ベビーカーシートはお出かけの味方!保冷・保温に役立つオススメ10選

「ベビーカーに乗せると大泣きして寝てくれない」

「ベビーカーは洗えないけど、シートは汚れるたびに交換して洗いたい・清潔に保ちたい」

そんな赤ちゃんとママにおすすめのアイテムが、ベビーカーシートです。

寒い・暑いなどが言えない赤ちゃんだからこそ、ベビーカーの乗り心地はママ次第です。

赤ちゃんがベビーカーを気に入れば、ママも大助かり間違いなしなので、参考にしてください。

この記事では、おすすめのベビーカーシートやメリット&デメリットなどを紹介します。

目次

ベビーカーシートとは


ベビーカーの座面部分に、別途取り付けて使うシートです。

汗かきの赤ちゃんにとって、地熱が反射してくる夏場はとくに過ごしにくく、通気性のよさはとても重要です。

寒い冬よりも、夏のほうが十分な対策を講じるべきかもしれません。
そんな時に便利なのがベビーカーシートです。

ベビーカーシートは、メッシュ生地や立体構造などの工夫で、通気性をあげる働きがあります。

赤ちゃんの背中やお尻などのシートと接する部分に敷くことで、不快感を取り除くのです。

ベビーシートには、

  • 春夏用の保冷剤・保冷剤用ポケット付きのタイプ
  • 秋冬用に保温機能に優れたタイプ
  • 通気性にこだわった一年を通して使用できるタイプ
  • クッション性能が高いタイプ

など、多くの種類があります。

過剰にいくつも装備する必要はありませんが、「洗濯時の交換用として」や、「子どもへの衝撃をやわらげるため」、「夏場の暑さから子どもを守るため」など、必要に応じて準備しておくといいでしょう。

ベビーカーシートのメリットは?


最近のベビーカーは、そもそも赤ちゃんへの衝撃を和らげる工夫がされていたり、通気性のいいメッシュ素材を使用していたりします。

それももちろん効果的ですが、それだけでは不足している機能を、ベビーカーシートで補うといいでしょう。

先輩ママの声から、ベビーカーシートを使用することのメリットを説明します。

クッション性能をあげられる

意外と多いのが、ベビーカー嫌いの赤ちゃん。

「乗せた瞬間に泣き出したり、乗せて移動するたびに泣いて困る」という状態であれば、クッション性能が高いベビーカーシートを取り付けてみると、解決することがあるようです。

赤ちゃんの口から、乗り心地の感想をきくことはできませんが、乗り心地がよくなるように工夫してあげると、喜んでベビーカーに乗るようになるのでしょう。。

清潔に保てる・汚れを防げる

子どもはよだれや飲食物をこぼしたり、突然嘔吐したり、おもらししたりと、衣服やベビーカーを汚すことが当たり前です。

また赤ちゃんはよく汗をかくので、カビやすくもあります。

そんなとき、ベビーカーシートがあれば衣服と同じように洗うことができ、赤ちゃんが触れるところを清潔に保てるので安心です。

日本製のベビーカーの場合、付属シートが洗濯できるタイプもありますが、洗い替え用としてもう一つあると便利です。

自分のベビーカーを一目で見つけやすい

産後、赤ちゃん連れが多く参加するさまざまな説明会や病院に、出かける機会は多いです。

そんなとき、ベビーカーシートを取り付けていると自分のベビーカーを見つけやすく、便利ですよ。

ベビーカーシートのデメリットは?

反対にベビーシートのデメリットとは、何でしょうか。

意外と価格が高い

これはベビーシートに限りませんが、ベビー用品は全体的に価格設定が高いものが多いです。

必需品が多く出費が重なる時期なので、そう感じやすいのかもしれませんが、自分たちにとって必需品なのかどうかを、冷静に考える必要があります。

通気性が悪くなる場合がある

ベビーカーとの相性もあるようですが、シートを重ねることで反対に通気性が悪くなることがあるようです。

ベビーカーシートおすすめ人気ランキング10選


先輩ママの口コミを参考に、おすすめのベビーカーシートを紹介します。

1、丹平製薬(たんぺいせいやく) カンガルーの保冷・保温やわらかシート

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート ライトブルー (首が座る生後2~3ヶ月頃から対象) 夏・冬のお出かけ時に赤ちゃん快適!

税抜き価格 3,676円(税込み価格:3,970円)
サイズ 縦41cm横24cm
カラーバリエーション 2色
表地シート素材 綿80%、ポリエステル20%
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能(ネット使用・陰干し)
取り外し方法 上下にヒモがあります。
特徴 保冷と保温の両方に対応し、チャイルドシートでも使用できます。専用のジェルを夏場は冷凍庫で冷やし、冬は電子レンジで温めて一年中使用可能です。

もともとは製薬会社ですが、現在は化粧品やベビーグッズも展開している丹平製薬。

冷凍庫で冷やしてもかたくならず、最適な温度を保つのでとても優秀だという声が多いです。

2、渡嘉毛織(わたかけおり) 北欧 ベビーカーシート

北欧柄 マイクロフリース ベビーカーシート(イエロー)

税抜き価格 2,941円(税込み価格:3,176円)
サイズ 縦78cm横48cm
カラーバリエーション 4色
表地シート素材 ポリエステル100%(マイクロフリース)
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能(ネット使用)
取り外し方法 上部に4本のヒモあり。ベビーカーのベルト5点も通せます。
特徴 マイクロフリース素材なのでふんわりやわらかく肌触りがとてもいいだけでなく、保温性に優れています。

ベビー・健康介護・インテリア用品のメーカーです。

日本製なので安心感があり、かわいいデザインで人気があります。

3、メラビーmela-b ベビーライナー プレミアムライン

mela-B メラビー ベビーライナー プレミアムライン ブリングスター×グレー

税抜き価格 4,500円(税込み価格:4,860円)
サイズ 縦70cm横34cm
カラーバリエーション 5色
表地シート素材 綿100%
手入れ方法 手洗い推奨
取り外し方法 上部にフックつきのヒモがついています。
特徴 バウンサーからベビーカー、自転車のチャイルドシートまでマルチに使えます。デザイン性が高く、ベビーカーをかわいく飾り付けたいママに人気。

その他6つのシリーズがあり、好みに合わせてたくさんの柄の中から選べるのでおしゃれママにおすすめ。

「頭部部分がリボンのようでかわいい」という、口コミも多いです。

4、ドラコdoraco 保冷ジェル付き パイルシート 

NEW 保冷ジェル付き パイルシート オールシーズン対応ベビーカーシート チャイルドシートや子供乗せ自転車にも DORACO  (チェック)

税抜き価格 4,600円(税込み価格:4,968円)
サイズ 縦73cm横37cm
カラーバリエーション 5色
表地シート素材 綿76%ポリエステル24%または綿98%ポリウレタン2%
手入れ方法 手洗い(日陰で吊り干し)
取り外し方法 固定ベルト・マジックテープベルト
特徴 オリジナル保冷ジェル4つが付属されており、パイル生地がふわふわです。ベビーカーだけでなく、チャイルドシートや自転車シートにも取り付けられます。

元助産師のママと現役デザイナーのパパが手がけているオリジナルブランドです。

多くのユーザーの声を製品づくりにいかしており、シートがベビーカーからずれることのないよう、固定方法にこだわりが感じられます。

5、アモローサマンマAmorosa mamma オーガニックコットン 保冷ジェルポケット付きベビーカーシート

税抜き価格 4,000円(税込み価格:4,320円)
サイズ 縦75cm横34cm
カラーバリエーション 2色
表地シート素材 オーガニックコットン100%
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能
取り外し方法 5点ベルト対応で、上下にヒモが付いています。
特徴 保冷ジェルが4つ付属されています。別売りのハーネスカバーとガードカバーもあるのでコーディネートできるのがポイントです。

ベビー服デザイナーによるオーガニックコットンブランドです。

ホワイト系やピンク系など淡い色合いの商品が多く、オーガニックコットンであるのがポイントでしょう。

6、エアバギーAirBuggy オリジナルストローラーマット

エアバギー ダクロンアクア ストローラーマット ライトデニム

税抜き価格 3,800円(税込み価格:4,104円)
サイズ 縦76.5cm横45cm
カラーバリエーション 10色
表地シート素材 コットン100%
手入れ方法 手洗い推奨
取り外し方法 3点式、5点式、他社のベビーカーに対応
特徴 コットン100%で手触りがとてもいいです。デザインの豊富さとシンプルな作りで人気。

「オリジナルストローラーマット」は、ベビーカーで有名なエアバギーの商品です。

ストローラーマットは4種類展開していますが、そのなかでもロングセラーのシリーズで人気があります。

7、ミーノベビーMeeno Baby クールミーシートライナーストローラー

Cool Mee クール・ミー ベビーカー用さらさらシート Silver シルバー

税抜き価格 3,500円(税込み価格:3,780円)
サイズ 縦79cm横32cm
カラーバリエーション 4色
表地シート素材 ポリエステル100%
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能(単独)
取り外し方法 ほぼすべての5点式ベビーカーに取り付け可能
特徴 クッション性のある断熱素材と通気性のあるメッシュ生地で挟んだ3層構造なので一年中快適です。

保冷剤を入れるタイプと違い、シート全体の構造で汗や湿気を逃がすので、身体を冷やしすぎる心配がありません。

8、渡嘉毛織(わたかけおり) ハニカムシート(あせも・汗かき対策)

渡嘉毛織 汗取り ハニカムシート(ベビーカー・チャイルドシート用)【日本製】

税抜き価格 2,800円(税込み価格:3,024円)
サイズ 縦90cm横28cm
カラーバリエーション 1色
表地シート素材 ナイロン65%ポリエステル35%
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能(ネット使用)
取り外し方法 頭部と肩にヒモが付いています。
特徴 特殊ハニカム構造という立体構造のシートが、シートと背中の間に隙間を作るため熱がこもらず蒸れません。厚みは4~5mmなので取り付けたままベビーカーを折りたためます。

とくに夏場の暑さ対策におすすめのシートです。

「これを使うようになってから子どもが汗をかきにくくなった」、という口コミが多いですよ。

9、コンビCombi さらすやエアスルーシート

コンビ さらすやエアスルーシート 【クールネイビー(NB)】

税抜き価格 2,900円(税込み価格:3,132円)
サイズ 縦68.5cm横26cm
カラーバリエーション 4色
表地シート素材 綿
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能(ネット使用)
取り外し方法 切り込みにベルトを差し込むだけなので簡単
特徴 通気性に優れた3層メッシュ生地で赤ちゃんは快適です。

取り外しが簡単なので、ベビーカーとチャイルドシートの付け替え等がノンストレスでできます。

10、アップリカAprica さらっと洗えるさらっとマット

Aprica (アップリカ) さっと洗える さらっとマット ビタードットBR (チャイルドシート・ベビーカー・ハイローベッド兼用) 純正リバーシブルタイプ 98659

税抜き価格 5,000円(税込み価格:5,400円)
サイズ 縦70.7cm横34.8cm
カラーバリエーション 2色
表地シート素材 ポリエステル100%
手入れ方法 洗濯機で丸洗い可能
取り外し方法 3つの切り込みにベルトを通して取り外し
特徴 乾きが早いワッフル素材と通気性に優れた立体メッシュ生地を使い分けできます。

リバーシブルのためお出かけ中に汚れても、裏返して使えるので、安心です。

ベビーカーシート・カバーの手作り方法


ベビーカーのシート・カバーの代用として、ブランケットやタオルを敷いているママもいるようですが、手作りするという方法もあります。

サイズや素材、絵柄、価格で納得いくものが見つけられずに悩むくらいなら、手作りした方が間違いなく満足できるでしょう。

節約派、こだわり派のママには手作りシート&カバーがおすすめですよ。

自分好みのおしゃれな柄の生地にしたり、中にキルト芯を入れてクッション性能をあげたりと仕様は自由自在です。

作り方はとても簡単なので、ぜひ試してみてください。

  1. 生地を選ぶ(表地は好みに合わせて・中綿と裏地はガーゼなどの通気性や吸湿性に優れた生地がオススメ)
  2. ベビーカーのサイズ・形に合わせて型をとる(無料で型紙を配布しているところもあるようです)
  3. 縦半分に折って左右対称になるように型どおりに裁断する
  4. 裏地とキルト芯を表地と同じ形に裁断する(3つを重ねてまち針等で止めると切りやすいです)
  5. 3枚重ねて周囲にミシンをかける(ミシンをかけてはみ出したところはカットしましょう)
  6. ベビーカーに合わせて必要な個所にヒモをつける
  7. ふちにバイアステープを縫い付けてほつれ止めをする
  8. ベビーカーシートがずれないよう、ベビーカーにあてて肩や脚の部分のベルト用の穴、固定するためのヒモの位置などを確認しましょう。

※ヒモや穴を取り付けた場合は、補強のために返し縫いやほつれ止めのバイアステープなどは必ずしましょう。

自分で手作りはハードル高いけど、ハンドメイドがいいなら

好みの生地を送れば、その生地を使って1点もののベビーカーシートを作ってくれるお店がいくつかあります。

「自分で作るのはハードルが高いけど、自分だけのベビーカーシートが欲しい」、というおしゃれママにオススメです。

サイズオーダーやリバーシブル対応などもしてくれます。

ベビーカーシートの選び方

たくさんあるベビー用品メーカーから、一つのベビーカーシートを厳選するのは、とても大変でしょう。

お気に入りのブランドやメーカーがあったとしても、つい他のメーカーの商品が気になってしまうものです。

ベビーカーシートを検討する際は、下記のポイントを確認し、どんなベビーカーシートを購入すればいいのかを明確にしましょう。

  • 何のためにベビーカーシートを購入するのか(暑さ対策、寒さ対策・クッション性能アップ等)
  • 購入予定OR使用中のベビーカーに取り付けられるかどうか(高さ・幅・厚み・仕様・取り付け方)
  • 対応季節(秋冬と春夏で使い分けがオススメ)
  • 手入れ方法(洗濯機で丸洗いが可能かどうか)
  • デザイン性 

ベビーカーシート使用時の注意事項


ベビーカーシートの取り外しは、とても簡単です。

穴にベルトを通すタイプや、ヒモで取りつけるタイプなど、着脱方法は商品によってさまざまです。

ほとんどのものは、取り付けに困ることはないでしょう。

ただ注意しなければならないのは、ベビーカー本体にはさみこんでいないかどうかです。

ベビーカー本体にはさみこまれていると、開閉ロックがかからない、キャスターがロックされない、などが原因でM.span>事故につながります。

ベビーカーシートを取り付けたら、まずは赤ちゃんを乗せずにロックや走行確認をしましょう。

ベビーカーシートで赤ちゃんのベビーカー生活を快適に


基本的にベビーカーシートは、赤ちゃんがベビーカーで快適に過ごせるようにするためのアイテムです。

それだけでなく「ベビーカーを手軽に着せ替えしたい」、「他のママのベビーカーとまったく同じは嫌」、というママのワガママにも応えてくれます。

ベビーカー付属のシートが洗えるタイプもありますが、手洗いのみ可能ということも多いです。

洗い替え用にもあると便利なベビーカーシート、ぜひ検討してみてください。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...