないケースがあるので注意してください。

長さ調節ができるか

スリングは長さ調節のできる商品と、できない商品があります。

長さ調節ができない商品はかならず試着をして、ママのサイズに合ってるかどうかチェックしてください。

いっぽうで、長さ調節ができるスリングは、バックルが背中にあたって痛いというケースがあるようです。

あらかじめ調節方法や、使いやすさは、購入前にチェックしておくとよいでしょう。

抱っこ紐とスリングを使い分けて快適な毎日を

抱っこ紐とスリングは、それぞれにメリットとデメリットがあります。
生活のシチュエーションに応じて、ママは抱っこ紐とスリングを使い分けてみるのがオススメです。

また、商品を選ぶ際は、じっさいに試着をしてみて自分の体に合っているかや、使いやすさをチェックしてみるのがよいでしょう。

赤ちゃんを抱っこする育児グッズなので、安全性を第一に考えつつ、ママが使いやすい商品を選んでみてくださいね。