折りたたみができるベビーベッドのオススメ10選!場所をとらないのは?

赤ちゃんが生まれるにあたって、ベビーベッドを購入するかどうか、迷うママは多いようです。

「ベビーベッドを置くと、部屋が狭くなる」、「ベビーベッドを使わなくなったら、どうするの?」など、気になる点でしょう。

折りたたみ式ベビーベッドは、使用しないときには収納できたり、プレイヤードとしても使えます。

また素材や機能によっては、とてもコンパクトにたたむことができるので、帰省や旅行時の持ち運びにも便利です。

ここでは、オススメの折りたたみベビーベッドや、選び方のポイント、使い方の注意などを紹介します。

折りたためるベビーベッドってどういうもの?

折りたたみベビーベッドは、その名の通り、解体しなくても、簡単に折りたたんでコンパクトにすることができるベビーベッドです。

折りたたみ式ベビーベッドは、大きくわけて2種類あります。

1つ目は、使わないときの収納や、家の中での移動のしやすさがメインのベビーベッドで、木製のものに多いようです。

折りたたみ式のベビーベッドはほとんどが小さいミニサイズで、キャスターがついている製品が多いので、昼間はリビングへ、夜は大人と同じ寝室へと移動も簡単。

2つ目は、折りたたんだときに、旅行カバンくらいのサイズになるベビーベッドです。

帰省時や長期の旅行などでも、持ち運びができるので、ベッドが変わると寝付けない赤ちゃんにも、オススメできます。

ただし素材は、メッシュなどやわらかい生地を使っている製品が多いため、木製よりも強度が弱いでしょう。

ベビーベッドって絶対に必要?

結論からいうと、ベビーベッドは絶対に必要というものでは、ありません。

しかし自分の足で歩くことのできない赤ちゃんは、1日のほとんどをベッドの上で過ごします。

ベビーベッドがあれば、日中もママの目が届く場所に、赤ちゃんを寝かせることがでます。
またペットがいる家庭や、上の子がいる場合にも、赤ちゃんを安全に守ることができ、安心です。

大人と同じベッドで、赤ちゃんを寝かせる人もいますが、ベビーベッドがあれば、大人が覆いかぶさって赤ちゃんが窒息する危険性もありません。

折りたたみベビーベッドを使うメリットは?

ベビーベッドのなかでも、あえて折りたたみベビーベッドを使うメリットは、あるのでしょうか。

折りたためることのメリットを紹介しましょう。

とにかく収納が簡単

収納するには解体が必要な通常のベビーベッドに比べ、折りたたみベビーベッドは、ワンタッチ・数ステップで、簡単にコンパクトにすることができます。

そのため使わないときや、部屋を広く使いたいときなどには、その都度折りたたんで、収納できるので、「家の中のスペースを有効に使いたい」というママにもオススメです。

また2人目、3人目と考えている家庭でも、一時的に収納できるので、何度も解体したり組み立てたりする必要がありません。

旅行や帰省時に、持ち運ぶことができる

製品によっては、旅行カバン程度のサイズにまで折りたたむことができるので、旅行や帰省時にベビーベッドを持ち運ぶことが可能です。

寝る場所がかわると、まったく寝付けない赤ちゃんもいるので、いつも寝ているベッドを簡単に持ち運べるのは、折りたたみ式ならではの、うれしいポイントでしょう。

使わなくなったあとは、プレイヤードとしても活用できる

製品によっては、ベビーベッドとしての使い道以外に、プレイヤードベビーサークルとして、使えるものがあります。

一般的にベビーベッドの対象年齢は24ヶ月までとしているものが多く、あまり長く使えない印象がありますが、プレイヤードとして活用できるので、長く使うことができます。

折りたたみベビーベッドを使うデメリットは?

折りたたみ式は、コンパクトさを重視している製品が多いので、ほとんどの折りたたみベビーベッドは、ミニサイズです。

通常サイズのベビーベッドのように、広々としたベッドを求めている方には、向いていないかもしれません。

折りたためるベビーベッドの選び方

では折りたたみベビーベッドを選ぶ際のポイントを、紹介します。

ポイント1:安全面は最優先!

赤ちゃんが使う製品は、とにかく安全面にはもっとも気をつけて選ぶべきでしょう。

一定以上の安全基準を満たしている製品が、安心です。

おもな安全基準は以下のとおりで、海外の安全基準は日本の基準よりも厳格であるといわれます。

おもな安全基準

  • SG規格(日本独自の安全基準)
  • PSC規格(国内の消費生活用品の安全マーク)
  • JPMA規格(米国、カナダ、メキシコの幼児用製品)
  • BS規格(欧州の安全規格)

国内で販売しているベビーベッドは、PSCマーク(生活用品の安全基準)の取得が義務づけられています。

しかし、ベビーベッドとして売り出していない製品には、PSCマークをつける義務がありません。

実際にベビーベッドで検索すると、製品としてはプレイヤードとして販売しているのに、説明文では、お昼寝もできるなどと記載している製品があります。

これらには、PSCマークはついていないことが多いので、購入前に安全性はしっかり確認しましょう。

参照:経済産業省「消費生活用製品安全法の概要」

ポイント2:使用目的を明確にする

お昼寝用に使うのか、旅行や帰省、親に預ける際に使いたいのか、使用目的を明確にすると選びやすいでしょう。

また折りたためるベビーベッドのほとんどがミニサイズとはいえ、製品よって大きさは微妙に異なります。

どこに設置したいのか、サイズ感はしっかり把握しておきましょう。

ポイント3:折りたたんだときのサイズを確認する

折りたたんだときのサイズも、確認しておきたいポイントです。

ハイタイプのものだと、「意外と高さがあって、押し入れに入らなかった」なんてこともありえます。

また帰省や旅行時の使用を考えている場合は、収納袋やバッグが付属していて、持ち運びやすいものがオススメです。

オススメの折りたたみベビーベッド10選

ここでは、国内外の一定以上の安全基準をクリアした、オススメの折りたたみベビーベッドを厳選して、紹介します。

場所をとらずに収納できる、木製タイプの折りたたみベビーベッド

まずはオーソドックスな、木製タイプのベビーベッドを紹介しましょう。

1:折りたたみコンパクトベッド/ヤマサキ

金額(税込) 33,480円
大きさ 幅96cm×奥行き67cm×高さ116cm
折りたたんだときのサイズ 幅96cm×奥行き13cm×高さ116cm
本体重量 20kg
対象月齢 0~24ヶ月
カラー展開 ナチュラル、ホワイト
安全基準 PSC規格、SG規格
備考
  • 布団サイズ:900×600mm
  • 前枠扉スライド式開閉 
  • 4輪キャスター付き (ストッパーつき)
  • 収納棚つき

ヤマサキの「折りたたみコンパクトベッド」は、ハイタイプのベビーベッドです。

ほかのハイタイプのベビーベッドよりも高い、75cmまで調節できるため、絶対に腰への負担をかけたくないママや、背の高いパパにも、オススメでしょう。

また赤ちゃんの寝る高さを、赤ちゃんの成長にあわせて、2段階で調節できます。

キャスター付きで、フローリングでも音が響きにくいよう工夫しているので、部屋から部屋への移動もラクラクです。

2:パタン折りたたみミニベッド/大和屋

大和屋 パタン折りたたみミニベッド ライトブラウン ミニベビーベッド 折りたたみ コンパクト スペース利用

金額(税込) 19,750円
大きさ 幅97.8cm×奥行き68.5cm×高さ100.6cm
折りたたんだときのサイズ 幅97.8cm×奥行14cm×高さ100.6cm
本体重量 16kg
対象月齢 0~24ヶ月
カラー展開 ナチュラル、ライトブラウン
安全基準 SG規格
備考
  • 布団サイズ:900×600mm
  • 前枠扉スライド式開閉 
  • 4輪キャスター付き (ストッパーつき)
  • 収納棚つき
  • 床板すのこ仕様

大和屋の「パタン」は、折りたたみやすさにこだわった設計で、ひとりでも簡単に折りたためます。

昼間は、ママが1人で掃除やベッドの移動などをすることが多いので、女性の力でも簡単に操作できる点は、高ポイントでしょう。

またパタンもハイタイプのベビーベッドなので、腰を労わりたいママにも向いています。

3:ワンタッチハイベッド パル/SLEEPY(スリーピー)

スリーピー ワンタッチハイベッド パル ベビーベッド 収納棚無 ホワイト 日本製 ワンタッチで折りたたんで移動や収納も楽々

金額(税込) 38,800円
大きさ 幅124.8cm×奥行77.4cm×高さ108.8cm
折りたたんだときのサイズ 幅124.8cm×奥行15.6cm×高さ108.8cm
本体重量 ナチュラル:約24kg、ホワイト:約21kg
対象月齢 0ヶ月~24ヶ月
カラー展開 ナチュラル、ホワイト
安全基準 SG規格、PSC規格
備考
  • 布団サイズ:900×600mm
  • メーカー保証1年
  • 前枠扉スライド式開閉
  • 4輪のうち2輪キャスター付き

ワンタッチハイベッドパルの最大の特徴は、その名の通り、「ワンタッチ」で折りたたみができることです。

やさしい色合いの天然木や、赤ちゃんに安心な塗料など、使う素材にもしっかりとこだわった製品です。

また床板は、通気性もよく、耐重性の高いハードボードを使用しているため、赤ちゃんも快適に眠れるでしょう。

赤ちゃんの安全性や寝心地にこだわりたいママに、オススメです。

4:折りたたみミニベビーベッド/Katoji(カトージ)


カトージ ミニベッド折り畳み ホワイト 02700

金額(税込) 23,544円
大きさ 幅97cm×奥行66cm×高さ94cm
折りたたんだときのサイズ 幅97cm×奥行14.5cm×高さ94cm
本体重量 15kg
対象月齢 0~24ヶ月
カラー展開 ホワイト
安全基準 PSC規格、SG規格
備考
  • メーカー1年保証
  • 布団サイズ:900×600mm
  • 簡易キャスター付き
  • 収納用扉つき
  • 前枠扉開閉

カトージの折り畳みミニベッドは、これまでに紹介した木製タイプのベビーベッドのなかで、もっとも軽量の15kgです。

コンパクトなうえに、機能性も抜群で、高さは52cm・38cm・24cmの3段階調節ができるので、赤ちゃんの成長にあわせて使えます。

また組み立ては簡単4ステップで、箱から出して10分で組み立てが完了するので、妊婦さんでもムリなく組み立てられますよ。

とにかく場所をとらない、コンパクトな折りたたみベビーベッドを探しているママにおすすめです。

持ち運びに便利な折りたたみベビーベッド

ここからは旅行や帰省時にも持ち運び可能な、折りたたみベビーベッドを紹介します。

5: COCONEL Air(ココネルエアー)/Aprica (アップリカ)

Aprica (アップリカ) ココネルエアー ミルクWH ポータブル ベビーベッド 【シルキーエアー搭載モデル】 (持ち運び キャスター&収納袋付き) 66046

金額(税込) 28,080円
大きさ 幅104.1cm×奥行73.7cm×高さ95cm
折りたたんだときのサイズ 幅29cm×奥行27cm×高さ95cm
本体重量 14.9kg
対象月齢 上段:新生児~つかまり立ちができるまで(生後5ヶ月ごろ)
下段:つかまり立ちができてから(生後5ヶ月ごろ)~24ヶ月まで
カラー展開 ミルク、ココア
安全基準 PSC規格、SG規格
備考
  • 布団サイズ:900×600mm
  • 前枠扉スライド式開閉

ベビー用品の王道メーカー「アップリカ」が販売するココネルエアーは、とても評判の高い、ベビーベッドです。

通気性の高い「シルキーエアー」をマットに使用しているので、汗かきな赤ちゃんをムレから守ります。

またアップリカ独自のたたみ方で、開閉ロックをひきあげながらたたむだけなので、とても簡単です。

床板を下段にさげれば、プレイヤードして使えるので、便利です。
このタイプのベビーベッドにはめずらしく、前枠が上下にスライドするので、赤ちゃんのお世話もラクラクです。

コンパクトさも、赤ちゃんの眠り心地も、ママの使いやすさも全部つめこんだベビーベッドといえるでしょう。

6:ポータブルベビーベッド おむつ替えテーブル付/Katoji(カトージ)

カトージ ポータブルベビーベッド おむつ替えテーブル付 ネイビーブルー 63711

金額(税込) 21,384円
大きさ 幅100cm×奥行き77cm×高さ83.5cm
折りたたんだときのサイズ 幅25cm×奥行き25cm×高さ83.5cm
本体重量 14.3kg
対象月齢
  • ベビーベッド(0~つかまり立ちができるまで)
  • プレイヤード(5~24ヶ月)
  • おむつ替えテーブル(~6ヶ月もしくは体重8㎏)
カラー展開 ネイビーブルー
安全基準 PSC規格、SG規格
備考
  • メーカー1年保証
  • 布団サイズ:900×600mm

カトージの「ポータブルベビーベッド」は、オムツ替え専用のシートが付属しています。

高い位置でオムツ替えができるので、腰を守りたいママに、オススメです。

ただしオムツ替えシートは、6ヶ月まで赤ちゃんが対象なので、注意してください。

ベッドとして利用するときには、下の段はオムツや着替えなどの収納スペースになります。

いっぽうでプレイヤードとして利用するときは、収納ドアがアーチ状になっているため、子どもの出入り口として、楽しめるでしょう。

7:Playard(プレイヤード)NewYorkBaby/Katoji(カトージ)

カトージ プレイヤード NewYorkBaby 63408

金額(税込) 16,200円
大きさ 幅103cm×奥行80cm×高さ83cm(トイバーなし)
折りたたんだときのサイズ 幅27cm×奥行27cm×高さ84cm(収納袋に収納時)
本体重量 12kg
対象月齢
  • 本体:0ヶ月~24ヶ月(体重10kg以下)
  • バシネット:0ヶ月~6ヶ月(体重8kg以下)
カラー展開 ブラック
安全基準 BS規格
備考
  • トイつき(星のぬいぐるみ2個と三日月1個)
  • メーカー保証1年
  • 布団サイズ:900×600mm

カトージ、ニューヨークシリーズのこの製品は、ベビーベッドではなく、プレイヤードとして販売していますが、バシネットがついているので、お昼寝などの短時間利用に最適で、夜の長時間利用には向いていないようです。

さすがはカトージ、海外の厳格な安全基準である「BS基準」をクリアしているので、安心して寝かせることができます。

両サイドがメッシュになっているので、通気性がよく、中にいる赤ちゃんの様子がしっかり見えて、家事をしながらでも安心でしょう。

コンパクトに折りたたむことができ、タイヤがついているので、持ち運びもとても簡単ですよ。

8:パックンプレイ・オン・ザ・ゴー・プレイヤード/Graco(グレコ)

Graco Pack 'n Play On The Go Playard Stratus by Graco [並行輸入品]

金額(税込) 18,980円(参照価格※2018年2月編集部調べ)
大きさ 102cm x 72cm x 84cm
折りたたんだときのサイズ 不明
本体重量 12.7kg
対象月齢
  • ナッパー&オムツ交換台:約6.8kg(寝返りする前、生後3ヶ月未満)
  • バシネット:約6.8kgまで
  • プレイヤード:約14kg(身長89cm)まで
カラー展開 アゼリア(ピンク系)、パサデナ(グリーン系)、ズバ(グリーン系)、ストラタス(ブルー系)
安全基準 JPMA規格
備考 布団サイズ:900×600mm

国内では、ベビーカーが人気のGraco(グラコ)の折りたたみベビーベッド兼プレイヤードは、国内のグラコは入荷していないにも関わらず、人気のある製品です。

正規代理店で購入できます。

代理店にもよりますが、説明書がすべて英語表記である場合が多いようですが、口コミによると「組み立ての際は、図が描かれているので、難なく組み立てられた」という声がありました。

簡単に組み立てができるグラコのプレイヤードは、おむつ替え台、ベビーベッド、プレイヤードに早変わりし、14kgの子どもまで使えるので、長い期間利用できます。

プッシュボタンひとつで、素早く簡単に折りたため、通常の折りたたみベッドと比較して、20%コンパクトになる設計です。

多機能で、長い期間使える製品を探しているママにオススメでしょう。

9:ナーサリーセンター Athena/BabyTrend(ベビートレンド)

Baby Trend ( ベビートレンド ) ナーサリーセンター Athena ハイタイプベビーベッド / ベビーベッド たためる プレイヤード お昼寝マット付き ベビーサークル 室内グッズ 折りたたみ

金額(税込) 21,700円(参照価格※2018年2月編集部調べ)
大きさ 幅102cm x奥行72cm x 高さ80cm
折りたたんだときのサイズ 不明
本体重量 約12kg
対象月齢
  • バシネット:新生児から4ヶ月前後まで(アジア体型の子どもは7ヶ月前後まで)
  • プレイヤード:新生児から約15kgまで
カラー展開 1色(パープル×ブラック)
安全基準 JPMA認定
備考
  • バシネットは取り外し可能
  • オムツ替えトレイつき
  • ワンハンドロック機能
  • トラベルトートバックつき
  • かわいいぬいぐるみで目や手の発育促進(オルゴールつき)

アメリカ、カリフォルニア生まれのBabyTrend(ベビートレンド)の、ナーサリーセンターは、ママにとっても子どもにとっても、充実した機能が満載のベビーベッドです。

発育促進のメリーで赤ちゃんも楽しく遊べ、オムツ替えのシートや大きな収納ポケットがついていて、ママの使い勝手も抜群なベビーベッドでしょう。

説明書はすべて英語表記ですが、図解付きで組み立ては簡単です。

品質もアメリカの厳格な安全基準をクリアした製品なので、安心してつかうことができますよ。

使い心地のいい、多機能ベビーベッドを探しているママには、うってつけのベビーベッドでしょう。

添い寝に便利な折りたたみベビーベッド

これまで紹介したベビーベッドとは一味違う、添い寝にも便利な、折りたたみベビーベッドを紹介します。

10:コンパクトベッドFITーL/farska(ファルスカ)

ファルスカ farska コンパクトベッド フィット L ベージュ 746071

金額(税込) 27,864円
大きさ 幅70cmx奥行120cmx高さ19cm
折りたたんだときのサイズ 幅70cmx奥行24cmx高さ60cm
本体重量 約4kg
対象月齢 約0~36ヶ月頃
カラー展開 ブラウン・ベージュ
安全基準 Q-TEC基準に合格(繊維製品の安全基準)
備考
  • 布団サイズ:700mm×1200mm
  • 洗濯可能
    ※ 固綿/ 傾斜クッション(ウレタンフォーム)のみ洗濯不可。

ファルスカは、北欧をコンセプトにした日本のベビー用品ブランドです。

コンパクトベッドは、これまでのベビーベッドのように高い位置で赤ちゃんを寝かせるのではなく、床に近い位置で寝かせるタイプなので、転落の心配がありません。

赤ちゃんの寝心地を最優先に考えて設計されています。

  1. 未発達な背の、すこやかな成長を促す、独自開発した高反発マットレス
  2. 通気性にも優れた快適なマットレス
  3. 汚れに強い「マットレスカバー」
  4. 吐き戻しを軽減する「傾斜クッション」
  5. 赤ちゃんを守る「フレーム」
  6. 吸汗性と通気性に優れた「敷きパッド」
  7. 頭部にフィットする 「リング枕」

このように、ファルスカならではの、工夫が満載です。

里帰り出産や、長期休暇で帰省する場合や、旅行にもオススメできます。

日本製でありながら、北欧のようなあたたかいデザイン性も魅力的。

ファルスカからは、サイズ違いや、オーガニック素材を使ったもの、ベッドインベッドタイプのものなど、人気の製品がそろっているので、一度チェックするといいでしょう。

レンタルでもOK

ベビーベッドは、ほとんどの製品が24ヶ月までの赤ちゃんを対象にしており、長い期間使うものではありません。

しかし決して安いわけではないので、購入を迷うママは多いことでしょう。

ベビーベッドは購入する以外に、レンタルすることもできます。

「赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれるかどうか不安」、「帰省のときだけ使いたい」というママにも、オススメです。

レンタル期間やレンタル料金は、お店によって差がありますが、1週間単位で貸出し可能なお店もあるので、確認してみましょう。

ただし必ずしも新品ではなく、ほかの人が使った中古品であることが多いです。
安全面や衛生面で、信頼のできるお店を選びましょう。

使うときに注意したいことは?

折りたたみベビーベッドを使うときに、赤ちゃんの安全のために、注意したいポイントについて簡単に解説します。

お手入れのポイント

赤ちゃんは汗かきなので、できるだけ頻繁に敷布団などを洗濯し、とくに木製のベビーベッドの場合は、定期的に床板を乾燥させましょう。

湿気により、カビなどが発生する可能性があります。

使用時は目が届くように

赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごしますが、ふとした瞬間にうつ伏せになったり、布団が顔にかかったりするものです。

まだ自分の力で、体勢を整えるのが難しい時期に使用する場合は、常にママの目が届くところに設置してください。

ベッドの中におもちゃや高い枕を置かない

柵を使って、つかまり立ちを始めたころに気をつけたいのが、転落事故でしょう。

落下防止のためにも、ベビーベッドの中には、赤ちゃんの踏み台になるようなおもちゃや、大きな枕などを置かないようにしてください。

使い方や細かな注意点は、製品の仕様によってさまざまなので、使用前には取り扱い説明書をよく読んでから使ってくださいね。

折りたたみベビーベッドでいつでもどこでも快適に赤ちゃんを眠らせてあげましょう

ベビーベッドは、ママが家事に忙しいときでも、ベビーサークルのような役割もするため、とても便利なアイテムです。

折りたたみ機能があれば、部屋から部屋への移動も簡単で、帰省や旅行でも持ち運びができるので、どんなときでも、赤ちゃんに寝心地のいい環境を与えることができます。

ライフスタイルにあわせて、折りたたみベビーベッドを選べば、育児もとても快適になりますよ。