ベビービョルン抱っこ紐にオススメのよだれカバーは?手作りできる?

ベビービョルンは大人気の抱っこ紐なので、使っている方は多いようです。

育児がグンと楽になる抱っこ紐ですが、毎日使っていると、赤ちゃんのよだれでいつのまにかベトベトになっていることがあります。

そんなときに活躍するのが、よだれカバーです。

今回は、ベビービョルンの抱っこ紐に使えるよだれカバーを紹介します。


「よだれカバーって本当に必要?」
「自分でも作れるの?」

このような疑問も合わせて解決していきましょう。

赤ちゃんのよだれでべとべとになるのは当たり前?


抱っこ紐を使っていると、対面抱きの場合は、赤ちゃんの顔の近くに肩紐がきます。

ベビービョルンで前向き抱っこをした場合は、折り返したヘッドサポートの部分が赤ちゃんの顔近くにくる状態です。

赤ちゃんは、なんでも口に入れるので、顔の近くにある肩紐やヘッドサポートをかじったりなめたりします。

月齢の低い赤ちゃんは、まだよだれを上手に飲み込めないので、かじられた肩紐やヘッドサポートは、予想以上にベトベトになることも。

とはいえ、抱っこ紐はパーツも多く、分厚いパッドがついているので汚れるたびに洗濯をするのは大変です。

そこで、よだれカバーが役に立ちます。

肩紐やヘッドサポートにつけておけば、よだれで汚れるたびにカバーだけ交換して、洗濯ができるのです。

また、好きな柄のよだれカバーを付ければ、無地でシンプルな抱っこ紐の雰囲気が変わり、自分だけのオリジナル抱っこ紐ができあがります。

よだれカバーは抱っこ紐だけでなく、ベビーカーやチャイルドシートのベルト部分にも使えるので、あると便利ですよ。

メーカー純正のベビーキャリアスタイ

ベビービョルンの抱っこ紐専用よだれカバーとして、まずはベビービョルン純正の商品を見ていきましょう。

ベビーキャリアスタイ

ベビービョルン【日本正規品保証付】ベビーキャリア用スタイ ブラック 031076

価格(税込) 1,620円
本体サイズ 縦190×横410mm
カラー ブラック・ホワイト
素材 綿80%、ポリエステル

抱っこ紐のヘッドサポート部分につけるカバーで、ベビーキャリアミラクル・オリジナルに使えます。

表面はやわらかいタオル生地で、防水加工がほどこされているので赤ちゃんがかじってもよだれを抱っこ紐まで通しません。

取付・取り外しが簡単で洗濯機で洗えるので、いつでも清潔をキープできます。

ベビーキャリアONE用スタイ

ベビービョルン【日本正規品保証付】ベビーキャリアOne用スタイ ブラック 030076

価格(税込) 1,620円
本体サイズ 縦220×横310mm
カラー ブラック・ホワイト
素材 綿80%、ポリエステル20%

ベビーキャリアスタイと同じく抱っこ紐のヘッドサポート部分を保護するカバーで、肌触りのよいタオル地でできています。

防水加工がされているので、びちゃびちゃになりにくいでしょう。

ベビーキャリアONE・ONE+・ONE+Outdoorで使えます。

ベビーキャリアティージングスタイ

ベビービョルン【日本正規品保証付】ベビーキャリアONE用ティージングスタイ ホワイト

価格(税込) 2,160円
本体サイズ 縦190×横300mm
カラー ホワイト
素材 テンセル75%・ポリノジック25%

抱っこ紐のヘッドサポート部分を保護するカバーです。

表面はやわらかいキルティング生地でできており、防水加工もされています。

ベビーキャリアONE KAI・ONE・ONE+に使用可能です。

また、ベビーキャリアスタイシリーズのほかに肩紐を保護する次の商品もあります。

ティージングパッド

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア用ティージングパッド ホワイト 032021

価格(税込) 2,376円(ふたつセット)
本体サイズ 縦90×横70mm
カラー ホワイト
素材 コットン80%・ポリエステル20%

対面抱っこのときに、肩紐を保護するカバーです。

ふわふわのタオル地でできており、防水加工されています。

ベビーキャリアONE・ONE+・One Outdoorに使用可能です。

純正のベビーキャリアスタイはどこで買える?

ベビービョルンのよだれカバーは、赤ちゃん本舗ベビーザらスなどの赤ちゃん用品専門店や、伊勢丹や西武などのデパートで買えます。

「近くに店舗がない」という場合は、インターネットでも購入可能です。

ベビービョルンの公式オンラインストアAmazon楽天市場などのオンラインストアで取り扱いがあります。

Amazonや楽天市場ではポイント獲得ができるので、お得です。

純正品以外にも、さまざまなよだれカバー(サッキングパッド)が売っています。

バディバディエスメラルダといった、ベビー用品ブランドでも販売しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

オーガニックコットンや日本製今治タオルといった、こだわりの素材を使った商品、かわいらしいデザインの商品など、さまざまなタイプがあるので、こだわりのひとつを探すのも楽しいかもしれません。

自分で手作りするなら?


よだれカバーは、汚れたらすぐ洗濯できるように洗い替えが必要で、少なくとも3つあると安心です。

しかし、ベビービョルン純正のよだれカバーは、ひとつ当たりの値段がやや高いため、洗い替え用に3つ買うと出費がかさむのが悩みどころではないでしょうか。

そこでオススメしたいのは、手作りです。

スタイの作り方は、難しくありません。

手作りであれば、デザインは無限に広がりますし、費用もおさえられます。

肩紐カバーとヘッドサポートのカバーをおそろいで作れば、かわいいオリジナル抱っこ紐の完成です。

手作りに必要なものは?

よだれカバーを手作りするときに必要なものは、次のとおりです。

材料

  • 好みの生地(肩紐用の場合は2枚)
  • マジックテープまたはスナップ(着脱がしやすいもの)

生地2枚の間に、タオルやキルト芯を入れると、吸水性が上がるのでオススメです。

手縫いでも作れますが、ミシンで縫うとより丈夫にできます。

バイアステープもあると、さらに丈夫に仕上がり、ふちどりもかわいくなるでしょう。

オススメの生地

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、肌に優しい綿100%の生地を選びましょう。

ダブルガーゼやタオルも、やわらかく水分をよく吸うのでオススメです。

ダブルガーゼを使う場合は、縮み防止のため作る前に水通しをしておくと、作ってから縮んで使えないというトラブルがありません。

表と裏で生地の柄を変えると、リバーシブルのよだれカバーができます。

型紙はどうやって準備する?

よだれカバーを作るには、型紙が必要です。

型紙を用意する方法は次のとおりです。

純正のベビーキャリアスタイから型紙を起こす

すでに純正のベビーキャリアスタイをお持ちであれば、そこから型紙をとりましょう。

紙の上に純正のスタイをのせて、えんぴつで型を取ります。

その線が「縫い代」になるので、1cmほど余白をとるだけで、型紙のできあがりです。

抱っこ紐に紙を当てて型紙をとる

ハンドメイドに慣れている人であれば、抱っこ紐に紙をあて、型紙をとってもいいでしょう。

好きな形で自由に作成可能です。

ネットで探す

インターネットで検索すると、個人のブログなどで型紙を配っているサイトが見つかります。

作り方も載っているので参考になるでしょう。

手作りで気を付けたいこと

よだれカバーは比較的簡単に手作りできますが、いくつか注意事項があります。

参考にして楽しく作りましょう。

生地選び

よだれカバーを使うのは、まだ生まれて間もない赤ちゃんです。

肌に直接触れるので、選ぶ生地によってはかぶれる可能性があります。

オーガニックコットンなどの綿100%の生地であれば、肌にも優しく安心です。

色落ちしやすい生地は避けましょう。

赤ちゃんのよだれの量はとても多く、口の中で色落ちすることがあります。

スナップ選び

よだれカバーをとめるスナップにも注意が必要です。

金属製のスナップを使うと、触れた赤ちゃんがかぶれることがあるので、プラ製のものを使うかマジックテープを使いましょう。

手作りならではのメリット

手作りのよだれカバーには、どんなメリットがあるでしょうか。

オススメの理由をまとめました。

世界にひとつだけのオリジナル

手作りのよだれカバーは、同じものがふたつとなく、世界にたったひとつだけの特別なものです。

気にせず洗い替えができる

よだれカバーは、手持ちのタオルやあまった布でも作れます。

材料費を安くおさえられるので、たくさん洗い替えを用意できるのです。

たくさん作っておけば、汚れてもどんどん洗濯できます。

好きなように、自由に作れる

手作りであれば、お気に入りの色や柄で、形も自分の好きなように作れます。

リバーシブルにしたり、肩紐カバーとヘッドサポートカバーのコーデも可能です。

たくさんの種類を作っておけば、日によって雰囲気の違う抱っこ紐を楽しめるでしょう。

ネットにはハンドメイド品が売られている


手作りが得意でないママや、手間をかけたくないママもいるでしょう。

そんなママたちに人気なのがハンドメイド品で、メルカリなどインターネットで出品・販売されています。

売られているよだれカバーは、安値のものから高級なものまでさまざまです。

注文の時点で購入者が生地を選び、注文を受けてから作成・発送する受注生産を行っている人もいます。

名入れサービスの対応を行っている出品者もいて、オリジナルのよだれカバーを作成可能です。

肩紐カバーとヘッドサポートカバーをおそろいで用意できるなど、手作りのよさを手軽に味わえます。

よだれカバーで気分も楽しく

よだれカバーは、単に抱っこ紐をよだれから守るだけでなく、抱っこ紐の印象を変えるアイテムでもあります。

シンプルなデザインのベビービョルン抱っこ紐を、ママのセンスや気分でイメチェンさせて、より楽しいおでかけにしましょう。

手作りされる方は、ベビーカーのベルトカバーとおそろいで作ると、かわいいですね。