おんぶ紐デビューはいつから?簡単&ラクラクのオススメ9選!

おんぶ紐は、外だけではなく家の中でも大活躍します。

おんぶ紐は両手が空くので家事がしやすく、「赤ちゃんの寝かしつけが楽になった!」という声も多いアイテムです。

単体のおんぶ紐ではなく、おんぶ機能が付いている多機能タイプの抱っこ紐は「おんぶ紐」として使いやすいのかも気になるところです。

ここではおんぶ紐デビューの時期・選び方・オススメのおんぶ紐を紹介します。

すぐにオススメのおんぶ紐を見たい方はコチラ

おんぶ紐はいつからいつまで使うの?


おんぶ紐は、赤ちゃんの首がすわると使えるようになります。

赤ちゃんの首がすわるおおよその目安は生後4ヶ月ごろです。

しかし、赤ちゃんによって個人差があるので様子を見て使いましょう。

首がすわる前の赤ちゃんには、使用できません。

おんぶ紐はモデルによりますが、15kg(3歳ごろ)~20kg(4歳ごろ)まで使えるものが一般的です。

15kg以上になると、ママの身体への負担も大きいので、ムリに使わないないようにしましょう。

製品によって対象年齢は異なるので、取扱説明書にて事前に確認してくださいね。

下記の記事は、赤ちゃんの首が座る時期や見分けについて紹介しています。

おんぶ紐を選ぶときのポイント3つ


おんぶ紐を選ぶには、どういう部分をチェックすればよいのでしょうか。

選び方のポイントを抑えて、自分に合うおんぶ紐を選びましょう。

1:おんぶ紐は2つのタイプがある

おんぶ紐は、おんぶ専用タイプとおんぶ抱っこ兼用タイプがあります。

2つのタイプのメリットとデメリットを比べていきましょう。

おんぶ専用タイプ

専用タイプのおんぶ紐は、多くのメリットがあります。

メリット
  • 軽く、コンパクトになるため持ち運びやすい
  • 着脱がかんたん
  • ママや赤ちゃんの負担が少ない
  • 安く買える

外出先でおんぶ紐を使いたい方には、持ち運びしやすく、着脱も簡単なのでオススメです。
ママや赤ちゃんへの負担が少ないのも嬉しいポイントですね。

デメリット
  • 紐をクロスさせて結ぶタイプは、胸が強調される

胸が強調されやすいので、恥ずかしく思う方もいるでしょう。

おんぶ抱っこ兼用タイプ

おんぶ抱っこ兼用タイプは万能のように思えますが、どんなメリット・デメリットがあるでしょうか。

メリット
  • 多機能に使える
  • 新生児から使いやすい
  • 長く使える

新生児から長く使えるのは、経済的ですね。

デメリット
  • おんぶ機能が使いにくいものがある
  • 価格が高め
  • かさばる

おんぶ抱っこ兼用タイプは、機能が充実している分、価格が高くなります。
リーズナブルに抑えたい方は、おんぶ専用タイプがオススメです。

2:どんな場面で使う?

おんぶ紐は、どんなときに役立つのでしょうか。

家での寝かしつけや、家事のあいだに必要な場合は、おんぶ紐専用で十分です。

ママの両手が空き、前の視界をさえぎることがないので安全に動けます

長時間の外出が多い場合は、いろいろな抱き方ができる兼用タイプ、乗せ降ろしが簡単なヒップシートが便利ですね。

使う場面を考えてから選ぶと失敗しないでしょう。

3:持ち運びやすいか

長時間のお出かけのときは、おんぶ紐が、かばんやベビーカーに入れて持ち運べるとよいですね。

おんぶ専用タイプラップタイプは、とてもコンパクトになるものが多く、持ち運びにオススメです。

人気のあるオススメおんぶ紐9選!

ランキング上位を占める製品や、話題のおんぶ紐を紹介します。

おんぶ専用タイプ4つ

まずは、おんぶ専用タイプのおんぶ紐を、紹介しましょう。

1.おんぶひも快適チェンジ/buddybuddy(バディバディ)

BuddyBuddy 快適チェンジヒモタイプ ネイビー A0940

 

税込価格  5,940円(メーカー希望価格)
対象月齢 首がすわってから(4ヶ月ごろ)~24ヶ月(体重約13kg)まで
素材 ネイビー/ポリエステル65%、綿35%
 グレー/綿55%、ポリエステル45%
カラーバリエーション ネイビー・グレー

バディバディが保育士さんと開発した、ひもで結ぶタイプのおんぶ紐です。

ワイド肩パットが、肩への負担を軽減するので、肩こりに悩まされている方にはオススメできます。

また夏場の暑い時期は、メッシュタイプに早変わりします。
温度調節が苦手な赤ちゃんを、オールシーズンまもるための工夫がいっぱいで、人気の製品です。

対面だっこにも対応しています。

バディバディおんぶ紐快適チェンジの使い方

胸が強調されない結び方

2.おんぶもっこ/おんぶmocco

引用:おんぶもっこ

税込価格 8,640円(メーカー希望価格)
対象月齢 首がすわってから(4ヶ月ごろ)14.9kgまで(30ヶ月ごろ)
素材 綿100%(中芯・肩パッド以外)
バリエーション ストライプ・和柄レース・ナチュラルリーフ・アイスストロベリー・無地

天草発祥のおんぶ紐「おんぶもっこ」は、 新聞やテレビで取り上げられるほど、話題の製品です。

デザイン性が高く、おしゃれな昔ながらのおんぶ紐。

赤ちゃんを高い位置でおんぶできるのが特徴です。

肩には、しっかりした肩パットが入っていて、ママの身体への負担が少なくすみます

結び方を工夫すると、胸も強調されないので、他人からの視線が気になりません。

また授乳ケープやおくるみ、布団などいろいろな使い方ができるのも魅力でしょう。

おんぶもっこの使い方

3.昔ながらのおんぶひも/北極しろくま堂

北極しろくま堂 昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき コム/モノブラック(総柄) 本体:綿100% ON-50-X-3140

税込価格 5,940円(メーカー希望価格)
対象月齢 生後4~36ヶ月ごろ
素材 表地・裏地・芯地/綿100%
帯・頭あて・中地/ウレタンフォーム
枕芯/ポリエチレン
カラーバリエーション コム・モノブラック・ショコラ・ブルーベリーパイ

おんぶ紐やベビースリングの専門ブランド、「北極しろくま堂」の昔ながらのおんぶ紐です。

おんぶ位置が、赤ちゃんの顔を肩越しに見える高さなので、ママも赤ちゃんの様子をみることができます。

頭当てがついているので、赤ちゃんの頭がだらんと垂れることがありません。

胸の前でクロスするタイプのため、胸が強調されやすいのがデメリットです。

昔ながらのおんぶ紐の使い方

4.セオッテON-E/コンビ

コンビ セオッテ ON-E リボンブラック

税込価格 6,799円(メーカー希望価格)
対象月齢 おんぶ/首がすわり~36ヶ月(15kg)まで
だっこ/首すわり~24ヶ月(13kg)まで
素材 綿100%ダブルガーゼ
カラーバリエーション リボンブラック・ボーダーグレー

ベビー用品の有名ブランド「コンビ」と、ベビーグッズ専門チェーンの「西松屋」がコラボしたおんぶ紐です。

落下防止のホールドがついているので装着する際は、先にホールドをとめて、リュックのように背負うだけなので、とても簡単ですよ。

しっかりとしたつくりなのに、とても軽く、たたむとコンパクトになるので、持ち運びが多い方でも便利でしょう。

セオッテON-Eの使い方

おんぶ抱っこ兼用タイプ3つ

しっかりした構造が魅力の、おんぶ抱っこ兼用タイプのオススメを紹介しましょう。

5.ベビーキャリーベーシック/napnap(ナップナップ)

ナップナップ napnap ベビーキャリー ネイビー

税込価格 9,050円(メーカー希望価格)
対象月齢 だっこ/首すわり(生後4ヶ月)~生後24ヶ月(約13kg)
おんぶ/首すわり(生後4ヶ月)~生後48ヶ月(約20kg)
素材 表地/綿100%
メッシュ/ポリエステル
カラーバリエーション フレンチラベンダー・オリーブカーキ・ライトキャメル・ネイビー・カフェベージュ

ナップナップのベビーキャリーは、日本人の骨格にあうよう設計してあるおんぶ紐です。

赤ちゃんの股関節がひらきすぎることなく、理想の姿勢をたもつことができます。

落下防止の安全ホルダーや、ファスナーひとつでメッシュに切替えられる機能、大容量ポケットなど、赤ちゃんにもママにもやさしい機能が充実しているおんぶ紐といえるでしょう。

デザインもベーシックで、落ち着いた色味が多いので、どんな服にもあわせやすく、パパが使う場合にも最適です。

ポップな可愛いデザインが気になる方は、「UKIUKIシリーズ」もオススメです。

ベビーキャリーベーシックの使い方

6.ベビーキャリアオリジナル/エルゴベビー

エルゴベビー ベビーキャリア オリジナル ナイトスカイ [並行輸入品]

税込価格 18,360~19,980円(メーカー希望価格)
対象月齢 生後4ヶ月~20kgまで
素材 綿100%
カラーバリエーション 18種類

ハワイ発のエルゴベビーは、抱っこ紐の王道ブランドです。

対面抱き・おんぶ・腰抱きの3通りの使い方ができます。

パット入り肩ストラップや重さを分散する設計で、ママが長時間使用しても疲れにくい抱っこ紐です。

7.抱っこ紐オールシーズンズ/Lillebaby(リルベビー)


リルベビー LILLEBABY 抱っこ紐 【正規代理店輸入】 COMPLETE 6-in-1 6WAYベビーキャリア オールシーズンズプリント(Breton Stripe) lb1006-02 新生児(3.2kg)-約4歳(20kg) 6通りの抱っこが可能

税込価格 19,440円(メーカー希望価格)
対象月齢 新生児~20kg(4歳ごろ)
素材 本体/綿100%
メッシュ/ポリエステル100%
ショルダー・腰ベルト/綿100%
裏地メッシュ/ポリエステル100%
カラーバリエーション チャコールベリー・チャコールシルバー・ブラックキャメル・サンド・シルバー・ブラック・ノーティカルネイビー

北欧デザインのおしゃれな抱っこ紐で、おんぶや抱っこを含め6通りの使い方ができます。

腰をしっかりカバーし、シートの幅を調節できるため、赤ちゃんの成長とともにシートの幅を広げることが可能です。

赤ちゃんにやさしい素材や、通気性のよさをしっかりと考慮して作られているので、安心して使用できます。

スタイリッシュで、機能性も充実させたいママにはピッタリでしょう。

新定番のおんぶ抱っこ兼用タイプ

最近注目を集めており、インスタなどで話題になっている、抱っこ兼用のおんぶ紐を紹介します。

8.ベビーラップ/didymos(ディディモス)


引用:ディディモス

税込価格 11,880~26,244円(メーカー希望価格)
対象月齢 0ヶ月~体重制限なし
素材 オーガニックコットン100%
カラーバリエーション 70種類(2018年2月現在)

ドイツ発のディディモスは、医師や助産師、そして世界の愛用者とともに製品を開発しており、赤ちゃんの理想的な抱き姿勢や大人の使い心地を追求しています。

金具がついていない長い布を巻いて使うラップタイプのおんぶ紐です。

1枚布なのでさまざまな巻き方ができ、おんぶや抱っこに横抱き、おくるみ、ブランケットなど、使い方は十人十色です。

巻き方を検索すると、さまざまな方法がでてくるので、いろいろ試すとよいでしょう。

デザインはとても豊富で、生地は耐久性のあるオーガニックコットンを使用しています。

ベビーラップの使い方

9.オルガ ヒップシートキャリア/pognae(ポグネー)

POGNAE(ポグネー) ORGA(オルガ) ヒップシートキャリア/PG-HIPSEAT-ORGA キャベツ

税込価格 19,980円(メーカー希望価格)
対象月齢 0ヶ月~36ヶ月
素材 オーガニックコットン100%
カラーバリエーション 水色・灰色・青

最近では、おんぶ紐の腰ベルトに赤ちゃんの台座がついたヒップシートタイプといわれる、近年話題を集めている新しいタイプの抱っこ紐です。

赤ちゃんのお尻をしっかりと乗せられるシートがついているのが大きな特徴で、とても安定感があります

オルガーヒップシートキャリアは、ヒップシートと抱っこ紐が一体になったタイプで、場面に合わせて抱っこ紐を取り外し、ヒップシート単体で使用することもできます。

ひとり歩きができるようになったころの、ちょい抱きにもとても便利です。

手作りもできる?

おんぶ紐を、ハンドメイドで作っている方もいます。

好きな布を使って、自分の好きなデザインで作れるのがハンドメイドの魅力です。

裁縫が得意でなくても、「世界でたったひとつのオリジナル抱っこ紐」を作っている方はいるようです。

ハンドメイドするときは、安全性を高めるために、ミシンをつかって頑丈に作りましょう。

おんぶ紐があれば、赤ちゃんもママも快適!


おんぶ紐は、両手が空き、視界が開けるので、動きやすいです。
抱っこ紐と併用している方も多くいます。

おんぶ紐はママとの密着度も高く、赤ちゃんもママもお互いに安心できるため、赤ちゃんの精神的な健やかな成長にも一役買うようです。

それだけではなく、ママが育児と家事を両立できる優秀なアイテムといえるでしょう。

さまざまなタイプのおんぶ紐がありますが、どんな目的でおんぶ紐を使いたいのかを考えて、自分にあったものを選ぶことが大切です。

下記の記事では、オススメの抱っこ紐も紹介しているのでチェックしてみてくださいね。