新生児OKの抱っこ紐サンクマニエルは軽さが魅力!使い方は?

赤ちゃんが産まれたら、持っていると便利な抱っこ紐。
いまや子育ての必需品で、ひとつは準備しておきたいアイテムです。

子育てのマストアイテムだけに、現在、店頭やインターネットには、メーカーも機能もさまざまな種類の抱っこ紐が販売されています。

抱っこ紐のなかでも、「新生児から使える」「軽くてコンパクト」「ウエストベルトがないもの」などを中心に探しているママに、「サンクマニエル」がオススメです。

そこで今回は、サンクマニエルの抱っこ紐について、商品モデルから特徴・使い方まで、情報満載で解説していきます。

抱っこ紐の購入や、サンクマニエルを検討中のママは、ぜひ参考にしてください。

サンクマニエルの抱っこ紐商品モデル3つ

サンクマニエルは、日本のベビー用品メーカー「EIGHTEX」が販売する、安心の日本製抱っこ紐です。

まずは、サンクマニエル抱っこ紐の商品モデル3つを紹介します。
「どんな機能をもつのか」「どんな商品なのか」をくわしく解説するので、サンクマニエルを検討中のママはぜひ参考にしてください。

サンクマニエル プレール

日本エイテックス サンクマニエルプレール 新生児から使える5WAY抱っこひも グレー 01-097

サンクマニエル プレールは、現在販売されているサンクマニエル抱っこ紐の最新型モデルです。

商品の詳細は、以下をご覧ください。

本体価格 6,950円(税込:7,506円)
使用月齢目安 0ヶ月~36ヶ月(体重15kgまで)
サイズ タテ65cm×ヨコ43cm
重量 380g
素材 外側:ポリエステル65% 綿35%
柄:綿100%
内側:ポリエステル100%

赤ちゃんに触れる抱っこ紐本体の裏地には、吸汗性・速乾性に優れた生地「アクアドライ」を採用しています。

アクアドライはムレにくいので、汗っかきの赤ちゃんが快適に過ごせるでしょう。

また、抱っこ紐の安全規格である、日本独自の「新SG基準」に対応した付属のピローが、赤ちゃんの頭をしっかりと支えます。

サンクマニエル プレールは、産まれてすぐの寝かせ抱きや、首のすわっていない赤ちゃんのしっかり抱き(縦抱き)も安心してできる抱っこ紐です。

ピローは、月齢に合わせて取り外しできます。

いっぽうで、クッション材がたっぷり入った幅広ショルダーベルトで、ママの肩に負担がかかりづらい設計です。

背中部分にはブリッジベルトがついているので、ずれ落ちる心配がありません。

また、プレールはカラーバリエーションが豊富です。

ブラック・ネイビー・グレー・ベージュの4色にそれぞれ無地タイプ×4、柄付きタイプ×4(フラワーブラック・ウェーブグレーなど)があり、全8種類の中から選べます。

サンクマニエル プレールの口コミ

サンクマニエル プレールを実際に使用している方の口コミ・レビューは、つぎのとおりです。

  • シンプルなつくりで装着が簡単
  • しっかりした造りで安定感があり、首すわり前でも安心して抱っこできます!
  • 軽くてかさばらないため、家事の合間や寝かしつけ時にさっとおんぶできて便利
  • 外出時に持ち歩くことが多いため、軽くてコンパクトなのがうれしい! 2本目抱っこ紐として使っています
  • 肩ベルトの幅が広く、痛くなりにくいです
  • デザインがシンプルで気に入っています
  • 近所の散歩やちょっとしたお買い物は問題なく使えますが、腰ベルトがないので、長時間の使用は疲れます

サンクマニエル プレールは、シンプルなつくりと軽さを支持する口コミが多くみられます。

いっぽうで、腰ベルトがないので、長時間の使用は負担になる、と感じるママがいるようです。

サンクマニエル ジェム

日本エイテックス サンクマニエルジェム ネイビー 01-086

サンクマニエル ジェムは、一部インターネット上で販売されていますが、メーカーでは生産が終了しているモデルです。

現在は、新バージョンとして「サンクマニエル プレール」が販売されています。

サンクマニエル ジェムの詳細は、以下をご覧ください。

本体価格 7,400円(税込:7,992円)
使用月齢目安 0ヶ月~36ヶ月(体重15kgまで)
サイズ タテ63cm×ヨコ46cm
重量 280g
素材 外側:ポリエステル100%
内側:ポリエステル100%

抱っこ紐本体の外側は、抗菌効果のある生地を使用しています。

汗による菌の繁殖を抑えてくれるので、安心・清潔に使えるのが魅力です。
洗濯しても、生地の抗菌効果が低下する心配はありません。

本体内側は、肌に触れる面に凹凸間をもたせた構造になっており、通気性が抜群です。

UVカット率は94%で、赤ちゃんを刺激から守る抱っこ紐といえます。

カラーは、ブラック・ベージュ・ネイビー・グリーン・ピンクの全5種類から選択可能です。

サンクマニエル ジェムの口コミ

サンクマニエル ジェムを実際に使用しているママの口コミ・レビューは、つぎのとおりです。

  • 軽くて便利
  • 首のすわっていない赤ちゃんとの買い物時に必需品です!
  • 軽い・つけやすい・かわいい!
  • 肩ベルトにクッション性があって高コスパ
  • サブ抱っこ紐として重宝しています
  • 腰ベルトがないので、子どもが大きくなってくると肩の負担が大きい
  • 長時間使うときは腰ベルトがある他社製品を、短時間使うときや外出時はサンクマニエルと使い分けしています

サンクマニエル ジェムは軽くて簡単に使えるため、「サブ抱っこ紐として使っている」という口コミが多くみられます。

腰ベルトがない点はやはり肩の負担になるようで、外出時や、家事の合間など短時間の場合にサンクマニエルを使うという声も。

サンクマニエル ミュー

サンクマニエル ミューは、一部インターネット上で販売していますが、メーカーでは生産が終了しているモデルです。

「ミュー」のバージョンアップ版が「ジェム」となり、現在は最新バージョンとして「サンクマニエル プレール」が販売されています。

サンクマニエル ミューの詳細は、以下をご覧ください。

本体価格 6,600円(税込:7,128円)
使用月齢目安 0ヶ月~36ヶ月(15kgまで)
サイズ タテ68cm×ヨコ44cm
重量 320g
素材 本体<外側>ポリエステル100% <内側>ポリエステル100%
ショルダーカバー<外側>ポリエステル100% <内側>ナイロン100%

サンクマニエル ミューは、グレーボーダー柄のショルダーカバーが2枚付属している点がポイントです。

肩ひもに赤ちゃんの汗やよだれがついても、カバーを外して洗濯できるので、いつでも清潔に使えます。

カラーは、ブラック・グレー・ベージュ・パープルの全4種類です。

サンクマニエルならではの魅力3つ


つぎは、サンクマニエルならではの魅力を3つ紹介します。

1:新生児から使える多機能抱っこ紐

サンクマニエル抱っこ紐は、新生児から3歳頃(体重15kg)まで使えます。

また、月齢に合わせて、「寝かせ抱き(横抱き)」「しっかり抱き」「対面抱き」「前向き抱き」「おんぶ」の5通りの使い方が可能です。

抱っこ別の月齢目安は、以下の表を参考にしてください。

               
参照:EIGHTEX公式サイト「サンクマニエル詳細ページ」

サンクマニエルは5way抱っこ紐として、新生児から3歳ごろまで使えるので、新米ママやひとつの商品を長く使いたい、というママにオススメです。

2:軽量でコンパクト

商品モデルによって異なりますが、抱っこ紐の重さはわずか280g~380gです。

サンクマニエルの抱っこ紐は軽量でコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利でしょう。

外出用にセカンド抱っこ紐を探しているママや、ふたり目以降の赤ちゃんがいるママに、サンクマニエルの抱っこ紐はオススメです。

サンクマニエルの抱っこ紐は小さく畳めるので、荷物が多くなりがちな赤ちゃんとのお出かけ時にも邪魔になりません。

上の子と赤ちゃんを連れてお出かけするときも、サンクマニエルは邪魔にならず使い勝手のよい抱っこ紐でしょう。

3:ウエストベルトがなく簡単装着

サンクマニエルの抱っこ紐は、バックルの数が少なく簡単に装着できます。

また、ウエストベルトがない分、ショルダーベルトと本体がママの体にしっかり密着するのが魅力です。

サンクマニエルの抱っこ紐は産まれたばかりの小さな赤ちゃんでも、しっかりと包んでフィットします。

簡単に装着できる抱っこ紐や、ウエストベルトのない商品を探しているママは、サンクマニエルをチェックしてみるとよいでしょう。

サンクマニエルの特徴とメリット・デメリット


つぎは、サンクマニエル商品モデルの違いを解説します。

また、後悔のないように抱っこ紐を選ぶためには、商品のメリットとデメリットを知っておくのが大切です。

抱っこ紐はメリット・デメリットの両方を踏まえたうえで、納得のいく商品を選びましょう。

プレール・ジェム・ミューの違いってなに?

サンクマニエルは「ミュー」→「ジェム」→「プレール」の順にバージョンアップして、現在は最新版として「プレール」が販売されています。

※「ミュー」・「ジェム」は生産終了していますが、一部インターネットでは現在も販売されています。

それでは、サンクマニエルをより深く知るために、3モデルの違いを詳しく見ていきましょう。

プレールは新SG基準に対応

2015年から、しっかり抱き(首すわり前の縦抱き)がSG基準(抱っこ紐の安全基準)の対象となりました。

サンクマニエル プレールには、新SG基準に対応したピローが付属しています。

しっかり抱きに関して、新SG基準に対応しているのが「プレール」というわけです。

いっぽうで、「ジェム」と「ミュー」のしっかり抱きは、新SG基準に対応していません。
※「しっかり抱き」以外の抱き方については、3モデルともSG基準に対応しています。

参照:製品安全協会「抱っこひものSG基準」

使用素材が違う

サンクマニエルの3モデルは、本体生地にそれぞれ異なる素材を使用しています。

ミュー 吸水・速乾性に優れたさらさらとした生地を使用
ジェム 外側に抗菌生地・内側にUVカット生地を使用
プレール 外側にポリエステルと綿を混ぜた生地を使用
内側に吸水・速乾性に優れた「アクアドライ」生地を使用

ジェムとプレールは、本体表地と裏地にそれぞれ異なる生地を使用しており、抱っこ紐を快適・清潔に使えるのが魅力です。

サンクマニエルのメリット

サンクマニエルには、以下のようなメリットがあります。

  • 軽量で持ち歩きに便利
  • 新生児から使えるので、退院時から使用可能
  • 5通りの使い方ができ、おんぶひもにもなる
  • 装着が簡単
  • 腰ベルトがなく、赤ちゃんの股幅を自由に変えられる
  • 手洗いOK

サンクマニエルは新生児から使えて、5通りの抱き方ができる点が、ママにも赤ちゃんにもうれしいポイントでしょう。

さらに、軽く持ち運びに便利・汚れても手洗いができて清潔に使えるのがメリットです。

また、腰ベルトがないので、抱っこ時に赤ちゃんの股幅を自由に変えられます。

抱っこ紐が赤ちゃんの膝裏まで包み込むので、自然な姿勢(足をM字に開いた状態)を保てるのです。

日本小児整形外科学会によると、両膝と股関節が曲がったM字開脚の姿勢である「コアラ抱き」が、赤ちゃんの股関節脱臼の予防になると推奨されています。

参照:日本小児整形外科学会「先天性股関節脱臼予防と早期発見の手引き」

サンクマニエルのデメリット

サンクマニエルには、以下のようなデメリットがあります。

  • 子どもが大きく、重たくなってくると腰ベルトがないことが欠点に
  • 重さがすべて肩にかかるので、長時間の使用は負担になる

腰ベルトがない設計は、軽く簡単に装着できるメリットがある反面、赤ちゃんを肩のみで支えるため、長時間の使用は負担になるというデメリットがあります。

子どもが成長するにつれ、長時間の抱っこは肩への負担になりやすいので、サンクマニエルは「ちょっと抱っこしたい」という時に便利な抱っこ紐でしょう。

サンクマニエルの使い方とコツ・注意点


つぎは、サンクマニエルの基本的な使い方と使用前のコツ・使用時の注意点を説明します。

基本的な使い方(前向き抱っこの場合)

もっとも使用頻度が高い前向き抱っこは、各ベルトを締めるだけで簡単に装着できます。

※安全に使用するために、付属の取扱説明書は必ず読んでください。

  1. ショルダーベルトの長さを赤ちゃんの体型に合わせて調節
  2. 赤ちゃんを寝かせて、落下防止となるセーフティーベルトを留めて長さ調節
  3. ブリッジベルトを留めて、だっこの完成

赤ちゃんの頭を守るカバーマントは、月齢に合わせて取り外しが可能です。

たたみみ方は4STEPで簡単!

サンクマニエルは、畳み方も簡単です。

  1. 抱っこ紐の内側を上にして広げます
  2. ショルダーベルトを内側に畳みます
  3. 下から半分に畳みます
  4. さらに半分に、コンパクトに畳んで完成

上記のように、サンクマニエル商品の畳み方は4STEPで完了します。

簡単・コンパクトに収納できるのは、抱っこ紐として嬉しいポイントでしょう。

使用前のポイントは?

装着が簡単なサンクマニエルの抱っこ紐とはいえ、最初は慣れるための練習が必要です。

赤ちゃんを安全・スムーズに抱っこしてあげられるように、使用前は、ぬいぐるみなどを使って装着の練習をしてください。

気をつけたいポイント・注意点

サンクマニエルの抱っこ紐は、ショルダーベルトが肩からズレやすいので、必ずブリッジベルトを留めて使用してください。

また、落下防止のために、抱っこ紐を使用中は、体を前に傾ける時に赤ちゃんの頭をしっかりと支えましょう。

サンクマニエルの抱っこ紐を洗濯するときは、必ず手洗いをしてください。

洗濯機・脱水機・乾燥機を使用すると、ベルトのバックルが壊れてしまう可能性があります。

サンクマニエルが購入できる場所


さいごは、サンクマニエルの抱っこ紐を購入できる場所を、店頭・インターネットにわけて紹介します。

店頭で購入する場合

サンクマニエルは、実店舗で購入可能です。
実店舗リストは、以下をチェックしてください。

  • 日本エイテックスの直営店
  • 西松屋
  • 赤ちゃん本舗 など

店舗によって、取り扱いがない場合があります。
欲しい商品カラーが決まっている場合は、事前に問い合わせしてみるとよいでしょう。

日本エイテックスの直営店舗は、「エイテックスショップ」といって都内に1箇所のみあります。
詳細情報は、以下のとおりです。

  • 東京メトロ半蔵門駅から徒歩1分
  • 電話番号:03-3264-1181
  • 住所:東京都千代田区一番町6-1 ロイアル一番町1F
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 休業日:土・日・祝・お盆・年末・年始

じっさいに見てから購入を決めたいママは、店舗をチェックしてください。

インターネットで購入する場合

サンクマニエルは、公式オンラインストア・通販サイトから購入可能です。

おもな購入先は、つぎの一覧を確認してください。

  • 英ステック公式オンラインストア(楽天市場店・Yahoo!店)
  • Amazon
  • Benesse たまひよSHOP
  • アカチャンホンポ公式ネット通販 など

インターネット上では、手に取ってじっさいに商品を確かめられませんが、商品の在庫が豊富で好きなデザインを選びやすいのがうれしいポイントです。

生産が終了しているジェムやミューは、値下げして販売しているサイトがあります。

通販サイト各社のセール時を狙えば、新品でもさらに安く買購入できるかもしれません。

実店舗で商品をチェックし、欲しいデザインはネットで探してみるのがよいでしょう。

サンクマニエルは新米ママでも使いやすい多機能抱っこ紐


サンクマニエルは「新生児から使える」「軽くて装着が簡単」「さまざまな抱き方ができる」のが魅力の多機能抱っこ紐です。

使いやすいので、抱っこ紐に慣れていない新米ママや、手軽に使えるセカンド抱っこ紐を探しているママに、サンクマニエルはオススメでしょう。

赤ちゃんが産まれたその日から、ママの子育てが始まります。

抱っこ紐は、毎日大変なママの育児お助けアイテムです。

「使いやすい」「赤ちゃんを安心して抱っこできる」抱っこ紐を探しているママは、ぜひサンクマニエルをチェックしてくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク