【専門家が教える】助産師ママがオススメする!妊娠中~産後と大活躍!100均フィットネスボールがスゴイ

妊娠出産は、なにかと出費が重なります。

しかし、自分のからだのケアにも、ちゃんと手をかけたくありませんか?

今回は、そんなママたちに家計に嬉しい「100円均一」で妊娠中、産後と大活躍するグッズを助産師が紹介します。

100円均一のフィットネスボールと空気入れ

今回紹介する100円均一グッズは、「DIASO」のフィットネスボールです。

同じく100円均一で、売っている空気入れを使って空気を入れるだけで、すぐに使えます。

耐荷重量は90kgです。

妊娠中の活用法は?

フィットネスボールを妊娠中に、どのように使えばよいかをみていきましょう。

1:正しい姿勢で座る

フィットネスボールにすわって、姿勢を整えるところからはじめてみましょう。

ぽっこりとお腹が前に出るのはNG。

この姿勢は、腰痛悪化にも関連します。

正しい姿勢は、しっかり背筋を伸ばして、フィットネスボールの真ん中に座ります。

正しい姿勢がキープできたら、左右に骨盤を動かしながら腰回りのストレッチを行い、骨盤の柔軟性を高めていきましょう。

安産のための体作りでは、骨盤周りの筋肉をほぐすことが大切になります。

からだが硬くて骨盤を動かすのが、わかりづらい妊婦さんでも、フィットネスボールで少しずつ動かしていくことで、からだの緊張も緩んできますよ。

2:太ももの間でキープ


太ももの間にフィットネスボールをいれて、10秒キープしましょう。

内ももの筋肉をエクササイズする効果があり、さらに骨盤の開きをよくします

妊娠後期に入った妊婦さんに、とくにオススメです。

太ももの内側は、東洋医学的にみても、子宮の気血を整えるツボも集中しているので、安産力アップにもつながりますよ。

3:お尻の下に入れる


横になって、お尻の下にフィットネスボールを入れて、骨盤を左右に動かします。

緊張しやすいお尻周りの筋肉を緩めて、妊娠中の腰痛緩和にもオススメですよ。

産後エクササイズでは?

産後は、赤ちゃんのお世話と忙しい日々になりますが、ママのからだのケアも大切です。

育児しながら、「ながら」でできるケアについてお伝えします。

産後は、フィットネスボールを椅子代わりに、正しい姿勢で座っているだけでも体の体幹のエクササイズになります。

赤ちゃんの寝かしつけを「しながら」エクササイズ


慣れてきたら、軽くボールではねながら、赤ちゃん寝かしつけにもなります。

赤ちゃんを抱っこしながらフィットネスボールに乗るときは、赤ちゃんの首をしっかり支えて、頭が動き過ぎないように気をつけて使用しましょう。

ママのインナーマッスルのエクササイズをしながら、赤ちゃんの寝かしつけもできるので一石二鳥になります。

毎日のスキマ時間にエクササイズするのがオススメ

体のエクササイズは、毎日短い時間でもよいので、ちょこちょこスキマ時間で継続することが大切になります。

ぜひ、フィットネスボールのエクササイズを、日常に取り入れてみてくださいね。

赤ちゃんが少し大きくなると、ボールとして遊びにも使えます。

空気の出し入れも簡単で、持ち運びも楽チンですよ。

エクササイズから、赤ちゃんのおもちゃと、長期間に渡って大活躍するフィットネスボール、100円で驚きのコスパといえるでしょう。
よろしければ、活用してみてくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー