2018年おしりふきウォーマーの種類や選び方!オススメ10選

赤ちゃんは、1日に何度もオムツを替えます。
とくに新生児は、肌がデリケートなので、こまめにオムツを交換する必要があります。

オムツ替えの際に、冷たいおしりふきで拭こうとすると、赤ちゃんが泣いたり、不機嫌になる、という悩みを抱えているママもいるのではないのでしょうか。

そんなときに便利なアイテムが、おしりふきウォーマーです。

おしりに触れたとき、温かく、汚れ落ちもよくなるので快適にオムツ替えができます。

あったら便利なおしりふきウォーマーの魅力、選び方や、オススメの商品を紹介します。

おしりふきウォーマーってどういうもの?


おしりふきウォーマーとは、冷たいおしりふきを適温に温めるので、オムツ替えのときにあると便利なグッズです。

4,000〜7,000円程度で購入できますが、セール期間やインターネットを利用すると、多少安く手に入る場合があります。

新品にこだわりがなければ、中古品を購入することも可能です。
その場合、しっかりと製品の状況を出品者などに確認してから購入することをオススメします。

おしりふきウォーマーに、どのようなメリットがあるのか、みていきましょう。

オムツ替えがスムーズにできる

冷たいおしりふきでおしりを拭くと、赤ちゃんがストレスに感じたり、驚いて泣きだすことがあります。

赤ちゃんが泣いて暴れると、オムツ替えも一苦労でしょう。
おしりふきウォーマーで温めておけば、赤ちゃんがビックリすることなく、スムーズにオムツ替えをすることができます。

夜の寝ている間のオムツ替えでは、冷たいおしりふきで赤ちゃんが目を覚ますこともしばしばありますが、おしりふきウォーマーは、おむつ替えで赤ちゃんを起こさないための対策として有効なようです。

とくに赤ちゃんが冬生まれのケースや、冬場の寒い時期などには、活躍するでしょう。


汚れが落ちやすい

赤ちゃんの肌は大人と比べて、非常にデリケートです。

1日に何度もおこなうオムツ替えで、赤ちゃんのお尻を毎回ゴシゴシと拭いていては、オムツかぶれの原因になりかねません。

オムツでかぶれると、なかなか治らないうえ、痛みやかゆみから赤ちゃんの機嫌が悪くなります。
オムツかぶれにならないためにも、しっかりと汚れを落としてあげることが大切です。

おしりにこびりついた汚れも、冷たいおしりふきに比べると、温かいおしりふきの方が簡単に落とすことができます。

おしりふきウォーマーの選び方


おしりふきウォーマーは、商品によっていろいろなタイプがあります。
子どもとの生活をするうえで、一番使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ここでは、おしりふきウォーマーを選ぶポイントを解説します。

ポイント1:コードレス?コード式?

おしりふきウォーマーは、コード式タイプのものが多く、決まった場所でのオムツ替えに最適です。

しかし最近では持ち運びに便利なコードレスタイプもあり、お出かけ先でも、温かなおしりふきを使うことができます。

コードレスタイプには、電池式と充電式があります。

外出やレジャーの多い家庭では、コードレス式も重宝するでしょう。

ポイント2:温めるのはおしりふき?コットン?水?

おしりふきウォーマーは、商品によって、温め方が異なります。

それぞれの使い方や機能を考慮し、自分に合うものを見つけましょう。

おしりふきタイプ

1つ目は、市販のおしりふきをそのまま温めて使うものです。

すでにお気に入りのおしりふきがある人には、このタイプがオススメでしょう。

パッケージの取り出し口だけ外して装着するものや、シートだけを取り出し、詰め替えて使うものがあります。

おしりふきによって大きさが異なるので、おしりふきウォーマーに入るサイズかどうか、確認してくださいね。

またおしりふきによっては、最後の方になるとシートが乾燥し、汚れが落ちにくくなるものがあります。
気になる場合は、相性のいいおしりふきを探してください。

コットンタイプ

2つ目は、コットンをお湯で湿らせて使用するタイプです。

コットンはおしりふきよりも刺激が少なく、肌への負担が少ないので、デリケートな赤ちゃんの肌にでも、安心して使用できます。

コットン自体も安価で経済的なので、コストをできるだけ抑えたいママにも、オススメです。

スプレータイプ

最後は、温水が出るスプレータイプです。

コットンやおしりふきを湿らせることはもちろん、直接おしりに吹きかけて汚れを落とすことができます。

まるでおしりを洗ったようにきれいになり、赤ちゃんも気持ちよく過ごすことができます。

オムツ替え以外にも、サッとティッシュやガーゼを湿らせて、手や口を拭いたりと、使い方も多様で便利です。

ポイント3:電気代はどれくらい?

いくら便利なアイテムだとしても、気になるのが電気代でしょう。

製品によって多少異なりますが、1日(24時間)に5円程度かかります。

オムツ替えのタイミングに合わせて、おしりふきが温まる時間を逆算してスイッチを付け、オムツ替えが終わったらスイッチを切れば、より電気代を節約することができます。

おしりふきの乾燥も防ぐことができるので、一石二鳥です。

おしりふきウォーマーのオススメ10選


おしりふきウォーマーの特徴や、商品選びのポイントを紹介しました。

ここでは使いやすいオススメのおしりふきウォーマーを厳選して、紹介します。

クイックウォーマーLED+/コンビ

コンビ Combi おしり拭きあたため器 クイックウォーマー LED+ネオンオレンジ 上から温めるトップウォーマーシステム

金額(税抜) 4,500円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

トップウォーマーシステムにより、約60分で適温に保温できます。

またほんのり明るいLEDライトがついているので、夜中でも電気をつけることなくオムツ替えが可能です。

片手で簡単に開けられるワンプッシュ操作で、ストレスなく使用でき、残量表示窓からおしりふきの残量が見てわかるのも助かります。

このようにママの使い勝手を考えた機能が満載なので、とてもオススメです。

クイックウォーマーHU/コンビ

コンビ Combi おしり拭きあたため器 クイックウォーマー HU フレッシュ グリーン 上から温めるトップウォーマーシステム

金額(税抜) 6,800円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

クイックウォーマーは、名前のとおり素早く約30分で適温(45度)にすることができるのが特徴です。

持ち手がついているので、持ち運びも簡単ですよ。

おしりふきをそのまま入れて使用するタイプで、自動的におしりふきを押し上げる構造なので、残りが少なくなっても使いやすいです。

できるだけ早く温まるおしりふきウォーマーを、探しているママにオススメでしょう。

クイックウォーマーHU ミッキーマウス/コンビ

コンビ Combi クイックウォーマーHU ミッキーマウス 上から温めるトップウォーマーシステム

金額(税抜) 7,800円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

こちらは、すでに紹介した「コンビ クイックウォーマーHU」のミッキーマウスバージョンです。

ボックスにかわいいミッキーマウスがデザインしてあり、ママも赤ちゃんも楽しくオムツ替えができそうですね。

インテリアのひとつとして、デザイン性にもこだわりたいママにオススメです。

片手でラクラクおしりふきウォーマー/シンセーインターナショナル

シンセーインターナショナル KISS BABY キスベビー 片手でラクラクおしりふきウォーマー レッド・88-650

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

ワンプッシュするだけでフタが開き、おしりふきを片手で出せるので、とても使いやすいです。

専用のトレイがついていて、小さいサイズのおしりふきを使う際にはこのトレイを使って利用できるので、大小さまざまなおしりふきに対応しています。

ワイプスウオーマー ポップ/プリンスライオンハート

Prince Lionheart プリンスライオンハート ワイプスウオーマー ポップ フューシャ 9007

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

カラーバリエーション豊富なため、お気に入りのデザインが見つかるでしょう。

細菌がつきにくく、衛生的なので、安心して使えます。

充電中はランプが点灯しているため、夜間でも、スムーズにオムツ替えができるでしょう。

トラベルワイプウォーマー/プリンスライオンハート

プリンスライオンハート トラベルワイプウォーマー ミント 9203

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ おしりふき

トラベルワイプスウォーマーは、ベビーに優しい人肌温度(37度)設定のおしりふきウォーマーで、充電後、コンセントを抜いた後でも程よい温かさを保ちます。

また家庭用プラグと、車用シガーソケットプラグが付属しているので、車を使ってお出かけ・旅行などするときにも、とても便利です。

ビタット温/テクセルジャパン

テクセルジャパン Bitatto ビタット 携帯用 ウェットシートウォーマー ウエットシートのフタ ビタット温 はらぺこあおむしと雪

金額(税抜) 2,500円(メーカー希望価格)
コード なし
タイプ おしりふき

便利なウェットシートのフタ「ピタット」に、超薄型ヒーターが内蔵された商品です。

モバイルバッテリーをつなげば、外出先でも約10分で、5枚分のおしりふきがポカポカになります。
薄型でコンパクト、重さは約40gしかないのが最大の魅力で、持ち運びに便利です。

普段の散歩や、ちょっとしたお出かけのときに、オススメです。

お湯でコットンおしりふき/コンビ

コンビ お湯でコットンおしりふき パウダーグリーン

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ コットン

新生児期が1日に使う量のコットンが入るサイズの、コットンボックスです。

ポンプ式の吹き出し口は皿形状なので、1プッシュで広範囲を湿らせることができ、片手で簡単に操作できます。

お湯の残量が一目でわかるので、補充時期も一目瞭然です。

おしりシュッシュッあひるちゃん/シンセーインターナショナル

シンセーインターナショナル おしりシュッシュッ あひるちゃん 約40℃の適温を保ちます

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ

おしりシュッシュあひるちゃんは、オーソドックスなスプレーボトルです。

40度の適温を保ち、落ちにくい汚れも温水できれいに洗い流せます。

電源を入れると、あひるちゃんのくちばしが光るため、夜のオムツ替えでも大活躍です。

おしりふきにこの温水を十分に染み込ませて使用すると、赤ちゃんのおしりへの負担が少なくてすみます。

実際に「おしりシュッシュあひるちゃんにしてから、おしりかぶれが治った」という声が見受けられました。

ホットウォッシュ/メイプルウェア

MAPLE WARE メイプルウェア ホットウォッシュ

金額(税抜) 4,000円(メーカー希望価格)
コード あり
タイプ

スプレーの温水を40度にキープしてくれるので、あったか洗浄で、こすらずにおしりがきれいになります。

コットンなどを濡らせば、外出中の食べこぼしや、手口を拭う際にも使用できます。

おしりふきウォーマーって必要?


おしりふきウォーマーは、必ず購入すべきアイテムなのでしょうか。

赤ちゃんによっては、冷たいおしりふきを使っても、さほど嫌がらない赤ちゃんもいます。
そのため赤ちゃんが生まれる前から、必ず用意すべきアイテムでは、ないかもしれません。

そのため購入するかどうかは、赤ちゃんの様子を見て、オムツ交換時にぐずるようであれば、購入するといいでしょう。

おしりふきウォーマーがあれば、寒い冬だけでなく、夏のエアコンの効いたひんやりとした部屋でも、安心してオムツ替えができます。

またおしりふきだけでなく、手や顔を拭くときにも使用でき、さまざまなシーンで活躍するので、買っておいて損はないアイテムといえます。

赤ちゃんの性格や生まれてくる季節などに合わせて、購入を考えるとよいでしょう。

おしりふきウォーマーを使って赤ちゃんもママも気持ちよくオムツ替えしよう


大人でも寒い冬に冷たいものを触るのは、躊躇しますよね。

オムツ替えのたびに、赤ちゃんの機嫌が悪くなっては、ママも大変です。

おしりふきウォーマーで、赤ちゃんの機嫌を損ねず、赤ちゃんのデリケートな肌も守り、赤ちゃんもママも笑顔で気持ちよい毎日を送りましょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク