妊娠中に「正中線」が濃くなった?産後消えるの?対策はある?

妊娠してからお腹に茶色い線が!
まさかなにかの病気?
などと不安になる妊婦さんもいるかもしれません。

茶色い線の正体は「正中線」というものです。

実は、正中線は生まれつきだれしもあるものです。
ですが身近で、正中線が気になる、という声はあまり耳にしませんよね。

正中線は、妊娠すると身体のホルモンバランスが変化して目立つようになるのです。

病気が原因でできるものではないのですが、女性は気になりますよね。

正中線は妊娠線と同様に正しいケアが大切です。
正しくケアしてきれいなお腹を取り戻しましょう!
3つの方法を紹介するので、実践してみてくださいね。

正中線ってなに?なんでできるの?


正中線とは、おへそあたりに縦にできる茶色い線です。
妊娠中に目立つようになるので戸惑う方が多いようですが、実は男女関係なく生まれつき持っています。

なぜ妊娠中に目立つようになるのかというと、「メラニン色素」が関係しています。

妊娠すると、女性の身体は赤ちゃんのためにホルモンバランスが変化します。
女性ホルモンとメラニン色素は大きく関わっており、プロゲステロンと呼ばれるホルモンの分泌量が増えると、メラニン色素も増えます。

参照:市立伊勢総合病院女性ホルモンのエトセトラ ―今から始める幸せ体つくり―

妊娠して普段よりも多くのメラニン色素がつくられることで、もともとは薄かった正中線が目に見えるようになるのです。

ほかにも妊娠すると、シミやそばかすが増えたり、乳首や外陰部が黒ずんだりします。

しかし、メラニンが体に及ぼすのは害だけではありません。
メラニンは肌を紫外線から守るという大切な働きもしているんです。
メラニンとうまく付き合って、健康な肌でいたいですね。

妊娠線とは違うもの?

正中線と妊娠線、どちらも妊娠中に気になるものです。

「同じように『線』ができるから一緒じゃないの?」と思いがちですが、全くの別物です。

妊娠線

  • 見た目
    はじめは赤紫色の細い筋で、だんだんと白っぽくなる断裂跡。
    人によってはかゆみがある。
  • できる箇所
    お腹や太もも、ふくらはぎやお尻、胸などに無数にできる。
  • 主な原因
    妊娠してお腹が急激に大きくなることで真皮が断裂すると現れる。
  • ケア方法
    保湿に重点を置き、皮膚を柔らかくし、伸びの良い皮膚をつくることでお腹が大きくなっても真皮が耐えられるようにしておく。
  • 出産後
    1度できてしまうと薄くなることはあっても完全に消すことは難しい。

正中線

  • 見た目
    縦1本にできる茶色い線
  • できる箇所
    お腹のおへそあたり
  • 主な原因
    妊娠中のホルモンバランスの変化によって、メラニン色素の生成が多くなるため。
    肌へのダメージや乾燥によっても現れる。
  • ケア方法
    メラニンの生成を抑えつつ、保湿する。
  • 出産後
    個人差(半年~1年くらい)はあるが自然と薄れていく。

正中線はいつからできるの?

個人差はありますが、妊娠20週前後からできる人が多いようです。

ホルモンバランスや、お腹の大きさにもよります。

正中線はだれでもできる?できにくい人がいるってホント?

正中線は多くの妊婦さんの悩みの種ですが、中には目立たないままの方もいます。
では、正中線が目立たないままの方にはどんな特徴があるのでしょうか?

  • 日焼けしにくい
    紫外線に当たると肌が黒くならずに赤くなる。
    もともとメラニンがつくられにくい体質といえます。
  • 肌の代謝がよい
    肌の代謝がよいと、メラニン色素の排出が早く、沈着しにくいです。

肌の代謝を上げるためには?

日頃から念入りに肌の手入れをしたり、規則正しい生活習慣を身につけると、肌の代謝がよくなります。

バランスの取れた食生活で栄養を摂取することも大切です。

ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えて、色素沈着を予防する働きがあります。

肌のターンオーバーを整えるコラーゲンをつくったり、正中線予防には欠かせない栄養素です。

正中線のできる、できないはもともとの体質もありますが、予防できるところは予防しましょう。
妊娠中はとくに、規則正しい生活を心がけるようにしてくださいね。

できちゃった正中線を放っておいてもいい?消える?

正中線はほとんどの妊婦さんにできます。
できてしまっても落ち込まなくて大丈夫ですよ。

正中線は放っておいても産後だんだんと薄れ、かさぶたのようにポロポロととれていきます。

ただ、とれそうだからといって強くこすると皮膚への刺激となってしまうのでやめてくださいね。

自然ととれるのを待ちましょう。

ケアしなかったら正中線はどうなるの?

ケアしなかった場合、必ずきれいに目立たなくなるとはいい切れません。

正中線を消すためには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。
ターンオーバーの周期は、年齢とともに遅くなるといわれており、働きも低下していきます。

きれいに正中線を消したいのなら、正しいケアをしましょう!

正中線を消すための3つの方法


正中線を消すための方法は3つあります。

  • 専用のケア商品を使う
  • 良質な睡眠をとる
  • レーザー治療

保湿がマスト!人気のケア商品って?

正中線を消すためには、メラニンの生成を抑制することと、肌の保湿が欠かせません。

とくに、メラニンが多く生成されることで正中線は目立つようになるので、メラニンを作り出しにくくする成分が入っている専用クリームをオススメします。

正中線専用ケアクリーム メイド・バイ・マム


≫メイドバイマム公式サイト

金額(税抜) 【初回】980円
【継続】7,000円
内容量 35g(約1ヶ月~1ヶ月半使用可能)
送料 無料

メイド・バイ・マムは正中線に特化した専用のクリームです。

美白成分として有名な「トラネムラサキ酸」や、ニキビケアに使われる「グリチルリチン酸2K」が含まれています。

「トラネムラサキ酸」が、正中線の原因であるメラニンの生成を抑え、「グリチルリチン酸2K」は肌荒れを防止し肌を整える働きを期待できるでしょう。

ほかにも保湿や美白・抗炎症作用を期待できる4種の植物成分が、黒ずみの原因へ徹底アプローチし、健康な肌サイクルに導きます。

妊娠中の肌は、敏感になりがちですが、肌の弱いママにも優しいのが特徴。
無添加なのも嬉しいポイントです。

良質な睡眠でターンオーバーを促進!


出産後はどうしても赤ちゃんから目が離せず、睡眠をとろうとしても難しいかもしれませんね。

長時間でなくてもよいので、睡眠の質を意識しましょう。

寝ている間に分泌される「成長ホルモン」は、肌のターンオーバーに密接なかかわりがあります。

成長ホルモンは、眠りはじめてから約3時間までの「ノンレム睡眠」といわれる深い眠りについたときにたくさん分泌され、細胞のターンオーバーを促すのです。

睡眠不足になるとお肌が荒れるのは、成長ホルモンも大きく関係しているといえるでしょう。

成長ホルモンをたくさん分泌したい場合は、短時間でも深い眠りをとることが大切なのです。
参照:再春館製薬所「美肌を生み出す秘密とは?睡眠とお肌の関係」

深い眠りをとるには?

  • 寝る前にスマホやPCの利用を避ける
  • カフェインやアルコールを控える
  • 軽いストレッチなどでリラックスする
  • 毎日の就寝・起床時間をある程度同じにする
  • 寝る前に暖かい飲み物を飲む
  • 寝る前の部屋は、明るすぎないように調整する

妊娠中はとくにカフェインを控え、無理のない程度にストレッチをしましょう。

子育て中のママの就寝時間や起床時間は子供中心で、なかなか規則正しくとはいかないかもしれません。

寝る前にホットミルクやお気に入りの飲み物を飲むと、リラックスしてぐっすり眠れるのでオススメです。

どうしても消したいときは?レーザー治療!

どうしても正中線が気になるという方には、レーザー治療という方法もあります。

メリット

  • 比較的早く効果が出やすい
  • 濃い正中線も薄まる可能性が高い

デメリット

  • 治療費が自己負担になるため高額
  • ムラになって完全には消えない可能性もある
  • 治療を行える病院が少ない
  • 通院の手間がかかる
  • 人によってはレーザーへのアレルギーややけどをする恐れがある

ただし、妊娠中の治療はNGです。
出産後、時間をおいても正中線が薄くなる気配がなく、早く治したい場合は検討してみてもいいかもしれません。

正中線のレーザー治療の費用は、健康保険が適用されないので自費になります。

大抵の病院やクリニックでは、1度のレーザー治療で正中線1cmあたり1~2万円のところが多いです。
1度のレーザー治療で正中線が完全に消えることは少ないため、治療のたびにお金がかかります。

出産後は育児でバタバタですし、通院によるママの身体への負担を考えても、家でのケアをオススメします。

レーザー治療はどこでできるの?

正中線のレーザー治療を行う場合、美容クリニックか、一般の皮膚科になります。
それぞれのメリット、デメリットは下記の通りです。

美容クリニック

メリット

  • 納得がいくまで治療できる
  • サイトに口コミが掲載されているところが多い

デメリット

  • 治療費が高額
  • 大手クリニック同士の比較が難しく、選ぶのが大変
  • 料金がクリニックや、メニューによってまちまち
  • 大手クリニックは人気が高く、予約を取るのが困難であったり、待ち時間が長いことがある

一般の皮膚科

メリット

  • 保険が適用されることもある

デメリット

  • 治療可能な病院自体が少なく、評判の良いところを探すのが難しい
  • ホームページに口コミがない病院もある

正中線で赤ちゃんの性別がわかるって本当?

正中線で赤ちゃんの性別が分かるというジンクスがあります。

  • 男の子
    正中線ができる、濃い、まっすぐ
  • 女の子
    正中線ができない、薄い、曲がっている

科学的な根拠はないので、あくまで話のネタとして、旦那さまやご両親と楽しんでください。

正中線はできて嬉しいものではありませんよね。

ですが、こんなジンクスがあったら赤ちゃんの誕生を待つワクワクが増えて、正中線も少しは悪くないかなと思えるのではないでしょうか。

正中線は気にしすぎなくても大丈夫!


正中線は赤ちゃんへの影響はありません。

生まれつき誰しも持っているけれど目立たない正中線は、妊娠中にホルモンバランスの変化で目に見えるようになります。

専用クリームや規則正しい生活習慣で、お肌のターンオーバーを促すことが早く治すためのポイントです。

多くの妊婦さんができるものですから気にしすぎず、出産後、気長にケアしていきましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク