ハイタイプのベビーベッドオススメ10選!高さのメリットは?

ベビーベッドは、出産準備品のなかで、大きな買い物のひとつです。
どんなベビーベッドを買うか、迷うママも多いでしょう。

ママの腰への負担軽減や、上の子から下の子へのいたずら防止に役立つ「ハイタイプのベビーベッド」が人気を集めています。

とはいえ「情報が多すぎて迷う。結局オススメなのはどれ?」
と感じているママも多いようです。

そこで、ハイタイプのベビーベットがなぜ人気なのかや、選ぶ基準、オススメベッドなどを紹介します。

ハイタイプのベビーベッドはなぜいいの?


ハイタイプのベビーベッドは、とくに最近人気があるようです。

人気の理由には、フローリング床を好むようになった、現代人の生活スタイルが大きく関係しています。

畳なら生活しやすいロータイプの、いわゆるちゃぶ台のような食卓が便利ですが、床がフローリングになるだけで、無意識のうちに高さが上がって、ダイニングテーブルを使うようになるのです。

このように作業をする高さが高くなると、足腰に負担をかけないよう、いろいろな家具が高くなっていくのは、当然の流れといえるでしょう。

このような生活スタイルの影響を受け、ハイタイプのベビーベッドの人気が急上昇しているようです。

そんなハイタイプのベビーベッドのメリットを整理してみましょう。

パパ・ママがお世話するときに腰への負担が少なくなる

ハイタイプのベビーベッドは、文字通り床板の高さが高めに設計されているベビーベッドです。

そのため赤ちゃんの乗せおろしやおむつ交換、着替えなど、赤ちゃんのお世話をするときの、腰と膝への負担が軽減します。

些細なことに思えるかもしれませんが、愛しいわが子といえども、毎日赤ちゃんのお世話をするというのは、精神的にも肉体的にもとても大変なことです。

ママの腰や肩への負担は、計り知れません。

とくに出産直後のママは、自分の身体の管理も難しいため、少しでも負担を少なくできるのは、とてもうれしいポイントといえるでしょう。

ほこりなどのハウスダストから赤ちゃんを守る

ハイタイプのベビーカーにもいわれることですが、地面や床から床板までの距離が遠い方が、舞い上がるホコリから赤ちゃんを守ることができます。

歩いたり動いたりするたびに舞い上がるホコリや花粉は、地面に落ちては舞い、落ちては舞いと繰り返しているので、どうしても床に近い方が、赤ちゃんが吸いこみやすく、健康面が心配です。

最近は空気清浄機の性能が高く、赤ちゃんがいる家庭では使用していることが多いようですが、それでも、物理的に床から遠ざけることは有効でしょう。

上の子やペットのいたずら防止

ベビーベッドを使用する予定の新生児に、まだ幼いお姉ちゃんやお兄ちゃん(上の子)がいたり、室内にペットがいる場合は、赤ちゃんへのいたずらや事故防止のために、ハイタイプのベビーベッドは大活躍します。

下に収納スペースができる

商品にもよりますが、ハイタイプのベビーベッドは多くの場合、床板の下部に収納スペースがあるため、赤ちゃん用の消耗品等を保管できて便利です。

赤ちゃんがいると急激に荷物が増えるため、赤ちゃんの身の回りの物を収納できるスペースは重宝します。

ベビーベッドの選び方


たくさんあるハイタイプのベビーベッドのなかから、自分たちに合う商品を選ぶのはとても大変です。

購入前に選ぶポイントを絞しぼって、いいお買い物をしましょう。

ポイント1:安全かどうか

赤ちゃんが使う製品なので、最重要なのは安全性です。

ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせているときに、心配になる点がないかどうか、事前によく確認する必要があります。

安全かどうかを見極めるポイントはいくつかありますが、ひとつの目安となるのが、安全適合基準PSCマークSGマークです。

購入前にこのマークがあるかどうか確認しましょう。

またベッドに使われている材質や製造国、アレルギーや商品の強度への配慮も必要です。

ポイント2:置く場所とサイズを測る

ベビーベッドを、サイズを基準にして分けると、次の4種類に区分できます。

  • 子どもの成長に合わせて段階的に長さを変えられる伸長型
  • 通常サイズのベビーベッド
  • ミニサイズのミニベッド
  • ミニベッドよりも小さい超小型ベビーベッド

どれにするかは、「ベビーベッドのために自宅のスペースをどのくらい確保できるか」、「どのくらいの期間使いたいか」などで決まります。

賃貸住宅など、限られた収納スペースにベビーベッドを置きたい場合は、ミニベッドと超小型ベビーベッドのように、できるだけ小さなサイズを選びがちです。

スペースをとらないのはメリットですが、超小型やミニベッドは、赤ちゃんが成長すると寝返りしにくいことや、ベッドの柵につかまり立ちしたときに転倒しやすいというデメリットもあります。

危険防止の対策がしっかり施されているタイプを選びましょう。

また反対に通常サイズのベッドだと、やはり場所をとるという点がデメリットです。

最近では、ハイタイプの折りたたみベビーベッドも発売されているので、どうしてもスペースを節約したい人は、一度チェックするといいでしょう。

購入の際は、商品の寸法を見て、「なんとなくこのぐらいの大きさだから問題ないだろう」という、曖昧な確認で済ませることは避けましょう。

いざベビーベッドを置いてみるとドアが開けにくかったり、ベビーベッドの近くに背の高い家具があって危ないということもあり得ます。

購入前に置く場所とサイズは、必ず確認しましょう。

ポイント3:ベッドの性能

ベビーベッドとしての使い方はどの商品も同じですが、柵の開き方が片面オープンと、両面オープンのものがあります。

実際にベビーベッドを置く位置で、シミュレーションをして、家具や壁などの配置を確認してから不便のないタイプを選びましょう。

また両面オープンタイプなら、ベッドの向きなど気にせず、どんな場所にも配置できます。

そのほかにも、機能的なベッドは多くあります。

  • ベビーサークルとしても使えるタイプ
  • 子どもが成長してから棚や机として使えるタイプ
  • キャスターつきのタイプ
  • ベッドの床板の下部に収納扉のついた収納があるタイプ

使ううえで、このような機能が必要かどうかも、判断基準のひとつでしょう。

先輩ママが選ぶハイタイプのベビーベッドオススメ10選

先輩ママがオススメする、ハイタイプのベビーベッドを紹介します。

石崎家具/スリーピーミニワンタッチハイベッドプチ

スリーピー ミニワンタッチハイベッド プチ ベビーベッド ホワイト 日本製 ワンタッチで折りたたんで移動や収納も楽々

メーカー希望本体価格(税別) 49,800円(税込み53,784円)
本体サイズ 幅94.8cm×奥行66.6cm×高さ110.4cm
製造国 日本製
安全基準 PSC・SGマークつき
耐重量 10kgまで

スリーピーミニワンタッチハイベッドプチは、ナチュラルとホワイトの2色展開で、とても落ち着いた色合いなのでどんな部屋にもなじみます。

床板が床から70cmと、ハイタイプのなかでもとくに高いので、背の高いママパパにオススメです。

ワンタッチで折りたたみが可能なうえに、床板の下に収納棚がついているので、消耗品や小物の収納スペースを確保できて便利ですよ。

Aprica(アップリカ)/ココネルエアー 

Aprica (アップリカ) ココネルエアー ミルクWH ポータブル ベビーベッド 【シルキーエアー搭載モデル】 (持ち運び キャスター&収納袋付き) 66046

メーカー希望本体価格(税別) 26,000円(税込み28,080円)
本体サイズ 幅104.1cm×奥行73.7cm×高さ95.0cm
製造国 中国製
安全基準 PSC・SGマーク付き
耐重量 13kgまで
備考 持ち運び キャスター&収納袋付き

通気性が高いクッション材「シルキーエアー(TM)」を使用し、体圧が分散する仕様なので、赤ちゃんの寝心地はばっちりです。

コンパクトに折りたためるため、帰省時など持ち運ぶ予定がある人は検討する価値があります。

カトージ /ベビーベッドハイタイプ123

【 KATOJI カトージ 】ベビーベッド[ハイタイプ]SC(ナチュラル)

メーカー希望本体価格(税別) 14,797円(税込み15.980円)
本体サイズ 幅78cm×奥行124.5cm×高さ101cm
安全基準 PSC・SGマーク付き

床板にスノコを使用しているため、湿気が多い地域や通気性を重視するママにオススメです。

スノコ床板を3段階に調整でき、成長に合わせてベビーサークルとしても使用可能なので、長期間使えるのがうれしいポイント。

公式オンラインショップでは、カワイイベビー布団セットもあるので、チェックしてみてください。

カトージ/ミニベビーベッド【ハイタイプ】

カトージ ミニベッド折り畳み ホワイト 02700

メーカー希望本体価格(税別) 19,000円(税込み20,520円)
本体サイズ 幅68cm×奥行94.5cm×高さ110cm
安全基準 PSC・SGマーク付き

カトージのミニベビーベッドは通気性の高い、有孔ボードを使用しているので、汗っかきの赤ちゃんでも安心です。

ミニベッドなので、できるだけスペースをとりたくないママにもオススメできます。

アーチデザインがカワイイと人気の商品です。

farska(ファルスカ) /ベッドサイド ベッド

ファルスカ farska ベッドサイド ベッド 03 746050

メーカー希望本体価格(税別) 22,000円(税込み23,760円)
本体サイズ 幅75cm×奥行125cm×高さ91cm
製造国 中国製
安全基準 PSC・SGマーク付き

天然木を使用したシンプルできれいなデザインが、部屋のインテリアを邪魔しません。

ベビーベッドとしてだけでなく、添い寝用ベッドとして、ベビーサークルとしてと幅広く使用できます。

ヤマサキ/ハイタイプベッド ツーオープン

ヤマサキ ハイタイプベッド ツーオープン(ダークブラウン)

メーカー希望本体価格(税別) 45,000円(税込み48,600円)
本体サイズ 幅78cm×奥行125cm×高さ116cm
製造国 日本製
安全基準 PSC・SGマーク付き
備考 ツーオープン

安全な塗料と頑丈な構造にこだわるヤマサキがつくるベビーベッドは、ハイタイプのなかでもとくに高い70cmまで床板を調節できます。

ベッドの前面と側面のを開けることができる、ツーオープン仕様は、ママのベッドにくっつけて添い寝するときにも便利です。

キンタロー/ハイタイプ ベビーベッドポム

キンタロー ハイタイプ ベビーベッド 「ポムST」 (ホワイト)

メーカー希望本体価格(税別) 18,426円(税込み19,900円)
本体サイズ 幅78cm×奥行125cm×高さ101cm
製造国 日本製
安全性 PSC・SGマーク付き

こちらも通気性の高い有孔ボード仕様なため、湿気が多い地域や汗っかきの赤ちゃんをもつママにオススメです。

収納棚がスライドし、収納棚ごと取り出せるため、奥に入れた荷物の出し入れが簡単な点も、ママにやさしいポイントでしょう。

farska (ファルスカ)/ミニジョイントベッド ネオ

ファルスカ farska ミニジョイントベッド ネオ 746051

メーカー希望本体価格(税別) 18,800円(税込み20,304円)
本体サイズ 幅94cm×奥行64cm×高さ70cm
製造国 中国製
安全基準 SGマーク付き

ミニサイズのベビーベッド、プレイペン、キッズベンチと、長い期間使用できる設計が、ほかの商品と違う点です。

ジョイントタイプなので、ママ一人でも簡単に組み立てや拡張が可能なのも、うれしいポイントでしょう。

石崎家具/ALICE アリスベビーベッド

ベビーベッド ALICE アリス ホワイト

メーカー希望本体価格(税別) 39,800円(税込み42,984円)
本体サイズ 幅77.3cm×奥行124.8cm×高さ102.5cm
製造国 日本製
安全基準 PSC・SGマーク付き

デザインにこだわった、とても品のあるベビーベッドなので、おしゃれママにオススメです。

おしゃれなだけでなく、収納スペースやキャスター、スライド扉つきと機能性も優れています。

キンタロー/ ハイタイプ ベビーベッド ミニベッド  ミニ アン

キンタロー ハイタイプ ベビーベッド ミニアン ホワイト

メーカー希望本体価格(税別) 36,019円(税込み38,900円)
本体サイズ 幅68cm×奥行95cm×高さ101cm
製造国 日本製
安全基準 PSC・SGマーク付き
備考 ミニ布団セットつき

専用の布団つき(5種類の柄から選べる)なのが、うれしいキンタローのミニベッド。

扉だけでなく収納棚もスライド式なので、荷物が取り出しやすくストレスフリーです。

レンタルでもいい?


ベビーベッドは、購入せずにレンタルすることもできます。

気になっているベビーベッドを、部屋の中に置くことで、使い勝手などを確かめることができるのは、レンタルのよいところでしょう。

里帰り中など、ベビーベッドを長期間使い続ける予定がない方は、レンタルがオススメです。

レンタルのメリットは、費用が安いことと、必要なくなれば保管スペースがいらないし、処分する手間もありません。

「赤ちゃんがベビーベッドで寝ない」という声もあるので、レンタルで試してから購入を決めるのも、一理あります。

デメリットとしては、長期間のレンタルは購入するよりも、高くなるケースがあることです。

ほかにも、返却する必要があるため、使用する際に気を使うことでしょう。

レンタル用品は誰がどんな使い方をしているか、どんな状態で保管されているのかわからないため、利用するのは心配というママもいるようです。
心配な点は、あらかじめ業者に確認しておきましょう。

生活スタイルに合わせて、購入すべきか、レンタルするべきか見極めるとよいですね。

使うときに注意したいポイントは?


あると便利なベビーベッドを快適に使うため、また赤ちゃんが怪我をしたり危険な目に合わないよう、使用上の注意は事前に必ず確認しましょう。

使いはじめは赤ちゃんがベビーベッドを嫌がる可能性もある

先輩ママの口コミでは、「赤ちゃんがベビーベッドを嫌って寝てくれなかった」という声を、みることがあります。

これは試してみないとわからないことですが、根本的にベビーベッドが嫌いというのではない場合が多いです。

抱っこで寝かしつけてから、ベビーベッドに移す場合は、抱かれているときのぬくもりがなくなり、不安で泣き出す赤ちゃんが多いのではないでしょうか。

ベビーベッドに寝かせてから寝かしつけるようにしたり、赤ちゃんをベビーベッドに移す前に、ベッドを湯たんぽなどで人肌程度に温めておくなど、ママの工夫次第で解決できる場合があります。

赤ちゃんは、泣くことでしか意思表示できないので、なにを嫌がっているのか、よく観察してみましょう。

赤ちゃんの成長に合わせて使用方法を工夫する

ベビーベッドは、対象年齢が2歳ごろまでと設定している商品が多いです。

つかまり立ちができるようになると(だいたい生後5ヶ月以降)、ベビーベッドの柵につかまったことによる転倒や落下の危険性がでてきます。

赤ちゃんの成長に合わせて、ママも就寝する夜の使用は避け、昼寝やおむつ交換のとき使用にするなどの工夫が必要です。

ハイタイプのベビーベッドを使って快適な子育てライフを送ろう


近年人気上昇中の、ハイタイプのベビーベッド。

自宅の間取りや生活スタイル、デザインや色の好みなど、それぞれの条件によって最適なベビーベッドが決まります。

一生使うような物ではないですが、もっとも赤ちゃんのお世話が大変な時期に使うものなので、ママの腰への負担や赤ちゃんの安全確保のために慎重に選びましょう。

安全基準を満たしていれば、あとはサイズとデザインの好み、そのほかの機能が判断材料です。

毎日の子育てが少しでも楽しくなるように、ベビー用品選びはこだわって探すとよいでしょう。